今年も宜しくお願いいたします


2014年賀状



    明けましておめでとうございます!



2014年の始まりですね。


旧年中は、「八朔まみれ」を可愛がって頂きまして本当に有難うございました。
本年も変わりませずお付き合いを賜れると、かーさんが正月早々喜んでリンボーダンスをご披露致します(笑)


ネット上ではありますが、訪れて下さる皆様の今年一年のご多幸とご健康を、八朔小夏と、正月早々風邪っぴきの困ったとーさん共々目一杯で祈らせて頂きますね。



かーさん的、今年の目標は…


「とにかく元気!」


これに尽きます。


未だパワーアップし続ける茶トラーズに対抗するには、何と言っても体力!
まだまだ老け込んでいる場合じゃなくなりました(笑)
茶トラーズパワーに対抗して「オバサンパワー」です!


今年も、かーさんは「やらぬ後悔より、やって反省」を座右の銘として歩いてみようと思っております。
勿論、のほほ~んも忘れちゃおりません(笑)
そこはそれ…体と相談しつつ…って事でよろしくです(^^;


わざわざ足をお運び下さる皆様に、かーさんなりの感謝を込めて、今年も日々精進して参ります。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます!







いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



仲良きことは美しき哉


CIMG10699.jpg
「新春のめでたい八朔饅頭できました♪」



平成26年度の年明けは、とても穏やかな好天に恵まれた関東地方。
お日様を一杯に浴びて、八朔小夏は気持ち良さそうな朝を迎えてくれました。


我が家で兄妹一緒に過ごす初めてのお正月…
やっぱり何時もと変わらず、八朔の「愛のゴッチン!」

「かーさん!お腹が空きました!」


で始まった、ある意味とても正しい目覚めです(笑)


お正月specialウマウマを平らげて、朝陽の中で毛繕いをして(小夏は丁寧に、八朔はそれなりに (^^;)
腹ごなしに兄妹で追いかけっこして、縦横無尽に走り回るついでに、かーさんの腹を蹴飛ばして…


。。。かーさん蹴られ初め。。。(--;


ひとしきり暴れ回った後は、それぞれがお気に召した場所に陣取って、気持ち良さそうに寛ぎ始める…


あぁ…平和だなぁ…♪


CIMG10707.jpg
「物凄く正しい座椅子の使い方をご披露してくれた小夏 (^^;」人間っぽい!


と…一見何の問題もなく明けた穏やかな元旦の朝に思えますが…


昨日もちょこっとだけ書かせて頂いたのですが、実はとーさんが風邪っぴきです。
しかも…


大晦日の夜にお仕事と言う、鬼の会社!


まぁ、365日24時間業務が停止しない仕事ですので、致し方はないのですが、流石に熱を押して出勤する姿を見るとねぇ…
出掛ける前に熱を測ったら、38度でしたもん(^^;


「とーさん!今日はテケトーにお仕事こなしなさいね!無理だったら休ませてもらってね!」


と、送り出してはみたものの、帰ってくるまでは心配でたまりませんでした。


幸い、とーさん生きて帰って参りました(^^;
熱も微熱程度までに下がり、ダルそうではありますが取り敢えず生還!
大晦日を社内で年越しすると言う、鬼勤務を果たしましたので、今日からはお休みに入れます。


ささやかなお正月のお料理と、お雑煮もしっかり食べて、ほんの少しお神酒も呑んで…
やっと落ち着いて体を休めております。


CIMG10704.jpg
「八朔も、一見正しいキューブの使い方をしております」


と…ここまでは一応想定内に見えましたが…


嗚呼!何と言う事でしょう!


。。。。かーさんも…風邪を貰ってしまいました。。。。


朝起きると、喉が変!
イガイガ虫が団体さんで、元旦の朝っぱらからやってきおりました(T_T)


思えば、確か昨年のお正月も風邪っぴきだった様な気が…
今年こそは元気で乗り切るぞ!と思っていたはずなのに何てこったい!


幸い、かーさんはまだ軽症ではあります。
喉の痛みと、微熱程度に収まってくれている様子。。。
ただ、お正月明けのドタバタ予想を考えると、ここは大人しく休んで治さなきゃ!です。


元旦の午後から、マスク着用でお布団に入っている、とーさん、かーさん…(^^;
何故か一緒に寝る気満々の茶トラーズ(--;


見ようによっては和むシーン?(違!)



CIMG10703.jpg
「流石は八朔!外しません!」それでええのか?その不安定さがええのんか?(^^;


フト目覚めると…汗が一杯出ていました。
これって…


お薬が効いたの?それとも茶トラーズの猫タンポで茹であがったせい?


ともあれ、我が家の年明けは平和と言えば平和に「分かち合い」から始まった様です。
。。。日頃の行いが悪いんだろうか。。。。(T_T)


とーさんからの今年のお年玉は「風邪」でした。
まぁ、誰かに移せば楽になるって言いますから…しゃーない…貰ってやるよ!


茶トラーズは、何故かご機嫌です。
考えようによっては、お昼寝もかーさんと一緒なのですから(笑)
代わる代わる…もしくは2匹揃って…一生懸命に温めてくれてます。


嗚呼…仲良きことは美しき哉!



CIMG10706.jpg
「馬鹿は風邪ひかないって嘘なのね」…すみません小夏様(--;



早々からのご挨拶を沢山頂戴いたしまして有難うございますm(__)m
コメント欄をオープンしたにも関わらず、申し訳ありませんが、本日は纏めてのお返事でお許し頂きたいと存じます。
平に平にお許しをぉ~~~(^^;
またブロガーさんの元へは後日必ず伺わせて頂きます!暫しの猶予をーーーっ!








いつも応援有難うございます♪

初夢 初詣



八朔とーさんです。
お越しいただく皆様、昨年は当ブログをご贔屓いただきありがとうございました。
本年もよろしくお願い致します。


と、正月三が日・・・年末の私の風邪っぴきのせいで、かーさんともどもダウンしております(汗
本日は簡単更新にてお許しください。


徐々に快方に向かいつつありますが、今しばらく温かい目で見守っていただきますようお願いいたします。


昨年の春に「八朔小夏神社」という画像を掲載した事がありますが、
お正月ですし、ちゃんと神社にしてみました。

八朔小夏神社



八朔と小夏のパワーで、猫様だけでなく、色々な良縁に御利益があるかも?(笑)


我が家は今年はこちらで初詣ですね(^^;








いつも応援有難うございます♪


れんらくちょう


CIMG10686.jpg
「鼻がブヒッって…ブヒッ!ってなってるどー!八朔(^^;」

「れんらくちょう」



おやすみとどけ


とーさんがアッチッチで
かーさんがゲホゲホコンコンで、ボクん家は何だかうるさいです。
なのに、ボクが「遊ぼう~♪」って言っても


「ゴメンね…またにしてくれ。。。」


って言うです(--;


折角待ちに待った「えきでん」とか言うヤツも、とーさんも、かーさんも半分くらいは寝てたです。


小夏もボクも、仕方が無いから二人で遊んでるです…
ちょっとつまんないけど…良い子だから文句言わないです!


で、かーさんに「おやすみとどけ」を書いておいてってお願いされちゃった(≧▽≦)


うひょっ!何だかボク、ちょっと大人になった気分です~♪


えっと…えっとぉ…
今日は、とーさんもかーさんもダメダメなので、おやすみさせて下さいだそうです!
んでもって…頑張って早く治しますって言ってましたです。


それとぉ…連絡プリントがあったら、そのプリントにコッペパンを包んで持って来て下さい。。だそうです。。。
でも、このネタは、いい加減年取ってないと解らないんだって~
ついでに、ジャムとマーガリンは要らん!って言ってました!


では、小夏とボクはこれから「温め隊」に変身するです。


内緒だけど…今年の風邪は馬○でもひくみたいだから、猫馬鹿の皆さんも気を付けた方がいいのだ!



  平成26年1月4日   かーさんの代理 はっちゃく♪

CIMG10634.jpg
「おやすみなさいです」







いつも応援有難うございます♪

お布団より愛を込めて通信



風邪っひきとーさんかーさん、何とか生きております(^^;

グダグダを通り越して、お手上げ状態でございます…
先程、とーさんの顔を見ていて、フト思いついて聞いてみました。


「とーさん、痩せたんじゃね?」


。。。サックリ4キロダイエットできたそうです(;´・ω・)


昨日は全く食べ物が喉を通らず、ゼリー一個で過ごしたかーさん。
なのに…やつれはしても痩せはしない。。(--;
この理不尽な差は一体何なんだ!


そんな中、茶トラーズは至って元気!
そして、何故かご機嫌さんです。


かーさんが寝ているベッドに入れ代わり立ち代わり、もしくはお揃いで潜り込みに来ては、暑くなると出て行くを繰り返しております。
まぁ、その出入りの頻繁な事!(--;


ほぼ遊んでます!


そして、かーさんがゲホゲホと咳き込むと、まずは迷惑そうな顔…
そのうち、お手々で、マスクごしに口を押えられます(T_T)
コヤツ等。。。鬼です。。。(ノД`)・゜・。


でもまぁ、茶トラーズの懸命な(お遊び)看病のおかげで、昨日よりは少し良くなってきた様な気も…


とりあえず、猫様の食事とトイレ以外の全てを放棄して、風邪を治す事に専念させて頂く所存!
変な時間の変な更新になりましたが、「生きてるどーー!」通信でございましたm(__)m


CIMG10598.jpg
「ボク達がちゃんと看病してるです♪」バンズ小夏、中身八朔







いつも応援有難うございます♪

お布団通信その2


CIMG10719.jpg
「かーさん…これシリーズ化ですか?」 お・怒らないでこなちゅ(^^;



昨日に引き続き、変な時間に「お布団より愛を込めて」の更新ですm(__)m


お蔭様で、とーさんもかーさんも、かなり回復して参りました。
が…どうしても咳が抜けない。。。。


ウトウトしては咳き込んで目が覚めると言う事を繰り返すものですから、寝たのやら寝てないのやらサッパリ解らない有様だったりして(^^;
今日、新たにお薬を頂きましたので、きっと徐々に治まってくれる事と期待しています!


って言うか…効いてくれ!(T_T)


猫馬鹿が高じて、猫化が進むかーさんでも、流石に自分の喉からゴロゴロ聞こえるのはやだ!


八朔や小夏が鳴らしてくれるゴロゴロは、癒し効果満点なのに…
似てる様な気がしないでもない自分の喉がゴロゴロ言う音はメッチャクチャにイラつきます(--;


CIMG10684.jpg
「まぁまぁ…かーさんまったりしましょ♪」君は何時もまったりだもんね~八朔君(笑)


そう言えば…先日の「プリントとコッペパン」のお話しぢゃありませんが…
子供の頃に風邪を引くと、必ず出て来るものってありませんでした?


かーさんの子供の頃の実家では、風邪を引くと枕元に必ず


「バナナとミカンの缶詰」が置かれました!


あと、たま~に桃の缶詰も(笑)
昔はバナナって高級品だったって言って、信じて頂けるのだろうか(^^;


氷枕のゴムの匂い…
頭を動かすと…チャプンチャプンと水が動く音…
時々、母の手が額に乗せられ、そっと汗を拭いてくれる…


「後で目が覚めたら、食べなさいね…」



そう言って、枕元に置かれたお盆の上には、いつもバナナとミカンの缶詰が乗っていました。



所要があって、実家の母に電話をしたら、80を超えた母が鼻声に気付いて言うのです。


ちゃんと食べなさいよ。ちゃんと寝なさいよ…


少々記憶がマダラになってきた母ですが、母としての記憶だけは健在の様です。


鉄砲玉娘でスマン…母上。。。
色々落ち着いたら、一度顔を見に行くね。
その時には、どっちが猫馬鹿なのか勝負しましょう!


筋金入りの80余年と、年を取ってから嵌ると抜けられないと言われるかーさん。
案外良い勝負になりそうです…


CIMG10734.jpg
「その前に、風邪っぴきを治して下さい!」 ご尤もです…八朔君m(__)m






いつも応援有難うございます♪

ご心配をおかけしましたm(__)m

CIMG10744.jpg
「そっくり兄妹…目付き悪バージョン (笑)」左小夏 右八朔


とうとう…更新が出来ない日が来てしまった…


ドタバタと体調不良がタッグを組んでくれた結果、昨日はいきなりのお休みを頂いてしまいました。
折角足をお運び下さった皆様、本当に申し訳ございませんでしたm(__)m


一言二言パパッと書いて更新だけでも…
と思わなくもなかったのですが、それも却っておかしな話かなぁ。。。などと思いまして(^^;
「更新の為の更新」
これは、きっと本末転倒なんだろな…って。


と、言う訳で、何の前触れもなく、いきなりのお休みでしたm(__)m
ご心配をおかけしてしまいごめんなさいです!


沢山のご心配を頂戴し、また咳にはこれこれが効くよ…なんてアドバイスを頂いたり…
何時も乍ら、本当にお心遣いに感謝感謝でございます。


なかなかしつこい風邪ではありますが、日々、薄紙を剥がす様に良くはなってきております。
回復力の低下を、新年早々感じると言う、素敵な幕開けになってしまいましたが、これも「もう過信してる年じゃないぞ」との戒めかもしれぬ…と素直に受け止めておこうと思っています。


それにしても…咳き込むって体力消耗しますねぇ…(--;
かーさん、声楽のレッスン時以来の、自分の横隔膜がどこにあるのかを意識しましたわ。。。。


「横隔膜がイテェーーーーッ!」


CIMG10741.jpg
「小夏様的には正しい使い方だそうです」 カゴはどっちを向いててもカゴだよね(^^;


ここ数日は、ちっとも相手して貰えない茶トラーズ。
昨夜も、とっても早い時間に寝てしまった、とーさんかーさんですので、きっと内心は「詰まらん!」と思っているに違いありません。


まぁ…八朔は夜中と明け方に「ワンマンショー」を開催していた様ですが…(^^;


それでも、何時もと比べたら本当に大人しいものです。
小夏に至っては、側にピットリ。
まるで


「アタシが看病してあげます」


と、言わんばかりの顔をしています。


ただ面倒でサボっているのと、本気で調子が悪い時と、猫さんって見事に見分けますよね(^^;
普段、あんな早い時間からベッドに入っていたりしたら、間違いなく
「抗議の腹の上徒競走」
が始まるのですが、その気配もなし。


退屈すると、兄妹で追いかけっこしたりして遊んでくれています。


茶トラーズ…大人になったなぁ…(*´ω`*)


CIMG10723.jpg
「ボクはおとにゃの漢なのです!」 お外パトロール中の八朔


と…思っていたら…


朝方に八朔君。。。ケロリました(^^;

茶トラーズは、本当に吐き戻しの少ない子達です。
八朔は、片手で足りる程の回数しか吐いたりはしない子なのですが…


吐瀉物を見てみると、どうも胃液っぽい。。。


様子を見ていると、その後具合が悪そうな風もなく、朝のウエットもしっかり食べてくれました。


八朔は、とても大らかな子ですし、普段やる事はどちらかと言えば「ちと残念系」です。
ですが、実はとても敏感な子でもある様です。
家の中の時間が普段とは違う流れをする事や、かーさんの様子が違う事には、しっかり反応するのです。


今回も、長引く風邪っぴきコースに、八朔なりに心配が募ったのかもしれません…


ごめんよ…はっちゃん…


頑張って治すから、もうちょっとだけ待っててね!


CIMG10746.jpg



年が明けてからというもの、全くご訪問も出来ぬままで本当にも仕訳ございません。
それにも係わらず、いつも温かい応援を本当に有難うございます。
ここは、じっくり焦らずに…と思っておりますが、頂戴したお気持ちは、しっかりと「かーさんの閻魔帳」に太字で記載しておきます!








いつも応援有難うございます♪

前進します!


予感1
「朝っぱらからザワザワ八朔」


本日の朝一番…


「ピンポーン♪」


途端にアワアワする茶トラーズ!
八朔は無事に、ベッドの布団の中へ潜り込みに成功し、息を潜めました。


しかし!
逃げ出すのに失敗した小夏様。。。
選りにもよって「コタツの中」へと逃げ込みました(^^;


。。。こにゃ、そこ…メッチャ危険だと思われますが…いいのか?


案の定、お客様はコタツの前へ…


小夏、コタツの中で唸り声をあげてます(^^;
だから、そこはダメだって言ったのになぁ…


CIMG10717.jpg
「ふぅ…酷い目にあったわ…」 やっと落ち着きを取り戻した小夏様


おいでになられたのは、引っ越しのお見積りをして下さるお方。
あれこれお話しをさせて頂き、小一時間ほどかかったでしょうか…


少し話題はそれますが…
最近の引っ越し業者さんって、凄いんですね(笑)
昨夜、ネットで見積もり依頼で検索していたら、間髪を入れず電話攻勢が始まりましたよ~(^^;


まぁ、あの手この手で押す押す!


で、結局数社に見積もりをお願いする事にしたのですが…


朝一で来られた業者さんが、以前にも利用した事のある業者さんだった事もあり、そちらにお任せする事にしました。
それにしても…値段の設定ってある様でないのね(笑)
こう言うのって、とーさんだけに任せると、絶対にダメだなぁ~と痛感いたしました。


だって、かーさん「最終金額です」と仰った金額から、おまけの1万円も値引きしてもらっちゃったも~ん♪


「流石はかーさん…」


と、とーさんは感心していましたが、かーさんに言わせたら、言い値で頷くとーさんの方が信じられんわ(笑)


CIMG10726.jpg
「やっぱり交渉役は、かーさんに限るわね!」


と、言う事で…


我が家の引っ越しが決定致しました!


年末から色々あったのは、実はこの引っ越しに絡んだ一連の問題だったのです。
お蔭様で、やっと見通しが立ちました。


本格的に荷造りなどはこれからですので、またしてもドタバタな日々になりそうですが、精神的にはとても楽になりました。
風邪の方も、何とか良くなって参りましたし…これから腕まくりで頑張ろうと思っています。


目下の所…洗面所にダンボールの山。。。(^^;


当然の事ながら、茶トラーズはウハウハ(--;
どうやら、この「お手伝い部隊」の手を掻い潜るのが一番の問題になりそうです。。。


色々とご心配をおかけしましたが、何とか前に進めそうです。
また、暫くの間は、それこそ文字通りのドッタンバッタンになりますが、どうか見守ってやって下さいませね。


CIMG10738.jpg
「一番大きな問題は、コヤツ等  (^^;」






いつも応援有難うございます♪

一緒だからね


CIMG10568.jpg
「この場所からのお外パトロールも、残り僅か…」手前小夏 奥八朔




      ボーーーボーーーです!



お尻に火が付きまくって、大火事です!
今なら、お正月の「どんど焼き」を、かーさんのお尻の火でやれます!


朝から、とーさんの電話は鳴りっぱなし…
あっちこっちへの連絡に追われております。


取り敢えず、対外的な事は、とーさんが担当。
かーさんは、お家の中担当…と、言ってもまだなぁ~んにもしとらん(^^;
一応、頭の中で段取りは組めたのですが、はてさてどうなります事やら。。。


まずは、この本の山を何とかせんといかんなぁ…
あとは、季節外れの洋服を梱包しちまうか…


。。。。面倒ぢゃ~のぉ。。。。(--;


なんて言っていられる余裕はありませんので、頑張るしかないっす!はいっ!




CIMG10689.jpg
「八朔の腹毛に手を突っ込んでみた~♪モフモフで気持ちいいのです!」



で…ですな…
一番の問題である、茶トラーズの事なのですが…


先程、何時もお世話になっている獣医さんの所へ連絡をさせて頂きました。



茶トラーズお泊り保育決定です!


引っ越しの当日は、朝一番からの作業になりますので、兄妹には前日の夕方から避難してもらう事に致しました。
翌日の夕方お迎えです。


その間、八朔のワクチンと、兄妹2匹の健康診断をお願いする事に…


色々考えた結果、八朔は1年半の間を開けてのワクチン接種になります。
丁度いい…と言っては語弊がありますが、この機会に基本的な健康診断も受けておいてもらおうと思います。


八朔は、去勢手術の際も日帰りでしたし、小夏は避妊手術を終えた後に来てくれた子です。
と…言う事は…ですよ…


一晩離れて過ごすのは初めての事になります。。。。



……ど~しよう……不安なんですけどぉ…かーさんが…(^^;



CIMG10690.jpg



不安がって鳴かないかなぁ…
寂しがるだろうなぁ…


なんて、かーさん今からアホみたいに心配ばかりしています(^^;


解っているんです!
兄妹が一緒なんですから、きっと大丈夫なはず。


小夏はしっかり者ですし、八朔だっていざとなったらお兄ちゃんですし…
何より、兄妹で一緒に居るのですから!



……一番危険なのは、かーさんだったりして……(T_T)



おそらくは、そんな事を考えている暇もない程、忙しく時間を過ごす事になるでしょう。
ですから、きっとアッと言う間のお迎えになるはず。。。。


ですよね?ね?ね?(涙)



CIMG10509.jpg


年末から引き摺っていた一件は、取り敢えず転居と言う形で一応の決着を見ました。
こうして皆様にもご報告ができる様にもなりましたし…色々とご心配をおかけしてしまいましたが、我が家は前向きに進んで行こうとしています。
八朔と小夏…この兄妹を中心に据えた暮らしが何よりも大切にしたい事だと、改めて心に決めた出来事でした。
これから先、もしまた何か問題が起こったとしても、我が家はきっと何時も同じ答えを導き出す事でしょう…
無くしてはいけないものは何なのか。。。大切なのは何なのか。。。
答えは何時もシンプルであるはず。

とーさんとかーさん、抜けきらぬ風邪と戦いつつ、何とかこの大仕事をやっつけちゃいます!
相変わらずの一方通行な更新が続きますが、今暫しお許しくださいませね。







いつも応援有難うございます♪

第二章へ…



CIMG10761.jpg
「お日様が当たる場所は何時だって猫様の特等席♪」八朔です。



着々と準備が進む中、なるべくなら茶トラーズにはいつも通りの生活を…と思っています。
それでも、やっぱり違った気配を感じるのか、八朔も小夏もじっと様子を伺っている事が多くなってきました。


とにかくくっ付き虫です。
四六時中、どちらかがぴったりと寄り添ってくれています(^^;


改めて思います…


猫様って、思っていたよりもずっと細やかな神経を持ち、思慮深い生き物なのだな…と。



今回の引っ越しは、勿論他の要素もあっての事ではありますが、一番大きなものはやはりこの子達の事です。
今の部屋を選ぶ時、かーさん達は「猫と暮らす」事をまるっきり考えてはいませんでした。
二人が過ごす為のスペースは、大きくない方がいい…
小さくシンプルに暮らそう…そう思っていました。


ところが。。。やって来たのです…茶色の仔猫だった八朔が…


大きな声では言えませんが…ここペット不可物件でした(--;
小夏を見つけた時に、すんなりと我が家に連れてこれない理由の一番大きな問題はこれだったのです。


何とかお願いし「大目」には見て頂いていましたが、やはりこれはルール違反でした。



CIMG10767.jpg
「コタツの向こうから、キュルン顔の小夏」



まだ若く、激しい動きをする茶トラーズです。
出来うる限りの防音対策は取っていましたが、それでも音は響いていたと思います。


「走るなぁーーーっ!」
「暴れるなーーーっ!」



かーさんが言うそんな言葉は、きっとこの兄妹にとっては理不尽なものだった事でしょう。


今回の引っ越しにあたっては、まず第一にペット可を条件にあげました。
むしろ、条件はそれしかない(笑)


一昔前に比べると、ペット可物件も数が増えてきた様に思えます。
それでも「小型犬」だけ…などと言うものも多いのが現状です。


猫複数可…と言うと…
古い物件や不便な場所が一気に増える(^^;
それでも探せばあるものです。
と、言うか…あった(笑)


貧乏な我が家ですので、高級物件などには手は届きません!
また、何度も言いますが広い物件も必要ない…だって掃除が大変ですもん(笑)


とーさんとかーさん、それに八朔と小夏がまったりと暮らせればそれでいいのです。



CIMG10755_edited.jpg
「とーさんと話していると、必ず真ん中に割り込んでくる八朔 笑」



ルールとは、最低限それを守っていれば、その範囲内で権利が守られる約束事。
暮らして行く中で、互いの権利を侵さない為のものだと思います。


今回、やっとその原点に立ち帰る事になりました。


どなたかの厚意の上にしか成り立たない暮らしは、やはり歪です。


勿論、ルールを守った上でのマナーや気遣いはもっと必要にはなると思います。
防音対策は勿論の事、互いが心地よく暮らせるための出来うる限りの対策は施すつもりです。
むしろ堂々とそれができるのが嬉しかったりします!


なし崩し的に始めてしまった猫様との生活は、ここへきてやっと「為すべきことをする」暮らしへ移行します。
八朔小夏との暮らしは、第二章に…
安心して暮らして行く為に頑張ります!


さて!かーさんももうひと踏ん張りです(^^;




CIMG10752.jpg
「小夏様、お膝で甘え寝♪」







いつも応援有難うございます♪

着々と準備中



CIMG10795.jpg
「タワー上段に避難中の茶トラーズ  何だかゴソゴソ落ち着かないと不満げです」 左八朔 右小夏


部屋の片隅に、段ボール箱やら衣装ケースやらがドンドンと積み上がって参りました。
それが気になって仕方が無いのは八朔君。


オスの持つ本能なのでしょうか…
取り敢えずテリトリー内のチェックは自分の仕事と心得ている様です。


一通り見まわり、匂いをチェックし、ついでに上に乗れるものにはしっかり乗って、目には見えない「八朔チェックマーク」のスタンプを押して回ってくれています(笑)


一方、小夏は案外平然…


「何だかやってるのね…」


と言う顔で見てはいますが、然程気になって仕方が無いと言う事は無さそうです。
むしろ、八朔が必死にチェックしている姿を、高見から見下ろしているかの様。。。。


「はぃはぃ、ご苦労様。何かあったら言ってよね!」


…現在我が家で一番冷静なのは、間違いなく小夏です(^^;



CIMG10786.jpg
「とりあえずアタシは日向ぼっこしてるわ…」いつも通りの小夏様



兄妹のご愛用猫様タワーも、今日明日中には一度解体されます。
新しい部屋で、組み直されるまでの数日間、暫しのお別れ…


きっと新しいお部屋でも、一番日当たりが良くてお外が良く見える場所に、とーさんが設置してくれるはず。
今度は何が見えるのでしょうね…
「ニトリさん」や「チリトリさん」が一杯見えるといいね♪


モノを増やさない事!


そう決めて始めた暮らしですが、こうして引っ越しの準備を始めてみるとやっぱり増えているものですね(^^;
勿論、その多くは八朔や小夏が来てから増えたものではあります。


一体どんなものが必要なのかすら解らないままに八朔を迎えた我が家は、見事になぁ~んにも無い所からのスタートでした。


色々なブログを拝見しながら、「これが要るのかな…あれが必要なのかな…」と思う事しきり。
結果、最低限のものは用意しましたが、おそらく他のご家庭に比べるとかなり数は少ないのではないかと思います。


あれば便利だけど、無くても何とかなる。
そう言ったものは、極力増やさないできました。


これは、由緒正しい小市民の貧しい財布の影響も大きいのですが…(笑)
基本「モノがなければ手間暇をかける!」が、かーさんのモットーになっているのです。


お蔭様で、お料理が結構好きなかーさんですが、台所用品の数も極力少な目で済んでいます。
これは、今回の引っ越しに際してはとっても有難い事になりました。


暮らしを広げ過ぎない事…
これからも我が家のテーマはこれに尽きる!


CIMG10781_edited.jpg
「何とかなるもんよね…でも、アタシ達のオヤツはケチらないでね!」


八朔と出会い、ただ見捨てておけなくて連れ帰ってきた部屋…
小夏を知り、悩んで泣いて、頭を下げまくって始めた兄妹との暮らし…
思い返せば、わずか1年半ほどの短い時間です。


なのに…思い出はギッシリと詰まっています。


ここに来た当初は、とーさんと、かーさん二人だけでした。
そして、ここを出る時は、二人と二匹です。



沢山の思い出を胸に…我が家はあと四日でこの部屋とお別れです…



CIMG10793.jpg
「相変わらずシンクロ率バッチリの茶トラーズ」左八朔 右小夏


おまけの一言…咳がね、なかなか止まらないのだよ(^^; どんだけしつこいヤツなんだか。。。






いつも応援有難うございます♪

猫の手corporation  絶好調です!



CIMG10809.jpg
「ここのチェックは任せて下さい!」 手前八朔、奥小夏



久々にやる気十分です。



「お気軽に声をお掛けください!声が掛からなくてもお手伝いに参ります!」


のキャッチフレーズも華々しく、猫の手corporationの営業活動が熾烈を極めています。


こっちで作業すれば、すかさずやってきて入り込み…
あっちを片付けようとすれば、我先に潜り込み…


茶トラーズは、恐ろしく忙しそうに走り回っております(--;


主に八朔は、ウロウロしつつ相変わらず「んなぁ~~♪」とお喋りにも余念がありません。
小夏は、何と言っても箱のチェック!
ダンボール箱を組み立てると、当然の様に入り込んで、箱の強度を確かめてくれます…


すんげぇーーーーーぇーーー邪魔!


一匹を退けている間に、もう一匹が入り込む…と言う連係プレーも飛び出して、かーさんを呆れさせてくれております(T_T)




CIMG10818.jpg
「。。。この箱悪くないわよ♪アタシにピッタリ!」 お願いです小夏様…退いて下さい(--;



箱に紐…ガムテープとくれば、茶トラーズでなくても猫様にとってはワクワクワールドですよね。
おまけに、普段は立ち入り禁止のクローゼットだって開けっ放し。
八朔など、興奮マックスでクローゼットの探検に精を出してくれました。


畳んだ洋服には当然乗らなければなりません。
仕舞う前に、積んでおいた衣類も忘れずに猫毛を付けに行かなければなりません。



ダンボールにガムテープを貼ろうとすれば、そこに手を出してみなければ猫の名がすたる!
箱を持ち上げて運んでいれば、その足元を8の字走行して、かーさんを励まさなければいけない!




茶トラーズは大忙しです(号泣)


お蔭様で、かーさんの引っ越しの準備は、とっても順調に進んでいます。。。(--;



CIMG10802.jpg
「この紐はボクが運んであげるです!」 八朔ーーっ!紐返せ~~!



猫さんが居る引っ越しって……大変だったのですね…(ノД`)・゜・。


まぁ、考えようによっては「根を詰めずに済む」?
適度に手を止めないと、何をしでかすか解らない茶トラーズのお蔭で、一気に片付けてしまう事は困難です(笑)
時間は掛かりますが、これはこれで…


まぁいいっかぁ~♪


しかし…後三日で片付くのだろうか…(^^;




CIMG10787.jpg
「為せば為るのよ!かーさん!アタシが応援だけしてあげるわ!」  ありがとよ…小夏さん(--;






いつも応援有難うございます♪

猫の引っ越し便♪


CIMG10814.jpg
「貴重品扱いでお願いします!」 相変わらず箱のチェックに余念がない小夏。



猫の居る引っ越しに関して、皆様から沢山のお話しが届けられました。
一つ一つに「ふむふむ…なるほどぉ…」と頷く事ばかり!
やはり経験者のお話しは、どれも勉強になりますね。
いつも本当に有難うございます。


中でも「引っ越し迷子」については沢山のご心配を頂戴致しました。
どんなに注意をしていても、慌ただしく動く中では「万が一」が起こりやすい…
かーさんも、引っ越しが決まった時、一番に考えたのは茶トラーズの事でした。


四六時中かーさんと一緒の、この甘えっ子達を丸々一日預けてしまう事は、正直とても不安だったりします。
それでも…
何かの拍子にこの子達がパニックにでもなって、飛びだしてしまう事を考えたら…
やはり病院に一泊お願いするのがベストの選択だと思いました。


丁度折しも八朔のワクチンの時期でもありますし、一緒に小夏も健康診断を受けてもらえば一石二鳥!


そう…これは人間ドックならぬ「にゃんこドック」なのよ!


と、自分に言い聞かせております。


CIMG10801.jpg
「運びたいのか…運ばれたいのか…(^^;」 エコバック八朔



部屋の様子が着々と変化する様を感じ、茶トラーズは少し落ち着きを無くしています。
不安そうに顔を見上げてくる子達に、かーさん一生懸命に説明です。


「新しいお家に行くんだよ」

「少しだけドタバタするけど、大丈夫だからね!」



そうやって話す事で、かーさん自身が心を落ち着かせているのだと思います。


昨夜、食事の後…
何時もの様に、八朔がかーさんの膝の上にやってきました。
幸せそうな顔をして喉を鳴らす八朔を撫でながら、かーさん、やっぱりとーさんに聞いてしまいます。


「はっちゃん大丈夫かなぁ…寂しがって大変じゃないかなぁ…」


とーさん少しだけ考え込んで言いました。


「大丈夫!小夏も一緒だし、はっちゃくはやれば出来る子なんだし!」


そうだよね…八朔がやれば出来るかどうかは置いておいて…小夏が一緒に居てくれるんだしね…
と言う訳で、かーさん今から小夏にお願いしています。


「こにゃ!お願いね!八朔の事ちゃんと見ててあげてね!」


。。。どんだけ心配性やねん。。。(^^;


CIMG10778.jpg
「ボクはやれば出来る子です!」 そうあって欲しいぞ、八朔。



茶トラーズは16日の夕方、お世話になっている獣医さんの元へ「お泊り保育」に出発します。


17日は朝から引っ越し本番。
何とか、落ち着ける場所を確保して、17日の夕方にはお迎えに行くつもりです。
ヘロヘロだろうが、ヨレヨレだろうが、とっとと行きます!


こうして考えてみると、今回の我が家の引っ越しは正に「猫様の為」の引っ越しですね(笑)
兄妹が新しい部屋に入ってこそ、やっと引っ越しの終了なのです。


「にゃんこドック」の結果も良好であってくれ!


カウントダウンに入った引っ越し作業。
先程、冷蔵庫の片付け終了!
さて…あとはパントリーか…(--;

くぅーーーっ!かーさん頑張るっ!


CIMG10819.jpg
「そっちの箱ははっちゃくの分?」小夏様、さっさと箱ゲット(^^;







いつも応援有難うございます♪

とーさんも頑張ってます!



CIMG10828.jpg
「荷物の間って落ち着くわ~♪」小夏様お気に入りのポジションゲット!



うちのとーさんには、とっても悪い癖があります。


とにかくギリギリまで動かない!


元々、かーさんとは体の中に流れる時間の速さが全く違う人種ではありました。
とーさんなりのペースでしか動けないってのも重々承知。


にしても…本気でギリギリになるまで動かん!(--;


昨夜になって、やっと以前からお願いしていた換気扇周りの掃除をおっぱじめおりました。
かーさんでは手が届かない場所をお願いしていたのですが…
時間掛かりそうだから早目にやればいいのになぁ…と思ってはいましたが、そこはそれ、任せたのなら口は出さん。


で、とうとう昨夜になって、どっこらしょです。


案の定、真夜中まで掛かってました(^^;


何だろうなぁ…こやつは……本気でお尻に火がつかないと動けない体質なのだろうか…(笑)


CIMG10832_edited.jpg
「どんどん解体される猫タワーにビックリ眼の八朔」



連休中に終わる予定だった、猫タワーの解体作業も、やっと先程終了。


自分達のモノだと主張する茶トラーズは、下からガンガン解体して行く中でも上段に陣取って現場監督です(笑)
とうとう最後は、とーさんに抱きかかえられてのご退場。。。


何もなくなった場所を見上げて不思議そうな顔をしています。


この部屋でタワーに登る事はもうないんだね…
ちょっぴりだけ、そんな事も思ってしまいました。


新しくタワーを組立なおすまで、少しだけ待っててね。
今度もきっと君達が落ち着ける場所に、ちゃんと設置しますからね…


とりあえず…とーさんもお疲れ様!
大きな作業はこれで終わりですね。
後は…かーさんが火事場の馬鹿力で、やっつけてしまいます!


CIMG10823.jpg
「ダンボール箱の谷間に猫(笑)」 小夏です。



ここ数日は、冷蔵庫の整理も兼ねて、残り物をせっせと調理しては食卓へ出していましたが、それも今夜で終わり。
冷凍庫もほぼ空っぽにしました!かーさん偉い!(笑)
買い置きの野菜もしっかり使い切った♪


と、言うように、かーさんはどちらかと言うと「段取り魔」です。


まず頭の中で予定を立て、それに沿って動くのですが…
何故か何時も前倒し前倒しになる(^^;
ようは、ギリギリになって焦って何かをするのが嫌いなのです。
だったら、とっととやちまえ~~!と思ってしまう(笑)


何もかもが正反対な、とーさんとかーさんは、ここでも見事に正反対です(笑)


もっと若い頃のかーさんなら、きっと、とーさんのやる事なす事にイライラしただろうと思います。
でも、今は、それも含めてとーさんなんだ…と思える様になりました。
どうしても譲れない事以外は、とーさんはとーさんのペースでいい。。。


頭でっかちで、色々脳内でこねくり回しては、行動が遅れるとーさんは、それがとーさんなのだ(笑)


恐ろしく不器用だけど、やる事は丁寧♪
何よりも…とーさんの行動の根底には、かーさんへの優しさがあります。


今回も対外的な面倒な事は、全てとーさんが終わらせてくれました。
凄く凄く頑張ってくれたと思います。
疲れ切った様な顔で帰宅しても、とーさんは「終わったよ」としか言いません。
かーさんも敢て聞き出そうとはしません。
とーさんがやった事がベストだと信じていますもの。


何かある毎に、互いの信頼が深まる気がします…
不完全な人間が二人。
互いの足りない部分を補って、労わり合って過ごしていければそれが一番。


そんな二人に守るべきものが増えた事で、その思いは一層強まって行きます。


とーさん、お疲れさん!いつもいつも有難うね!
あと、もうちょっと…頑張ろう!



CIMG10810.jpg








いつも応援有難うございます♪

茶トラーズお泊り保育に出発しました


CIMG10844.jpg
「今朝の茶トラーズ」 左小夏 右八朔



本日の夕方…茶トラーズは予定通り「お泊り保育」に出発致しました。


小夏をスリングに…八朔をキャリーに入れ、かーさんえっちらおっちら。。。
まぁ、タクシーでしたけどね(^^;


八朔は、外に出た瞬間と、タクシーに乗った直後に少しばかり鳴きましたが、後は大人しくとっても良い子にしていました。
片や小夏様。。。。
ずっと鳴きっぱなし(^^;


病院についても、ずっと鳴き声をあげては、スリングの中でゴソゴソ…
時々ファスナーを開けてやると、外の様子を見てまたパニック(^^;
もぉ~瞳孔開きっ放しです。


その頃八朔はと言うと…横の椅子の上でキャリーの中に入れた、かーさんの手にスリスリしてじっとしています。


待合室は何故か「猫様デー」で、何人もの猫飼いさんがおいででしたが、皆さんに「お兄ちゃんは流石ですね~」と褒めて頂きました。


…八朔って…もしかしたら大物?(笑)



CIMG10834.jpg
「勿論ボクは大物です!」



八朔 5.1㎏
小夏 4.4㎏



大柄ですが決して肥満ではないそうな~♪


ただし!
一つ判明した事があります。


茶トラーズは「カリシウィルス」のキャリア猫でした。


現在、八朔も小夏も若干の歯肉に赤味が見られます。
今の所、発症はしていないそうですが、今後の事も含めて色々とご相談させて頂きました。


カリシウィルスは、発症すれば完治はないとか…
治療も対処療法になると伺いました。
では、いかに発症させないか…と言う事になります。


まずワクチンの定期的な接種。
体力を落とさせない工夫。
そして歯磨き。



何度か八朔は診察をして頂いていますので、その時には何ともなかった事を考えると、どうも小夏がキャリアだった様です。
どうしてもお外で暮らす子には多いとも伺いました。
そして、このウィルスは、とてつもなく感染力が強いとも。。。
空気感染でアッと言う間に感染するそうです。



こればかりは小夏のせいではありません。
致し方の無い事だったと思います。


今後は今まで以上に気配りして、この兄妹が発症せずに過ごせる様に努めて行こうと思っています。
大丈夫!きっと大丈夫!
かーさんがついてるぞ!
どーーーーんと来い!



CIMG10835.jpg
「こにゃ…ウィルスさん持ってたんだって…」 いいんだよ、小夏!大丈夫だって!



帰宅したダンボールだらけの部屋には、当然ながら茶トラーズの気配がありません…
何だか不思議な気分です。


今のうちにと、トイレを丸洗いしました。
兄妹の食器も洗って仕舞いました。
後は…最後まで置いてあった猫ベッドやオモチャを片付ければいいだけ…


何時もならうるさいくらいにお手伝いに来る茶トラーズが居ないと、やる事は捗ります。
捗りますが…物足りません……


今日、お泊り保育に出掛ける前、珍しく小夏が甘えて甘えてかーさんの側を離れませんでした。
膝の上で、全身を擦り付けて甘えてくる小夏…
この賢い子は、やはり何かを感じていたのかもしれません。


獣医さんに抱かれて奥へ連れて行かれる際、小夏は一際大きな声で鳴いて、かーさんの方に手を出しました。
先生は笑って


「おぉ…この子は賢いなぁ」

と言って下さいました。


そうなんです!
先生!うちの子達は、本当に賢くて良い子達なんです!

だから…だから…
どうぞ一晩よろしくお願い致します!


かーさんは寂しさを紛らす為にも、ラストスパートします!
とっとと片付けて、明日はお迎えに行くからね!
待っててね…八朔、小夏。。。



CIMG10841.jpg



引っ越し先のネット環境は、ほぼ大丈夫ではありますが、明日はおそらく更新は難しいかと思います。
その分、引っ越し頑張りますので、どうぞよろしくですm(__)m






いつも応援有難うございます♪


引っ越し無事に終了致しました!



CIMG10868_edited.jpg
「新居の探検に忙しい茶トラーズ」



引っ越し作業無事に終了致しました!


沢山のご心配と応援を本当に有難うございましたm(__)m
お蔭様でドタバタしつつも、何とか無事に引っ越しの作業は終了です。
まだ、新居は全て片付いた訳ではありませんが、取り敢えずは何とか落ち着きました。


しっかし…引っ越しって…本気で疲れますね(^^;
もう、昨夜はお風呂から上がったら記憶がありません。。。と、言うかお風呂の中で既に半分記憶が飛んでます(笑)


とにかく作業を早く終わらせて茶トラーズの顔が見たい一心でした。
朝から何も食べていない事すら忘れる程に…
とにかく迎えに行くーーーーっ!って(笑)


CIMG10854_edited.jpg
「飲まず食わずだった八朔…やっとチュールを食べてくれました」



お迎えに行った病院で、連れて来られた八朔は、先生が仰るに


「昨夜から、全く何も食べませんでした。じっと蹲ったままでしたねぇ…」


何と八朔、一声も漏らさずじっと…ただじっと蹲っていたそうです(T_T)
出されたご飯も水も全く口をつけず、じっと様子を伺っていたそうです。


かーさんが抱いて


「はっちゃん!かーさんだよ!ごめんね…」

と声をかけつつ撫でると、やっと小さな声で


「んにゃぁ…」と一声


それを聞いた受付の女性が仰いました。


「あら…八朔君ってそんな声してたのね」


あの「ボクボク大魔王で、猫界の明石家さんま」と言われる、お喋り八朔が…です。
一声も鳴かず…食べず…飲まず…です。。。


一方、小夏は少し食べ、やはりよく鳴いたとの事でした。


どれ程不安だったのでしょうね…八朔も小夏も。。。


車で移動する間も、兄妹はずっとずっと鳴き通し…
かーさんに抱かれたまま、車窓からの風景に目を丸くしては二重奏です。


大丈夫…もう大丈夫…離れないよ…(T_T)


CIMG10857_edited.jpg
「ずっと側を離れない小夏様」



新居についた茶トラーズは、まず馴染み深いコタツに潜り込みました。
そうだろうと思って、真っ先にコタツを置いておいたのです。


暫くすると…ひょっこり顔を出し、コタツを拠点にあちこち探検を始めました。
少し物音がすると慌ててコタツに引っ込み、またソロソロと出て来る…


何も食べていないと言う八朔に、まずは大好物のチュールを進呈。
流石にガツガツと食べてくれました。


その後、モンプチのテリーヌを出したのですが…
小夏は喜んで食べてくれたものの、八朔は全く口をつけません。


新しい部屋に馴染むのも、小夏の方が早く、暫くすると平気で歩き回る様にもなりました。
ただし…
ずっと、かーさんの側を離れません。
もう、これでもか!と言うくらい甘えてスリスリごっちん攻撃の連続なのです。


少し姿が見えないだけで、かーさんを探して鳴くのです…
結局小夏は、朝までかーさんにべったりで一緒に寝てくれました。


八朔もやはり寝る時は一緒。
男の子らしく新居の探検は、小夏よりもずっと丁寧にやっていましたが、やっと落ち着くとやはりべったり…


かーさん自身、茶トラーズと離れて過ごした夜は、殆ど眠れませんでした。。。


気配がしない…それが溜まらなく寂しくて…


とーさんも、かーさんも昨夜は、それこそ死んだように爆睡していたのですが、それでも感じるのです。
八朔が…小夏が…側で寝息を立てているのを…



CIMG10862_edited.jpg
「今度のお部屋は和室もあります!」



まだまだ新居は片付いたと言うには程遠い有様です。
それでも、そこには八朔と小夏が居てくれます。


今朝…八朔がかーさんを起こしに来ました。
眠い目をこすって、朝ご飯を出すと…


小気味のいい音を立てて、八朔が食べだしたのです。


。。。とっても安心しました。。。(T_T)


「そっか…はっちゃんお腹空いてたんだね…」



その後、立派なブツも出産してくれて、これで一安心です!
食べる事…出す事…
そして安心して動き回ってくれる事…
こんな当たり前の事が、何よりも嬉しいです。


取り急ぎではありますが、これが我が家の引っ越しでした。
また追って詳しい事は書かせて頂くとして…
今宵はとにかくのご報告とさせて頂きますね。


。。。とーさんも、かーさんも「デロンデロン」に疲れ切っておりまぁ~す(笑)



CIMG10871.jpg
「タワーが設置されるまでダンボール箱がお外チェックの拠点です」八朔






いつも応援有難うございます♪

引っ越し狂想曲



CIMG10876.jpg
「今朝の茶トラーズ  ダンボールの上からお外チェック中」 左八朔 右小夏


新しいお部屋で迎える二日目の朝です。
カーテンを開けると、茶トラーズは早速ダンボール箱の上に飛び乗って、まだ見慣れないであろうお外の景色に真剣に見入っていました。


新らしい部屋は、本当に静かな住宅街の真ん中にあります。
見えるのは他所のお宅や駐車場ばかり…


以前の場所は、目の前を幹線道路が走り、24時間車の音が絶えることはありませんでした。
おまけに、道を挟んだ目の前が「体験型センター」と公園。
常に子供達の声の響く場所でもあったのです。
(夏になると、真夜中に若者の騒ぐ声も有り!)


その環境に慣れてしまっていたせいか、この余りにも静かな場所に茶トラーズもかーさんも少々戸惑い気味です(^^;
本当に本当に静かなのです。。。


昨夜は、少し強めの風が吹く夜でしたが、その風の音がやたらに大きく聞こえる。


慣れって恐ろしいものですね(笑)


CIMG10870.jpg
「家具の配置が変わって戸惑い気味の小夏」


金曜の朝、引っ越しの当日、朝の8時半と言う有難くない時間に我が家の引っ越し作業は始まりました。
早く始めて、早く茶トラーズを迎えに行きたいと言う、親馬鹿心の為せる業です。
やって来られた業者の方の第一声は…


「…これは何ですか?」


そう、とーさんの手作り猫タワーを解体したブツを見ての事です(笑)
そりゃそうですよねぇ…
こんなもの他のお宅にはまずないですもんね(^^;


「えっと…猫タワーなんです…それ」


そう答えるかーさんに、目を丸くしておいででした。


「初めてみます!ほぉ…凄いですねぇ…」


。。。すいません。。。面倒なブツがあって(^^;


その後も、ハロゲンヒーターや、小さなホットカーペットなどを見る度に


「これも猫さんのですかぁ?」


。。。はい、すんません…その通りです(--;
ダンボールにデカデカと書かれた「猫グッズ」の文字。
こうして改めて見てみると、我が家は本当に猫様ハウスの様相を呈していた事がよく解りました(笑)


CIMG10859_edited.jpg
「キッチンの横の小窓が気になって仕方がないらしい小夏(^^;」



午後1時過ぎには新居への搬入も全て終わりました。
プロとは言え、素晴らしい早業です。
思わずかーさん声を掛けてしまいました。


「凄いですねぇ!これだけ動いていたら太る暇もないですよね!」


。。。我ながらアホな感想だと思います(^^;
リーダーらしき方が笑いながら仰るには、これから3月4月の引っ越しシーズンには、流石のプロでも頬がこけるそうな…
でしょうねぇ…うん。


かく言う、かーさん。
昨夜お風呂上がりに、7代前からの天敵である体重計に乗ってみました!


この半月で3キロ減!


お正月早々、二人して酷い風邪っぴきだった事もあっての事でしょうが…
引っ越しってダイエットになるのね(笑)


まぁ、当日も朝にサンドイッチを一切れ齧っただけで、その後は呑まず食わずでしたし…
お腹が空いたと思うよりも、とにかく早く兄妹をお迎えに行きたいと焦る気持ちばかりでした。


午後3時過ぎまで新居のざっとした片付けをして、その後以前のお部屋の掃除の為に一度車で移動です。
金曜の夕方…道が混雑していてなかなか進みません。
この時期の夕刻は、アッと言う間に空が暮れて行きます…


そうなると、もう気が急いて急いて。。。


予定では、ざっと掃除して、何かを食べてから茶トラーズのお迎えの段取りでした。
が…かーさん、もうダメ!
空が暗くなって行くと共に、何が何でも茶トラーズ!


結局お掃除は翌日に持ち越して、ざっと忘れ物などの確認をしただけで、病院へと急ぎました。


「とーさん、ごめん!お腹空いてるよね?」


と、聞くと、とーさんは


「もう空いたかどうかも解らん(笑)取り敢えず茶トラーズなんでしょ?」


苦笑いしつつも、かーさんの気持ちを優先してくれました。



CIMG10878.jpg
「久々に入ってみました!の八朔君」 かーさんが洗濯物を干しているとお手伝いだそうです。


一分でも一秒でも早く、兄妹の顔が見たかった…
無事な姿を確認したい思いで一杯でした。


固まったままの八朔を見た瞬間、様々な思いが一気に溢れてきました。
文句を言い続ける小夏を抱きしめた瞬間、泣きそうにもなりました。


この子達にとって、かーさんはもう欠かす事の出来ない存在なんだ。


かーさんや、とーさんにとってそうである様に、茶トラーズにとっても私達は必要な存在なんだ。
改めて強くそう感じました。


今までと同じ様でいて、同じではない暮らしが始まりました…
茶トラーズも、どこか変化した様にも思います。


恐ろしく甘えん坊になった小夏…
何だか少しだけ大人っぽくなった様な八朔…


かーさんがコタツに入っていると、二匹がそれぞれの足にしがみついて来ます。
ベッドに入れば、お腹に小夏、腕に八朔が丸まります。
今までよりも、より一層密着度が増しているのです。


まだ…少し不安なのかな……


それでも、昨夜は元気に運動会も開催していました。
食欲もすっかり元通り!
ゆっくりでいいよ…八朔、小夏。
ゆっくり新しい暮らしに慣れて行こうね…


CIMG10872.jpg
「少しだけ大人っぽくなった気がする八朔」


不義理ばかりが続いているにも関わらず、変わらぬ応援や励ましを本当に有難うございますm(__)m
もう暫く、かーさんは積み上がったダンボールとの格闘が続く予定です(^^;
更新だけは何とか…とは思っておりますが、お返事やご訪問は思うに任せないままになると思います。
どうぞ我儘をお許し下さいませね。







いつも応援有難うございます♪

お社へ…


CIMG10882.jpg
「フリーになったキッチンは茶トラーズの格好の遊び場になってしまいました (^^;」 左小夏 右八朔


昨夜は、かーさん遅くまで一人でダンボール箱との格闘をしておりました。
開けては出し…出しては仕舞い…
どんどん潰されて行くダンボールに、茶トラーズが潜り込んでは積み木崩し遊び。。。


気持ちは解る!
とってもよく解るが…相変わらず君達の「お手伝い」は、ひたすら邪魔っす!(--;


開け放った押し入れは、当然の如く兄妹のワンダーワールドと化し、一度入ったら出てきやしません。
かなり広めの押入れで、クローゼットも兼ねる作りになっている為、奥行きも幅もあって茶トラーズにとっては楽しくて仕方が無い遊園地の様なものなのでしょう。
あっちを片付けていれば、こっちで何かを引っ張り出す音…
こっちを片付ければ、あっちで何かを倒す音…


最終的に、小夏が「猫様グッズ」を発見し、尻尾をピーンと立てて得意げな顔でジャラシを咥えて出て参りました(笑)


流石です小夏様!
伊達に「運び屋小夏」の異名をとっているわけじゃ~なさそうです(笑)


八朔も小夏も、徐々にではありますが、この新しい暮らしに馴染んできてくれている様で、部屋を闊歩する姿がとっても偉そうになって来ました。
最初の頃の、腰を低くしてオドオドした様子はもうありません。
お昼寝も、それぞれが気に入った場所でできるようにもなってきました。


どんな時も、かーさんの姿を確認してでないと動けなかった3日前に比べると、随分落ち着きを取り戻してくれた様です。



CIMG10888.jpg
「小夏様はやっぱり別嬪さんだと思います!(*^^*)」



さて…ここからは引っ越しの翌日(18日土曜日)のお話しになります。


前日、お迎えを優先した為に残してしまった、以前のマンションのお掃除…
午後には引き渡しもありますので、とーさんと朝から出掛ける事になりました。


まだ慣れていない茶トラーズを残して出掛けるのは、かなり気にはなったのですが、こればかりは致し方ありません。
まぁ、病院と違って、新しいとは言え自分達の匂いも一杯ある部屋で、兄妹だけの環境ならば大丈夫だろうと判断しました。


「お出掛けしてくるからね…良い子でお留守番お願いね」



と、声を掛けると…兄妹はその意味を理解したのか、揃ってまだ温もりの残るかーさんのベッドへモソモソと潜り込んで行きました。
そうだね…そこなら温かいし、安心だよね。。。


以前のマンションは、荷物が運び出され、ガラーンとしていました。
日差しが一杯に降り注ぐ中、何もない部屋をとーさんとせっせとお掃除です。
新築で入ったこのお部屋には、7年弱お世話になった事になります。


有難うの気持ちを込めて、かーさん這いつくばって拭き掃除です。
とーさんは、せっせとベランダを磨き上げて行きます。
この時期なのに、二人とも額にはうっすらと汗が滲んでくる…


最後のチェックを済ませ、鍵をお返しする時…やはり色々な思い出が脳裏をよぎりました。


不思議ですね…
二人だけで暮らしていた5年間よりも、八朔がやって来てからの1年と5か月の方が思い出深いのです。
何もかもが、この部屋から始まった…


ドアを閉める際、思わず深々と頭を下げていました。


そして…その後
どうしても行っておきたかった場所へ二人で足を運ぶことに…




20120803_182741.jpg
「生後4か月ほどの、お社で暮らしていた茶トラーズ。左八朔、右小夏」再掲です



そう…あのお社です。


まだ、ほんの仔猫だった八朔と小夏が捨て置かれていた場所…
2匹が寄り添って生き抜いていた神社。


沢山の方の優しさに恵まれて、何とか暮らしていた茶トラの兄妹は、八朔が離れた場所に移動してしまった事で、何も知らなかったかーさん達に保護され離れ離れになってしまいました。


そして昨年の早春。。。
小夏を見つけた場所でもあります。


引越しする事で、もう度々訪れる事はできなくなる…
その前に、どうしてももう一度訪れてお礼が言いたいと思いました。


参道脇に車を止めて、二人で参道を進みます。。。
鳥居の前で一礼。
まずは、お社の神様にお参りさせて頂きました。


八朔と小夏を育んで下さった事。
ずっと見守っていて下さった事。
そして…とーさんとかーさんに兄妹を委ねて下さった事…


何もかもに心からのお礼を申し上げました。


そして、今あの兄妹が健やかである事と、今回引っ越しをする事をご報告です。
お社に立ち寄りたいと思った切っ掛けだった、あの傷口がどうしても塞がらなかった可愛い子が、今はとても元気である事も併せてご報告させて頂きました。


有難うございました。
本当に有難うございました!



どうぞこれからも、お社の猫だった茶トラーズをお見守り下さいませ!
そして…どうぞ甘えるお膝のない猫さん達が、寂しく誰にも知られずに命を落としてしまう猫さん達が一匹でも少なくなります様に…


…随分長い間手を合わせていました…


でもね…フト横を見ると、とーさんはまだ手を合わせたまま、一生懸命に何かを伝えようとしていました…


顔を上げたとーさんと目があった瞬間、二人で同じように笑み交わし…
あぁ…きっと同じだな…って…
何も言わなくても、互いに何を思ったのかが手に取る様に解りました。



20120727_183511.jpg
「境内の軒下から出て来る八朔」再掲です


それから二人で、境内をぐるっと回ってみました。


あぁ…この軒下に兄妹は潜り込んで寝ていたんだっけな…
このベンチで、兄妹はよく遊んでいたんだっけな…
この大きな木の下で、小夏は遊んでもらってたよな…
かーさんが毎日足を運んでいた頃、小夏は何時もここで見送ってくれたっけ…



思い出が一気に溢れだします。
境内のどこを見ても、全て八朔や小夏に繋がるのです。


とーさんは、いつも掃除していた繁みの中まで見ています。
そして…境内の下をのぞき込み…
今は誰も居なくなったその場所を、じっと見つめていました。


立ち去りがたく時を過ごした後、二人でお社を後にしようとした時…かーさん思い出しました。


「ねぇ、とーさん、私達これが初詣だったね」

お正月早々二人で風邪をひいてダウンしてしまっていましたので、初詣のお参りに来ることも出来ず…
しかも、それを忘れていると言う、かーさん達らしいお話しです(笑)


私達らしいねぇ…と笑い乍ら見上げた先には、あの桜の大木が綺麗に剪定された姿がありました。
小夏を見つけた時には、まだ硬い蕾だった桜。
捕獲できた日…泣き腫らした目で見上げた桜は、見事な満開でした…


あと2ヶ月もすれば、この大木は今年も見事に咲き誇ってくれるのでしょう。
この大木の桜にとって、この一年はきっと僅かな時間でしかない…
そう思える程に悠久を感じさせる姿です。


でもね…桜さん…よければ少しだけ覚えていて下さいね…
貴方の足元で、茶色い仔猫達が生き抜いていた事を…


鳥居をくぐる時、やっぱり二人で深々とお辞儀をしました。
お社の神様に…
お社にそびえ立つ大木の桜の木に…


そしてもう一つ…
お社のご近所に住まわれる、小夏を「ミコちゃん」と呼んで可愛がって育てて下さったmasatosiさんのお家に向かって…


沢山の思いを込めて「有難うございました」と申し上げて参りました。



とーさんも、かーさんも決して忘れません。
何処へ行っても、ここが私達の思う「お社」です。
八朔と小夏の、そして私達の守り神です。


こうして、我が家のあの街での暮らしが終わりました…




CIMG9558.jpg








いつも応援有難うございます♪

家族予報 明日天気になぁれ!

CIMG10903.jpg
「何ですか?かーさん」 左八朔、右小夏



とーさん多忙につき、なかなか猫タワーの設置が出来ません。
よって、中身は出してしまったものの、窓際にはお外監視台としてダンボール箱が3つ残したまま…
高さも丁度良いらしく、目下の所、茶トラーズは朝に夕に…ついでに夜中に…お外の監視にこのダンボールの上に乗ります。


以前の部屋に比べると、見える範囲に「動くもの」の姿は格段に減ってしまいました。
ですが、この付近…どうやら


ペット密集地帯らしいです!


勿論、かーさん達も「ペット可」を最優先して決めた場所です。
ですので、この建物がペット可なのは当然なのですが…
ちょっと付近を歩くだけで、珍しい光景に沢山出会える地域なのです。


角のマンションの一階の脇には、「ドックラン」が併設されています。
その横のコーポの名前を記したプレートには、名前の横に肉球マーク。
そんな建物があちらこちらに見受けられます。


そして、夕方のお散歩時間ともなれば、あちらこちらからお散歩を喜ぶワンちゃん達の姿と声が…♪


残念ながら、まだ猫さん達には会えてはいないのですが、とーさん曰く、物件を下見に来た時には沢山の猫さんとも出会ったとか…


このお部屋の契約書に書かれている文章もなかなかに面白いです!
まずは…


「小型犬と猫は2匹OK!中型大型犬は一階のみの居住で1匹のみ」


まぁ、ここまでは解る…
で、その続きに「ペット友の会」の規約があり、その中には


「もし保護をしてしまったら、1か月の猶予を持って飼育を認知します。その後里親探しをする場合は3カ月まで延長できます」


と、明記してあるのです。
そして、動物愛護協会の連絡先まで、しっかりと書かれていました。


「ペットと暮らす事の規範となる暮らしを」


と、書かれたその書類には、何だか新しい形の暮らしを予感させるものがありました。
とーさんと、かーさんが少々不便であるこの部屋を選んだ理由は、こんな所にもあったのです。


凄いですよ~!
お隣さんはワンちゃんと暮らしておいでなのだとお聞きしましたが、一切無駄吠えが聞こえてきません(*^^)v
却って、うちのボクボク大魔王の声の方が響くのではなかろうかと心配してしまいます(^^;



CIMG10890.jpg
「チェストの上から猫ベッドをわざと落として、ひっくり返ったままの中に入り込みドヤ顔の小夏と、何やってんの?の八朔」



家族の一員として共に暮らして行く。。。
その為には考えなければいけない事が沢山あると思います。


これ程までに、ペットと暮らす事に後押しがある地域でさえ、例の「犬の糞はお持ち帰り下さい!」の看板が見受けられます。
互いが心地よく過ごす為には、他人になるべく迷惑をかけないと言うのは必須。
一部の心無い飼い主の為に、ワンちゃんや猫さんが忌み嫌われてしまう事が無いようにしたいものですよね。


我が家の茶トラーズにしても、いくらペット可であっても無駄に暴れさせてはいけないと思っています。
防音に関してはやはり気を付けないと…
何しろ、大運動会が開催されれば、この若い兄妹の運動量は半端じゃありません。
フローリング自体がクッション性に優れた素材を使ってはありますが、その上に防音マットなどの処置も必要だと思います。


共に暮らす小さな命を家族と呼ぶ。

その言葉の意味の重さを忘れずにいたい…



先日、茶トラーズをお泊り保育に預ける為に訪れた病院で、かーさんはとても素敵な出会いをしました。
診察を待つ間の事です。
その日は、何しろ「猫様デー」で、待合室には数匹の猫さん達がそれぞれの飼い主さんと共にちんまりとキャリーに収まっていました。


その中で「この子、20歳なんですよ」と言われる、ペルシャの血が入った半長毛のキジ白ちゃん。
もう長い間通院をしているそうです…
そして、この日は症状が重く、二日間の入院を終えてお家へ帰る所でした。


大きなキャリーに、おそらくはお気に入りなのであろう毛布が沢山敷きつめてありました。
その中で、その子は最初疲れ切った様に眠っていて…
それでも飼い主さんが側に居る事に安心したのか、とても穏やかなお顔をしていました。


おしっこが出なくなって、痙攣を起こしてしまったそうです…
それまでも、隔日で輸液に通ってらしたと伺いました。


CIMG10913.jpg
「引っ越しのどさくさでトイレが一つ破損。。。新しくピンクのトイレを用意したら小夏専用になりました 笑」



我が家の小夏が、待合室でもずっと鳴き続けていたせいで、折角眠っていたその子が目を覚ましてしまうと言う申し訳のない事になってしまったのですが…


その飼い主さんが


「やっぱり若い猫さんの声は可愛いですねぇ」


と、仰りながら目覚めた愛猫さんを優しく撫でていると…
その子が、つと顔を上げて鳴いたのです。


「…ぶにゃぁぁ~ぉ…」

飼い主さんは目を細めて仰いました。


「ね?この子はもうこんな声しか出せないんですよ」
「でも、この声が可愛くて…」



いいえ!いいえ!十分に可愛いです!
泣きたくなるほど愛しい声です!


かーさん、飼い主さんにお伺いして、「はなちゃん」と言うその猫さんを撫でさせて頂きました。
…小さな音でしたが、ちゃんとゴロゴロと喉を鳴らしてくれ、差し出した手にスリスリしてくれる、はなちゃん…


初めて会ったかーさんの手さえ怖がらない…人を信じ切った優しい子です。


「はなちゃん…頑張ってるね!良い子だね!もっともっと長生きしてね」


思わずかーさん、そう声を掛けました。


飼い主さんは仰います。
こうしてお世話できるのが嬉しいのだ…と。
どんな症状になっても、この子がこうして甘えてくれるのが幸せなのだ…と。


そして…仰いました…


「家族なんですよねぇ…」


CIMG10898.jpg
「今日も見事なシンクロです!」


かーさんの脳裏に、やはりずっと通院して頑張ってくれている猫さん達の事が浮かびました。


少しでも楽に…
少しでも長生きして欲しい…


そう願いながら通院を続けているあの子達の事。


一日一日の積み重ねだけが、家族と言う絆を生み出して行く。
一言でなんて絶対に言い表せない、その子だけの家族の歴史がそこにはあります。


晴れた日ばかりではないでしょう。
大雨だったり、時には嵐だってあったでしょう。
それでも…それでも共に歩んだ家族の歴史です。


八朔と小夏と言う、掛け替えのない家族を得た我が家は、まだまだヒヨっこです。
きっと、この先数多の悪天候にも見舞われる事でしょう。
そんな時、かーさんは先を行く、素晴らしい家族の事をきっと思うはずです。


一緒なら乗り越えられる。
一緒なら…一緒なら…どんな天候でも耐えられる。



でもね…やっぱり祈らずにはいられません。


明日の家族予報が穏やかな晴れであってほしい…と。


はなちゃんの…全ての闘病生活を送る愛しい命の…明日が天気になぁれ!


CIMG10899.jpg








いつも応援有難うございます♪

幸せのルール

CIMG10916.jpg
「八朔、やっぱりお膝が大好きです」



       寒いですね!



昨夜、茶トラーズと一緒に深夜の時間帯に窓を開けてお外を眺めてみました。
兄妹が余りにも一生懸命に何かを凝視しているので、かーさんもちょっと気になって(^^;


闇を見通せる猫さんと違って、かーさんには別段何も見えなかったのですが…
もしかしたらお外に猫さんでも居たのかもしれません。


ほんの僅かな時間でしたが、夜の冷気はキーンとした金属音が聞こえてきそうな厳しさです。
鼻の先が…耳が…ムズムズする様に冷えて来て…


「はっちゃん、こにゃ~寒いよぉーーっ!一緒にヌクヌクしよう!」


兄妹を両手で抱いて拉致し、慌ててベッドに潜り込みました。


冷え切って冷たくなった茶トラーズの被毛が、ほんわりと温かくなる頃…かーさんも一緒に夢の中へ…
何時だってこの子達は、かーさんの最高の誘眠剤です。


CIMG10907.jpg
「左八朔、右小夏」



八朔も小夏も順調に新しい暮らしに馴染んできてくれています。


今回は禁止エリアを設けてはいませんので、以前なら立ち入れなかったキッチンや洗面所もフリーで闊歩している茶トラーズ。
八朔と暮らし始めた頃は、仔猫の大胆さで何にでも興味を示し突撃してしまう為、危険だと思われる場所には防護柵を設置していました。
アッと言う間に、その柵は飛び越えられる様になったのですが…


柵がある=行ってはいけない場所


と認識してくれた八朔は、勝手にその柵を越える事はしない、とっても良い子でした。


ところが、小夏様は、そんな事ぁ知ったこっちゃない(^^;
そりゃそうですよね。
小夏には「いけない」とは教えてはいなかったのですから。


自由に「禁止」とされる場所へ出入りする小夏の姿を見て、八朔は目を丸くしていました(笑)


「かーさん、あれ、いいの?いいの?」


って聞きたそうな顔で振り返っては、かーさんを見る。
それからは、以前の部屋でも全てとは行きませんでしたがフリーになっていました。


今回は間取りの事もあって、どうしようもないと言う事情もあります。
危険だと思われるものは、なるべく片付ける様にして、後は気長に「これは危ないからダメ!」と覚えてもらうしかないと思っています。


キッチンのシンクに入りたい八朔(^^;
おかげで、かーさんは常にシンク内を綺麗にしておくと言う宿題を貰いました(笑)
料理や洗い物が終われば、すぐさまシンクをチェックし、洗剤が残っていないかどうかを確認します。


調理台やガスコンロが気になる小夏。。。
勿論調理中は、側に来てはいけないと教えました。
使った後は、これまたすぐさまコンロを綺麗に拭き上げて、油分や水分が残っていないようにしておく…


。。。何だか、これを続けていると何時も綺麗でいられるぢゃん(^^;


茶トラーズって…ある意味お姑さんのお小言より効果あるわ(笑)
(これは単なる例えです!別にかーさん嫁いびりされた訳じゃないっす!…と言うか、大人しくいびられるタマでもない 笑)



CIMG10920.jpg
「小夏様ご使用直後を激写 笑」


こうして徐々に新しい生活の約束事が出来ていきます。
茶トラーズと、とーさんとかーさんの小さな新しい暮らしです。


互いが安心して心地よく過ごせる様に…
二人と二匹が、ここでの暮らしを楽しめるように…


これは小さな家族の「幸せのルール」だったりします。


独り言
押し入れの中には、未だ未開封のダンボールが一杯…
これ、どうするべ…(^^;

Fc2カウンターが変!深夜にチェックした時に既にカウンターが200を超えていたのに…
今朝10時過ぎに見たら、「0」(^^;
おぃおぃ…その時間にゼロって…どうなってんですかぁ~~!



CIMG10917.jpg


【追記】
いつも八朔と小夏を可愛がって下さる、「八朔まみれ」の常連様のお家の愛猫さんが
昨年の暮れに吐血し、何とか頑張ってくれていたものの、7日にそっとお空へ旅立ったと先程お伺いしました。
最後まで甘えて「大好きだよ!」と懸命に伝えてくれたそうです…
ゴルちゃん…良い子だったね…よく頑張ったね…
泣虫ママの事が心配だろうけど、お空からはなちゃんとだいちちゃん共々、ママの事も見守ってあげてね!
生まれてくれてありがとう…
一緒に暮らしてくれてありがとう…
ママは勿論だけど、かーさんも君を決して忘れないよ!
ゆっくり休んで下さいね…ゴルちゃん…
きっと、また会いましょう!

猫神様…どうぞどうぞゴルちゃんをよろしくお願い致します!







いつも応援有難うございます♪

侵略希望



CIMG10922.jpg
「猫様タワー設置!早速ミニョ~ンと八朔のチェックです」



多忙なとーさんが、なかなか手を付けられずにいた猫タワー、引っ越し5日目にしてニューバージョンで完成致しました。
…と、言っても向きが変わっただけですが…(笑)


以前とは逆向きに設置されたタワーに、早速「チェック大魔王八朔」がお仕事に出張ってきました。
まずはスンスンと匂いを嗅ぎまくって…(ほぼ君達の匂いだと思うけどなぁ…)
一段一段しっかり隅々まで確認した後、そこからの眺めを堪能されておられました(笑)


「こなちゅ~大丈夫だよ~♪」


と、八朔が言ったのかどうかは定かではありませんが、八朔の一通りのチェックが済むと、おもむろに小夏様の登場です。


恐ろしく親馬鹿目線ではありますが、何か新しい事があると、必ず八朔が先にやってきて安全を確認している気がします。
その姿は、まさしく


「ボクは男の子だからね!このお家はボクが守るんです!」


と言わんばかりに、かーさんには見えてしまいます。


小夏は、その後から優雅に登場(笑)
我が家の女王様らしい態度です。



CIMG10939.jpg
「小夏も参戦♪」 左小夏、右八朔



これで和室の方のダンボール箱がやっと片付けられる…


と、思ったかーさん…甘かったです(--;
見える角度が若干違う為なのか、茶トラーズは相変わらずダンボールもご愛用中。


「これはこれで要りますよ」


と宣言されてしまいました。


…えっとぉ…これ、このまま?
かーさん、チェストを開ける度に毎回箱を、ドッコラショって移動させるの?
そろそろダンボール箱の回収をお願いしようと思っていたんですけどぉ…置いておけってか?(T_T)


兄妹が揃って「当たり前です!」ってな顔をしております。。。


。。。侵略されてます!。。。


ガッツリと猫様に侵略されている気がします!


あれもこれも全て茶トラーズ優先です。
気が付けば、「猫様御用達」のスタンプが押された品物の多い事(^^;
しかも、それは多くの場合、一番良い場所にあったりします。


八朔がやって来てから知らず知らずのうちに増え続けた、それらのモノ達は、今回引っ越しと言う騒動の中ではっきりとその存在を公にした様です。
もしかしたらそうかもしれないなぁ…なんて思って居た事が露わになった(笑)



CIMG10950.jpg
「小夏のチェック♪」



最も…目に見えない部分での侵略はもっと進んでいると思われます。


八朔に出会う前のかーさんと、今のかーさんでは大違い!
猫様度数で言えば、天井知らずです(笑)


しかもですよ!
それって、今後益々増加しそうな勢いです。



座っているかーさんの膝に飛び乗ってくる八朔は、どんな不安定な格好になっても一向に気にしません。
八朔は信じてくれているのです…


「かーさんは必ずちゃんと受け止めてくれる」って。。。


一ミリの疑いも持たずに、全ての体重を預けてくる。


小夏も同じです。
八朔ほどのお膝猫ではありませんが、小夏もそっと寄り添って来ては、かーさんに体の重みを預けてくれるのです。


それは確かな命の重みであり、愛しさの重みでもあります。
体全身を使って訴えかけてくる、茶トラーズの思いなのです。


信じてるよ!


そう言って貰えている気がします。


そんな兄妹が愛しくて愛しくて…
かーさんの体中が叫びだしたくなってしまいます。


もっともっと…もっともっと…侵略希望です!



CIMG10954.jpg
「最上段でニッコリ満足八朔♪」






いつも応援有難うございます♪

君子豹変す

CIMG10967.jpg
「ダンボールタワーをわざと崩して、中に籠る茶トラーズ」 左小夏、右八朔


昨夜遅い時間の事です。
何やら不穏な動きをする小夏様…


空になったダンボール箱を積み上げてあった「ダンボールタワー」の二段目辺りに頭突きをかましております!


「ゴツン!ゴツン!」


ずらしたダンボールに、最後は体当たり!
見事に「タワー崩し」成功です(--;


小夏…猫のダルマ落とし競技があったら優勝できます!


倒したダンボールの中に籠って、ドヤ顔をしていたら、そこに頭の上にお花を咲かせた八朔も嬉しそうに乱入(^^;
しかし!
小夏にパンチをくらって、すごすごと退散(笑)


「ここはアタシが作ったの!」


小夏様、所有権を主張し、まんまと独占致しました。
追い出された八朔は、かーさんの所へやってきて告げ口です(笑)


「かーさん、こなちゅが意地悪するですぅ~~」

はいはい…はっちゃん文句言わずに、かーさんと一緒にネンネしようね(^^;


その後は、深夜の部屋に響き渡る、カスタマイズの音……


ガリッ!ペッ!ゴリン!ペッ!


こなちゅ~~!ちぃとは手加減してくれ~~(T_T)


CIMG10964.jpg
「小夏様作ダンボールアート」


昨年の年末、色々な事があって引っ越しを決意した頃から、小夏は目に見えて変化しました。
かーさん達の心境が影響したのかどうかは解りません…
解りませんが、どこか連動している気がして仕方が無いのです。


まずは、本当に素直に甘える様になりました。
それまでは、じっと観察してからしか動かなかった小夏が、目が合うと間髪を入れずにすり寄って来る様になったのです。
常に、かーさんの側に居る様になった事もこの頃からだったと思います。


そして、小夏はよく「お喋り」する様にもなりました。


お喋りと言えば八朔の代名詞。
八朔のお喋りは、本気で「喋って」います(笑)
恐ろしく豊富なイントネーションを使い分けて、絶対に通じているはずだと疑わずに喋って伝えようとします。
合いの手だって見事です!
ずっと「会話」ができます(笑)


小夏は、八朔と違って無駄にはお喋りしたりはしません。
ただし、目が合うと「んぁ♪」と可愛くアピール。


「こなちゅ~」


と、呼ぶと、何処に居ても可愛い声でお返事しながら姿を見せてくれます。
そして


「呼びましたか?かーさん」


と言わんばかりに足元でスリスリゴッチン♪



小夏は、まるで引っ越しとそれに伴うドタバタを感知したかの様に
「小夏も居ます!ここに居ますからね」
とアピールしている様に思えました。



CIMG10960.jpg
「PC椅子に狸出現!」小夏です



思えば小夏は、とても勘の良い子でした。


我が家に来てくれる事になった時も、masatosiさんときなこちゃんにちゃんと最後のご挨拶をしたと言います。
頼りないお兄ちゃんの世話をしに行くからね…
今まで有難う…って、ずっと寄り添っていたそうです。


そして、我が家にやって来てからは、あれ程お外へ行きたいと言っていたらしい小夏が、ピタッとその要求を鎮めました。
一度とーさんのお間抜けで、脱走してしまった事はありましたが、その後はベランダにすら出ようとはしません。
masatosiさんのお宅では、お昼の間は、どうしてもお外へ行くと言って聞かなかった小夏なのに…


やはり…あの頃の小夏は、お社に八朔の姿を探しに出かけていたとしか思えません。


この部屋に越してきてからも、小夏も八朔も、お外は眺めるものだと思ってくれている様です。
勿論、気を抜いて脱走させてしまっては大変ですので、気は付けていますが…
窓を開けて一緒に外を眺めることはあっても、そのまま出たいと言う事は全くないのです。


小夏を見ていると、猫さんとは不思議な力を秘めている様な気がしてなりません。


これから起こるであろうことを、何かしら予知している…
そして、その為に今自分が為すべきことを理解している。


病院へ一泊のお泊り保育に出掛けた時も、あれ程に鳴いていたのは、もしかしたら…


「かーさん!ずっと一緒だって言ったじゃない!」

って、文句を言っていたのかな…なんて思ったりもして…


CIMG10963.jpg
「上手に潜り込めました 笑」



仕事から帰宅したとーさんが、茶トラーズに「ただいま!」の挨拶をして回ります。


「ただいま!はっちゃく!良い子にしてたか?」

八朔は嬉しそうに目を細めて、とーさんの手にゴッチン♪


「ただいま!こなちゅ!今日も可愛いね」


。。。小夏、無言でとーさんを見上げています。。。
とーさんが、小夏がお返事してくれん…と愚痴ったら、途端にテテテテテ…と寄って来て足元にスリスリ♪


当然とーさんデロデロ(笑)

小夏ってば、オヤヂの転がし方をよくご存知です!



引越しから1週間…
八朔も小夏も、そして人間2匹も、何となく新しい暮らしのペースが掴めて参りました。
互いがより「無くてはならぬもの」として…


無邪気な顔で悪戯して得意げな表情を見せる小夏も…
相変わらず、何が何でもかーさんの膝を死守!の八朔も…


昨日とは少しづつ違った明日を、共に歩きます。



CIMG10958.jpg
「かーさんの膝は何時でも満員御礼です♪」八朔


少し落ち着いて参りましたので、コメント欄をオープンさせて頂こうと思います。
長い間我儘を申しまして…(^^;
サクッとスルーも勿論OKでございます~♪







いつも応援有難うございます♪

旅路


     知らない街を歩いてみたい
           どこか遠くへ行きたい




本日は初っ端から、懐かしい歌のフレーズです。


寒さも厳しいこの時期、年明けの疲れも溜まって、あぁ~のんびりしたいーー!
と、思っておられる方も多いかと思います。


TVでは旅情を誘う「旅番組」がバンバン放映され…


「温泉ーーーーーっ!」

と、叫んでいるのは、きっとかーさんだけではないはず(笑)


この時期は、海産物の旬!
カニーーーっ!牡蠣ーーーーーっ!鮟鱇ーーーぉ!
あぁ…クエが食べたい!ブリだって呼んでるぜぇ!



口が小市民な、とーさんかーさんは、青背のお魚が大好物です。
鯖やイワシ、鯵には目がありません。
高級な鯛を食べるより、新鮮な青背!


CIMG10914.jpg
「ボクはマグロがいいです!」膝の上からちゃっかりアピールの八朔。


八朔がやって来るまでは、とーさんと思いつくままにあちこちを旅しました。
それこそ、徹夜明けで、三浦の松輪のサバ!と走ってみたり…
大好きな温泉も、年に数度は出掛けていました。


今、旅番組を観ていると、「あぁ、ここ行ったね」って言う事が多かったりします。
何だか懐かしい気分で二人で話してみたりもして…


ただし…「また来ようね!」の約束は守れそうにありません。


今思えば、何かに背中を押されるように二人で出歩いていた気がします。
忙しい仕事の合間を縫っての強行軍も数多経験しました。
あれはきっと…


「その時期だったからこそ」


だったのではないかと…そんな風にも思うのです。


乗り鉄みたいな旅もしました…
ひたすら食い気に走った旅もしました…
山奥の秘湯も、新蕎麦を求める旅もしました…


沢山の「ご馳走様」と弾ける笑顔。
とーさんとの旅は何時もそれに満ち溢れていたのです。


CIMG10984.jpg
「本日の 小狸は洗面所に出現!」小夏です。



あの頃のかーさん達は、その後始まる茶トラーズとの暮らしを、これっぽっちも予感などしていなかったのに…
結果として、それは茶トラーズをお迎えする為の儀式だったのかもしれないと、今は思います。


恐らく八朔と小夏は、一泊程度の旅行であれば上手にお留守番が出来ると思われます。
一匹だけでお留守番をお願いするよりも、兄妹であればずっと安心です。


かーさんくらいの年代になれば、嬉しい旅ばかりではなく、お別れを言う為に訪れなければならない事も多くなるでしょう。
いざと言う時は、ペットシッターさんも考えてはいます。
(病院に預けるのは、先日の有様で少し躊躇します (^^;)


本当に出掛けなければならない時以外…
かーさんも、とーさんもこの子達を置いて出掛けたいとは微塵も思わなくなりました。
旅の楽しさも開放感も、全て理解した上で、今はその時期ではないと考えるのです。


不思議なものですよね。


旅は呼ばれるようにするものだって感じるのです。


「ほら、今だよ!おいで~!」


その声が聞こえる時期には、どんどん出掛けるのが吉!
誘われる事もあるでしょう。
自分で企画する事もあるでしょう。
その時期にしか味わえない醍醐味を五感一杯で感じてくればいいのだと思います。


CIMG10973.jpg
「オチリ~ズ♪」 手前小夏 奥八朔



よく人生を旅路に例えたりしますよね?


そう言う意味では、かーさん達の旅路は、もう折り返しもとっくに過ぎた終焉へと向かう旅路です。
今はもうあちこちを歩くよりも、自分の足元を確かめながら穏やかに暮らす事をよしとする様になりました。
何処かに出掛けなければ、楽しみを見つけられないと言う事もなくなったのです。


旅の一番の嬉しさは「帰る場所がある」事ではないかと、かーさんは思います。


小さくても、そこは我が家。
待ってくれているモノが居て、安心する匂いがする。。。


とーさんと歩んできた道は、とっても凹凸凹です(笑)←凸凹よりも凹が多い!
文字通り手を携えて支え合って来ました。
茶トラーズをお預かりした事で、その暮らしは大きく変わりはしましたが、二人の基本は今も何ら変わる事はありません。


毎日仕事に出掛けるとーさんに掛ける「行ってらっしゃい!気を付けてね」の言葉。


そして…「おかえりなさい!」


とーさんが安心して戻ってこられる場所を築くのが、かーさんの仕事です。
そこには八朔が居て、小夏が居て…
贅沢ではないものの心づくしの料理が並び…
偉そうな態度のかーさんがどっかりと座ってる(笑)


幸せとは、それを感じる心にある…


ならば、かーさんは胸を張って言えます。


私達は今、とても幸せです!



CIMG10980.jpg
「新しい見張り台です」手前小夏 奥八朔



本日週末の「かーさんの好き勝手デー」ではありますが、昨日やっと開けたばかりですのでコメント欄はオープンにしておきますね。
週末でご多忙の事と思いますので、どうぞお気遣いなくスルーの方向で~♪







いつも応援有難うございます♪

マホウ ノ コトバ




      不安が押し寄せて 胸騒ぎすら覚えるとき



      哀しみが波の様にヒタヒタと打ち寄せる時



      明日が見えなくて ジリジリと焦燥感だけに焼かれる時




      私は何時だって唱えてきた



      己が腕で己を抱いて 唱えてきた






      支え合う手が得られた時


      それは互いの為に唱えられ始め


      手を握り合って励まし合いながら唱えあった





      そして…それは今…


      君達への「おまじない」





      不安な時も ちょっぴり悲しい時も


      驚きに飛びあがる時も…


      悪戯をして 首をすくめている時にだって唱えてあげる





        「大丈夫!大丈夫!」



      それは「マホウ ノ コトバ」


      君達が落ち着きを取り戻すまで…腕で抱いてユラユラと唱えましょう


      荒かった呼吸が、やがて眠りの世界へ変わっていくまで…





       「大丈夫だよ…ここに居るよ…」





CIMG10746.jpg
左小夏 右八朔

「かーさんの好き勝手デー」本日は随想ですので、流石にコメント欄はクローズさせて頂きますね♪








いつも応援有難うございます♪

とーさんの優先順位



CIMG10986_edited.jpg
「コタツの中の茶トラーズ。生贄はかーさんの足 (^^;」 左八朔 右小夏


怒涛の引っ越しから、早10日を数えます。
新しい部屋にも馴染んで来たとは言え、以前の場所には7年近く住んでいたのですから、何かと勝手の違いに戸惑ってばかり。


フト無意識に、以前の部屋の位置取りで動いてしまったりする事は呆れる程多いです(笑)


お風呂に入れば、シャワーの位置。
キッチンでは、蛇口のレバー。
壁際の照明のスイッチ…



慣れと言うのは恐ろしいものです(^^;


あ…ここに棚が欲しいな…
ここには蓋みたいなものがあるといいなぁ…
日々の暮らしの中で、かーさん少しづつ思い始めました。


それを逐一とーさんに報告して、後はとーさんの動き待ちです。



CIMG10945.jpg
「八朔、オモチャ発見とばかりに遊びだしたのは…消臭剤 笑」



先日も書かせて頂いた通り、うちのとーさん何でも熟考してしか動かないお方です。
ご本人の優先順位も、ちと不思議(笑)


かーさん的には、パントリーの中に棚を設えて頂けるのが一番なのですが…
(今度のパントリーは狭くてモノが溢れます!)
どうやら、とーさんの思う「一番」は違っていた様です。


昨日、帰宅したとーさんの腕には、段ボール箱。。。


「そりゃ何ぢゃい?」

とーさん、満面の笑みでお答えになられました!


「ウォシュレット!」

。。。そう…今回のお部屋のトイレは暖房便座だけでウォッシュ機能が付いていなかったのです。



もう一度言います!慣れとは恐ろしいものです!


日本を訪れた外国の方が、よく持って帰りたいと仰ると言う、我が国が誇る快適トイレ。
これを一度使うと、無いと非常に不便であり不快でもある(^^;


尾籠なお話しで申し訳ないのですが…
実はかーさん、引っ越しのドタバタで、とっても「出ない子」になってしまいました(^^;
それを身近で見ていたとーさん、何が何でもウォシュレットは必要だと思ったらしい(笑)


こう書くと、又しても「おぉーー!とーさん優しい~!」と、ヤツの評価が上がりそうですが…
その実、とーさんもウォシュレットの無い生活に首を捻っていたそうな(笑)


CIMG10971.jpg
「オチリは綺麗にするのがいいです!ボクはいつも綺麗です」 八朔膝の上より主張(笑)


そこでテコテコとホームセンターに出向き、同じメーカーのものを仕入れて来たと言う訳です。
設置作業は「ご本人」
何でも自分でやりたいとーさん病は、ここでも発揮されます。


そう言えば、それに先駆けて使い勝手の悪かったシャワーの取り換えもしてくれたなぁ…


。。。って、全部水回りやん!(笑)

かーさんの要望はいつ叶うかは神のみぞ知る。。。


こうして我が家の快適空間は守られました!
きっとそのうち、かーさんにとっての快適キッチンも実現するでしょう!←公開おねだり(笑)


CIMG10947.jpg
「とーさん、早くしないとアタシが血ぃ吸うじょー!」久々の小夏様悪顔(笑)








いつも応援有難うございます♪

小夏の新技習得♪



CIMG11040.jpg
「朝日の中の茶トラーズ 優しく毛繕い…と思いきや…」 左八朔 右小夏


関東地方、本日は麗らかに晴れ上がりました♪
茶トラーズも朝日の中、片付けさせては貰えない「ダンボールタワー」の上で、お日様を満喫。
(どうやら朝はダンボールタワー、夜は猫タワーにしたらしい…)


気持ち良さそうに兄妹で目を細めていたかと思うと、互いに毛繕い…
うんうん…いいんでないのぉ~(*^^*)


と、かーさん目を細めておりましたら、おもむろに始まりました。。。バトル(^^;
どうも、八朔が押さえつけて小夏を毛繕いしたのが発端らしい。


そうなると黙っちゃいないのが小夏様!


「はちゃく!しつこい!」


とばかりに、猫パンチが飛び出します(笑)



CIMG11038.jpg
「八朔、押さえつけての無理やり毛繕い (^^;」



近頃の茶トラーズは、以前の様に、いつも小夏の勝利に終わる訳ではないようです。
八朔、その身体の大きさを存分に活かしての押さえつけ作戦が功を奏して、小夏が辟易して逃げ出す事もままある…


そんな時、一旦は退散する小夏ですが…
そこはそれ、小夏様です!
その場で、もしくは3歩歩けば忘れる八朔とは違って、しっかり覚えているらしい。。。


先日は、トイレを済ませて出て来る瞬間の八朔を強襲し、上から見事な猫パンチを食らわせてドヤ顔をしておりました(笑)


殴られた八朔はと言うと、流石に脳内に春爛漫のお花畑を持つ漢!


「わぁ~い!小夏が遊ぼうって言ってるんだぁ~♪」


と、嬉しそうに追いかけっこが始まりました(笑)


以前の部屋よりも、ほんの少しだけ広くなった兄妹の動線を目一杯使っての運動会です。
。。。微妙に登れる場所が増えたせいで、運動量が増えている気も。。。♪


何にせよ、茶トラーズは相変わらず元気で仲良し(?)です!


小夏様「江戸の敵は長崎で討つ!」を習得致しました( *´艸`)



CIMG11034.jpg
「お~のれぇ~~はっちゃく!」 小夏の怒りのゲージが急上昇(^^; 顔が怖いっての!



さて、そんな微笑ましい(?)茶トラーズは、さて置き…


昨日、好天に誘われて、とーさんと二人でちょっとばかしサイクリングをしてみました。
まだ、全く土地勘もなく、付近に何があるのかも知らないかーさん…
走って行くと、何もかもが目新しくて何だか嬉しくなりました♪


一方とーさんは、ググりまくって付近を調べ、あそこにはあれがあって、こっちにはこれがある!と実によく知っています。
そんなとーさんが、フト漏らした言葉…


「3キロ程行くと、ここにも業務用スーパーがあるみたいだよ」


はい!かーさん、その言葉にすぐ乗りました!
で、付近探索のついでに、足を延ばす事に。


…うん…きっと直線距離だと3キロだね…(--;
遠くはない…遠くはないが…


何ぢゃーーーっ!このアップダウンはぁーーー!


元々がチャリンコライダーのとーさんは涼しい顔をしてスイスイ。。。
片や、かーさんは青息吐息…


太腿にしっかり乳酸が貯まるのを実感できる素敵な時間を過ごさせて頂きました(T_T)



CIMG11015.jpg
「昨夜の小夏様のダンボールアート(^^;今日も派手に崩しました」



ともあれ、知らない場所を歩くのって、何だかワクワクしてしまいますね♪
自転車の進むスピードですので、周りを見渡す余裕もあって、足は疲れたものの、かーさんとっても楽しかったです。


これから春になって気候が良くなったら、とーさんと二人、また色々な場所を歩いたり自転車で走ったりしてみようと思います。
まだ見慣れない地名や、建物が、しっかり覚えられる頃には、きっと我が家のこの街での暮らしも馴染んでいる事でしょう。



そうそう…実は昨日出かけようとしたら、かーさんの自転車のタイヤの空気が無くなっている事を発見!
ひょぇぇぇーー!パンク?パンクなの?
と、叫ぶかーさんを尻目に…
とーさんお部屋に「自転車修理用品」を取りに戻り、アッと言う間に直してくれました(^^;
曰く「空気を入れるムシの部分の劣化」だそうな。。。


それを一目で解るのも凄いですが…
その替えの部品がちゃんとあるって事に驚き(@@;


とーさん伊達にチャリンコライダーを長年やってませんねぇ…


勿論ちゃんとお礼も言いましたし、褒めもしました!


「とーさんって…たま~に尊敬するわ…」と(笑)



CIMG11013.jpg
「ちゃっかりダンボールの中には真ん丸目の八朔でした♪」








いつも応援有難うございます♪

それぞれの速度



CIMG11045.jpg
「はっちゃく!今日はしつこくしないでね!」「…はいです…こなちゅ…」左八朔、右小夏


連日の日差し一杯デー。
茶トラーズは、やっぱりダンボールタワーに集合致します。
猫にお日様って、本当によく似合いますよね~♪
我が家の茶トラーズは、その毛色もあって黄金色に輝きます(*^^*)


未だに、「やっぱりこれはこっちに向けて」などと、家具や家電の配置を移動中の我が家…
昨夜は、キッチンの冷蔵庫の向きを変えて貰いました。
動いて見て、初めて解る不便さや使い勝手の悪さってあるもんです(^^;


何かを動かす度に、目を輝かすのが八朔君!


冷蔵庫の向きを替えただけなのに、早速やって来て上に飛び乗ります。
そして…何故かやる気満々!
昨夜は、ちょっと頑張れば届くかもしれない…と言う、キッチンのペンダントの紐が気になって仕方が無い。。。


冷蔵庫の上から飛びつこうと、目を爛々と輝かせ、低い態勢で「んぁ~ぉ!」とやるぜ宣言!(^^;

いや…八朔?
そこから飛んで、どうするの?


危険だと判断し、とーさんがとっとと紐を外しておきました(笑)


最近の八朔は、特に「ギリギリへのチャレンジ」を試みます。
とっても頑張って上手く行けば届くかもしれない場所やモノをターゲットにしては一人で興奮。
気力体力充実しまくり!(笑)


「やってやるぜ~!」


精神に突き動かされている様です。



CIMG11019.jpg
「はっちゃくってば…ホントお子ちゃま。アタシは日向ぼっこがいいわ」 小夏様


お蔭様で、冷蔵庫のドアーに付けていたキッチンペーパーは、もっと八朔の手の届かない場所へと移動。
それ以外も、これは危ないな…と思われるものは、どんどん上へ上へと移動を余儀なくされております。


…かーさん身長が高くて良かったと思います(--;……


八朔、小夏、只今1歳と10か月。
成猫の仲間入りをしたばかりの若猫盛り!


体中に漲る力を持て余しているかの様に、次々と新しいチャレンジに挑むその姿は、頼もしくもあり…悩みでもあり(笑)


狭い空間で生きる兄妹ですので、出来る限りの運動をさせてはあげたい…
危険だと思われる事以外は、なるべくこの子達が好きな様に走り回れるようにと思います。
そうなると…
そのうち、かーさん毎日背伸びしつつ家事しなきゃいけなくなりそう。。。(笑)


CIMG11021.jpg
「かーさん、ボクはやってやるです!」 八朔



昨日の自転車のお話しに、思いの外沢山のコメントを有難うございます(笑)


コメントのお返事には幾つか書かせて頂いたのですが…
実は、うちのとーさん子供の頃からの筋金入りのチャリダーです。
元々が、都内の生まれ育ちのとーさん。
移動は車より自転車が便利だと、ずーっと自転車族。


一方かーさんは、関東に来るまでは、車が必須の社会で暮らしておりました。
玄関を出れば車!(笑)
家には免許を持っている人数分の台数の車がありました。
その頃は、車が4台にバイクが2台(^^;


かーさんが、関東に来て驚いたのは「都会の方ってよく歩くんだ!」って事でもありました。
住宅情報雑誌に、「駅から何分」って必ず書かれているのも、正直ピンと来てなかったりして…


以前のマンションは、とても便利な場所にあり、スーパーまで徒歩2分、コンビニまで1分。
付近には、ドラッグストアーや外食する場所も一杯ありました。
駅までも徒歩10分足らず…
以前のかーさんの職場まで自転車で10分(笑)


全くもって車を所有しようとは思えませんでした。
車が必要なのは、年に1度か2度…
ならば、その時にレンタカーの方が、維持費を考えてもお得だな…と♪


新しい部屋は、以前に比べると全てが遠いです。
それでも、自転車で走れる距離でしかない。
そうなると…車どうかなぁ…と思ってしまいます。


きっと、もう少し体が動かなくなったりすれば考えるのかなぁ…などと思ってもいます。



CIMG11011.jpg
「荷物が届いたら、早速その箱にウニ玉を持って籠る小夏」


かーさん、自転車に乗るのは高校生時代以来でした!
正直、最初は「おっ!おっ!おおぉーーっ!」でした(^^;
でも、凄いもんです!ちゃんと体が覚えていました(笑)


特に春先や、秋の小春日和の中を自転車で走るのはとっても気持ちがいいものです♪
車で走るのとは違った、自分にあったスピードで走ってると、周りの景色や風を感じられます。


素敵に整えられたお庭を拝見し…
川沿いを風を感じながら走り…
見知らぬ路地に入ってみたり…



以前、車でしか暮らせなかった頃は、きっとそれが必要な時期だったのだと思うのです。
あれもしなきゃ!これもしなきゃ!
あぁ!時間が足りない!
そう何時も焦っていました。


今…かーさんには自転車のスピードが丁度いい。。。


きっとね…あと何年かすると、それよりも遅い、自分の足で歩くスピードを心地よく感じるのかもしれません。


かーさんの人生を流れる速度は、こうして変化してきました。
今、そんなかーさんの横には、気遣って同じ速度で走ってくれるとーさんが伴走してくれています。
坂道になると、横からそっと手で背中を押してくれる…
(それでもキツクて降りたけど  笑)

ゆっくり行こうね…
でも、ずっと一緒に行こうね…



ペダルを漕ぐ度に、そう言葉を掛けあっている様な…そんな時間が大好きです。



CIMG11027.jpg
左八朔、右小夏







いつも応援有難うございます♪

有難うの花束  200000アクセス!



小夏お礼20万



2年前の8月8日。
思いがけず出会った茶色の仔猫を保護して始まった暮らしでした。
その様子を残しておきたくて、右も左も解らぬまま飛び込んだブログの世界です。


丁度1年前、かーさんは「一万アクセス」を喜び一杯でご報告させて頂きました。
それは、ブログを開設して丁度5か月目の事…


訳も解らぬままで取り敢えず毎日綴って来たブログは、それでも少しづつ訪れて下さる方が増え始め、コメントも頂戴できる様になっていました。


そして、ご存知の様に、小夏を見つけ我が家に迎えるまでの怒涛の日々を送る頃…
恐ろしい勢いで、この「八朔まみれ」と言うブログの観覧数が増え続けたのです。
ねずみ算式でもこうはいくまいと言う、倍々の増加の日々でした。


PCの画面の向こう側から届く、皆様のお気持ちがヒシヒシと感じられる、濃厚な期間だったと思います。


一緒に悩み、一緒に泣いて…
共に喜んで下さった。



かーさん達は、この観覧数やランキングの上昇を「小夏景気」と呼んでおりました(^^;


不思議なご縁に導かれた茶トラの兄妹が一緒に暮らせるまでの日々は、かーさんにとっても信じられない奇跡の連鎖でした。
一緒に感じて下さった皆様も、きっと同じように思われた事と思います。


それでも、どこかで思っていました。。。


こんな事がずっと続く訳はない…と。



八朔お礼20万
「そうだよ~八朔!凄いね!嬉しいね!」


ところが…爆発的ではないものの、その後も足をお運び下さる方は居なくなったりはしなかったのです。



昨年の夏、八朔を保護した日から、ブログ開設一周年までの15日間、ご覧頂いている皆様にも参加を呼び掛けてのお祭りを開催致しました。


「一緒に遊んで下さい!」


との呼びかけに、本当に沢山の皆様にご参加頂け、グダグダのヨレヨレになりながらもとっても楽しい15日間を走り抜けさせて頂きもしました。


そして、その少し前…
7月の29日には、何と10万アクセスを突破した事をご報告もさせて頂ける事になったのです。


1万アクセスから、丁度半年でした…
この数字を見ても、いかに爆発的な観覧数だったかがご理解頂けると思います。


あの日から、また丁度半年が経過した今日。。。


「八朔まみれ」はお蔭様で20万アクセスを突破致しました!


ブログを開設させて頂いてから、1年と5か月目の事になります。


先日から、とーさんと話していました。
20万って…想像できなかったよね…って。


FC2のこのカウンターは、ユニークアクセス。
つまり、同じアカウントは一日で一回としかカウントされません。
ですから、掛け値なしの20万なのです。
(ブログの一番上にあるアクセスカウンターの数字は、ページビューになります)


CIMG11024.jpg
「ボク達もとっても嬉しいです!何時も本当に有難うです!」左八朔 右小夏



何の取柄もないオバサンが綴る、普通の茶トラの日常です。
それを、こんなにも御支持頂ける事を、かーさんは決して普通の当たり前の事だとは思っていません。


愚直に毎日続けてきた事。
そして、何よりも、この奇跡の兄妹あっての事と心から思います。


今、穏やかに寄り添う、八朔と小夏は、本当に沢山の優しさとご厚意に支えられてここに居ます。
それを一番身近で、見ていられるかーさんは、本当に幸せ者です!


毒吐きかーさんが出てきたり…
公開のお惚気が出てきたり…(^^;
相変わらず、かーさんの書くブログは、あっちこっちへ飛びまくっています。


ただ一つだけ…


偽らず、誇示せず…ひたすら愚直に有りのままを。。。


世の中の片隅に、こんな熟年のバカップルが居て、猫にまみれています…と。
それだけを綴って行きたいと思っています。


20万回の有難うを、大きな花束にしてお一人お一人に…


本当に有難うございます!
そして、よろしければ、これからもお付き合いを頂けると嬉しいです!


おまけ
とーさんがボソッと言いました。
「839572」には、一大イベントやる?って…(はっさくこなつ…らしい 笑)
物凄~~く先の話しです!(--;
かーさん、それまで生きてるのか?(^^;



CIMG10795.jpg







いつも応援有難うございます♪

匂った?



昨日分の更新記事「20万アクセス」に、本当に沢山のお祝いのメッセージを有難うございました!
頂戴したコメントにお返事を書かせて頂きながら、かーさん改めて、こうして支えて頂いて来たんだなぁ…としみじみしてしまいました。


武田鉄矢さんの歌じゃないですが…



「思えば遠くへ来たもんだ」


の心境です(笑)


たった1年5か月前の事なのに、八朔がやって来てからと言うもの、それ以前とは全く変わってしまったと、事ある毎に感じさせられます。
紀元前と、紀元後くらいの差です(笑)
って事は、八朔は我が家にとって、恐れ多くもあのお方と肩を並べる?(^^;


ともあれ、かーさんはこの茶トラーズへのダダ漏れを隠すことなく、これからも歩んで行く所存にございます。
呆れつつ、苦笑いしつつも、末永いお付き合いを頂戴できます様、改めてお願い申し上げますm(__)m



CIMG11051.jpg
「兄妹揃っての、ミニョ~ン♪ 」左八朔、右小夏


さて…その茶トラーズの様子ですが…


余りの好天でしたので、通路側にあるキッチン横の小窓を開けて、風を部屋の中に招き入れようとしてみたのです。
思った通り、少し冷たいですが、とても爽やかな風が部屋を通り抜けて行きました♪


そうなると、黙っちゃいないのが茶トラーズ!


小窓の所へ揃ってお出ましになり、精一杯体を伸ばして外を覗います。


…君達の体ってよく伸びるのね…(^^;


しかも、かなりのおっかなびっくり!
良く見ると、兄妹揃って尻尾はしっかり股の間に挟み込んでおります(笑)
。。。ビビっとるやん!


ちょっと怖い…でも…興味ある!
そんな心境が手に取る様に解る兄妹でした。



CIMG11048.jpg
「八朔を誘うのは…」


小夏がいい加減飽きて、その場を離れても、尚もしつこく監視体制の八朔。
それを見ていた、とーさんが、またしても始めました(--;


わざわざ表に出て、八朔にちょっかい。。。


これ…外から丸見えです(笑)
どんだけアホなんや…
誰かに見られたら、絶対に変なヤツだと思われるに違いありません!


部屋に戻ったとーさんの第一声が


「これってヤラセかなぁ」


いやいやいやいや!
気にするトコそこじゃ~ないだろ!


とーさん本日も、茶トラーズ愛に萌えております(笑)



CIMG11000.jpg
「ギュムッ!とお布団に詰まってる八朔君」


過保護っ子でビビりな茶トラーズは、普段外の通路を誰かが通っただけで厳戒態勢になります。
耳をレーダーの様に動かし、髭を前に倒して、すぐさま逃げられるように体勢も低くして構えるのです。


ピンポーン♪
なんぞ鳴ろうものなら、素晴らしいダッシュ力を見せて、最近の避難場所指定であるベッドの布団の中へ。


それなのに、とーさんが通路に出て八朔を構い始めても、八朔は平気な顔です。
とーさんだと認識しているのでしょうね~♪
。。。もしくは…匂う?(笑)


兄妹は、とーさんの帰宅時間も、何だか解っている様です。


玄関で音がすると、ハッと集中しますが…逃げ出す素振りはありません。
内側のドアーを開けて、とーさんが入ってくると、ちゃんとお出迎えだってできます。


ちゃんと「家族」してくれてます!


とーさんは時々居なくなるけど、帰って来る人って解ってる(笑)


今日は、かーさんが「茶トラーズ固め」にあって身動きが取れないままのお出迎えだったのですが…(^^;
それを見たとーさんは、羨ましそう。
でもね、とーさん…八朔も小夏もちゃんととーさんが家族だって知っていて、安心してかーさんの上に居座っていただけなんですよ。


。。。それとも…やっぱり匂った?(笑)


CIMG10957.jpg
「八朔、渾身のごめん寝 笑」


追記。。。 昨日拍手の鍵コメントでお祝いの言葉を下さったY様♪
過去記事も遡って読んで下さっているとの事で、かーさんとっても喜んでおります(*^^*)
どうぞ、次回はご遠慮なくオープンコメントでお気軽に遊びにこられて下さいませね!








いつも応援有難うございます♪
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: