歩け歩け!

     

      弥生3月 花なら蕾
     やがて咲く日を待ちわびて
      風に震えて 凛と立つ



CIMG4393.jpg



ご機嫌なお日様に誘われて、お散歩に出掛けてみました。
近くの公園に、他に先駆けて一本だけ満開の花…
これは、八重咲きの梅でしょうか。
夕方の日差しに映えて、薄紅を誇っていました。


昨年の2月に始めた、とーさんとのお散歩。
徐々に距離を伸ばし、食事などにも気遣って、順調に落としていた体重が…ここの所リバウンド(--;
思えば、8月8日に八朔と出会って以降、思うように歩けなかった事も大きな原因でした。
おまけに、食事の方もどんどん気を緩めてしまい、せっかくとーさん6キロ程落としていたのに、4キロ程後戻りです。


これではいけない!
と、気持ちを新たに歩く事にしました。


CIMG4300.jpg
…ボクはお留守番ですか……


何時もならば、行先は足任せ…気の向くままなのですが、今日は行ってみたい場所がありました。
距離を稼ぐ為に、遠回りしつつ…
川沿いまで足を延ばして…


その場所に着く頃には、すっかり日も落ちて薄闇です。
「ここだったよね…」
「ここで、仔猫の鳴き声を聞いたんだよね…」


CIMG4395.jpg



昨年の8月8日の夜。
お散歩の途中、ここを通りかかった時に聞こえて来た声。
それが八朔でした。


「出ておいで~怖くないよ~」
と、かーさんが声を掛けると、この繁みの陰から転がり出て来た茶色い毛玉。
物怖じもせず、すぐさま纏わりついて、盛んに何かを話してくれた子でした。
とーさんがフードを買いに走る間、かーさんはこの縁石に腰かけて、ずっと仔猫のお相手…
いきなり膝に乗り、スリスリ…ゴロゴロ…
「寂しかったの…」
「お腹が空いたの…」
「とっても怖かったんだよ!」
最初から、一杯お話してくれたよね…君は。


フードを食べさせ、帰ろうとしたかーさん達の後を、それこそ必死に走って付いてきた仔猫。。。
「待って~待って~~!」
「ボクも連れて行って~~!」
「独りにしないで~~!!」


CIMG4398.jpg



この緑地帯の途切れる場所まで、数十メートル…
そこを出ると、車の往来の激しい道路。
鳴きながら後追いする姿が、道路まで転がり出た瞬間、かーさんは後先も考えず抱っこしたっけ…
もうダメだ!置いてはいけない!って…


汚れているとか、病気を持っているかもとか…もうどうでもよかった。
僅か2キロにも満たない小さな体をタオルで包んで、胸にしっかり抱いて、20分余りの道のりを帰りました。



その同じ道を帰りながら、とーさんとお話し。
「今の重さだったら、かーさん抱っこして20分も歩けなかったなぁ…」と言うと
とーさん笑いながら言いました。
「いや、かーさんなら、何とかしたと思うよ」って(笑)


そっかぁ…
そうかもしれませんね(^^;


CIMG4402.jpg
別に…ボクは拗ねてなんかいないです…←帰宅するとこの様子(^^; 目線を合わせません


1時間半の散歩を終えて部屋に戻ってみると…
お約束通り、ちょっぴり拗ねた八朔のお出迎えです(笑)
呼んでもなかなか目線を合わせない(^^;
全く…困った可愛いヤツです。


それでも、八朔ちゃんと解っている様です。
とーさんも、かーさんも絶対に帰ってくる!ボクを置いてどこにも行かない!って。
良い子でお留守番できる様になってくれました。
……まぁ、ちょっぴり拗ねてはみますけどね(笑)


君のウエイトコントロールよりも急務な、とーさんとかーさんのコントロールの為、これからはお留守番も多くなっちゃうけどよろしくね、八朔♪
さぁ~!かーさんは頑張ってローカロリー食作りです!
頑張ろうね!とーさん&八朔!


補足
久々に距離を歩いたら、見事に全身が痛い(^^;
足は元より、お尻、背中、腰、腹筋まで!
どれだけ弛んだ身体してたんだって…(T_T)
痛ぇ~~~!と叫びながら…寝ます(--;


CIMG4405.jpg
善き哉 善き哉♪←何となく「賢者」の風格?(^^;






いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小心者の暴れん坊

CIMG4420.jpg
本日の一枚 「かーさんアソボ~♪」  期待に満ちた顔でおねだり中八朔  こうして見ると、まだ仔猫ちゃんの顔ですね~(ちょいボケ失礼…(^^;)


弥生の始まりは、強風と共にやって参りました。
真南向きの窓など、風の強さにガタガタと音を立てるほど…
ふと下の道路に目をやると、自転車で風に逆らって走っていた学生さんが、まるで特殊撮影の映画の様に、漕いでも漕いでも前へ進めずにいました(^^;
暫く風との格闘をしていましたが…
とうとう諦めて自転車を降り、押して行かれました。。。お疲れ様ですm(__)m



風の音が余りにも凄いので、八朔は外が気になって仕方がない様子。
タワーの上からソワソワとしつつも、真剣です。


「かーさん、鳥さんが凄いスピードで飛んでるです!」

「そうだね、はっちゃん。あれは暴鳥族って言うんだよ~♪」


CIMG3872.jpg
あれが「ぼうちょ~ぞく」ですかぁ…


その後、一人遊びを始めるものの、外の音が気になって仕方がない八朔は、時々「びゅ~~っ!」と風が鳴るとピタッと静止する(^^;
それでも、「ボク怖くないです!」とばかりに、一応平静そうな顔をしつつキューブと格闘していたのですが…


CIMG4390.jpg
ボ、ボクは怖くなんかないです!←と、言いつつ…耳は外~~(笑)


一際大きな風が吹いた瞬間…
一目散に飛んできました(笑)


「あれ?はっちゃん怖かったのかなぁ?」と聞くと


「そんな事ないです!そろそろ眠くなっただけです!」と、否定(笑)


そうかそうか…八朔は眠くなると、かーさんのお腹に隠れるのか(--;

CIMG4414.jpg



身体はこんなに大きくなったのに、やる事ときたら、ちっとも変わらない八朔。
とりあえず不安だったり、怖かったりすると「急に眠く」なるのだそうです(笑)


そんな様子を見ていたとーさん、またしても言い出します。

「八朔、君はとーさんの、このお腹のおかげでお家に来たんだぞ!たまには、とーさんの腹にも来たら?」


確かに、とーさんの健康管理の為に始めたお散歩で八朔に出会ったのですから、間違ってはいない…
しかし…とーさん、そこは胸を張るトコじゃないから(--;


CIMG4412.jpg



いいよ…八朔
風が治まるまで、ここで一緒に居ようね…
怖くないよ、大丈夫。
何があっても、かーさんは君を守るからね…可愛い暴れん坊さん♪



泣き言
この風でベランダに出していたアイビーの鉢が転倒して割れてしまいました。
灰色を通り越した「魔の手」を持つ、かーさんが何とかここまで育てた初めての植物だったのに…(T_T)
可愛い素焼きのお気に入りの鉢は真っ二つ。。。。
……しゃ~ない…植え替えよ……



CIMG4411.jpg
怖いんじゃないもん…←あくまでも「眠い」んだそうです(笑)






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

本日営業中!

CIMG4440.jpg
本日の一枚 「スフィンクス座り♪」  お手入れ後のぼーぜん八朔です♪



お日様は顔を出したものの、相変わらずの強風が吹く土曜日。
雛の祭りも少しお天気が心配です。
東北地方や北海道では大荒れの天気になったそうですね。
例年よりも多い積雪量と、この時期になっての台風並みの強風…
さぞかし大変な思いをなさっておられると思います。
どうぞ、何事もなくこの大荒れのお天気をやり過ごせます様に……


何時もならば、朝窓を開け放って空気を入れ替え掃除を始める所ですが…
引き続き強い風の為、窓は閉め切り。
かーさん、目覚めの一発目のお仕事「サロン・ド・かーさん」を開店します。
パジャマのままで、まずは熱いタオルで、八朔の体を拭き拭き。。。
この所の乾燥続きで、すっかり静電気の塊になっている、純正毛皮を湿らせます。


寝惚け眼の、八朔を膝に抱き上げて、目の周りから優しく優しく…
まだホゲラ~っとしているからなのか、温かいタオルが気持ちいいのか、八朔はホゲホゲのまま(笑)
ついにはゴロゴロ音まで聞こえ出しました。


CIMG4450.jpg
ぶっとい腕とパジャマは見ない方向でよろしく!m(__)m


お耳…身体…尻尾にアンヨ。
肉球も拭き拭きして…♪
最後にオチリ。


流石にオチリになると「うにゃぅ~~」と文句を言います(笑)
文句を言うなら、ちゃんと自分でいつもオチリも綺麗にしときなさいな~
君…ほぼ毛繕いしないじゃん(^^;

CIMG4457_edited.jpg
ふぇぇぇ~~←オチリ拭かれ中のなさけない顔(笑)


しっとりした体にブラシをかけると、気持ちがいいらしく、自分から「ここも~~♪」と体を押し付けてくる八朔。
窓際で、優しい日差しを浴びながら、思う存分にブラッシングです♪
いやぁ~抜ける抜ける(^^;
お日様に透けて、抜け毛がキラキラ光っているのは、見ようによっては綺麗な光景ですよね~


もう一度タオルを熱くして、抜け毛を包むように優しく拭き上げておしまい!
後はセルフでよろしくね~八朔♪

CIMG4437.jpg
ややこしい格好&微妙なバランス(^^;見ようによってはセクシーショット(笑)


お天気が良い日には、こうして開店する「サロン・ド・かーさん」
八朔もすっかり慣れたもので、気持ち良さそうにしています。
寒い時期のシャンプーは、どうしても躊躇してしまいますので、暖かくなって思う存分泡泡にできるまでは、暫くこうした営業が続く事になりそうです。


ちなみに…爪切りと耳掃除は、八朔がかーさんの膝の上で、ホゲホゲしている時にちゃっちゃと済ませてしまいます(*^^)v
まだ成長期だからなのか、八朔やたらに爪が伸びるのが早い。
10日…いや…一週間かなぁ…(^^;
新陳代謝がすこぶるよろしいのですねぇ…
若いって素晴らしい(笑)


それはそうと…
近頃、八朔、変な事が好きになった様です。
お掃除の時、近くに居た八朔に冗談でコロコロを掛けてみると…


何と…喜んだ(^^;
コロンと横になって、満更でもない顔です。


CIMG4446.jpg
コロコロに襲われたです~!←と、言いつつ満更でもなさそう(笑)


掃除機でぶぉ~~って吸われるのが好きな猫さんとか、コロコロが好きな猫さんを、ブログなどで拝見した事はありましたが…
そうか…八朔よ、君もだったのか(*^^)v
「抜け毛の素」に直接効く!
って、何だか育毛剤のCMみたいですが、まさにそんな感じですよね(笑)


こうして本日も無事通常営業を終了致しました。
もう少し暖かくなったら…特別営業(シャンプー)も開始かな…♪


毎度ご利用有難うございましたm(__)m
お代は、後ほど「モフモフ」と「プニプニ」でお支払頂きますね(^^)v

CIMG4439.jpg
えっ?お代要るんですか?






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

三大ほにゃらら

CIMG4462.jpg
本日の一枚 「チラリズム」  コタツに潜っていて暑くなったらしく、一部だけ出てきました(^^;



突然ですが、皆様に質問!
「三大ほにゃらら」って、幾つくらいご存知ですか?
あの、三大祭りとか、三大美女とか言うヤツ…


八朔がやって来て以来、あんなに好きだった温泉旅行には行けなくなった、かーさん。
それでも、未だに「旅番組」が大好きで、未練がましくよく観ています。
その中で、やたら気になるのが、この「三大ほにゃらら」…


何でもかんでも「三大ほにゃらら」!
まだ「日本三大」なら許せますが、それでもダメなら「関東三大ほにゃらら」なんて地域限定作戦まで決行。
一体どんだけ「三大」が好きなのでしょう(^^;

CIMG4434.jpg
三粒は大切です!←いやいや、そう言う意味ぢゃなくて(^^; 食べ零したカリカリを回収中


そもそも、とても有名な「世界三大美女」
クレオパトラに、楊貴妃…何故か小野小町…
ねぇねぇ、これって無理がありません?(^^;
エジプトの方は、小野小町をご存知なのでしょうか?
中国の方は?


クレオパトラも、楊貴妃も一国を動かしたと言う意味では凄い存在です。
が……小野小町さんって…
深草の少将の百夜通いくらいしか、かーさん思い浮かばないです(^^;
一緒に並べてもいいんだろうか…と、昔から疑問に思っていました。
お綺麗だった事に間違いはないのでしょうが…


やっぱり、ここは「傾国の美女」で纏めて頂きたかったですよね~
傾国なら…かーさんも……四股踏んで地震とか、突っ張ってお城を倒すとか…食費がかさんでとか…できるのにな。。。
何でオファーが来ないんだろ…ね?(爆)


CIMG4276.jpg
…アホです!かーさんはアホです!←…何もそんなに無駄に凛々しい顔で言い切らなくても…(T_T)


。。。と、お話を戻して…(^^;
旅番組でよく聞く言葉が「三大美人の湯」です。
しかし、よくよく聞いていると、微妙に場所が違ったりして、一体どこが本物なのかサッパリ解りません。
そもそも「肌に優しい単純泉」なのか「凝脂を流す酸性泉」なのか「被膜をつくるアルカリ泉」なのか…
はたまた「保温に優れた塩化物泉」なのか!
「ラジウム泉」ではいかんのか!「炭酸泉」の立場は?
だいたい肌に悪い温泉があるのか?とまず聞きたいです!


三大名湯…草津、有馬…あとは?
下呂だったり、別府だったり、道後だったり…ややこしい(--;
ここで共通するのは「宿泊代がお高い」と言う事ですよね(笑)


CIMG4464.jpg
ボクも「高い」です!←ブー!それを言うなら、「長い」だと思う(--;


何となぁ~くですが…
三大と称されるもののうち、ダントツトップだったりするものは、敢えて声高には言わない。
我こそ三番目也!と、思うところが必至になってアピールする気がしません?(^^;
これって日本人特有なんでしょうか…
ご存知の方がおられましたら、是非教えて下さいませm(__)m


さて、ここらで「至って真面目な猫ブログ」としては、やっぱり猫様の話題ですよね~(*'▽')
「猫様の三大可愛いポイント!」
と…書いて…気が付いた。


三つなんて選べないぞ~~!


肉球に、お耳に、マズルに、後頭部に、くるんとしたお尻…
吸い込まれそうな瞳だって外せない!
見事に使い分ける声だって、ほわほわの手触りだって、フガフガしているお鼻だって…
ガジガジの時の眉間の皺も、フミフミのお手々も…
トイレ時のほげら~~な顔も、不機嫌そうな顔だって!
平和そうな寝顔に、ピコピコ尻尾~~


息切れするくらい一気に出る(笑)


で、志向を変えて、とーさんに聞いてみた!
「八朔の困った所は?3つある?」と。


。。。。むむむ。。。と唸って考えた末の、とーさんの答え。

    「ない!」


とーさんってば…とーさんってば…良いヤツだ~~(T_T)

CIMG4425.jpg
とーさんは「いいヤツ」なのです♪







いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

春っ子達の一年とカミングアウト

CIMG4490.jpg
本日の一枚 「お休み中失礼します」 かーさんの腕枕でお休み中の八朔(*'▽')毎朝の光景です


猫さんの出産は、主に春と秋だとか。
昨年の春に産まれた猫さん達が、続々と「1歳のお誕生日を迎えました!」と、素敵な報告の記事が増えてきました(*^^*)
どの子もすっかり大きくなって、幸せそうな様子が伺えるブログは、拝見しているだけでニコニコしてしまいます。


猫さんが生まれてからの一年は、劇的に変化しますよね~
目も耳も塞がった状態で「プルプル」震えていた毛玉ちゃんが、やがて「ニーニー」鳴きながら動き出し…
あっと言う間に、核弾頭並みの最終兵器的可愛さになる(笑)
キトンブルーの瞳も、引っこまない爪も、もうもう…あれは反則です!(><;
あんなのにウゴウゴされたら、何もかも放り出して、24時間付きっきりになりそうです(^^;


そんな仔猫さん達が、しっかりとその小さな手でご縁を掴み取り、一杯の愛情を受けてすくすくと育った一年。
毎日見ていてさえ解るほど、ぐんぐん大きくなって、悪戯っ子、甘えっ子になって行く…
掛け替えのない一年だったと思います。

CIMG4487_edited.jpg
とーさん、プライバシーの侵害です!←カメラを構えるとーさんに、文句言いたそう…(^^;


我が家の八朔も、今月末に「ほぼ強制的に決めた」お誕生日を迎える事になります(*^^)v
捨てられっ子だった八朔の、本当の生まれた日は…残念ながら解りません。
お世話になっている獣医さんと、色々お話して「たぶん…これくらいだろう」と言う目安の中、どうせなら、とーさんと同じ日にしちゃおう!
と、かーさんが決めました(笑)


これなら忘れないだろう…
なんて思っていましたが、忘れるどころか…ですよね(^^;
毎日毎日「八朔まみれ」なのですから(笑)


お誕生日の事は、追々また計画するとして…
八朔を迎えた事で、劇的に変わった事が、もう一つ。
既にバレバレですが(^^;
それは、やっぱりとーさんです。


CIMG4476_edited.jpg
狭い所で器用にお座り(笑)お尻がはみ出してるぞ~~


その、とーさん、以前会社の喫煙室で同僚の女性に「猫と暮らしている」とカミングアウトしたのですが…
今回は、何と「ブログをやっている」とまでバラしたそうな…
会社の研修会で、SNSについての話が出て、その中で、ツイッターやFacebook、ブログなどをやっているかどうかを聞かれたそうなのです。
まぁ、隠す事でもないし…と、一応カミングアウト…と言う流れです。
流石に「猫ブログ」とまでは言わなかったそうですが…(笑)


このブログを、もし会社の方がご覧になったら…
おそらくは暫く思考が停止する程の衝撃を受けられる事でしょう(^^;
それ程までに、とーさんの印象は「猫さんを愛でる」ものとは程遠いのです(笑)
まさか、家で「はっちゃく~~♪」な~んて言ってるとは、誰も想像できないはず…(≧▽≦)


「かーさんが、こんなに過保護になるとは思わなかった」と、とーさんは言います。

「とーさんこそ、ここまでデレデレになるとはねぇ~」と、かーさんは切り返します。

CIMG4470.jpg
どっちもどっちだと思うです…

まだ一歳にも満たない小さな命は、我が家に幸せ色の暴風を巻き起こしてくれました。
しかも、未だ衰え知らず(笑)
ううん…きっとずっとずっと発達し続けるのでしょうね。


昨年の春っ子達~お誕生日おめでとう!
そして…今年の春に産まれ来る命達…どうかどうか、幸せを掴んで下さいと心から願います…

CIMG4427.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

木の芽時に生え出るモノ

CIMG4496.jpg
本日の一枚 「寝ている時は天使です!」  しっかし…でっかい手だなぁ(^^;


何だかいきなり暖かい関東地方。
春?春が来ちゃったの?
…と油断させて、また寒いかもしれん!
あくまでも信用しないかーさんと、「春~~~♪」と妙に喜んでいる猫様。。。(--;


朝、食事を終えた八朔は、そそくさと何故かカーテンの裏へ…
何してんだ?と、こっそりめくってみると、陽だまりになったカーテンの裏で、気持ち良さそうにお休み中でした(^^;
やっぱり暖かい日差しは気持ちいいんだよね~そうかそうか…(*^^*)
邪魔してごめんね…八朔。


さて、本日は皆様にご覧頂きたい写真がございます!
ゴチャゴチャ説明するより、まずはどうぞ。

CIMG4473.jpg


如何ですか?
気付かれました?
え?普通の寝ている顔だろ…って?
いえいえ!
何を仰るウサギさん!


………出ているのです……
決して出してはいけないものが、出ているのです!


CIMG4473_edited.jpg


ん?
まだ見えにくいとな?
えぇ~い!こうなりゃ特別出血大サービスでぃ!
ドアップでどうぞ~~


CIMG4473_up.jpg



いやぁ…木の芽時ってのは、色々なモノが生えるものですなぁ~(笑)


実は八朔、保護した当初も、どう見ても「鼻毛」としか思えないものを生やしておりました。
蒸しタオルでお顔を拭いても取れない!
指先で、ツンツンしてみると…結構な硬さ…
恐る恐る引っ張ってみても抜けないのです!


「おぉ~~!猫様にも鼻毛があるのか!」


と、かーさん何故か大喜び(^^;


ですが、その時のブツは、翌日に獣医さんの所へ行く際、大絶叫していた為なのか、ショックのあまり世を儚んだのか…姿を消してしまいました。。。
嗚呼~勿体ない!
今でも思います…あれは何だったのだろうと…


今回、まずはとーさんが発見して狂喜(笑)
呼ばれたかーさんがカメラを構えるも…とーさんの抱っこじゃ、この通り…(^^;


CIMG4472.jpg
ボク何も悪戯してないです…


仕方がないので、かーさんが胸に抱いての撮影です。


「はっしゃく~~!鼻毛見せろ!げへへへへ…」

…はい…かーさん……かなり変態さん入ってます!<(`^´)>


実は、これ…
八朔タワーに巻いてある縄の切れっぱしでした(笑)
盛大にバリョバリョと爪を研いだ際に、どうやら飛び散った模様。
で、八朔の鼻に一本侵入を果たしたらしいです(^^;
なかなか、根性のあるヤツです!(≧▽≦)


八朔の鼻からでた物体一つで、朝っぱらから大騒ぎ。
木の芽時に生えるのは、八朔の鼻毛だけではなく、とーさんとかーさんの頭の中のお花畑もニョキニョキと萌え出るようです(笑)

CIMG4495.jpg
また、かーさんにボクのヘンな所バラされたです…






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

役者修行 道険し!



草木は眠っても、猫様は目が爛々の猫三つ時……
薄暗い夜道も、瞳孔マックスで何のその!
追うは一人の「オレは強いぞ~~!」オーラむんむんのイケニャン主人公!



そこへ…後ろから猫様特有の忍び足で近づく影一つ…


問答無用とばかりに、一気に刀を振り下ろし襲い掛かる影!


間髪を入れず、振り向きざまに薙ぎ払い…返す刀でザックリこ。。。。


「うぎゃぁぁあ~~!や、や、やられたぁ~~~!」

CIMG4514.jpg



「カァーット!」

「ダメダメ!何だよ!そのワザとらしい演技は!」

「喉ち〇こ見せりゃいいってもんじゃないんだぞ!この大根が!」


CIMG4557.jpg


「えっと…えっと…ダメですか?」

「ボク…一生懸命に……」


「馬鹿野郎~~!一生懸命やって褒められるのは幼稚園児までだい!」

「もっと…こう…リアリティーってものを重視してんだよ!」

「はい!じゃ…もう一回!」


「テイク2!スタート!」



CIMG4523.jpg



「ぐぅぅぅーーー!」


「ぐわぁぁぁ~~~~!や・やられた!無念!」


CIMG4522.jpg



「ボクは…もうダメです…おかぁ~さぁ~~ん…」


「パタッ。。。」


CIMG4524.jpg



「カァーット!カァーット!」


「何だ!その最後のセリフは!んなもん台本にないだろうが!」


「あの…監督がリアリティーって…だからボク…その…」

「このマザコン野郎!だいたい時代劇でボクってなんだよ!ボクって!」


CIMG4549.jpg



「かーさんが、オレって言うと悲しがるです…だからボクはボクなんです!」

「無駄に凛々しくマザコン宣言してんぢゃねぇ!」

「ああ…もうこいつ使えねぇよ~~!他に居ないの?切られ役Aは」

「代わりは幾らでも居るんだよ!マザコン坊やはお家に帰ってママのおっぱいでも飲んでな!」



「ママじゃないです!かーさんです!」


「。。。お前。。。反論するトコそこ?」



CIMG4570.jpg


「ごめんなさいです……」


「ケツで謝ってんぢゃねぇーーーー!」



こうして八朔の役者修行は道半ばにして挫折。
嗚呼…役者への道は天竺よりも遠かった……チャンチャン♪


CIMG4506.jpg
やっぱりここが一番です♪






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

八朔歴7か月

CIMG4542.jpg
本日の一枚 「掃除機に戦いを挑む!」 お馴染のボケボケではありますが、表情が可愛かったのでアップ♪


ここ数日、一気に気温が急上昇。
4月上旬並みとか…
北国は大雪…西では大気汚染が飛んでくる…
そして、福島では未だ治まらぬ放射能漏れ。
地球が何だか怒っている気がしてなりません。


もうすぐ、あの震災から2年。
忘れはしなくとも、薄れつつある記憶…
あんなに危機を叫んで、買いあさったり節電に必死になっていた事は、どこへ行ったのでしょうね。


近頃、我が家で食べるお米は福島産を選んでいます。
お野菜も産地が記載されていれば、なるべく福島のものを買うように気を付けます。
かーさんの年になれば、蓄積される云々など、もうどうでもいいかな…って。
未来のあるお子さん達を育てておられる方ならいざ知らず…
かーさんも、とーさんも、もう半世紀は生きましたしね~
この先50年も60年も生きられる訳もなし(笑)


忘れずにいる事と共に、小さくても出来る事は続けて行きたいと思っています。
福島産を選ぶのも、その一つ。
とーさんと話し合って決めた事です。

CIMG4539.jpg
「アガッ!」←とりあえず齧ってみるそうです(^^; スイッチはオフにしてありますよ~


もう一つ、よく話し合うと言うか…確認しあう事。
それは、何かあった時にどうするか…と言う事です。
一緒に居る時ならば、勿論共に行動します。
でも、仕事などで離れた場所に居る時は…さぁどうする?と。


とーさんは会社から、歩いて帰ると言います。
何があっても帰ってくる!と言います。
とーさんがそう言うなら、きっとそうだろうと、かーさんも脳天気に信じています。
「かーさんを一人には絶対にしない!」
これが、とーさんの約束なのです。

CIMG4538.jpg
「コイツ生意気です!」←あくまでも強気で戦う姿勢(笑) 案外お気に入り?


何かあれば、かーさんは八朔を抱いて守ります。
そして、とーさんは、そのかーさんを八朔ごと守るそうです(笑)
何だか「親亀の背中に子亀」の世界ですね(^^;


守りたいものがある…それはとても幸せな事なのかもしれませんね。

CIMG4541.jpg



八朔がやって来て、今日で7か月目になりました。
真夏に出会い…秋を超え…冬を共に過ごし…
八朔が産まれたであろう、春を一緒に迎えます。


この小さな愛しい命をお預かりした事で、我が家に起きた変化や出来事は、かーさんの拙い文章では書きつくす事など到底できません。
ただただ…感謝の思いが溢れます。
八朔歴7か月!
まだ始まったばかりの我が家の暦は、日々愛しさで塗り籠められて行くばかり…


この茶色い毛玉が、可愛くて可愛くてたまりません。

CIMG4507.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

猫様の言うとおり

CIMG4547.jpg
本日の一枚 「やっと開いたです」 網戸越しに何故か上から目線の猫(^^;


先日の強風の際に、吹き飛ばされて鉢が割れてしまった「かーさんが唯一育てられた根性のアイビー」
やっと植え替えが終了しました。
他の植物と寄せ植えの様にしていたのですが(名前知りません!解りません!覚えられません!(T_T))
根がギッシリに詰まっていましたので、この際だからと分けて植えなおしました。


根を軽くほぐして、新しい土と肥料を入れて…お水をたっぷりあげて…
後はセルフで生き抜いて下さいm(__)m
…だって…かーさん出来ないんだもん……

CIMG4543.jpg


さて、今日の一枚で使った写真には、前哨戦がございます。
ベランダでゴソゴソ動く人影が気になって仕方がないのは、「何でも参加したい猫様」(--;
「どんな事でもお気軽に声をお掛けください!」
「呼ばれなくてもお手伝い致します」
の、猫の手corporation営業部長、八朔。

CIMG4544.jpg
「出せ~!出してくれです~!」


部屋の中で猛アピールです。
「ボクはここですよ~~!」
「ボクがお手伝いするです!」

「開けろ~~~!」


それでも放っておくと、今度は…

「…可哀想なボク…」
「忘れられたボク…(T_T)」作戦に変更した模様(^^;


CIMG4545.jpg
肉球でアピール中~♪

この後やっと網戸にしてもらい、一枚目の写真になりました…
全くもって不埒に可愛いヤツです(≧▽≦)



そんな不埒な八朔ですが、最近またしてもヘンな事にはまり始めました。
この所、すっかり影を潜めていた「狭い所に嵌りたいブーム」の復活です(^^;
(以前の嵌りたいブームはこちらからどうぞ♪)
→ はまりたい八朔と猫様ルール

しかし、以前と何が違うって…全く自分のでかさを考慮していない事!


CIMG4441.jpg


何故かトイレの隙間に頭を突っ込み…
強引にトイレを動かして…満足げ。


CIMG4442.jpg



一体何がしたいのでしょう(^^;
ついには、エサ入れの下に頭を突っ込むまでになりました…
別に下にフードが落ちている訳ではなく、ただただ突っ込んでるだけ(笑)
こうなると、益々理解不能です(^^;

CIMG4526.jpg


頭隠して尻隠さず。。。を身体で表現したかったのでしょうか…
暫くこのままの体制で全く動かず(^^;


解らん!かーさんには君の意図がサッパリ解らん!(--:

その後、嵌る事に満足したらしき猫様は、やおらタワーのテッペンに駆け上がって「ドヤ顔」

「やったです!ボクはやってやったです!」

あぁ…そうですか(^^;
それは何よりでした。。。。
全く「猫様の言うとおり」で御座います(笑)

CIMG4571_edited.jpg
「むふっ♪」






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

縁(えにし)  導かれた日

今日は、何も言わず、まず写真を一枚ご覧下さい。

CIMG4665.jpg



如何ですか?

「あら?はっちゃんがお外に?」と、思われませんでしたか?

CIMG4662_edited.jpg



実は…この子は八朔ではありません。
八朔ではないのですが…かなりの確率で八朔の姉妹だと思われます。



麗らかな陽気に誘われての散歩道でした。
1時間以上歩いた辺りの事です…


この所、思う事がありお社を見かけると、そっと手を合わす事が続いていたのですが…
今日、通りかかった神社には、何故だかどうしてもきちんとお参りがしたくなり、お社の中へ入って行ったのです。
参道を進み…あと僅かで本殿と言う時に、境内で何やら動く人影。。。


まず、気付いたのは、とーさんでした。
「猫さんだよ…」と。
振り向いた、かーさんの目には、最初リードを付けてお散歩している猫さんと飼い主さんに見えました。
そんな場面を見たら、じっとなんてしていられませんよね?
かーさん、満面の笑みで側に駆け寄り、飼い主と見えた女性に声をお掛けしました。


側に行って見ると、リードに見えたものは、長い木の枝。
その女性は、枝を使って、猫さんと遊んでおられたのです。

CIMG4675.jpg



お話ししていくうちに、その子の事がどんどん解ってきました。
曰く「昨年から、この神社に居ついていて、近所の皆さんにエサを貰い、可愛がられている」との事。
そして…もっと驚く事に、最初の頃には、同じような茶トラの子と2匹で居たと言うのです。
夏ごろから、もう一匹を見かけなくなり、心配していたと…


驚いた、かーさんもお話ししました。
ここから300mほど離れた緑地帯で、昨年の夏に茶トラの男の子を保護した事。
今、目の前にいる茶トラの女の子が、八朔と名付けた我が家の愛猫とそっくりな事。。。


その女性は仰いました。
おそらくは、八朔とこの子は兄妹だろう…
いい方に保護されて、とても安心したと…
ここで餌をやり可愛がっている方達に、伝える。。と。

CIMG4671.jpg



女の子は、八朔よりは一回り程小柄ではありますが、ふっくりと丸く、しっかりとした体をしていました。
八朔と、唯一違うのは、尻尾が八朔の半分ほどの長さだと言う事だけ。
暗がりではありましたが、それ以外は、どう見ても八朔に瓜二つ!
遊ぶ様子…顔つき…柄…しぐさ…何もかも八朔を見ている様です。


「とーさん!この子八朔の兄妹だよ!」


かーさん、我を忘れて、とーさんの腕を掴み、揺さぶりました…
悲しいのか、嬉しいのかさえ解らない。
ただただ…心が激しく波立ったのです。


立ち去りがたく、暫くその子と遊んでいたら、一度だけ撫でさせてくれました…
でも、一定の距離からは絶対に近付いてはくれません。
それが、この子の生きて来た月日を物語っている様で…


女性の方が去り際に
「また会いに来てやって下さい。きっと喜びますよ…」と仰いました。
勿論参ります!
散歩の度にでも参ります!


今まで何度も通った道でした。
それなのに気付く事はなかったのです。
今日、どうしてかお参りがしたい!と思った、かーさん。
その結果…八朔の兄妹に巡り合いました…


CIMG4656.jpg



八朔は兄妹で過ごしていた、あのお社から、何故か300mも離れた場所に一人で居ました。
線路の高架を挟んだ向こう側です。
八朔自身が、遊んでいるうちに迷い出てしまったのか…
或いは誰かの手で移動したのか…
今となっては解りません。


でも、その移動によって私達は八朔と出会いました。
あのお社の中に居たら、きっと気付けなかった…そう思います。


「不思議な事があるものだね…」
帰り道、とーさんが言いました。
本当に…本当に…不思議な縁を感じます…


今日、手術を迎えたあの娘の無事を…
足が痛いであろうあの子の為に…
傷口が塞がらないと言う、健気な子の為に…
祈りたくて、願いを聞いて頂きたくて、分け入った参道でした。
そこに…あの子は居た…
八朔と瓜二つの茶トラの子……


猫神様は、本当にいらっしゃる!
そうですよ…ね?

CIMG4645.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

八朔の姉妹  

CIMG4652.jpg
「八朔の開き」  程よく干せてます


昨日の「八朔の姉妹」への、温かい沢山のコメント、本当に有難うございました。
猫神様のお導き…確かにそう思えます。


あの子に会えたこと…元気な姿を見せてもらえた事…
どれ程感謝しても足りない程、感謝の気持ちで一杯です。
が…それと同時に…かーさんには一つ大きな問題を与えられた気がしています。


あの子の耳には、避妊済みのカットが施されてはいなかった。
「地域猫」ではなく、ただ幸運な事に虐待される事もなく、エサも与えてもらえ、可愛がって頂いている子なんですね。
八朔の姉妹であれば、そろそろ1歳を迎えます。
それは…発情期を既に迎えていると言う事でもあるのですよね…


CIMG4627.jpg



かーさんの住む場所でも、地域猫の運動は進んでいる様です。
現に、大きな公園の付近で見かけた猫さんは、耳カットが施されていました。
おそらく、この近くには保護活動をされておられる方々がいらっしゃると言う事です。


また、HPを調べてみた所、「野良猫さんの避妊手術補助」との記述もありました。
これは、もう少し調べてみなければ詳しくは解らないのですが…


本音を言えば…
我が家にお迎えして、八朔と共に…なのです。
ただ、それをするには数々のハードルがあります。
今住んでいる部屋に、もう一匹はどう考えても無理。
ここを引き払って、引っ越しをしなければいけない現状があるのです…
とても、今すぐに…とは行きません。

CIMG4638.jpg



既にあの子は妊娠している可能性もありますよね…?
悠長に構えている時間はないのかもしれません。


猫さんの保護をしている心強い友人に相談しつつ、かーさん出来るだけの事はやってみようと思っています。
まず、あの子のお世話をして下さっている方々とお話ししてみなければ!
その方々には、本当に感謝感謝です。
あの子が、こんなにも元気で、人を恐れず伸び伸びと暮らしていられるのは、全てその方々のおかげ。
どれ程大切にされていたのか、一目で解ります。


その方々を無視して事を運ぶ訳にはいきません。
感謝こそすれ、恨みも文句も全くないのですから…


もう一つ。。。。
怪我や病気の確率がグンと減るのは勿論ですし、安心して穏やかな生活も送れるのは家猫になる事。
でも、それには今まで自由に走り回っていた環境を捨てる事になりますよね…
昨日のあの子は、自由さを誇っているようにも見えました。
あの「神社」と言う特殊な環境でこそ許された事なのかもしれませんが、危害を加えられることなく、皆さんに可愛がられているのです。


お外での暮らしは、確かに楽しい事ばかりではないでしょう。
むしろ厳しい事や苦しい事の方が多い…
それでも、あの特殊な環境でなら、もしかしたら自由さを失わずに平穏に暮らせるかもしれない…
そんな事も考えてしまいます。


CIMG4591.jpg



まずは…お世話をして下さっている方々とお話しする事!
県や市の補助が受けられるなら、それを調べ提示する事!
その後は…それからのお話しですよね。


かーさん、やってみます。
出来る限りの事を!
また進展があればお知らせ致しますね。
どうか…見守っていて下さい。


CIMG4608.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

微妙コレクション VOL4

さて、恒例になりつつある、「八朔の微妙な顔」を集めたコレクションも、第4弾を迎えました!
日々撮り溜めた写真の中から、これはどうよ~~と思えるものを集めてお届けいたします。
また始まった~~と、生ぬるくご覧頂ければ幸いですm(__)m


まずはこの一枚
題して「なんじゃこりゃ!」
足の間から覗く謎の物体…見様によっては「猫様カリントウ」にも見える恐ろしさ…

CIMG4642.jpg



ぐ~~っと引きで撮るとこうなります(^^;
「何故そこに挟む!気持ちええんか?そうか…そりゃスマン」
CIMG4644.jpg



続きまして…
「オッサン抜け出し中!」
八朔の中の小さなオッサンは、只今留守です(笑)
どこへ行ったのかは謎。。。。
おぉ~い!オッサン~~帰って来いよぉ~~!

CIMG4628.jpg



次いで…
「チッ!バレちまったか…」。。。どうやらオッサンは無事に帰ってきた様です…(--;
すんげぇ~~悪顔で悪態ついてます。

CIMG4622.jpg



次の一枚は…
「こんがらがちゃったです!」
…はい(^^; 見事にこんがらがっちゃってますな(笑)
君は自分の手と足の位置関係を把握してる?ん?  してない…あっそっ。

CIMG4518.jpg



続いての一枚も…
「ボク…お顔が変な気がするです…」
ほぉ、たまには変だって解るのね(笑)
確かに変です!目一杯変です!

CIMG4497.jpg


さて、本日のオオトリを務めますのはこちら!
CIMG4659_edited.jpg


なんと!かーさんのお散歩スタイルをば、清水の舞台どころか、土星くらいから飛び降りる覚悟でアップ!
猫耳バッグを背負って、歩け歩け~♪

ん?画像が小さい?

馬鹿を言っちゃイカン!
これ以上でっかくしたら、鼻血を出してぶっ倒れるファンが続出するではないか!(アホ!


CIMG4586.jpg
ぎゃははははは!


本日はお気軽更新です。
はい…ご想像通りパッツンパッツンでございます(^^;
進展があれば、必ずご報告いたしますので、どうか見守ってやって下さいませm(__)m






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

戦う男八朔 VS カラスさん

CIMG4619.jpg
本日の一枚 「ボクはこれがいいです♪」 折り鶴チョイス中…


本日は、まずお知らせです。
既に、色々なブログでご覧になられた方も多いとは思いますが…


KOMOMOスローライフの管理者、komomo姉さんが、友人の苦難に対して心を砕かれておられます。
少しでも、その友人を笑顔に…との思いから「笑顔便」への参加を呼び掛けられました。

KOMOMO すろーらいふ


微力ながら、かーさんも参加させて頂く事にして、先日お届けする事が出来ました。
笑顔になぁ~れ~!と言う願いを一杯に込めさせて頂いて…

CIMG4625.jpg


この笑顔便は、今後も随時受付られるそうです。
長い道のりになるかもしれない…
そう思い、かーさん、少し時期を遅らせてのお知らせをさせて頂きました。

もし、「よし協力しますよ!」と思われる方は、どうぞkomomo姉さんまで♪


相変わらず「何でも参加したい」八朔。
今回も力一杯のお手伝いを繰り広げてくれました(--;
折っていれば膝の上で…
繋いでいれば真横で…
手も出れば口も出る(^^;

ご友人に届く折り鶴には、「特別参加 八朔」と明記すべきだったかもしれません(笑)

CIMG4615.jpg



さて、そんなフリーダムの権化な八朔ですが…
ちょっと凹む事があった様です。


先日の事…
夕方、洗濯物を取り込んだ後のベランダに、大きなカラスが飛んで来ました。
物干し竿に留まって、部屋を覗き見ています。
それを見た八朔…勿論大興奮!

CIMG4566.jpg
「かーさん!何かでっかい鳥さんが居ます!取って下さいです!」→無理です!(--;



件のカラスさんは、余裕綽々で何やら物色にお忙しい様子です。
。。。で、見ていると…
何と、洗濯物を干すハンガーを咥え、器用に取り外して持ち去られました(^^;


へっ?プラスチックのハンガーだぞ?
と、思ったかーさんですが、ふと思いつきました…
あぁ…巣作りの材料集めなんだ……


昔、クリーニングの針金で出来たハンガーを持ち去るカラスと言うのは聞いた事がありました。
が!今や、それすら手に入りにくくなったのか、プラスチックのハンガーまで…です。


「カラスさんも大変なんだなぁ…」
と、暢気な感想を漏らしつつ、八朔を宥めていると…
巣作りカラスさん、何度も来る!(^^;


結局、我が家のハンガーを5本ゲットされたカラスさん…
最後の去り際に、騒ぐ八朔に向かって一声!


「バッカァ~~~!」


CIMG4502.jpg
「ガーーーン!」


一際大きな声で、馬鹿にされた八朔。。。
一直線に、かーさんの膝に飛び乗ってきました(^^;


「バカって言われたです!バカって…」


とばかりに、かーさんに向かってウニャウニャ…

いや…かーさんに言われてもなぁ…(笑)


CIMG4641.jpg
「ボク…悔しいです(T_T)」


そんな話しを帰宅した、とーさんにしていたら
「八朔、あの子だったらカラスを追い払ったかもしれんぞ?」と一言。。。
とーさん、そりゃ比べるのが無理があるわ…
溺愛の筋金入り箱入り息子に育てちゃったもん(^^;



ちょこっとだけ中間報告。
あの子は元気です…
持っていたフードも平らげ、その後とーさんと遊びました。
…が……お世話をされている方にはお会いできず…
2時間近く待ちましたがダメでした。
明日は、ちょっと色々動く予定!


CIMG4694.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

負けるもんか!

CIMG4651.jpg
本日の一枚  「ペロリンチョ妖怪現る!」 猫さんの舌って長いですよねぇ~(^^;


関東地方、恐ろしく吹きました!
窓を閉め切っていてさえ、ガタガタと揺れだす程の強風です。
流石に道行く人も少なく、数少ない通行人も、風に逆らうように体を前傾させて歩く有様…


それでも、かーさん出かけましたよ!
猫耳バッグを背に、「風になんか負けるもんか!」
でも…向かい風で、まるで体全体に負荷をかけて歩いている様です…(--;
大股でなんか歩けません!
足を上げた瞬間に、ふわ~っと体が持ち上がる気すらします(^^;


何時もの道が、果てしなく遠く感じられます…
時々、とーさんの後ろに回って風除けにしてみましたが。。。
何故か、あまり変わらない…
あの、でっかい背中の後ろだと風は当たらないはずじゃないの?


…確かに頭部に風は感じない…
だか。。。。身体は……
特にお尻の辺りは……


はみ出しとる!(T_T)

CIMG4677.jpg
「かーさん、それは当然の結果なのです」→うるしゃいわぃ!(--;


さて…
かーさん、以前の記事で、八朔に朝起こされた~~って喜んでいました。
あの頃の八朔は、それこそ奥ゆかしく…遠慮がちに…フミフミ程度で
「かーさん…起きてくれないかなぁ…」と言う感じでした。


それから暫く経った現在。
八朔、毎朝かーさんを起こします。
一緒に寝ている右側の腕枕のまま…まずは、腕を前足でグニュ~~っと押す。
次いで、後ろ足でゲシゲシ蹴りだす…
それでも起きないと…

「うみゃぁ~~っ!」

と、耳元で叫びだします(--;


遠慮など微塵もありません!
躊躇など呆れるほどありません!




「かーさん!お腹空いたーー!とっとと起きるですーーー!」


ついには、かーさんの手を甘噛みし始めて…
かーさん白旗を揚げる事になるのです。


CIMG4577.jpg
「フッ……今日も勝ったです…♪」


フードを、ロイカナのライトに切り替えた事も関係するのでしょうか…
未だに一気食いはせず、分割で食べる八朔ですが、朝方にはしっかりお腹が減っている様です。
で…お腹が減ったのアピールです(^^;


今朝は5時でした!
え~5時ならマシじゃない~と思ったアナタ!
ちっともマシぢゃ~ありませんよ(T_T)
だって…一緒に寝たの…3時過ぎですもん(--;


かーさん、眠たいです…とっても眠たいです…
このままでは睡眠不足で痩せてしまいます!


…今、丁度いいじゃん痩せて…と、心の中で思ったアナタ!
握りっ屁の刑に処します!(--;


CIMG4580.jpg
「それは…目に染みるです!」


ちょこっと報告
予定していた事が強風の為、全てアウト…
なかなか進みません。ふぅ……(溜息)
諦めないぞ!明日またチャレンジです!
外出が増えている為、最近なかなかご訪問やコメントにお邪魔できずにいます。
読み逃げ、ポチ逃げの多発も、どうぞお許し下さいませm(__)m


CIMG4682.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

踊ってます

CIMG4729_edited.jpg
本日の一枚  「捕ったど~!」


春の天気は三寒四温…などと申しますが…
この所の天候ときたら、「三荒一暑一寒」とでも言いたくなります。
こう変化が激しいと、長年酷使してきた体が「調整機能低下!低下!ドド低下!」
と警告音を鳴らしてくれています。


何だかパッとしないなぁ…心も体も…(--;


と、言う時には、やはりコヤツが頼り!
せめて君は楽しげに居ておくれ~と、オヤツに「初ちゅーる」を進呈してみました。


CIMG4724_edited.jpg
「ハギハギ!」


……猫相が変わる程美味しかったらしいです(^^;
ここまで食い付いてくれると、進呈しがいもあるってなもんですね(笑)
アッと言う間に平らげて、空の袋を奪取して走ろうとするほどお気に召した様ですが、袋は当然危険ですので、とっとと取り上げました。


しかし、猫さんのオヤツも随分進化したのですね。
ペットのフード売り場に行くと、凄い品ぞろえです。
あれもこれもとグルグル見て回り、手に取ってフムフムと調べ…時には独り言を漏らしつつ…
いやぁ~あそこは「猫好きのワンダーランド」です!(笑)


購買意欲をそそる、キャッチフレーズの数々…

「愛猫ちゃんの健康を第一に!」
「愛猫ちゃんとの距離がぐっと縮まる!」
「猫ちゃん主義です!」


。。。。何だか、選挙運動みたいだ。。。。


CIMG4723_edited.jpg



と、思いつつも、それに乗っかってしまう悲しいサガ。。(^^;
これって、お値段設定も微妙な線を突いていると思われませんか?
このくらいのお値段なら、もしも猫さんが好まなくても諦めがつくかなぁ…と言う(笑)
オヤツやオモチャなど、嗜好品については特にこの傾向が強いですよね。
よく考えられているものだと、妙に感心してしまいました(笑)


ちなみに、この「ちゅーる」3本入りで198円也。
これが200円を超えると、ちょっと考えるかも…
この端数の「8」ってのが、曲者なんですよね(笑)
人間の心理なのでしょうね…安く感じてしまうのは(^^;
そう言えば、何かの研究発表とかありましたもんね「購買意欲と価格設定」みたいなヤツ。


焼きカツオ…通常98円。
特売で78円だと、うぉ~って飛びつく(笑)
いやいや…あくまでもオヤツだし…絶対に無ければいけないものでもないのに…これ(^^;


踊らされてますねぇ…見事に。


CIMG4718.jpg
「ボクと一緒に踊るです~♪」


本日のちょこっと報告
いつもの様にカリカリの入った容器を差し出すと、少しだけ食べておしまい。。。。
あれ?と、思って付近を見てみると…
「黒缶」のパウチの残骸を発見。
なるほど…先に黒缶を貰ってたのね(^^;
しかし…黒缶パウチとは…お世話されてる方も、おそらく猫飼いさんですね。
しかも複数いらっしゃる模様。

本日はお水をたっぷりあげて、付近をお掃除してきました。
ダメだよ~~ゴミをそのままにして帰っちゃ(--;


CIMG4691.jpg
ピコピコ尻尾が可愛い~~♪






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

お社の猫

あの子に巡り合ったのは…3月9日の事でした。
あれから丁度1週間が経ちます。
その間、皆様には本当にご心配ばかりお掛けしてしまいました…
不甲斐ない、かーさんを励まし続けて下さって本当に感謝しています。


やっと…
やっと…一つのご報告ができる様になりました。
今日は長いお話になりますが、どうぞお付き合い下さいませ…

CIMG4736.jpg



毎日あの子の元へ通い始めてから、遅々として進まない状況に苛立ったり焦ったり…
正直かーさんは、ど素人のくせに、力もスキルもコネもないくせに、何やってんだ!
と、自分をずっと責めて眠れぬ夜を過ごして来ました。


近辺の保護団体にもご相談してみました。
結果は…「その地域までは手が回らない」でした…
春の出産ラッシュを迎え、どこも手一杯なご様子…無理もない事だと思います。


それでもね…
行かずにはいられなかったのです。
あの子の無事を確かめずにはいられなかった。


ある時は、行ってはみたものの…あの子の姿がない。
付近を探し回っても見当たらない…
「あぁ…かーさんがグズグズしているから…あの子どうにかなったんじゃないのか!」
「どうして、昨日無理やりにでも保護してしまわなかったのか!」
と、帰り道後悔の嵐で泣きました。


CIMG4706.jpg



藁にも縋る思いで、翌日あの子の元へ走ると…
あの子、ちゃんと待っていてくれました!
何時もの社殿の縁の下で…

一年もの間、生き抜いて来たあの子の強さを見る気がしました。


それまでも、行く度にお参りに来られた方に話しかけ、少しでも情報を…と務めてはいました。
勿論、鎮守の神様にも毎日真剣に手を合わせてもいました。
……それでも捗々しくないのです…



ある日話しかけた老夫婦の方は、最初何も知らないと仰いました。
ですが、かーさんが八朔との出会いから、あの子との出会い…今後どうしたいのかを話すうちに、御主人がポケットからフードを取り出し、与え始めたではないですか!
どうやら、そのご夫婦は、あの子に食べ物を運んで下さる方々のお一人だったようです。
「野良猫にエサなんかあげないで!」
と、言われると思われたのでしょうか…
最初は、とても警戒されてしまいました。


その日から、かーさん、付近の掃除を始めました。
何方かが置いて下さったエサの残骸や、フンも持ち帰りました。
参道も、少しだけ綺麗にと枝や葉を拾い集めて持ち帰りもしました。


CIMG4693.jpg



猫が居るから汚れる!って言われたくなかった…
あの子が今まで守ってもらった神様を汚してはいけないと思ったのです。


それから今日まで、来る方来る方に話しかけました。
「あら、野良猫なんかにエサをあげるのは法律で禁じられてるんでしょ!」
と、言われました。
「そんな猫の事など知る訳がないでしょ!」
とも、言われました。


まるで変人を見るように、何度も振り返りながらヒソヒソと笑われもしました。
そんな事、へっちゃらです!
笑わば笑え!


そして…今日……
お一人の老紳士がお参りに来られました。
参拝が済むのを待って、かーさん何時もの様に話しかけます。
「すみません、ご近所にお住いの方でらっしゃいますか?」と…


その男性は、じっと、かーさんの話しを聞いて下さいました。
そして…
「自分には何もしてあげられないが…この神社の管理をしている人を知っているから待っていなさい」
と、言われて、社殿のお向かいの住宅地の一角に向かわれたのです。


CIMG4699.jpg



やがて、出てこられた男性…この社の管理を任されている方でした。


かーさん一生懸命にお話ししました。
八朔との出会い…
あの子との不思議な巡り合い…
どうしても気になって毎日通っていた事…
せめて避妊手術を受けさせたいと思っている事…


現状も正直に話しました。
今の住まいでは、この子を迎えてはやれない…
今でさえ、大目に見て頂いている事も。
それでも不幸な子供は絶対に増やしたくはない…と。


CIMG4701.jpg



その方は仰いました。
近頃境内が綺麗になっているのは、貴方だったんですね…と。
今まで、エサをやるだけやって、ゴミをそのまま残していた為、それを目当てに他の野良猫も集まってきて困っていたと。
仔猫が増えるのは神社としても困ると言う事も。


かーさん、乏しい知識ながら「地域猫」のご説明をさせて頂きました。
避妊手術を施し、耳カットをして、一代限りの命をどうか見守って頂けないでしょうか…と。
このお社だったからこそ、この子はこんなにも人を怖がらず、伸び伸びとふくふくと暮らしてこられたと思う事。
今後、もし何かあれば、かーさん知らん顔なんて絶対にしないと言う事…


必死でした!
涙を流しながら必死にお話ししました。


その方は静かに仰いました。
貴方は奇特な方だ…と…
きっとここの神様が貴方を招いてくれたんでしょう…と…


責任を持って避妊手術を受けさせてもらえるなら、この子はこの社の猫として見守ります。
氏子の皆にも話は通します。
自分自身も気を付けてこの子を見てやります…と…


CIMG4698_edited.jpg



幸いな事に、ここ数日、あの子は、かーさんに慣れてくれ触ったり、撫でたりも出来るようになっています。
これなら、病院まで運べそうです。
なるべく負担を減らすべく、今、神社の近くの動物病院を当たっています。


ご心配をおかけした皆様…
一杯応援をして下さった皆様…
結果は、八朔と共にとはなりませんでした。
それについては本当に申し訳なく思っています。


ただ…今のかーさんには、これが精一杯でした。
今出来る事は、一生懸命にやったつもりです…どうか許して下さいね。。。


勿論、これからも関わって行くつもりでいます。
出来る限り毎日通い、食べ物と健康には気を配ります。
何かあれば迷わず病院にも連れて行きます。

事情が許す事にでもなれば、真っ先に迎えに行くつもりでもいます。
それまでは…あの子をあの社の神様と、優しい人達にお願いする事にしました。


これが、かーさんの皆様へのご報告です。


もう一つ…あの子に名前を付けました。

「小夏」

あの社の猫は小夏と申します。






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

オーバーヒート

CIMG4774.jpg
何だかボクの出番がないです!…でも元気なのです♪



昨日は小夏に対して沢山の温かいお言葉と励ましを本当に有難うございました。

こんなにも沢山の皆様に、気に留めて頂き心配してもらえるなんて…
小夏はやっぱりお社の神様に見守られた猫なのだと、改めて思います。


仕事の都合で一緒に小夏に会いに行けなかったとーさん。
昨日、帰宅して顛末を話したかーさんに


「よく頑張ったね…よかった!」
って、頭をポンポン。。。


それで、我慢していたものが一気に崩壊して、かーさんもうズタボロに泣く泣く…
張りつめていた気持ちが、やっと少しだけ解れた気がします。


CIMG4786.jpg
小夏は、ここまで近寄って、甘えてくれる様になりました。


緊張の糸が解れたせいなのか…
寒い境内で粘って時間を過ごしすぎたのか…
使い慣れない頭を酷使したせいなのか…
かーさん、只今発熱中です(--;


明日、小夏の為にどうしても行っておきたい場所がある為、今夜は申し訳ありませんが、超簡単更新にさせて頂きますm(__)m
また皆様に良いご報告が出来るよう…
かーさん、粘って粘って粘りまくるつもりです!


せっかくお越し頂いたのに、「かーさんにしては」超短い記事でごめんなさい!
明日の為に…これからも続く日々の為に…
かーさん、取り敢えず知恵熱を下げる事に専念いたします。



せめてものお詫びに…八朔のセクチー(?)ショットを一枚、置き土産~♪

CIMG4769.jpg
パパラッチとーさんの作品です(^^;  八朔不機嫌そうだし…すまんm(__)m


本日はご訪問やご挨拶が滞ってしまうと思います。
申し訳ありません!
復活次第またお邪魔させて頂きますね。







いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

お社の猫 その2

CIMG4793.jpg
本日の一枚  「え?またお出掛けするですか?」  すまん!八朔ちょっとだけお留守番お願いね!


昨夜のかーさんの知恵熱に、優しいお言葉やご心配を有難うございました!
お陰様で、熱は下がり、今日は予定通りに行動する事が出来ました。
どうしても行きたかった場所へもお訪ねする事ができ、その結果嬉しいご報告もできます。
いつもいつも、見えないパワーを送って下さる皆様のお蔭だと思います…
本当に有難うございましたm(__)m


かーさんが熱を押してでも出掛けたかった場所…
それは、保護猫さんの譲渡会でした。


草加市を中心に活動を続けられている「草加里親会」と言われる団体さんで、土日には地元草加の駅東口で保護猫さんの譲渡会を開催されておられると知り、最後の賭けだと思いお訪ねする事にしたのです。
この春の出産ラッシュに向けて、どこの団体さんも大変なのは解っていました。
実際、かーさんも問い合わせた所では、そう言われもしました。


ここが最後!
かーさん、そう決めていました。
ここでダメなら、もう自力で何としてでも小夏に避妊手術を…と。

CIMG4822.jpg
小夏さん…イカ耳ですよぉ~(^^;


電車を降り、草加東口と書かれた出入口の真ん前で、里親会の皆さんが保護猫さんと一緒におられました。
かーさん、丹田に力を入れて…話しかけました!


「お忙しい所すみませんが、少しお話をさせて頂けませんか?」


好天に恵まれた日曜の午後…入れ替わり立ち代り猫さんのケージに人が集まる中…
そこにおられた方は、かーさんの話しに耳を傾けて下さいました。
八朔の事…その後参拝しに入った神社で小夏に出会った事…
神社の管理の方に了承を得た事…
どうしても避妊手術をしてやりたい事。
勿論、手術代は負担させて頂くと言う事。


お返事は…
「お任せください!」でした。
間違いなく捕獲し、会でお世話になっている動物病院で避妊手術を受けてもらいましょう…と。


CIMG4825.jpg
小夏、ここまで慣れてくれました(*^^*)


ボランティアを受け入れて下さる病院との事で、手術代金もかなりお安くして下さるとの事でした。
代金も勿論有難い事ですが、何よりも「野良猫は受け付けません」と言われる病院が多い中、本当に有難いです。


お話しをお聞きすると、いくら慣れてきたと言っても、捕獲となるとやはり難しいでしょうとの事でした。
そして、一度捕獲に失敗すると、その後は警戒心を強めてしまうと言う事…
かーさんが、無理をして小夏を捕まえていたら……
そう思うと、背筋がゾッとしました。


こうして、小夏は、遅くともこの1週間のうちに手術を受けられる運びとなりました。
かーさん、また神様に助けて頂いた気がします…有難い…本当に有難いです。


CIMG4813_edited.jpg
食べたら遊ぶ!これ、お約束ですよね~♪


その場を立ち去りがたく、暫く譲渡会の様子を拝見しながら色々なお話も伺う事ができました。
人は様々…猫さんもそれぞれ…
それでも、猫さんの保護に走り回られ、里親を探し、活動を続けられる姿に、思わず頭が下がりました…


「草加里親会」さんは、毎週土日に、東武伊勢崎線の草加駅東口で譲渡会を開催されておられます。
(西口では違う会の方がおられますが、草加里親会は東口です!お間違いのないように)
もし、少しでも興味を持たれましたら、是非一度お家を探す猫さん達に会いに行ってみてください!

草加里親会の詳しい事は、こちらからどうぞ!
こちらのページを見つけて伺いました。→ 草加里親の会
調べたらHPもお持ちでした。→ 草加里親会


CIMG4823.jpg
かーさんの足は美味しいですか…そうですか(^^;


帰り道、何時もの様に、小夏に会いに行きました。
小夏…かーさんの姿が見えると、鳴きながら走ってきました…
早速フードを出して食べさせ、その後ジャラシで遊び…と、いつもの様に時間を過ごします。
日毎に慣れてくれる小夏。。。
じゃれついて、甘えて…もう可愛くてたまりません。


そんな小夏が暮らす場所だから…と、目につくゴミを拾っていたのですが…
今日、いつもの様にゴミを拾い始めて、ヒョイっと植込みの下を見てみると…
何と、ゴミの山!
それも、黒缶パウチのものばかり!

CIMG4818.jpg
今日の収穫(--;


数にして70~80
用意していた袋、2つに一杯になるほどありました。


おそらくは、小夏に与えてくれたものでしょう。
それは有難い事だと思います。
思いますが……何なのこれ?


何故、ゴミをわざわざ植込みの下に、隠すように…しかも大量に置いて帰る?
土に還る素材でもなし、そこに溜まる一方なゴミの山。


かーさん、何だか悔しかったです…
猫が好きで、わざわざここまで来て、決して安価ではない黒缶パウチを大量に与える…
ならば、何故そのゴミが残される事で、付近の皆さんに迷惑をかけてしまう事や、それによって猫さんが嫌われてしまう事に思いが及ばないのでしょう。
持って来たものを持ち帰る…たったそれだけなのに。
せっかく管理の方の了承が得られたのに、このままではダメになってしまいます。


帰り道とーさんが言いました。


「今度から軍手持参だね」

はい…とーさん、そうします(--;


ご訪問が滞ってしまい申し訳ありません!
もう少しだけ、不義理をお許し下さいませm(__)m


CIMG4754.jpg
「ボクも居ますよです!」





いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

不在の理由とミルフィーユ

CIMG4758_edited.jpg
本日の一枚 「作品完成に満足する巨匠」  窓ガラスを掃除していたら参加希望でやってきた巨匠…素敵な作品を仕上げて満足そうです(^^;


本日の関東地方、今年数度目の大風!
かーさん的には、今までで一番強かった気がします。
何しろ…かーさんが真っ直ぐに立っていられない程でしたから…(^^;


その突風をものともせず…いや、本当はものともしたい!(T_T)←日本語としておかしいだろ!
行って参りました、本日もお社まで。
せっせと歩いて30分。
とろとろ歩いて35分。
本日強風の為、ちっとも前に進まない、かーさんをとーさんがサポート(背中を押す♪)して33分!


お社に近付くにつれ、聞こえてきたのは子供の歓声。。。
「あ…これは……」
と、その時既に解りました。


あの強風の中、おそらくは小学校の5~6年か、中学1年生あたり…男子がワヤワヤと境内を走り回っておりました。
その数、おおよそ10人ほど。。。
春休み…かぁ…(--;


かーさん達が境内に入るのと入れ違いに、その男子達は帰って行きましたが…
予想通り。。。小夏は不在でした。
境内をくまなく探してみましたが、どこにも居ません。

CIMG4816.jpg
先日の小夏の様子です


先日も一度だけ、小夏が不在だった事がありました。
その時は、もう心配で心配で、翌日訪れて小夏の無事を確かめるまでは気が気ではありませんでした。
でも、小夏は翌日、ちゃんと何時もの場所に居たのです。


今日、小夏が不在なのは、社に入る前に覚悟しました。
むしろ…居ないでくれ!とすら思ったものです。
個人的には優しい子でも、集団になると心にもない事をしてしまうって、あの年頃にはよくありますよね。
好き嫌いでも偏見でもなく、小夏には姿を隠していて欲しいと思ってしまいました。


外で暮らすと言うのは、こう言った事も含めて危険と向き合う事…
自分の身を自分で守る事。
かーさんが思っていたより、小夏の行動範囲は広い様です。。。。
小夏!頑張れ!
無事でいてね…

CIMG4806_edited.jpg
食べている時にでも、小夏は周囲に気配りを怠りません…


さて、お目当ての小夏が居ない境内で、何をするかと言うと…
はい!本日のゴミ拾いおじさんの登場です(^^;
昨日の場所には、まだまだ黒缶パウチの残骸が積み重なっているのです。
落ち葉の下…ゴミ…また落ち葉…ゴミ…
と、素敵なミルフィーユ状態(--;


とーさん、植込みへと分け入って、せっせとゴミ集め。
結局、スーパーの大袋一杯に拾って、本日の作業は終了です。

CIMG4832.jpg
決して怪しい人ではありません(笑)ゴミ拾いに精を出すとーさんです!


一体いつごろからなのでしょう…
毎日1袋だとしても、これって数年分ありそうな気がします。
小夏以前にも、もしかしたら猫さんが居たのかもしれませんね。


何にせよ、妙に律儀な人です。
とにかく「同じ場所」に捨てなきゃ気が済まないらしいですから。
……ったく、堆積するほど捨ててるんぢゃねぇ~~~!(--;


猫を可愛がる事が=いい人ではないのですね。
少なくとも、他人への配慮には著しく欠ける人の様です。
それによって今後起こるかもしれない厄介や障害について、思いを馳せる想像力もない。
本当に残念な事ですが…「大馬鹿野郎様」です!

CIMG4836.jpg
本日の成果。。です(--;


もし、あの場所で、そのミルフィーユの製作者にお目に掛かっても、かーさんはきっと何も言わないと思います。
「ゴミを持ち帰りましょう」なんて立札を掲げるつもりもありません。
やらない人は、言われても見せられても「やらない」のです。
それをやらなければいけない…と言う観念がないのです。


もし、かーさんの目の前でゴミを捨てたとしたら…
かーさんは黙ってそれを拾うでしょう。
何度でも、何度でも!
それを負ける事だとは思いません。
向こうが精根尽きるまで、拾って拾って拾いまくってやります。


何故か知らないが、自分の捨てたものを拾ってるヤツがいる…と気付くまで辞めません。


結果として、向こうが全く気付かなくて、何の変化もなくても、少なくとも境内は綺麗になる!
それでいいと思うのです。

CIMG4810_edited.jpg


一番大切なのは、あの場所で小夏が無事に、穏やかに暮らす事。
ゴミ捨てさんと、常識についての議論を戦わせる事でも、正論を振りかざして「こうあるべきだ!」と旗を振る事でもありません。
ましてや、取り敢えず、その人は猫の虐待者ではないのですしね。


小夏の暮らしが平和であるなら…それ以外の事など、いくらでも我慢できます。
黙ってゴミを拾い続ける事など、へのカッパ(笑)


他人を変える事は至難の業であっても、自分をなら変えられます。
かーさんは、かーさん自身を変えます。
一番苦手だった、「地道で愚直な行動」とやらに踏み込みました(^^;
これもまた、猫様が導く道なのかもしれませんね…

CIMG4713.jpg
「かーさん、また屁ですか?好きですねぇ…」






いつも応援有難うございます♪


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小夏不在2日目と愛護の話

CIMG4842.jpg
本日の一枚 「新しい水飲み場」  変な事を覚えました(--; 今日は小夏の写真がありません…八朔が代わりを務めさせて頂きます


恐ろしく気温が上がった、今日の関東地方。
少し動くと汗ばむ程の陽気になりました。


そんな中、自転車をヒコヒコと漕いで向かったお社に…今日も小夏の姿は見当たりませんでした…
2日も会えないのは、初めての事です。
かーさん、諦めきれずに何度も何度も行ったり来たり…


境内の中にいらした若いカップルさんに、無粋を承知で話しかけてもみました。


「茶トラの猫さんを見かけませんでしたか?」って…


二人の世界を楽しみたいであろう若いお二人は、それでも一緒になって小夏を探してくれました。
小夏と関わる様になった経緯も、ざっとですがお話しし、もしあの子を見かけたら、どうぞよろしくお願いします!
と、頭を下げて帰路につきました…


CIMG4837.jpg
お手々も入れてみます…君さっきトイレでウンPしてホリホリしてたよね?してたよね?(T_T)


小夏…無事かな…
お腹空かせてないかな…
。。。何だか泣きそうです。。。(T_T)


カップルの男気にあふれた感じの男性が
「休みに入ってガキ共が一杯来るから…どこかに隠れたのかもしれん…」
と、言ってくれました。
有難うね…変な猫おばさんに邪魔されたのに、ちっとも嫌な顔もせず付き合ってくれて…




今日の午前中に、草加里親会の方からお電話を頂戴しました。
怪我をしていた猫さんの捕獲を先にしてしまったので、少し捕獲が遅れてしまっているとの事です。
それでも今週中には必ず伺いますとも言って下さいました。


かーさん、思い切ってその方にお尋ねしてみました。
小夏の避妊手術後、一時預かりなどは無理でしょうか…と…。
。。。答えはやはり無理。。。そりゃそうだと思います。
どこも一杯一杯で動いておられるのですから…
そんな甘い話はないと解っていながら、聞いてしまったかーさんが悪い!

CIMG4848_edited.jpg
「かーさんご無理を言ってはいけないです!」


申し訳ありません!
こう言う事って、お断りする側が、何故か心苦し思いをしてしまうんですよね…
そもそも、かーさん自身が、一時的にでも小夏を引き取ってすらやれないくせに、どの口が言う!でした。
切羽詰まったとはいえ…かーさん馬鹿です。。。。
馬鹿だけど、諦められない~~!
小夏を一時的にでも預かって下さる方…いらっしゃらないかな…(T_T)


それよりも、せっかく捕獲に来て下さった時に、小夏が不在だったらど~~しよ~~~~(T_T)
明日は時間をずらして行ってみます!
小夏ーーーー!お願いだから居ておくれ~~!


CIMG4851.jpg
「小夏…出てくるです…ボクも心配なのです…」


昨日の記事へのコメントで、いつも来て下さっている「ねこのははっは」さんから、こんな質問がありました。


以前某掲示板で、ネコにえさやりをしている人を責め、保健所に連絡すれば後は保健所がきちんとやってくれるとか、、うちの新車にキズがついた等のレスがたったので、参戦したのですが、
その時、「動物愛護といい、命の重みというなら、おまえはゴキブリも蚊もハエも殺さないんだよな!?保護してやるんだよな?」と書かれてぐっときました。
もともと病原菌を媒介する割合が高そうな生き物とは違うし、猫の多くは元飼い猫(とその子が)が捨てられたのも多い、しかもバースコントロールはネコはできるが、ゴキブリなどはできない。
ネコや犬は、共存がより可能な動物なんだ…と書きましたけれど。
ああいう論理でやってこられると、論駁できない自分が悲しかったですたい。
こちらに集う方々ならどう、反駁されますかねえ?


と、言う内容です。
皆さんはどう思われますか?


CIMG4847.jpg
「ふむぅ…難しいです」


かーさんは思います。
護りたいのであれば戦ってはいけない…と。
論理に論理でやりかえすのは不毛だと思うのです。


色々なご意見はあると思いますが、「愛護」と言う言葉で話すならば…
「その対象を愛せるかどうか」が大きなポイントになりませんか?
勿論、蚊が大好きで、ボウフラから大切に育てて慈しんできたのでしたら、どうぞ蚊を愛護なさってください。
ゴキブリに限りない愛情を注がれておられるなら、どうぞゴキブリを護って下さい。


命の重み云々は、その対象を愛するが故に言える事だと思います。
残念ながら、かーさんには蚊を愛したりゴキブリを慈しむ心はありません。
お腹が空いている蚊に自分の血を分け与えてやる趣味もありません。


しかし、それと同じくらい、理論だけを振り回す輩と戦う気は毛頭ない。


そんな時間があったら、ゴミでも拾ってます(笑)


保護の大先輩でいらっしゃる「百猫物語」のsabimamaさんが仰いました。
「エサやりは決して違法ではない」
「むしろ、猫を虐待する側には処罰が下る」と。



エサやり側の問題も多いでしょう…実際、かーさんも目の当たりにしています。
でも、やっぱり戦おうとは思いません。
正論で対すれば、きっと反感を買う…
ならば、気付くまで行動するしかないと思ったのです。


お外で暮らさざるを得ない猫さん達の為に、一番先に考えなければならないのは、その子たちが安心して暮らせる事だと思います。
論破するのではなく、議論で勝つのでもなく…
どうすれば一緒に護ってやれるのか…だと思うのです。


本当のかーさんは、実は「喧嘩上等!」なヤツです(笑)
褒められるような人間じゃない。
それでも、そこに小夏と言う存在が関われば、どれだけでも気長にやれます。
かーさんにとっての「愛護」は、茶トラの形をしているのかもしれません…


CIMG4850.jpg
「小夏、明日はちゃんと出ておいで!兄ちゃんも心配です!」






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小夏不在3日目…

小夏不在3日目…

ともすれば折れてしまいそうな心を叱咤しつつ、今日もあの子の姿を探します。
朝に一度…この時は付近の住宅の方まで探しに行ってみました。
が…どこにも姿は見当たりません。


帰宅してから思い立ち、保護センターや保健所に電話をするも…本日は祝日の為業務はお休み。。。
虚しく留守番電話の声だけが流れました。
あす、再チャレンジです!


CIMG4856.jpg
「かーさん負けるなです!」←うん…頑張るよ~八朔(T_T)


皆さんから頂戴したコメントにお返事を書きながらも、頭の中は小夏で一杯です。
コメントの中に、「行動するのは夕方から夜」とのアドバイスがありました。
そこで、何時もなら夕方の明るい時間に訪れるのを、時間をずらしてみる事に…


どっぷり日も暮れた午後8時過ぎ…
かーさん、自転車キコキコで神社へ急ぎます。
湿気を含んだ夜気の中に、細かい雨粒が混じり始めましたが、そんな事は気にしちゃ~いられません!


既に暗闇に包まれた境内は、人っ子一人居ない静寂です。
時折横を通る車のライトだけが静けさを破って行きます…
懐中電灯を手に、境内を回ります。。。


「小夏~~出ておいで~~小夏~~」


藪の中…社殿の高床の下…
遊歩道の先…
くまなく照らして探してみました。


小夏が何時も寝ていた、社殿の下…そこに敷かれた古着も、主のないままです。
木立で休んでいたのか、かーさんが照らす懐中電灯の灯りに驚いて、カラスが大きな羽音を立てて飛び立ちました。


…居ないのです……
小夏は、何処にも居ないのです。


CIMG4855.jpg
「小夏…何処いったですか…」


意地悪な雨脚は、どんどん強くなり…
小一時間、人気のない境内で、怪しい人さながらにうろついていたかーさんも、流石に帰路につきました。
自転車を漕ぐ、かーさんの頬に当たる雨粒は、まだ泣くわけにはいかない、かーさんの気持ちを代弁してくれたのでしょうか…


小夏の姿を見たのは、日曜日が最後です。
あの時…小夏は、帰ろうとする、とーさんとかーさんの後を追ってきました。
境内から続く緑地帯の中を、まるで「まだ帰らないで!」って言ってるみたいに…


とうとう緑地帯が途切れる場所まで後追いしてきた小夏は、その場で立ち止まりました。
そこから先は、行ってはいけないと知っているかの様に…
振り返りそうになる、かーさんに、とーさんが言いました。


「振り返ると、小夏も辛いでしょ?また明日会えるから…」って。。。。


CIMG4821.jpg
日曜の小夏です…


まさか…あれが最後じゃないよね?小夏。
絶対にまた会えるよね?


一年もの間、あのお社で暮らしていて…やっと会えてまだ10日だよ…?
これから一緒に生きるんだよ?
ねぇ、小夏!お願いだから…出て来て!


かーさん諦めないからね!
小夏にまた会えるまで絶対に諦めないからね!
何度でも何度でも通って、聞き込みして、探すから…探し出してみせるから!


CIMG4853.jpg
「小夏~~!出てくるです~!」


「八朔まみれ」ではなく、「小夏まみれ」の今日この頃…
時間の許す限り、あの子を探すことに専念したいと思っています。
相変わらずの不義理が続きますが、どうぞお許し下さいませm(__)m







いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

八朔と小夏 七か月目の決意

小夏が姿を消してから、今日で4日目…
朝と夜、2度あのお社を訪ねましたが、今日もあの子は見当たりませんでした。


八朔と出会って、その暮らしを綴ってきた「八朔まみれ」と言うブログが、今日で7か月目になりました。
戸惑いも、喜びも、感じるままに書き綴った日々も、ここ数日は小夏一色。
決して八朔をないがしろにしているつもりはありませんでしたが…


CIMG4867.jpg



明け方、八朔が何やら何時もとは違う鳴き方をしました。
何事だろうと思い、飛び起きてみると…
。。。何度かえずいた後、八朔が吐き戻しました。。。


換毛期でもありますので、猫さんが吐くのは珍しい事ではないと思います。
でも…八朔は今まで一度も本格的に吐いた事のない子でした。


吐瀉物を見ると…そこには、かーさんの髪をまとめるゴム。
傍らには、ゴムの残骸も残っていました。
かーさんが仕舞っておいた場所から取り出して食べてしまった様です。
これもまた、今までには無かった事です…


心なしか申し訳なさそうに見上げている八朔…


「怒ってないよ…はっちゃん。苦しかったね…ごめんね気付いてあげられなくて…」


CIMG4858_edited.jpg



ベッドをポンポンと叩いて呼んでみたのですが、八朔は来ませんでした。
自分のベッドへ行き、そこで暫く横たわっている姿を見ていて、かーさん胸が締め付けられる気がしてしまいました…


何時もの様に接している「つもり」でした。
それでも、八朔には感じられたのかもしれません。
かーさんが何時のもかーさんではない事を…


お留守番も多くなりました。
在宅していても、何やら真剣に調べものばかりしています。。。
夜に一緒に寝ていても、寝返りばかり打って溜息をついています。。。


かーさんには、八朔の吐瀉が、八朔の不安の表れの様な気がしました。


落ち着いた八朔を抱きしめて、かーさん一生懸命に話しかけました。


ゴメンね…八朔。
不安にさせちゃったね…
でも、かーさんはいつだって君が大好きだよ!
小夏はね…君の妹だと思うからこそ必死だったの…
お願い、はっちゃん…かーさんに力を貸して!
目には見えない絆があるなら、どうか小夏に呼びかけて…
ボクと一緒に暮らそう!って。。。



CIMG4871.jpg



かーさん、もう焦るのは止めにします。
出来るだけの手を打ったら、後は小夏が現れてくれるのを待ち続けます。


朝に電話した保護センターに、小夏は居ませんでした。
それは取りも直さず、小夏は誰かに捕獲されて保健所に連れて行かれてはいないと言う事です。


お社を管理されておられる方のお宅にもお邪魔してお話を伺いました。

「そう言えば…見かけないなぁ…」

と、言うのがお返事です。
それで十分です…
少なくとも、小夏は誰かに邪険にされていた訳ではないのですから…


もしも…何方かが小夏を保護して下さっていたとしたら…
それはとても嬉しい事です。
かーさんが何も知らずに八朔を保護した様に、もしそうであるならば寂しくても小夏の為に喜んであげたいと思います。
そして、いつか、かーさんが導かれた様に、あの子の事が解るかもしれません。


自分の意思で小夏があの場所を離れたのなら、きっとまた自分の意思で帰る事もあるでしょう。
それが何時になったとしても……
かーさんのする事は、毎日あの場所を訪れて、小夏の帰りを待つ事です。


CIMG4870.jpg



ブログを始めて7か月目の今日、かーさんは改めて決意しました。
小夏が姿を見せないでいる間、かーさんはあの子を引き取ってやれる様に準備しよう…と。
口で言う程簡単ではない事も解っています。
それでも…もう二度と小夏を見失いたくはありません。


八朔と小夏…
我が家には宝物が二つ…


小夏にまた会える日まで、かーさんもう泣くのをやめます。
あの子に会えた時に、一杯一杯泣くために……



私的追記
ここを見て下さっていると言って下さった「草加里親会」の皆様。
大変お手数をお掛けしましたが、現在小夏は不在のままです。
うっかりモノの、かーさんは、会の代表者の方のご連絡先をお聞きするのを忘れてしまいました。
失礼を承知で、この場でご報告させて頂きますね。
ご厚意を活かせず、申し訳ありませんでした。
改めてご挨拶には伺わせて頂きます。


CIMG4873.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小夏へと続く道

昨日の記事に対して、沢山のコメントや温かい応援の数々、本当に有難うございました。
心よりお礼申し上げます。
小夏は、幸せな子なのかもしれませんね…
こんなにも皆様に気にかけて頂き、呼びかけてもらえるなんて…


小夏にはまだ会えてはおりません。
朝と夕…日に二度通ってはいますが、その姿を見つける事は出来ずにいます。
でも、もうかーさんは焦りません。
いつか必ず…そう信じるだけです。


小夏があの場所で一年近くを生き抜いてきたと知ったかーさんは、愚かにもあそこへ行きさえすれば小夏には何時でも会えるのだと思ってしまいました。
お外で生きる事の、本当の厳しさも怖さも、まるで理解してはいなかった…
ただ、八朔の姉妹である小夏に巡り会えた事を子供みたいに喜んだだけ。


小夏へと続く道は、かーさんが思っていたよりも、ずっとずっと険しいものだと思います。
それでも、道が途切れない限り…希望は残されているのですよね。

その小夏の事ですが…


CIMG4822.jpg
再掲です


17日の小夏の写真です。
小柄な小夏のお腹…少し大きいようにも見えます。
もしかしたら、小夏は姿を隠して出産しているのかもしれない…そう思えてきました。
慣れて来てくれていたとは言え、かーさんは小夏を抱き上げる事も、お腹を撫でる事もまだ出来ずにいました。
可能性は考えてはいたものの、目の前の小夏に構う事だけに夢中で、何も気づいてやれなかった…


どんな時でも「もし」と言う言葉は意味をなさないと知ってはいますが…
もしも…小夏がどこかで姿を隠して出産しているとしたら、それはどんな場所なのだろうと考えました。
人目に付きにくい事…
雨風がとりあえず凌げる事…
そう考えて、ここ二日程は、付近を調べています。


と、同時に、お腹を空かせた小夏が何時もの場所に来るかもしれないと…お社の見回りも続けています。


仔猫を産んだ母猫と言うのは、どのくらいで活動を始めるものなのでしょうか…
詳しい方がおられましたら、是非お教え頂けませんか?
そして…もしも仔猫が産まれていたら…
どうぞ里親募集にお力をお貸し下さるようお願い致します!←一緒に保護する気満々(^^;


とーさんが夜の探索をしながら言いました。
「小夏の子供だと…ここなっつ?」
…久しぶりに笑った気がします…


CIMG4861.jpg
「もしかして…ボクおぢちゃんになるですか…?」←うん、小夏に赤ちゃんが産まれたら、君はおじちゃんだね(笑)


ここで皆様にお詫びとお願いがございます。
小夏に関しては、何度も申し上げる通り、諦めずに待ち続けるつもりです。
しかし…小夏をメインにした記事は、暫くは控えさせて頂こうとも思っています。
何か動きがあれば、必ずご報告させて頂きます。
それまで、どうぞ、そっと見守って頂きたく思います…


決して諦めも投げ出しもしない事、これだけはお約束させて頂きます!
今のかーさんには時間がいくらあっても足りない気がします。
沢山の励ましと温かいお気持ちを胸一杯に詰め込んで、かーさんは許される限りの時間を小夏に使ってやりたいと思うのです。
勿論、我が家の「ボクボク大魔王」八朔の時間も…


引き続き、「出てこい~~!」コールと、無事を祈って下さるお気持ちは、有難く…本当に有難く頂戴致しますね。
そのお気持ちをしっかり胸に刻んで、かーさんは小夏へと続く道を歩み続けます!


CIMG4914.jpg
サービスショット♪ 題して「おじちゃんの大股開き!」






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小夏発見!捕獲成功!

CIMG4944_edited.jpg


取り急ぎご報告申し上げます!
本日の午後5時過ぎ、小夏を発見し、草加里親会のご協力の元
無事に捕獲に成功致しました。

皆様に一杯一杯頂戴したパワーのおかげです!

詳細は今夜詳しくご報告させて頂きますが、ご心配下さった皆様に急ぎお知らせ致します!






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

小夏再び 捕獲顛末記

夕方に取り急ぎ小夏発見と、捕獲の成功をアップさせて頂きましたが…
僅かの間に、沢山の「良かったね!」の声の数々。。。
何なんだよぉ~~(T_T)
皆、何でそんなに優しいんだよぉ~~(ノД`)・゜・。


CIMG4941.jpg



昨日、小夏が出産しているかもしれない可能性があると書かせて頂きました。
それに対して、本当に貴重なアドバイスを沢山頂戴しました。
闇雲に動くのではなく、どうすべきなのか…
そんなアドバイスに沿って、用意を始めようとした矢先の事です。


小夏が居た場所に、いつもは置きエサはしていませんでした。
しかし、色々な方から「何時もの場所にエサを置き、数時間後に引き上げる」と言う方法がある事をお聞きして、今日はそのつもりで出かけてみたのです。
以前、小夏が何時も居た場所に、かーさんがエサを出そうと準備する間、とーさんはいつもの様にゴミを拾い集めようとしました。
まず第一声が

「あれ?この間綺麗にしたばかりなのに、またパウチのゴミがある」でした…


とーさん、例によって植込みを掻き分けてゴミを集めだしました。
その時です

「かーさん!居る!居る!」

「居るって…小夏?!」

「そう!小夏が居る!」

何と、植込みの奥に、小夏が身を潜めていたのです。


かーさんが呼ぶと、ひょっこりと顔を覗かせるではないですか!
爆発寸前の心臓を宥めて、意識してゆっくり静かに声をかけてみました。

「小夏…出ておいで♪ご飯食べる?」


果たして本当に小夏が、かーさんを覚えていてくれたのか定かではありません。
それでも植込みから出て来た小夏は、かーさんの足元でスリスリ…
差し出したフードは、あまり沢山は食べませんでしたので、恐らくは既に他のエサやりさんが食べさせて下さった後なのでしょう。


それでも、クリスピーキッスだけは、凄い勢いで食べました(^^;
コヤツなかなかグルメです。


とーさん、その後ちゃっかり小夏を抱き上げ、お腹のチェック。
どうやら小夏は出産はしていない様です。


CIMG4940.jpg



とーさんは、腹を括ったらしく「一度家に戻ってキャリーを持ってくる!」と言い残し走り去りました。
後で聞くと、とーさんとにかく小夏を捕まえて、八朔がお世話になっている病院へでも連れて行くつもりだったそうです。
その間、かーさんはダメ元で、草加里親会の方に電話をしてみる事に…
すると……

「丁度良かった!すぐに向かいます」とのお返事。


かーさんは、この所色々相談させて頂いている方にメールを打ち始め…打ち終わる前に…


「草加里親会の○○です!」

ええぇぇ~~!早~~~~っ!(@@;
その間1分?



お聞きしてみると、丁度付近での作業の準備をされていた所だとか。。。
こんな偶然って…あります?


お話しもそこそこに、早速捕獲機をセットされました。
流石に小夏は怖かったらしく、社殿の下に潜り込みましたが、かーさんがジャラシを振って呼ぶとひょこひょこ出てきます。
捕獲機にフードをセットし、里親会の方はリモコンを持って少し離れられました。


ジャラシで遊びながら小夏を捕獲機の方へ誘導すると…
すんなりIN。
遠隔操作で捕獲機の入り口が閉まりました。


CIMG4942_edited.jpg



驚いた小夏は泣き叫んでいます…
当たり前ですよね…怖いよね…
これ以上怖がらせないようにと、捕獲機の上に布を被せて下さいましたが、小夏さんなかなか良い声で叫んでました(--;


手術の事や、その他の事…色々とお話ししていると、とーさんが戻ってきました。
捕獲機を見て、小夏の声も聞き…とーさん全てを悟ったようです。


「よかったね…かーさん」


もう、その言葉で涙腺大崩壊。。。。
いいよね…?もう泣いても…(ノД`)・゜・。


小夏を乗せた車を見送っても、暫くはその場を動けませんでした。



二人揃って神社の神様にお礼を申し上げ…ふと見上げると、お社の桜が満開でした…
かーさん、毎日通っていたのに、そこに桜がある事にすら気づかなかった。。。
だって、下しか見てなかったんですもん。


とーさんが、小夏が居る居ないを超えて境内のゴミを拾おうとしなかったら…
里親会の方が、これほどまでに近くで作業しておられなかったら…
きっと、小夏はこんなにスムーズに捕まえる事はできなかったと思います。


毎日手を合わせて来たお社の神様。
念じ続けた猫神様。
そして…なによりも、いつもいつもかーさんを励まし、小夏にエールを送り続けて下さった皆様。
その全てに感謝申し上げます。
本当に有難うございました!


いきなりの電話に迅速に動いて下さった、草加里親会の捕獲担当の方。
感謝してもしきれません…
有難うございましたm(__)m
かーさん、今日から草加の方に足は向けて寝ません!


そして……小夏に会えた事で動揺しつつ、メールさせて頂いたかーさんに、的確な指示とアドバイスを下さった方…
心強かったです。。。
本当に有難かったです。。。(T_T)
あえてお名前は出しませんが……
くそぉ~~!惚れてまうやろ~~!(ノД`)・゜・。


かーさん、虚脱しております…
何て言えばいいのでしょうか。。。
熱いお風呂に浸かった後、気持ちはいいのに疲れが出る…みたいな感じに陥っております(^^;


いやいや…まだまだ小夏のこれからの事も含めて問題は一杯。
ほげら~~っとしている暇はないですよね!


でもでも…今だけ…
小夏に再び会えた喜びと、安堵の熱いお風呂に首までどっぷりと浸からせて下さいね。。。


有難う…全ての皆様に…全ての事に…有難う…


偉く頭がぼぉ~~~っとすると思っていたら…
かーさん、又しても発熱…(--;
何なの、この有り得ない程の虚弱体質。。。
申し訳ありません!沢山頂戴しているコメントのお返事、今夜だけはお休みさせて下さいませm(__)m
しっかり休んで、また明日から色々頑張らなきゃ!です…







いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

広がる想い 繋がる心

昨日は、小夏無事に保護に対して、本当に沢山の皆様から温かいお言葉を頂戴しました。
ど~~すりゃいいのよぉ~!
もう、有難すぎて、嬉し過ぎて、かーさん狂い咲きです!
何度申し上げても足りませんが、今一度…

本当に有難うございました!


CIMG4951.jpg


今回の小夏の件に関しては、本当に信じられないくらいの沢山のご厚意に支えて頂きました。
しかも、かーさんが、切羽詰まって胃を痛くしている間にも、その善意の輪は広がって行ったのです。


まず、朝に草加里親会の譲渡会でお会いした方からお電話を頂戴しました。
「よかったね!ブログを見ていて心配してましたよ!」と…
この時期、手に余るほどの件数を抱えておいでにも関わらず、わざわざ…です。


また、同じ草加里親会のメンバーの方からは、メールも頂戴しました。
「小夏ちゃん、里親さん探しますか?」との有難いお言葉です。


こんなにも気に掛けて頂けるなんて…もう…(ノД`)・゜・。
草加里親会万歳~~です!


CIMG4937.jpg



小夏は、日曜の午後避妊手術を終えているはずです。
ウイルス検査や、虫下し、蚤とりなどの一連の処置もお願いしてあります。
そして…いよいよ月曜には帰ってきます。


腹は括ったものの、さて…かーさんどうしよう…
まだ何の準備も整ってはいないのに…と、正直嬉しい反面、困り果ててもおりました。


そこへ…一軒のお話が飛び込んで参りました。
何と!何と!何と!

「小夏ちゃんを一時預かりしましょうか?」とのお申し出です!

CIMG4922.jpg



ずっと、このブログを見ていて下さったそうです。
かーさんがど素人なりに走り回る姿…小夏が姿を消した事…
後悔の念に苛まれて、かーさんが小夏を引き取りたいと言い出したこと…
全てをご存知でした。


そして…現状で、我が家に小夏をすぐに引き取る事が非常に難しい事を察知され…

「今までは見ているだけでした。」
「でも、自分にもお手伝いできる事があるかもしれないと思います」
「ずっとは難しくても、ある一定の期間だけでしたら…」
「それでもいいですか?」



神様!有難うございます!!!!
そして、お申し出下さった方、有難うございます!



CIMG4928.jpg



すぐさまお電話を差し上げ、色々なお話をさせて頂きました。
ぶっちゃけた話しから、お恥ずかしい話まで全て。


「成猫さんをお預かりするのは初めてで、本当は自信がない…」
「それでも、黙って見ているだけにはなれなかった。」
「我が家流の癖がついても大丈夫ですか?」



なとど、それはそれは丁寧に、しかし熱心にお話しして下さいました。


話しが弾み、気付いたら1時間……(^^;
すっかり長年の友人の様に打ち解けてお話しする事ができました。


かーさんはお約束させて頂きました。
1か月!
その間に引っ越しを含めた準備を整えると。。。
今月更新したばかりでしたが…そんな事はもう言ってはいられません。


信じられますか…?
ここ数日のこの奇跡を。

CIMG4908.jpg



小夏の事があって、この「八朔まみれ」のブログの回覧数が、どえらい事になっています。
その全ての皆様が、本当に熱い応援を送って下さいました。
へこたれそうな、かーさんを励まし、叱咤し、背中を押し続けて下さったのです。


そして、その中から、また新たな絆が生まれようとしています…


見ず知らずだった、小夏の事を思いやり、かーさんにまで心を寄せて下さり…
「出来る事…小さくても出来る事を…」と、言って下さるのです。


お社の神様も、猫神様も…ううん、世の中の神様が総動員して遣わして下さったのかもしれません!


かーさん、今までただの猫好きでした。
猫と暮らす事すら初心者でしかない…
心が痛む記事を拝見すれば、涙し…懸命に生きる子を拝見すれば精一杯の気持ちで応援もしてきました。


小夏を知ってからと言うもの、そんなかーさんに、より深く知り、より深く考え、そして…
出来る事を行動する!
と言う新たな生き方が見つかった気がします。


頂いたコメントの中に、「側を通りかかった時に、パパさんに小夏ちゃんの事を話しました」
と言う、嬉しいものもありました。


知る事…正しく知り考える事。。。
そして、それを一人でも多くの方に知って頂ける様にする事。
かーさん、このブログを立ち上げて良かったと、今心から思います。


今回、小夏を一時預かりして下さると言って下さった方は、決して名前を出さないで下さいね…
と言われました。
ただ、小夏が心配だから…それだけだから…と。。。


CIMG4912.jpg



お外しか知らない小夏を一時とはいえ預かって下さるのは、どれほどの労力でしょう。。。
なのに…その方は仰いました。


「もしかすると、家でも預かれるかも…と思ってらっしゃる方は他にもいると思います」
「ただ…何となく言い出しにくい…だけ」
「自分が今回一時預かりをします。と声を上げる事で、もしかしたら…そう言う方々も声をあげて下さるかも…」


貴女は神様の化身ですか!(ノД`)・゜・。


人が本気で動こうとする時…
その気持ちを汲んで下さる方が必ず現れる。
そして…その善意の輪は、どんどん広がりを見せるものだと知りました…
たった一匹の野良猫でさえ、こうした思いに支えられ、その命を救われたと思います。


ここに足を運んで下さる皆様。
どうぞ話してください。
どうぞ声をあげて下さい。
かーさんの珍道中を、全くもってグダグダのズルズルを、有りのままに…
そして、そこに起こった奇跡の事を!


かーさん今後の大きな目標ができました。
いつか…いつかもっと猫さんに詳しくなれたら…その時は
「一時預かり?いいよ~♪」
って言える様になる事!


かーさんが今感じている、言い尽くせない感謝の心を、今度はどこかの誰かの為に…と…


CIMG4884.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

新たな試練

只今午前3時半…
たった今、一時預かりをお申し出下さった方がお帰りになられました。


小夏が草加里親会の方に連れられて、我が家に来たのは昨夜の午後9時。
程なく一時預かりをお申し出下さった方(Mさんと呼ばせて頂きます)がお越し下さいました。
かーさんとMさん、揃って里親会の方からお話を伺い…
今後の事なども相談させて頂きました。


CIMG4962.jpg
春の新作「八朔ロール」


ケージの中で不安げに鳴く小夏…
かーさんが手を差し入れてみると、スリスリしてきます。
それをご覧になったMさんが仰いました。


「小夏ちゃんケージから出してみては?」


然程広くもない部屋の事…逃げ出す心配もありませんでしたので、お言葉に従ってケージの扉を開けると…
程なく小夏はケージを出て来ました。
そして鳴きながらあちらこちらをウロウロ。。。
それを見ていらしたMさん…


「この子、大丈夫だと思います。少し様子を見ましょう…」


小夏は不安げにあちらこちらを探索していましたが、決して姿を隠してしまうとか、怯えて隅っこに縮まる事もありませんでした。
ただひたすら…ここはどこ?どうしてここに居るの?
とでも言いたげにうろついています。


CIMG4957.jpg
「ドラ八朔」もご用意できます


タワーの上に乗せてやると、一瞬鳴きやみ、外を興味深そうに見ています。
かーさん、側を離れずにずっと話しかけながら小夏を撫でていると…小夏はだんだん落ち着きを見せ始めました。
それでも、やはり部屋をうろついては鳴き続ける小夏。。。
かーさん小夏を抱き上げてみました。


全く抵抗する事なく抱かれた小夏は、何と、かーさんの腕の中でウトウト。。。
疲れていたのでしょうね…
その時、Mさんは言われました。


「小夏ちゃん、今私が連れ帰るより、このままここで慣れてもらった方がいいのでは?」
「この子は大丈夫だと思います。今夜は少し鳴くかもしれませんが、すぐに慣れそうですよ」



猫初心者かーさん、それでも不安でたまりません(^^;
色々な話し…それこそ猫の事からそうでない事まで…をしつつ、一緒に様子を見て頂く事になりました。


やがて…小夏はキッチンカウンターとレンジ台の隙間の三角地帯の、段ボールを立て掛けてある場所に入り込み、どうやらそこで落ち着いた様です。
「狭い、暗い、段ボール」の猫様三種の神器は、ここでも威力を発揮しました。
。。。どうやら寝ているようです。。。


CIMG4960.jpg



その間、Mさんから色々なアドバイスをお聞きしたり、今後の相談をさせて頂きました。
小夏にとって、今また移動し新しい環境に慣れた所で、またここに戻ってくる事になると一からのスタートになる事。
それは小夏にとってストレスにしかならないであろう事。
Mさんにとっても、かーさんにとっても、小夏が思いがけないほど懐いてくれている事。
あとは…最終難関…八朔とのご対面です。


その八朔ですが、お客様と自分以外の猫さんの登場にビビリ王子モード発動で、隠れてしまい出てきません(笑)
Mさんのアドバイスで、少し様子を見ていると…
怖いけど…やっぱり気になる…怖いけど(笑)
そろそろと潜っていた布団から顔を出し、様子を伺います。


かーさんが小夏を抱いたまま近づいてみると…
オドオドしながらも、クンクン…クンクン…
そして、全く迫力のない「シャーッ!」(笑)


Mさん笑いながら仰いました。


「こりゃ全くだいじょうぶ!」


こうして、小夏は我が家にこのまま残る事になりました。
Mさんは、それでも午前3時までかーさんにお付き合い下さった後、御帰宅なさったのです。
Mさんが小夏を我が家に置いておく方法と取ろうと思われたのには、もう一つ大きな理由があります。


CIMG4955_edited.jpg



実は…この小夏の有り得ない程の人馴れには理由がありました。
小夏……避妊手術済みだったそうです。
つまり誰かの手で、既に避妊手術を受けさせてもらっていた事になります。


草加里親会の方も、病院も驚いたそうです…
そりゃそうですよね…TNRで連れて行った子が既に手術が済んでいたのですから。。。
結果、小夏はウイルス検査などの処置をしただけで帰って来た事になります。


かーさんは新たな課題を突き付けられました。


「小夏は、もしかすると何処かのお宅の外飼い猫だったかもしれない」と言う…


小夏が姿を消していた一週間、かーさんが心配した様に、今度は他のどなたかが心配していらっしゃるかもしれないのです。
かーさんがお社の付近の皆さんに聞き込みをした範囲では、小夏はあくまでも「野良猫」として認識されていました。
もし、飼い主さんがおられるとしたら、お社からは少し離れた場所にあるお宅と言う事になります。


もしくは…かーさんの前にエサを運んで下さっていた方が避妊手術を受けさせて下さった…


一緒に説明を聞いて下さったMさんとも、様々な可能性を考えてみました。
しかし…どれも想像の域を出るものではありません…
それでも考えうる限りの事を話して、その対処方も一緒に考えて下さったのです。


まずは…朝になったら保護センターに電話を入れ、茶トラの女の子を探している方がいらっしゃらないかの確認。
そして、お社に足を運び、もう一度聞き込みをする事。。。
最終的には、小夏の写真を入れたポスターを境内の少し外にでも貼らせて頂く事…かな…と。


小夏の経過を気に掛けて下さっていた皆様にとっても、あまりの急転直下に驚きを覚えられた事と思います。
一番驚いているのは、かーさん自身でもあります。
そして…また忙しい日々が始まる予感……


ど~~しよぉ~~~!です!

CIMG4862.jpg






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

八朔と小夏の日々の始まり

CIMG4980.jpg
「八朔と小夏、初遭遇の一瞬」  ヘタレな「シャーッ!」つき(笑)


何が何だか解らないようなグダグダの急展開へ、優しいお言葉の数々有難うございました!
どうしてこうなるのかなぁ…
と、かーさん自身呆れております(^^;


結局まんじりともせず迎えた朝。
老体に鞭打っての完徹です(^^;
気になって気になって眠れるもんじゃ~ありません。


Mさんが仰った通り、小夏は何時までも鳴く事はなく、「素敵な三角地帯」で眠ってくれた様です。
ただし…そこにストーカー男が登場です!
Mさんが帰られた後、すっかり何時もの調子に戻った八朔は、小夏が気になって仕方がない。
上から覗き込んだり、カウンターの上で待ち伏せしてみたり…
時には、乱入まで。
それが朝まで続きました…


CIMG5030.jpg
「じっと待つ男(の子)八朔」  視線の先には小夏が潜む三角地帯


それでも、この2匹が威嚇しあう事はありませんでした。
どちらかと言うと、慣れてくるに従って悠然と構える小夏に対し、もう好奇心の塊で迫る八朔の図が出来上がりました。


「過去を持つ訳ありの女に惹かれ、跡を付けまわす初心な青年…」
「だが断る!な小夏嬢」


現在の2匹を言い表すとこんな感じです(笑)


CIMG5004.jpg
行きたい八朔  来るなの小夏(^^;


それにしても、小夏の順応性には驚かされます!
あまりの眠気に勝てず、お昼寝をしていたら…
小夏、ベッドに上がって布団の上で横たわり、優雅に毛繕いを始めました。
それを30センチほど離れた位置で、八朔がじっと見ていると言う…なんともはやな感じです(^^;


もう一つ新鮮な驚き。。。。
猫さんって、こんなに丁寧に毛繕いするのね…(--;



小夏の順応性と共に、今回は八朔の大らかさにも救われています。
自分の猫ベッドに小夏が入っても怒らない…
フードを出せば、飛んでくる小夏に先を譲って、後ろで待つ…(二つ出したのですが、順番に食べていました)
オヤツを差し出せば、先に食べてしまった小夏に、自分の分を横取りされても怒らない…
いや、八朔、そこは怒っていいぞ?(^^;


極めつけは、トイレ。
まだ準備が整っていなくて、トイレが一つしかないのですが…
小夏さん…流石はお外歴の長い子で…お使いになった後に砂かけをなさらない。。。。(--;
小夏さんご使用後、八朔がせっせと砂をかけておりました。。。

八朔~~あんたはエエ子や~~~(T_T)
先住猫のストレス…と言うのもよくお聞きしますので、八朔には十分に手も目もかけてやろうと思っています。


CIMG5023.jpg
「小夏さんお先にどうぞ」の八朔と 「うむ…苦しゅうない」な小夏


今の所、小夏の姿在る所に八朔在り。。。です。
とにかく小夏に付きまとって、時々小夏に猫パンチをくらっております(^^;
で…目が覚めると、2匹でドタバタ追いかけっこ。
くんずほぐれつ…互いに本気モードではないと解る、猫パンチの応戦をやっています。


最後は、決まって小夏の「アンタしつこい!」で終わり(^^;
それでもめげない八朔はある意味、空気の読めない青少年みたい……


CIMG5009.jpg
「しつこい男は嫌われるわよ!」なんて言われているに違いない(^^;


小夏の避妊手術をして下さった方に関しては、申し訳ありませんが今日は然程動けませんでしたm(__)m
保護センターに連絡をする事と、所轄の警察署に「遺失物の預かり」の連絡。
八朔と小夏だけにして外出する事は、まだ怖くてできませんでした…
とーさんがお休みの日に、どちらかが動き回る事になりそうです。


あ…ほんなさんが教えて下さった、付近の獣医さんにもお聞きしてみます!
後は…お社の管理の方に伺って、どこかに貼り紙をさせてもらえるかどうかお尋ねする事…


あと…引っ越しについても、再度管理会社と大家さんにアタックしてみます。
昨日、Mさんが「ここは環境もいいし、これだけの広さがあれば全く問題ないですよ」と言って下さいました。
ずぼら魂の権化なかーさんが、家具を極力置かない部屋にした事もよかった様です(^^;


先程から、既に2匹の熾烈な追いかけっこが始まっていましたが、十分に走り回れた様で…
只今、ベッドで「30センチ」の距離を開けて二匹で爆睡中です(笑)


先程、小夏を熱く蒸したタオルでフキフキしてみました。
毛色が八朔と同じになったっぽいです(笑)
小夏…大人しく拭かせてくれましたよ~♪


これが我が家の多頭飼い一日目の様子です!←これ言ってみたかったの~!多頭飼いですよ?多頭飼い!(アホ!)


CIMG5010.jpg
左が小夏 右が八朔です。 よく見ると目の色が違います…実物は大きさもかなり違う(笑)






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

拾得物  小夏

CIMG5044.jpg
「並んで朝食」  左八朔、右小夏


朝から冷たい雨が降っていた昨日…
例年になく早く開花した桜が、この雨で散ってしまうのが少し惜しい気がしますね。
と、同時に、こんな悪天候の日に、小夏がお外で雨を凌ぐ事がなくなった事を、やっぱり嬉しく思います。


順応性の塊の様な小夏は、順調に我が家での暮らしに馴染んできてくれている様です。
コタツに座るかーさんの膝に乗って来ましたので、ブラッシングをしてみると…
何とも気持ち良さそうな顔をして、ゴロゴロ…フミフミ。
そのままぐっすりとお休みになられました(^^;
これで、我が家歴2日目。。。。。。。凄すぎる(笑)


明け方に枕元で気配がしたので、いつもの様に八朔がやって来たのだと思い、布団を持ち上げて入ってくるのを待ちました。
が……何時までも入ってこない。。。
「おや?」
と思い、寝ぼけ眼でよく見ると…それは小夏でした(^^;


小夏さん、何と2日目にして、かーさんと寝ると言う離れ業!
…あ……でも、八朔は初日に一緒に寝たっけな…
とにかく、この兄妹は、とてつもなく手が掛かりません(笑)


CIMG5067.jpg
「小夏の寝顔」  って、これだとかーさんも見分けがつかない(^^;


一方、八朔はと言うと…
相変わらず小夏ストーカーです。
そして、やっぱり小夏に遠慮する…


小夏が、かーさんの膝に乗っていれば、横の座椅子で横になり…
大好きなジャラシを、とーさんが持ち出しても、小夏が食い付けば、横で待つ…
あの「遊びたい大魔王」の八朔が!です。


何だか健気で…かーさん八朔が愛しくてたまりませんでした。


小夏が別の場所で寝入っていると、八朔やっと膝にやってきました…
いつもより時間を掛けて、丁寧にブラッシングをしながら

「はっちゃん…大好きだよ!良い子だね…でもあんまり我慢しなくていいからね…」

と話しかけました。
マイペースな小夏と、気遣いの八朔…
優しいな…八朔。。。(T_T)


CIMG5048_edited.jpg
「お外も一緒に見る♪」上が小夏 下が八朔です。


一日とは言わず、一時間毎に馴染んで行く、この兄妹。
心置きなく、安心して一緒に暮らせる様にする為、出来る事から少しづつ準備を始めています。


一つは、県の保護センターに「猫を保護しています」と登録を済ませました。
HPに、小夏の情報と写真を載せて頂く為のお願いもしました。
これは、先程メールを作成し送信しましたので、近日中にアップされると思います。


もう一つは、所轄の警察署に届けを提出する事。
「拾得物」の手続きです。


…拾得物ですよ?拾得物!(--;


まだお若いイケメンの警察官の方が、我が家まで出向いて書類の作成をして下さいました。
小夏の写真も苦労して撮って下さいましたが…そりゃね、じっとはしてませんものね(^^;
サインをするにあたって、動物保護法に則っての話しもありました。
でも…拾得物…
ん~~~~何だかスッキリしない!


お話しを伺うと、こういった「猫を保護して預かっています」と言う届け出はあまりないそうです。
考えてみればそうですよね…
かーさんだって、小夏が避妊手術済でなければ、この手順は踏んでいないと思います。


CIMG5078.jpg
「拾得物小夏と、背後霊八朔」


せいぜいポスターを制作して、保護した場所に貼りだしてお知らせするに留めたと思うのです。
手術の痕があった事で、話は大きく変わりました。
どこかの外飼いの猫さんの可能性。。。
そうでなかったとしても、何方かが手を差し伸べて下さっていた。
そう考えれば、「はい猫さんを保護して一緒に暮らします」とだけ言っていればいいとはならなくなってしまいます。


小夏を心配して探しておられる方がいらっしゃるかもしれない…
それは、かーさんにとって、大きな意味を持ちます。
かーさん自身があれ程までに、小夏が姿を見せない事で心配し、悩み、泣いたのですから…


小夏の肉球はピンク…
でも、お外暮らしが長かった小夏の肉球は、黒く汚れて、固いものでした。
何度もタオルを代えて、小夏の手足を拭いてやりながら、かーさん泣きそうになりました。
この肉球の色が、固さが、小夏の生きて来た証なのだと…


小夏に手術を施して下さった方が、どんな方なのかは解りません。
でも、一つだけ言えるのは、その方は小夏をきっと愛して下さっていただろうと言う事です。
やり方や考え方が違っても、どうでもいい子に避妊手術までは受けさせてはくれないと思います。


もし、その方にお会い出来たら…
かーさんは心からお願いしようと思います。
どうぞ小夏が我が家で暮らす事をお許しくださいと…


CIMG5053.jpg
やっとピンクに見えるようになった小夏の肉球


明日はポスターの製作をするつもりです。
そして、それをあのお社の付近に貼らせて頂こうと思っています。
勿論、その前にちゃんと許可を頂いて…


ちゃんと手順を踏むことが、本当は一番の近道…そう思います。


拾得物は、その期限が3か月だそうです。
やるだけの事をやって、かーさんはその3か月を過ごします。
そして、その日が来たら、朝一番に警察署へ飛んで行きます。


正式に小夏を我が家の子として迎える為に…


その頃にはきっと、固かった小夏の肉球も、八朔と同じ色…同じようにプニプニになっていますよ…ね?



イケメンの警察官の方が、お帰りになられる際に仰いました。
「猫って可愛いんですね…」って。
かーさんガッツポーズ!


CIMG5087.jpg
とっても不器用に…ですが、八朔が小夏を舐めて毛繕いをしていました…何だか嬉しいぞ(T_T)






いつも応援有難うございます♪



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

誕生の日  奇跡の贈り物

本日3月29日は、とーさんと八朔小夏の生誕の日です。

最も、ニャンズ達の誕生日は、獣医さんの見立てでおおよその見当をつけ、半ば強引にかーさんが設定した日です(^^;
これなら忘れはしないだろう…
なぁ~んて、思っていた当時の自分を殴ってやりたい!(笑)
忘れっこないです…絶対に。

CIMG5112.jpg
「はっちゃく~エィ!」←小夏パンチ炸裂♪


お誕生日のご報告の前に、一つ大きなお知らせがあります。
またしても長いお話になりますが…どうぞお付き合い下さいませ。


昨日の朝、一本のお電話を頂戴しました。


「保護センターに問い合わせをした処、そちらで茶トラの女の子を保護して下さっていると聞きました」と…


「うわぁ~~~!!どうしよう!飼い主さんだよ~!」


と、かーさん心臓が口から飛び出すんじゃないかと思いつつ応対させて頂きました。



特徴や場所などからして、小夏にまちがいなさそうです…
その方(Nさんとさせて頂きます)は、非常に真面目に、また礼儀正しくお話しして下さいました。
そして…お昼に伺ってもいいですか…と。。。


かーさんにお断わりする理由などありません。
幸運な事に、仕事がオフだった、とーさんも在宅しています。
サーファーだったら大喜びしそうな大波な気持ちを抑えて、Nさんのご到着を待ちました…

CIMG5092.jpg
お気に入りになったらしいコタツの中で、何故か踊る小夏(^^;


やがて…Nさんがいらっしゃいました…
部屋へお通しすると、まず


「これ、つまらないものですが…」

と、紙袋を手渡して下さいました。
心がもう小夏一色だった、かーさんはすんなり受け取ると言うお馬鹿ぶり(--;
すみません…全く他の事は考えられない状態でした…


来客の気配に、カーテンの後ろへ逃げ込んだ小夏を、抱き上げて、Nさんとご対面です。


「間違いありません!この子です!」


嬉しそうに小夏を抱くNさんに、涙腺崩壊寸前で、かーさんお聞きしてみました。


「この子の本当の名前は何と言うのですか?」

「みこ…と言います。神社に居た子だから…巫女」


Nさんはスマホを取り出して、Nさん宅での小夏の様子を見せて下さいました。
もう一匹に「きのこ」ちゃんと言う名のシロ茶さんと、仲良く寄り添って寝る写真…
…間違いありません…小夏は…「みこちゃん」です。


色々お話を伺いました…
小夏は、お昼の間、あのお社で遊び、夜になるとNさんのお部屋へ帰って来る生活をずっと続けてきたと言う事…
昨年の11月に避妊手術を受け、外に行きたがる子だからとワクチンも5種を打って下さっていたと言う事…


CIMG5111.jpg
左、八朔  右、小夏。。。じゃれあってます


図らずも、そのお話しの中で、八朔の事も解りました。
昨年の春ごろに、八朔と小夏は、あのお社に捨てられていたと。。。
そして、その兄妹の男の子は、とにかく人懐こく、誰にでも懐いてしまう子だったと。
ですので、男の子の姿が消えた時、きっと誰かについて行ってしまったのだろうと思われたそうです。
。。。さもありなん。。。八朔は確かについて来ましたもん。。。


その間、Nさんは小夏を膝に抱き、愛しそうに撫でておられました…
ああ…この方は本当にこの子を可愛がって下さっていたのだと…心から思える光景でした。
小夏…Nさんの腕の中でウトウトしているのです…安心しきって…


それでも、かーさん思い切ってお尋ねしました。


「今後も、この子はお外と家を自由に出入りする生活なのでしょうか?」と…


Nさんは仰いました。


「良い方が居たら、この子を飼って頂きたいとは思っていましたが、今までその機会がなかったんです」
「もしよければ、この子をこのままここで…」



…恥ずかしげもなく、かーさんボロボロ。。。
とーさんと二人ただただ


「ありがとうございます!」と頭を下げるのが精一杯でした…

CIMG5094.jpg
「小夏パンチの練習です!」


Nさんのご様子を拝見していると、Nさんがどれほど小夏を可愛いと思っていらしたのか手に取る様に解ります。
何度も小夏に頬刷りされ…体を撫で…
それは…本当は小夏を手放したくなどない!と、心が叫んでいる姿に見えました。


一昨日に保護センターに登録したばかりの小夏を、翌日には探して下さった事をみても、Nさんのお気持ちは明らかです。
それでも……
兄妹で…と、言って下さいました。
八朔を見て、あまりのそっくりさに笑ってもおいででした。


もう一つ、Nさんは昨日、「迷い猫」のポスターを制作し、お社の付近に貼られたそうです。
その事一つとっても、Nさんは本当に心から心配していらしたと解ります。
そのポスターに、小夏が発見された事…そして経緯を知らせるために、このブログのURLを貼ってもいいでしょうか?
と聞いて下さいました。


ご存知だったのです。
小夏が、沢山の人にエサをもらい、可愛がられていた事を…
だからこそ、その方達にも何らかの形で小夏の事をお知らせしたいと言って下さいました。


有難いです…ただただ…有難いです…


本来ならば、かーさん達がもっと早くにすべき事でした。
留守にできない…発熱した…などと言い訳せずに、早急に動くべきでした。
小夏が手元に来た安心感で、かーさん…やるべき事を後回しにしてしまった…
その結果、Nさんがどれほど心配されただろうと、その胸の内を思うと、詫びて詫び切れるものではありません。


それなのに…Nさんは小夏を私達に託すと…そう言って下さいました…

CIMG5116.jpg
空き箱には入ってみる!流石は小夏。。。八朔でははみ出します(^^;


その上、お帰りになられる際に、かーさんに封筒を手渡そうとなさるのです!
お世話になったから…
今後の餌代の足しに…と。。。。


それだけは…それだけは、いくらかーさんが頭が回転していなくても出来ません!
ですが、既に容量をオーバーしていた、かーさんの頭は、恐ろしいお返事を叩きだしました…


「それだけは受け取る事はできません!こちらの手土産に頂いたお菓子は食いしん坊ですので、こちらを頂きます!」


。。。アホや。。。かーさん。。。。アホや。。。。(ノД`)・゜・。



こうして「お社の猫」こと、「みこちゃん」は正式に我が家の子になってくれました。


最後にNさんが、こう仰いました。

「この子達は、人に飼われる為に生まれてきた様な子達です」と…


CIMG5107.jpg
全てが「茶色」(^^;  こうなると、かーさんにも見分けがつきません。


この一か月足らずの期間に、かーさんは一体幾つの奇跡を目の当たりにしたのでしょうか…
そして、最後の最後に、お社の神様と猫神様は、大きな大きな奇跡の贈り物を下さいました。
この子達の誕生日の前日…
まるで、その日を待って下さっていた様に…


小夏と言う名の、愛しい愛しい命を確かにお預かりしました。
これからは、八朔と共に…ずっとずっと一緒です!


そしてNさん…
きっと、このブログをご覧になって下さってますよね?
Nさんが慈しんで下さった「みこちゃん」は、この先かーさん一生懸命に愛して行きます。
本当に本当に有難うございました!
絶対に「あの時引き取っておけばよかった」とは思われないよう頑張ります!
どうぞ…どうぞ…これからも、かーさん達と一緒にこの子達を見守って下さいませ…



忘れ去られていた感が否めない、とーさんのお誕生日…
とーさんが言いました。


「これ以上ない程のプレゼントをもらったね…」


お誕生日おめでとう…とーさん。
生まれて来てくれて有難う。。。
かーさんと出会ってくれて有難う。。。
一緒に生きてくれて有難う。。。
とーさんが側に居る事を誇りに思います。


1歳のお誕生日おめでとう…八朔、小夏。
一緒に生まれて来た貴方達が、こうして一緒にお誕生日を迎えられる奇跡を、かーさんは何と言えばいいのか解りません。
でもね、もう焦らないの…
貴方達と出会った事の意味は、これからずっと考え続け学び続けます。
それだけが、奇跡をくれた多くの皆様に応えて行く術だと思うから…


去年は、とーさんと二人っきりで祝ったこの日。
今年は、今は…八朔と小夏と言う、掛け替えのない愛しい命と共に祝います。
二人と二匹の暮らしは、文字通り始まったばかりです…

CIMG5119.jpg
遊び疲れて一休み…この姿をいつまでも見ていたい…






いつも応援有難うございます♪

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
02 ≪│2013/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: