おとぎ話のつづき



先日の「2月22日」の、ニャンコの日
色々なメディア等で、猫関連の話題が盛り沢山でしたね。



可愛い!癒される!
などと言う、お馴染みの、もっと言えば当たり前の(笑) 話題から
こんな現実もあります!
と言う、問題提起のものまで様々でした。



猫に限らず、空前のペットブームと言われる今だからこそ、どんな形であれ現実を知る事や問題に視線を送る事はとても大切な事だと思います。
そこに「命」がある事。
その命とどう向き合い、どう関わって行くのか。
知れば目を背けたくなる様な事であっても、やはりそんな現実もあると言う事は忘れてはならないと改めて思いました。



かーさんなど、とても大きな事が言える立場ではありません。
それでも、八朔や小夏を通して、多くの事を知り学んできました。
この子達が教えてくれた 「猫」と言う生き物の健気さや愛しさは想像を遥かに超えています。
そして、それはこの先もずっと変わる事無く、むしろもっと大きくなって行くのだろうと思うのです。



違う種別の命と暮らしを分け合うのは、決しておとぎ話のような「はい!それからは幸せに暮らしました」で終わる様なものではありません。
日々の暮らしには、決して苦にはならなくとも手間も暇もかかります。
もっと言えば、過不足なく命を見守るには、それなりのお金だってかかる訳ですしね。


ゲロPだぁ~~!
おぉ~!うんPが落ちている!
誰がここまで猫砂を運ぶんだーーー!
洋服には漏れなく猫毛付きゆえ、コロコロが必須!


猫好きなら誰しもがこんな経験はありますもんね(笑)





2月25日1





おとぎ話の続きは、日々掃除に明け暮れる事だったり、猫様の腹時計に振り回される事だったりします(笑)
自由に手足を伸ばして眠る事だって出来ません。
時には遊びに夢中で、しこたま蹴られたりもします( ̄▽ ̄;)


体調を崩せば、それこそ心配で心配で何も手に付かない程にもなります。
何しろ相手は「痛い」とも「苦しい」とも口には出来ないのですものね。
人とは違う時間軸を生きるのですから、いずれは掛け替えのないその命を見送らなければならないと覚悟もしなければなりません。。。
いえ、むしろ、そうやって見送る事が今のかーさんの最大の目標でもあります。
。。。絶対にこの子達を残してはいけない。。。


制約があったり、心配事が増えたり…それは確かです。
でもそれは、言い換えれば、「そうする事が出来る権利」を貰った事でもあります。
誰よりも側で、心配出来たり世話をする事を許された事です。


すっかり陽が落ちた帰り道、家路を急ぐ時…
頭の中に茶トラーズの顔が浮かびます。
「ちゃんと良い子で待ってるかな…」
「寂しがってないかな」
案外へっちゃらで、しら~~っとしているのが常なのにね(笑)



自分の生活の時間に、何の不思議も無く当たり前に堂々と茶トラっ子達が居る。
それが何にも増して嬉しいのです。




2月25日2





沢山の…様々な形の…猫と人の数だけ、出会いの形があり、それぞれの物語が始まります。
そのどれもが、きっと「運命の出会い」


可憐なお姫様と出会うのがオッサンでも(笑)
素敵な王子様の運命を握ったのがオバサンでも(笑)


それは、どれもが「そこから始まるおとぎ話」なのです。


それと同時に、おとぎ話の続きは、とっても生活臭のするドタバタで、でもきっと笑顔が必須のお話しです。
いつか…掛け替えのない命が空に昇ってしまっても、そのお話しは続くはずです。
心の中に色褪せない物語が、いつまでもいつまでも。。。



猫が綴る物語は終わりの無いお話しなのかもしれませんね。
だから…


「つづく」で、今日もお終い(笑)




2月25日3







スポンサーサイト

威張りん坊の寂しん坊




かーさん!かーさん!


お外がヘンだよ!
聞いた事も無い様な声が聞こえるよ!
見た事も無い様な、大きな大きな「ナニか」が吼えてるよ。


ぐわぁーーーぉーーー!
ぐわぁーーーおぉーーー!


あれはきっと怒ってるんだよ。
何かにとっても怒ってるんだよ!


窓のガラスも震えてるよ。
ビリビリガタガタ震えてるよ。


ねぇねぇ かーさん!
大丈夫?
ボクがこっそり見てこようか?




2月22日1





かーさん!かーさん!



お外で誰かが鳴いてるわ!
聞いた事も無い様な声が聞こえるわ!
耳にするだけで心が痛くなる様な「ナニか」が声を振り絞ってるわ。



ひゅーーーぅーーーぃ!
ひゅーーーぅーーーーぃぃ!



あれはきっと嘆き悲しんでるのよ!
何かに傷ついて鳴かずにはいられないのよ!



ほら!大きな影も今飛び退った。
悲しい声に耐え切れずに逃げて行ったわ。



ねぇねぇ かーさん!
大丈夫?
アタシ達を襲いには来ない?





2月22日2





大丈夫だよ、おチビさん達。
さぁ、ここへ…側へおいでなさい。


あれはね…あれは
冬将軍の声なのよ。


ごぉーごぉー怒って、ひゅーひゅー泣いているの。


冬将軍は 威張りん坊。
威張りん坊の、寂しん坊。


誰もがみぃ~んな 「春が待ち遠しい」「早く春になれ」って口にするでしょ?
だから、ちょっぴり腹立たしくて、う~んと悲しくて…
それで、こうして暴れてるんだよ。


まだだ!まだ春など来ない!ってね。
まだ来させるもんか!ってね。


もうすぐ行ってしまわなければいけないのは、ちゃんと知ってるから
その前に もう一暴れ
「忘れるな!」って一暴れ



だからね…ここへ来て一緒に聞いてようね…
冬将軍の「お別れ間近」の声だよ。
ちゃんと言おうね。
今年も有難うって。


お陰でお山に雪も溜まったよ。
雪解け水がお山を潤すよ。
お陰で海も潤うよ。
冬将軍は偉大だよ!って。。。


さぁ、ここへ…側へおいでなさい。
もう少し団子になって温まっていようね。
一緒にピッタリくっついていようね。





2月22日3





嵐の様な風が吹き荒れた一日
盛んに外を気にする茶トラっ子達との内緒話でした。










春の毛繕い




春一番が吹き荒れて、とっても春めいた温かい一日だった夜。
ホゲホゲしていると、やっぱりお膝~とやってきた八朔を、何気なく撫でると…


ごっそりと手に抜け毛( ̄▽ ̄;)



ほよぉ…もう春準備ですかい。。。


でも、明日からはまた寒さがぶり返すってよ。
急いで冬服を脱いじゃうと寒いど~~(笑)


なぁんて言っている間に、もうすぐまた抜け毛との闘いの日々が始まるのね。
ちゃんと誰にも教わる事も無く、きっちりと季節の衣替えだもんね(笑)
またかーさんと「毛×二匹分」の格闘だわさ(;^ω^)





2月18日1





ついでと言っては何ですが…
とーさんと、かーさんも揃って毛繕いをして参りました(笑)



実は、かーさん昨年度末に、バッサリと長かった髪の毛を切っておりまして、その時はショートボブの長さでした。
今回、中途半端に伸びたその長さを、もっと短くバッサリと。。。
肩甲骨より短い髪の毛って…思い出せる範囲でも20年以上ぶりです(^^;


いやぁ~~頭が軽い(笑)
首筋がスースー(笑)


一緒に引っ張って行ったとーさんも、帰り道に同じ感想を述べておりました!
「首が寒い。。。」ですと(笑)
まぁ、とーさんも結構伸びてたもんね(^^;
(と言っても、あくまでも普通の男性としては…の範囲ですが)



正直な感想として、ある程度の年齢になると、髪の毛も劣化致します。
「うねる」「パサつく」「艶がない」の三重苦!
それでも、ヘアーメイクが趣味と言い切るかーさんは、何とか纏めてはいたつもりですが、何と言っても時間がやたらかかりました。
そこで、バッサリ!だったのですが…
これが、切ってみると楽(笑)


何よりシャンプーとトリートメントの減りが全然違います!
そして、乾かすのも手間が半分以下(笑)
お出かけ前も、ワックスでクシャッ!毛先をパラパラ。。。でお終い(*^^)v


うははははは楽チン楽チン(≧▽≦)


まぁ、マメなカットが必要にはなりますが、それはしゃ~ない。
せいぜい「どっから見てもオバサン!」にならない程度に頑張ります(笑)
(正々堂々オバサンですが…笑)





2月18日2





まっこと!人間は不便です!



猫様は、素敵な一張羅をセルフ管理ですものね(笑)
寒くなれば厚着に。
暑くなれば薄着に。
何時だって、快適な毛皮でお過ごしです。


この先、春の日差しがキラキラし始めたら、きっと真っ先に「春用」の御召し物にお着換えですね。



。。。そして、かーさんは舞飛ぶ「毛」との格闘の日々ですわ( ̄▽ ̄;)








2月18日3








ひっそりコッソリ無敵です



猫達は画策する。
ひっそりコッソリ、何かを画策する。


我が家の茶トラっ子達も、何やら何時もコソコソとやっているっぽい。




2月14日1




例えばそれは…

かーさんの膝を使う順番や時間。
出来るだけ「空いている時間」を作らないのは、茶トラーズの拘り。
愛され猫たるモノ、この寒い時期にかーさんの膝を寒々しく空けておくなどと言う事は許されざる事!。。。らしい(笑)


だからタイムスケジュールを組んでいる。
ひっそりコッソリ組んでいる。



例えばそれは…

ベッドでの位置決め。
今日は小夏が右側で、八朔は左側。
明日はその反対で、時々は一緒でもいい。
愛され猫たるモノ、この寒い時期にかーさんを独り寝させるなんて言語道断!。。。らしい(笑)


だからシフト表を組んでいる。
ひっそりコッソリ組んでいる。



例えばそれは…

ご飯やオヤツのねだり方。
先陣を切るのは八朔で、バックアップは小夏の役目。
「しつこく」「可愛く」役割を決めて攻め入る。
愛され猫たるモノ、いかに効率的に、しかも確実に目的を達成するのかは大きなお仕事!。。。らしい(笑)


だから約束事を決めている。
ひっそりコッソリ決めている。





2月14日2




八朔しかやらなかった事を、ある日突然小夏までもが始める。
小夏の特技だった事を、いつの間にか八朔までもがやり始める。



あれ?あれれっ?


。。。そうか…君達何か会議したね?
「こうすればいいよ!」
「こうしたらいいわよ!」
って、情報交換したね?



全く猫には敵わない。
どうにもこうにも敵わない。


君達はもう無敵だよ(笑)





2月14日3









何度も何度でも




「こなちゃ~ん♪ こにゃにゃぁ~♪」



と、呼ぶと、小夏は何時でもとびっきりの可愛い声でお返事を返してくれます。
この子は自分の声音が、とってもチャーミングだと知っているに違いありません!
あの、か細いけどよく通る、高音の「んぁ?あん?」と言う声は、一種のズルだと思います(笑)



沢山の名前で呼ばれてきた経験のある小夏です。
「ミコちゃん」だったり、「みーちゃん」だったりと、それぞれに親しみと愛情を込めた呼び名で、その時期を過ごして来た子です。
きっと、その頃にも今と同じ様に可愛い声でお返事していた事と思います。


そんな小夏も、もうすぐ4度目の春を我が家で迎える事になります。


今ではすっかり「小夏」と言う名に馴染み、それが自分の名前であることも十分に理解してくれている様です。
と言っても、かーさんやとーさんが彼女を呼ぶ時って、きまって少々崩した「愛称」ではあります。
「こにゃ」
「こにゃつ」
「こにゃにゃ」
「こにゃ姫」
「別嬪さん」



きっとどこのご家庭でもそうでしょうが、愛称ってのはどんどん変化いたしますよね(笑)


それでも、それは確かに自分を呼ぶ声だと言う事を、猫さんはちゃんと解ってくれます。





2月11日1





八朔が私達と出会う前、どんな呼び方をされていたのかは解りません。
おそらくは、あのお社で何方かには何らかの呼び名で呼ばれていたのではないかと想像するのみです。


かーさんの腕に抱かれて、我が家に連れてこられる際「この子の名前は八朔!」と、かーさんに命名されて以来、この子は「八朔」としての猫生を歩み始めた事になります。


あれから4年と半…
八朔は、八朔以外の何物でもなくなりました。
まるで、生まれついてから八朔であったかのように。


「はっちゃん」
「はっちゃく」
「はっちゃ~」
「ボクボク」


八朔にも沢山の愛称があります。
そして、八朔もそのどれもを「自分」の呼び名であると解っています。
最も、コヤツは小夏ほど律儀にお返事など返してはくれません(笑)


人一倍お喋りなくせに、喋るのは「ボクの都合」です。


かーさんが呼んでも、良くて振り向くか、耳だけか、下手すると尻尾だけ(笑)
そのくせ、自分がかーさんを呼ぶ時は、かーさんがちゃんとお相手するまで、しつこく呼び続けると言う、何とも我儘な「猫様」です。




2月11日2
「シックスネーションズ」観戦を邪魔する猫(笑)




八朔を連れ帰る時。
小夏を迎え入れようと心を決めた時。
「八朔」「小夏」と言う名前が生まれました。


それは、かーさん達がこの子達の命に責任を持つと決めた、契約の証でした。
一番身近で、この子達を見守り、愛する権利を手にした事でもあります。


ただの茶トラの猫から、我が家の特別な宝物として、生涯をその名で呼ばれる事になったのです。
「八朔かーさん」「八朔(または小夏)とーさん」も、時を同じくして誕生致しました。



「誰々さんちの〇〇ちゃん」


そんな特別な認識と、特別な親近感を持つ猫さん達もたくさん生まれました。
そのどの子を思い浮かべる時も、頭の中にはふんわりと温かいイメージが湧いてきます。
沢山の「特別」がそこにある。
その特別の数だけ、物語があって思い出がある。


名付けられた命は、どれも特別なのです。



願わくば、この世に生まれる小さな命達の全てが「特別」であれと祈ります。
ありふれているけど、そのどれもが特別な命であれと願います。


その仕草の一つ一つに笑い声をあげ、その気ままさに苦笑いしつつ…
今日もかーさんは、けしからん程に愛しい茶トラーズの契約の名を呼びます。


。。。はっちゃく大好きだよ
。。。こにゃつ可愛いね



何度も何度でも!





2月11日3










プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: