サクラ咲く 浅い春の優しい喧噪




卯月を迎え、やっと春本番の気配がして参りました。
開花宣言から少しばかり時間をかけた満開の声も、月の変わり目を待っていたかのように聞かれ始めましたね。



日本人って本当に桜に特別な愛着を持っていますよね。
ずっと昔には、桜ではなく梅だったと聞きますが、今や「花」と言えば桜!


もう咲くだろうか…
まだ咲き始めないのか…
咲けば咲いたで、何時頃が見頃なのか…



お花見に出掛ける出掛けないにかかわらず、何故かこの時期気に掛かる。


かーさんは絵に描いたような下戸下戸ですので、花見酒にはご縁が無く(笑)
専らブラブラ歩き専門です。
毎年とーさんと一緒に桜を愛でつつ「来年も一緒に」と約束するのが常になりました。



人はある程度の年を経ると、「残りの桜」を数え始めるのだそうです。


。。。あと何度桜を見られるのだろうか…と。


かーさんがいくら能天気でボヘ~~っと生きているからと言って、あと50回もは見られやしない訳で(笑)
そのうち、自分の足でブラブラできるとなると、もっと回数は限られて来るはず。。。
そう思うと、「行っとかなきゃ!」になるのが単純思考(笑)



と、言う訳で本日桜に会いに行って参ります♪


…勿論、茶トラーズにお留守番をお願いしますので、短時間で…(^^;






4月1日1





暮らし始めの頃は、お出掛けなんてとんでもない!
の究極で、かーさん引き篭もり生活もやりました(笑)


でも、お陰様で小夏がやって来てくれた事もあって、兄妹揃ってなら寂しがらずにお留守番だってできる様になってくれた茶トラーズです。
それでもお泊りなんて以ての外(^^;
かーさんが不安で心配過ぎて、とってもムリムリ(><;


ただ、共に暮らすと言う意味に於いては、この先そうも言ってはいられない事も出て来るだろうと思います。



何だかんだ言って、とーさんとは八朔と出会う前にフラフラと出歩き尽くした感もあります(笑)
あっちゃこっちゃと実にマメに遊び歩きました。
少し休みがあれば、ほれ温泉だ、やれ乗り鉄だと…(笑)
お陰様で、今さほど行きたいと思う様な場所もなく、別段我慢しているつもりもなく、至って普通に暮らしております。
そういう意味でも、八朔は全く見事に良い時期に我が家にやって来てくれたとも言えますね。



もしも…遊び以外で、揃って出掛けなければならなくなる事態になれば、その時は……
その期間の長さにもよりますが、この子達を信じてお留守番をお願いする事になるだろうなぁ。。。



茶トラっ子達の、特に八朔の性格を考えると、ペットシッターさんなんて、まず無理っぽい(笑)
筋金入りのビビリ王子です。
見知らぬ方が来られ様モノなら、まず姿は見せずハンストしそうなヤツですので(^^;





4月1日2





後何度とーさんと一緒に桜を眺められるのだろう…
それと同じ様に、後どのくらいの時間がかーさんには許されているのだろう…



何も悲観的になっているのではありません(笑)



人生の後半戦に入ってから出会った、茶色の毛玉達との暮らしは、かーさんにとっては掛け替えのないモノです。
でも、それにだって無限の長さが約束されている訳ではない。
だとしたら、文字通り「一日一日」はとてつもなく大切なのだと思えるのです。


あの時…こうしておけばよかった…


なんて事を、茶トラーズに関してだけはしたくないなぁ…と。
結果それが、日々を大切に生きることに繋がる気もしています。




先日とーさんが、茶トラっ子達の新しいオモチャを仕入れて参りました。
小夏には、先端に羽毛モドキが付いた、追いかけっこに適したモノを。
八朔には、ネズミさんの形が灯る、ポイントマーカーを。。♪




夜な夜なとーさんが遊び大臣を務めているのを、先にベッドに潜り込んでかーさんは背中で聞いています(笑)


ドドドドドドドーーーーっ!  
    あ…八朔があっちに走って行ったな…

テテテテテテテ…♪   
    あ…小夏がクルクル回り始めた…


とっても楽しそうな気配が伝わってきます。
八朔からも小夏からも、まるで鼻歌でも聞こえて来そうな…
「とーさん!とーさん!」と、目を輝かせて見上げる顔が思い浮かぶような…



嬉しいね。
楽しいね。




兄妹が全身から発するそんな気配を感じながら、かーさんは今日も一日無事に過ぎて行く事に限りない安堵と幸福感を覚えます。



桜が潔く散るからこそ愛される様に、命にも限りがあって、だからこそ輝くのかもしれません。
今を盛りに輝く茶色の天使達との日々を、かーさんもまた限りある命の中で精一杯大切にして行きたい。


浅い春の優しい喧噪の気配です…
とても楽し気な気配の中、かーさんは眠りにつきます…





4月1日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


スポンサーサイト



桜(花)送り  もう一人の兄様へ





覚えておいででしょうか…
我が家の小夏には、かーさん達と、もう一方の「お父さん」と、八朔の他にもう一匹の「お兄ちゃん」が居る事を。
3年前の3月、怒涛の半月の日々を走り抜けたかーさん達に届いた、最高の誕生日プレゼントの事を。。。




昨日、お花見散歩から帰宅した時、一通のメールが届いていました。
小夏を「ミコ(お社の猫だから巫女)」ちゃんと呼んで、可愛がって下さっていた、小夏のもう一人のお父さんmasatosiさんからです。



3月31日17時。。。慢性腎不全の為、きなこちゃんがお空へ帰ったとのお知らせでした。。。





昨年の9月の血液検査で発覚した腎不全は、masatosiさんの必死の介護の甲斐なく、きなこちゃんを半年の闘病生活で連れ去ってしまいました。
5年前に瀕死の状態で歩いていたところを、masatosiさんに保護されたきなこちゃんでした。
野良生活が長かったろうに、それでも人間が大好きな優しい子だったそうです。


反面、きなこちゃんは「猫が苦手」だったとか…


そこへ小夏が現れ、最初の頃は威嚇していたそうです。
ところが、小夏はマイペースな仔猫。。。
きなこちゃんは、結局小夏を受け入れてくれ、それは仲良く暮らしてくれたそうです。



かーさん忘れてはおりません。
見失ったと思われた小夏を必死で探していた頃の事…
普段は夜はmasatosiさんのお家で、きなこちゃんと共に休み、お昼になるとお外(お社)へ遊びに行くのが常だった小夏が、ある時期ピタッと外へは出なくなったと言います。
それは丁度、かーさんが小夏との再会を果たすまでの数日間の事でした。


masatosiさんは仰いました。
「ミコは、私ときなこにお別れを告げる為の日々を過ごしてくれた」と。。。


その上、今また仰って下さるのです。
「小夏と過ごした日々、きなこはとても幸せだったと思います」と。


改めて再掲させて頂きます。
masatosiさんのお宅で一緒に穏やかに寛ぐ、きなこちゃんと小夏(ミコちゃん)の姿です。



きなこちゃん小夏2012年1月11日





捕獲した小夏を病院へ搬送して頂いた所、既に避妊手術済みである事を知った時…
かーさん、パニックになりそうでした。


「もしかしたら…この子は何方かの外飼いの猫だった?」


そうだとしたら…きっと帰らない小夏を心配しておられるに違いない!
そんな思いから、翌朝、すぐに保健所に電話をし、事情を説明して登録をお願い致しました。


場所と、小夏の特徴である「シナモンロール尻尾」…
きっと、それで解るのではないかと。


masatosiさんから直接お電話を頂戴したのは、その翌日の事でした。
その対応の速さだけでも、小夏がどれ程可愛がられていたかが窺えました。


その日のうちに我が家にお越し下さったmasatosiさんは、小夏をみるなり「ああ!この子です!」と膝に抱かれ、それは愛しそうに眼を細めて撫でられておられました…
その上、お外に出たがる子だから、とワクチンは5種を接種させて下さっていたとお聞きした時、かーさんはその配慮の深さに胸を撃たれました。


本当に本当に可愛いと思って下さっておられました。


その小夏を……我が家に託して下さった……



masatosiさんは勿論の事、きなこちゃんもどれ程寂しかった事でしょう。。。
それを思うと、今更ながら有難くて泣けて参ります。
かーさん大袈裟ではなく、一日たりとも忘れた事はありません。



あれから…3度目の春です。



また桜が咲きました。
とーさんと二人、丁度その桜を見に行ってきたばかりでした。


きなこちゃんの訃報を聞いた瞬間、かーさん不思議な気持ちが湧き上がって参りました。


。。。桜だ。。。また桜なんだ。。。


すぐさま、とーさんにお願いいたしました。
masatosiさんがお送り下さった、きなこちゃんがお空へ帰ってしまう直前の3時間前に撮られたお写真を、桜の花で覆って欲しいと…


いつもなら白いお花でお見送りするところなのですが…何故かかーさんきなこちゃんは桜だと強く思えたのです。



小夏と再会を果たした際の、お社の桜。
そして今、きなこちゃんを見送る桜。
どちらも、時を待ってくれていたかの様に咲き誇ってくれました。


日本人が愛してやまない桜…
時を違わず、毎年咲き誇る桜…


小夏ときなこちゃんは、そんな桜で繋がった兄妹だったのかもしれません。


かーさんには、また一つ忘れられない桜が増えました。
そしてそれは、この先ずっとずっと…桜が咲く限り、繰り返し思いを咲かせてくれる事と思います。



  きなこちゃん、忘れないよ!


貴方が慈しんでくれた小夏は、大切に大切に見守ります。
どうか、空の上から見ていて下さいね…


最後になりましたが…masatosiさん…
悲しみも癒えぬ中、ご連絡を有難うございました。
お約束通り、ご縁の繋がった、この「八朔まみれ」で、小夏のもう一人の兄様きなこちゃんのお見送りをさせて頂きます。
そして、どうぞmasatosiさんもお忘れにならないで下さいね。
masatosiさんは、小夏のもう一人の「お父さん」である事を。



「八朔まみれ」に足をお運び下さった皆様。
どうか、どうか、今日はかーさん達と一緒に、小夏の兄様きなこちゃんの旅立ちを見送って下さいませ。
桜の花びらに包まれて、柔らかい光の世界へ、痛みも苦しみもない国へ昇って行く、優しい兄様です。




きなこちゃんお見送り














ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪



還りつき生まれ出る場所




昨日の「小夏のもう一人の兄様きなこちゃん」への、沢山のお見送りの言葉、本当に有難うございました。
お一人お一人の温かいお心は、きっと空を行こうとする、きなこちゃんにも届いた事と信じます。



masatosiさんからも、すぐさまメールを頂戴いたしました。
きなこちゃんは、本日のお昼、火葬されるとの事です。
その後沢山のお仲間達と合葬され、きっと寂しくはないだろうとのお言葉でした。


「きちんとされた方だね…」


とーさんがメールを拝見しながら、ポツリと呟きました。


かーさんも同じことを感じます。
小夏の一件の時も、今回も…masatosiさんは、とてもきちんと行動を起こされた。
その「きちん」とした動きに、かーさんはmasatosiさんの情愛を感じ取りました。


5年と言う、まだまだ勿体ない程短い時間でしたが、きなこちゃんはきっとmasatosiさんのそんな愛情を一杯に受けて、穏やかで幸せな日々を送った事と思います。
できるなら…もっともっと一緒に……
そう思わずにはいられませんが、それでも共に過ごした日々も残る思い出の数々も決して色あせる事はありません。


「死」は二度訪れると申します。


一度目は、その命を全うした時。
二度目は、その存在を忘れ去られた時。。。



だとしたら、きなこちゃんに二度目の悲しみは決して訪れはしないでしょう。


かーさんやとーさんの胸に、そして共にお見送り下さった皆様方の胸にも…
何よりもmasatosiさんの心に、しっかりと忘れ去られる事なく生き続けるのですから。



かーさん、膝で寛ぐ小夏に話しかけました。


「小夏…きなこ兄ちゃんがお空へ帰ったよ…これからは空の上から小夏を見守ってくれるって」


小夏は、じっとかーさんを見返して話を聞いてくれました。
何だかね…ちゃんと解ってるよ…と言いたげな表情でした。




4月3日1





昨日、きなこちゃんを包んだ桜の画像は、その日にとーさんが撮った今年の桜でした。
その中で、特に美しい花の画像をと、とーさんが選んだものです。


まるで、この為に撮らせてもらったかの様な……


カメラを構えたとーさんが、それこそ何度も立ち止まりシャッターを押すのを、大雑把なかーさんは少し苦笑い状態でした。


「どんだけ撮るんだよぉ~~」


と、少し肌寒くなってきた事もあって、文句すら言いました。
でも…意味がちゃんとあったのですね。。。



見事な満開の木もあれば、8分咲きの初々しい木もあり、同じように見えても一本一本全てが違う木々です。
日当たりのせいなのか…風の通り道なのか…
それとも、その木の持つ生命力や「時を待つ」為なのか…



その中で、とーさんが選んだのは、さるお寺の境内に咲く、見事な見事な一本立の枝垂桜です。
余りの大木で、まだ全ては咲ききってはいない、生命力に満ち溢れる様な、素晴らしい木でした。
かーさんも、その大きく張り巡らされた枝の間に入り込み、暫し言葉を忘れて花の饗宴に身を委ねてみました。


まるで…小宇宙です……


幾つもの銀河が重なり合い、ぶつかり、また新しい銀河を生み出しているかの様な、圧倒的な生命力なのです。



かーさん、とーさんが何故この画像を選んだのか…
何故きなこちゃんを送るに相応しいと思ったのか…
言葉ではなく、感性で理解できました。



沢山の命が生まれ出る場所へ還って、いつかまた生まれ出て来る。


そう感じた瞬間、かーさんの頭の中に、これまで見送ってきた愛しい命達の顔がバ~~っと浮かんで参りました。
大好きだった、あの子やあの子。
ああ!あの子だって、あの子もきっと!
みんなみんな、きっと「ここ」へ行ったんだ!


花びらの一つ一つが、新しい命を生み出す場所へ…
いつかまた帰って来るために…



不思議な不思議な感覚です。
不思議で悲しくて嬉しい感覚です。。。




どうして毎年こんなにも桜が待ち遠しいのか、どうしてこんなに毎年会いたいのか…
少しだけ答えが解った気がしました。



TDSC01681.jpg
真ん中のうすぼんやりしたのが、実はかーさんです(お目汚し失礼!)











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

新しい毎日は裏切りの日々




八朔がね~♪  小夏がね~♪
そんな書き出しで、幾度このブログの初めの言葉を綴った事でしょう。


かーさんにとって、この茶トラの兄妹が見せてくれる、時に滑稽な、時に胸を熱くする姿は、いつも特別な意味を持ちます。
生まれて初めて知る、「猫」と言う無限大の魅力を持つ、けしからん生き物との暮らしは、何もかもが驚きに満ちていました。



こんな事しましたぁ~~!
あんな事もしてますが…これって大丈夫?



そんなかーさんの感想に、その都度「そうそう、それってよくやるよね~♪」とか、「それはたぶんこう言う事だと思うよ」とコメントを頂戴する度、なるほどなぁ。。。なのです。


それは「猫」そのものの事と言うより
猫と暮らす方々が、何を思い何を心配し、何に惹かれ続けるのか
その足跡を辿る事だったのだろうと思えました。




やっと3度目の春を共に迎えた、新米猫かーさんは、初心者に毛が三本程生えて、サザエさんちの波平父さんよりは毛深くなりました(笑)
それでも、未だ「オバQ」並ですけどね(^^;


八朔や小夏に対して、この子はこんな性格だとか、きっとこうだろうな…なんて解ったつもりになれる程度には慣れたはずなのに…
ところがドッコイ!



ある意味「裏切られ続ける日々」です(笑)





4月4日1





「マザコン」が代名詞の八朔が、案外孤独も愛する男だったり…
マイペースを貫く小夏が、その実とても寂しがり屋だったり…



ほぉ。。。そうくるか。。。


と思わされる事がよくあります。



ここ最近、かーさんが座り込んで気が付くと小夏が乗ってます!
八朔ではなく「小夏」が!
しかも、何と言うか…「いつの間にか」なのです(^^;


「あれ?こなちゃん、何時の間に?」


スルスルとやって来て、余りにも自然に乗っかるもんで、初めは驚きました(笑)


何だかんだと気付けば常に側に居るのは小夏。
いつしか小夏は、「甘えんぼ姫」になっておりました。


この処、グッと大人(に見えるだけ)になった八朔は、そんな小夏の様子を全く気にする事もなく…


「今ボクが使ってませんから、小夏どうぞ~」


ってな顔付で余裕綽々(に見えるだけ 笑)


でも、この「見えるだけ」と言うのも凄い進歩です!
かーさんの膝は何が何でもボクのもの!
だった八朔が…ですもの(笑)


最も、小夏が居なくなった時には、早速やって来て、思う存分「マザコン」ぶりも発揮するのですが…(笑)





4月4日2




この子達には本当に驚かされてばかりです。
解ったつもりなど、屁のツッパリにもならない程、様々な顔を見せてくれます。



毎日が新しい。。。そんな言葉がピッタリなのかもしれません。


人間よりも遥かに速い時を生きる猫さん達です。
その進化も変化も、きっとかーさんが思うよりもずっと速いのですね。
それを一番側で見ていられる特権を貰ったのですから、これを見逃すのは勿体なさすぎますよね!



八朔が…小夏が…全身で伝えてくれます。


「見逃さないでね!」と。



きっと数多の「猫に魅せられた」諸先輩方も、こうして深みに嵌られたのですね?(笑)


ええ!ええ!もう腹は括りまくっておりますとも!
かーさんもまた、その道を邁進いたしますわ~♪




4月4日3




連日にわたり、きなこちゃんへの追悼のお気持ちを有難うございました!
心より深くお礼申し上げますm(__)m
かーさん週末からの激務中につき、個別のお礼は何時もの如く出来ずじまいですが、本当に感謝しております。














ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

茶トラ獏



少々寝覚めが悪い朝でした。



細かいところまでは覚えてはいないのですが…
とにかく「嫌ぁ~~~~な」夢を見ていた様です。
しかも、複数回の別ストーリー仕立て!



。。。豪華ロードショー3本立て。。。。みたいな(--;


恐怖モノではなく、あくまでも嫌悪感が残るような、じわ~~っと体中に毒素が回る様な…
覚えていない割に、ダメージだけがでかい。



春休み期間と言う事で、仕事がとにかく忙しくハードである事。。。
その中で、関わりたくないのに、どうしても最低限の関わりを持たざるを得ない、例の理解できん人とも一緒な事。。。
身体と心の両面で疲れているんだろうなぁ…と自己分析です。



しかも起きたらお天気悪し!
せっかくのお休みなのに……
何もかんも何となく憂鬱!


何て言えばいいんだろう……
必死に前に進みたいと足を動かしているのに、その路面が恐ろしく凸凹でバランスがとりにくい…みたいな。。。
勢いをつけて走り出した途端、3歩目くらいで何かに躓いて、顔面からコケタ…みたいな。。。




…と言う、何だかなぁ~の一日を過ごした昨日でして、あんまり色々と疲れ気味でしたので、ブログもお休みさせて頂きました(^^;


わざわざ足をお運び下さった皆様、どうもすみませんでしたっm(__)m





4月6日1





実はですね…書き出しから途中まではパコパコやってたのですよ。
ところが、どうしても筆が進まない(^^;
大したことも書かないのに、もっと書けない!(-_-メ)



そんな所に、八朔が来る。。。


「ボクが、ボクが、ボクが…癒すですっ!」


だそうです(笑)


昨日は「花冷え」のかーさんち界隈でしたので、きっと八朔も「かーさん暖房」が恋しかったのでしょう。
もう、グテングテンと、かーさんの膝に根っこを生やして動きやしない。


こうなるとね…もうお手上げ!(笑)
この構って坊やに打つ手はございません!




4月6日2






4月6日3






4月6日4





キッパリすっぱり諦めました!(笑)
ここまで八朔に誘われて断ったら、かーさんの名が廃る!(え?)



思う存分、八朔にも踊ってもらいました♪


一緒になって、わちゃわちゃ遊んでいるとね……
ぽわ~んと眠くなってきます。


えぇーーい!この際お昼寝じゃぁーーーー!


茶トラーズを従えて、堂々と惰眠を貪ってみました(笑)


不思議ですね!
あんなに嫌な夢の後だったのに、今度は夢すら見ない熟睡です。



   もしかして…八朔が悪夢喰いの獏?


お陰様で、かーさんスッキリです(≧▽≦)
いいよね?こんな日があっても(笑)


…お部屋の掃除すら出来ていないのは、この際目を瞑るべな…(^^;




4月6日5












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

ポヤ~ン




花散らしの雨が降り続いています。
気温は然程下がってはいないのに、何だか肌寒く感じてしまい、日差しの力は偉大だと痛感させられる一日になりました。


朝方まで例によって、兄妹+とーさんで遊び回っていた茶トラーズも、すっかりオネムモード。
それぞれがベッドの上で丸くなっています。



雨の日は眠いよね……





4月7日1






  もしも  ワタシに全能の力があったら…

  全ての猫が 笑顔でまどろめる世界を作ろう

  

  そこが野山であれ 特別に設えられた寝床であれ

  安堵の溜息が甘く湿った 「君だけの特別」な場所を



  もしも  ワタシに全てを司る力があったら…

  全ての猫が その心のままに居るべき場所を定められる世界を作ろう



  君のお気に入りは誰だい?

  君が側に居たいと願う人は どんな風に君を愛すんだい?




  ……その時  君はワタシを選んでくれるかい?




  もしも  ワタシに強く強く願う力が備わっていたら…

  願うはただ一つ



  君が選ぶ 君の幸せに  どうかワタシの居場所があります様に。。。






4月7日2






とっても「ポヤ~ン」と過ごしております(笑)


きっと雨のせいですよね。
雨だからしょうがないですよね。


こんな日は、茶トラっ子達とグダグダだらだら……♪
よってブログもグダグダだらだら(笑)



皆様にも「グダグダ菌」をお届けいたします~~(要らんってか?笑)












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪



アナログ族



かーさんは未だにガラケー派でございます。
電子書籍なんて、以ての外!
本は「紙」の手触りと匂いもご馳走だと信じて疑いません(笑)



電話なんて話せりゃええじゃん!の口(笑)
しかも、その話す事さえ滅多にせん。
必要最小限の「連絡」が取れればそれで良し♪


自慢じゃないが、そのガラケーだって、全ての機能を使っているかと言われれば、答えは「NO!」
使いこなすどころか、ちゃんと理解してるいるかどうかすら怪しいもんです(^^;



LINE?
んなもんイラン(笑)

恋するうら若き頃ならいざ知らず、今のかーさんにはそんなに頻繁なやり取りは必要ございませぬ。
と言うか…むしろ面倒でタマラン(^^;
ありゃ~「時間を蝕む凶器」にもなりそうですもん。
四六時中携帯を手放せないなんて事になると、厄介を通り越して中毒みたいなもんです。



百歩譲って、電車の中の時間潰しに携帯を見てるのは、まだ理解できます。
でも、歩きながらまでって…どうなん?
その中の一体何人が、本当に「その時」にそれが必要なんだろう…と思ってしまいます。
頼むから、自転車に乗りながらとか、車の運転をしながらなんて言う暴挙だけは止めてくれ~~!



欲しい情報は、ある程度即座に手に入る世の中になったのは、便利で有難いと思います。
でも、それは同時に使う側に取捨選択を迫る事でもあるとも言えますよね。



いい加減体にガタが来たかーさんに、便利な生活用品は不可欠ですし、恩恵は目一杯受けまくっております。
何でもかんでも「昔は良かった」と言う程、まだ老いぼれちゃ~おりません(笑)
不便と便利の双方を知るからこそ、どちらの利点も弊害も解るお年頃だと思ったりもしてますの(笑)



変化する事は止められませんし、そもそも止めようとも願わないです。
でもね…忘れちゃいかんと思うのですよ。
「モノ」は使う人によって、限りない恩恵にもなり、反対に恐ろしく厄介なブツにも成り下がる事を…





4月8日1





どんなに偉い人でも、かーさんみたいな凡人でも、時間は等しく一日は24時間です。
恐ろしい事に、ぼぉ~~~っとしていても同じく時間は過ぎて行く(笑)


一見、とても勿体ない様な気がする、このぼぉ~~~の時間。
その実、かーさんにとっては不可欠な大切な時間になっています。


何しろ「ぼぉ~~~のお供」は間違いなく茶トラっ子達ですので(笑)


出会ってしまった時と同じく、八朔は今もかーさんの腕にすっぽり収まって脇に顔を埋めるのが大好きです。
当時と比べると、倍以上になった体ですが、その仕草も表情もちっとも変ってはいません。
片手で支えられたチビ猫時代と違って、今は両手でその体を支えなければならぬ程成長はしましたが…(笑)


そんな時、おそらく八朔は、「何もせず」ただ見守って欲しいのだと思います。
手を止め、考える事も止め、ただただ八朔の鳴らすゴロゴロを聞きながら、静かに時を過ごします。


そうしていると…どんどん心が鎮まるのを感じます。


「あぁ…あれもやらなきゃ!」
「まだブログ書けてないぞ!」



なんて事も、どんどん薄れて行きます。
……で、ときどきサボる事にも繋がりますが…(笑)


無意味にも思えるこんな時間が、実はとても貴重です。
八朔にとっても勿論、かーさんを独占して「何か」を確かめる様な時間でしょう。
かーさんにとっても同じく、こうして何も考えずただ温もりと重みと甘える音だけに包まれている時間は、いつも原点へと誘ってくれるのです。


何だか時間に「とろみ」がついた様に感じます(笑)
単調なゴロゴロの声を聴いていると、その温もりと相まってある種のトランス状態?
次第に思考が単純化されるっぽいのです。


。。。あぁ…可愛いなぁ……愛しいなぁ……


ただただそれだけで満たされて行きます。





4月8日2





年相応に生き方がアナログです(笑)
そのくせ、時として突っ走ろうとしてしまう、困ったオバサンを、茶トラっ子達が程よく引き戻してくれます。



理解できないから排除してしまおうとは思いません。
かーさんの基準はいつだって、「自分が必要だと思うか」と言う事だけ。
モノは使う為にあるのであって、決して「使われる」為にあるのではない…と。


単純なかーさんに、複雑な多機能は文字通り「豚に真珠」(笑)
この場合、おだてても木にも登れやしません。


幸いにして、我が家にはそっち方面にやたらに強いオタッキーが約一名おりますしね~♪
何かあったら、とーさんに聞けばいいっか~(笑)



お気に入りの本を見つけて、ワクワクしながら一ページ目を開く…
その膝には、やっぱり八朔が乗っていて、足の痺れを促進中(笑)
そんなひと時が、一番の大好物なかーさんは、アナログ万歳オバサンです♪




おまけのトピックス!
本日、とーさんが小夏様の爪切りにチャレンジし、見事成功を収めました(≧▽≦)
こなちゅ~~偉かったねぇ!(笑)




4月8日3











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

心の旅 地図を描く



さして広くも無い我が家の中、せっせと毎日行われる恒例行事があります。
おそらくはどこのご家庭でも、愛猫さん達がやってくれているであろう事…



オス猫である八朔は、日に何度かの家中の見回りを欠かしません。
そして、見張り台から見渡せる外の世界への警戒だって忘れない。


「この家はボクが守ります」


とでも言いたげな行動は、見ていてとても微笑ましい様な、少しだけ頼もしい様な(笑)
そのくせ、少しでも大きな音がしたり、不穏な気配があれば、見事なヘタレ腰になるのはご愛嬌♪


女の子の小夏は、日々家中の角と言う角に、スリスリ匂い付けに余念がありません。
あっちも、こっちも、そっちも、どっちも「アタシの匂い!」


あのぉ…それって痛くないですか?


と聞きたくなる程、せっせと「小顔エステ」ゴシゴシに励んでおられます(笑)



猫さんのテリトリーの確認作業…と言うヤツですよね。


そんなに毎日やらんでも、変わりはないって。。。とも思うのですが(笑)
この子達にとって、それはとても大切なお約束です。





4月9日1





とある書物の中に、とても心惹かれる一文を見つけました。


「誰もが生まれたその日から 自分だけの地図を描き始める」


よく「物語」を綴り始めると言う言葉は聞きますが、地図を描く…と言う言葉にハッと致しました。



これは何も本当の物理的な距離を測っての地図ではないはずです。
ただの平面の地図でも、きっとない…


八朔や小夏は、おそらく生まれた場所から、あのお社へ連れてこられ、その後多少の移動はあったとしても、実際の距離は然程のものでは無かったと思います。
その後、masatosiさんのお宅や、我が家へやってきた兄妹は、それからと言うもの病院以外の外出は皆無です。
その我が家とて、豪邸とは程遠い小さな小さな部屋…
そんな中で暮らしている事になります。
八朔がいくら毎日テリトリーの見回りに余念がなくても、その「守る場所」は本当に狭い範囲でしかない。
ですから物理的な平面地図で言えば、茶トラーズが描き出せる地図はきっと小さな狭いものでしかないと思います。



でも…もしそれが「心の地図」だとしたら…?


母猫さんと過ごせた日々。
小夏と八朔の2匹だけになって過ごしたお社での日々。
そして、離れ離れになってしまった時間。


その全てが折り重なって、この子達だけの地図が描かれるとしたら、きっとそれはとても様々な色合いに満ちた複雑な模様になる気が致します。


今こうやって、兄妹が穏やかに過ごしている日々も、実は毎日が違っているはずです。
同じ場所で、同じような時間を過ごしていても、聞こえて来る音、感じる風の匂い、とーさんやかーさんとの関わり…
全てが「昨日」とは違う「今日」です。



それはきっと…日めくりカレンダーを一枚めくって、そのまま敷き詰めた様な、僅かな重なりの日々…
その一枚分の重なりが、10日になり1か月になり…1年になり3年になり…
  



丁寧に折り重ねたパイ生地の様な、幾重にも梳き流した和紙の様な…
同じ様でいて決して同じではない時間が織りなす、この子達だけの模様を描き出しているはず。


きっと些細な模様の中には、八朔が拗ねた日の事や、小夏がとーさんの膝に自ら乗って行った日の模様も含まれているのですよね。
それは、この子達が何キロもの道のりを走ると同じだけ、心の中での旅だったと思います。


一枚一枚…一日一日…そうやって積み重ねて描いた地図は、この子達の心の深さ。
薄紙一枚分ずつ近付いて行った、かーさん達との距離。
八朔にしか、小夏にしか描けなかった「心の地図」です。



4月9日2




東京生まれで東京育ちのとーさんは、よく「故郷が無い」と言います。
かーさんと訪れた田舎の景色や、かーさんが話すその土地の風景を羨ましいと…
もしも、懐かしさや帰りたい場所を故郷と呼ぶのであれば、とーさんには確かにそれがないのかもしれません。


でも、とーさんにも折り重ねた日々の心の地図がある。
それが、少しばかり寂しい「独りだけ」の地図の日々が続いたとしても…です。
間違いなくそれが今のとーさんを作り上げたのなら、かーさんはその地図を隅から隅まで読み解きたいと思いますよ。
(例え少々オタクで変人の記録であっても…笑)


ついでに安心なさい!
帰りたい場所が故郷であるなら、それにはかーさんがなってやろうじゃないですか(笑)
かーさんの地図と、とーさんの地図の端っこ同士をくっ付けて、少しばかり地図も拡大しちゃいましょう♪


そして…そんな二人の地図の上に、八朔と小夏を大切に乗っけて暮らしましょう。
きっと地図の上には、可愛い肉球の足跡が一杯付きますね(笑)
心一杯にそんな地図を描いて行く事が、かーさんの何よりもの願いです。





4月9日3








ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

オリジナルブレンド



ちょっとお疲れ気味ゆえ、今夜の入浴剤は贅沢して「濃厚炭酸」
小さな気泡に包まれて、 「お”~~~ぉ”」 と思わずオッサンうめき(笑)



さぁさぁ、疲れを流しましょ♪
そうそう、イライラだって流しましょ♪
毛穴から毒素をブクブク吐き出して、サッパリしたら気分だってスッキリさ~(*^^)v



そんなお風呂上がりの「半裸族」かーさんに、八朔がせっせとスリスリ匂い付け致します。
足の指先から、クンクン…クンクン…
その跡、おもむろに、頭ごとゴチーーン!スリスリ(^^;


八朔流「匂いの上書き」です(笑)


最後には太腿にドッカリ乗って、腕枕を要求し、その腕にもヨダレ大サービスのスリスリ(・・;)
いやいや。。。八朔君…パジャマの袖が濡れてまんがな(-_-;)



結局お風呂上がりのかーさんは、八朔の「匂い」まみれです(笑)




4月10日1





大好きな飼い主さんの脱いでおいた部屋着の上で、その匂いを求めるように寛ぐ猫さんのお話しはよくお聞き致します。
スエットやパーカーなんて、きっと大好物ですよね(笑)


何でも上に乗る!


と言うのは、猫さんにとっては曲げてはならぬ鉄則なのでしょうね…きっと(笑)



勿論我が家だって、部屋着はいつだって「猫まみれ」(^^;
着用していても、掛けてあっても、置いてあっても…です!


猫毛を付けられたくないモノは、とっとと仕舞う!
洗濯物も、取り込んだら即座にたたんで、片付ける!


。。。まぁ、それでも猫毛はお友達なんですけどね。。(^^;


上に乗ると言う行為は、勿論「それが好き」という事も大きいのでしょうが、それ以外にも匂いを付けると言う意味もあるそうですね。
お風呂上がりのかーさんじゃないですが、洗濯したモノの洗剤や柔軟剤の匂いは、即!猫の匂いにしなければならぬ?(笑)


人より遥かに嗅覚に優れた猫さんですから、きっと「匂い」って大問題なのでしょうね…


いかに、安心できる自分の知っている匂いにするか。。。
その為には体を張って、スリスリ、ドッカリ(笑)




4月10日2





かーさんは「猫変態」です!(キッパリ宣言 笑)
よく八朔の後頭部や肉球をクンクンすんすんして楽しみます♪


でもね…余程のタイミングでない限り、どちらも無臭に近いですぞ。。。つまらんけど。


一度だけ、トイレの直後に肉球クンクンして後悔したことはあります(笑)
流石に、ちと刺激臭が…(^^;



反対に、茶トラーズには、とーさんやかーさんの匂いってどんな風に感じられるんだろう。。。
とーさんはやっぱり加齢臭?(笑)
んでもって、かーさんもやっぱりオバサン臭かいな?(^^; (って、どんな匂いや!)



ちなみに、同じサイズの同じ枕を、とーさんと使用していますが、カバーを洗ったあと、どっちの枕かは、クンクンするとすぐ解ります(笑)
干しても洗っても解る!絶対に解る!(笑)



となるとですよ。。。
二人と二匹が、しょっちゅう集合している、我が家のベッドなんて、「匂いのカオス」なんじゃないだろうか…
それとも、それが我が家ブレンドで、茶トラーズには好みになるのかな?(笑)



もしも、他の猫さんがクンクンしたら、即効フレーメンどころか悶絶かもしれませんね(笑)


それでも、それが「我が家のオリジナルブレンド臭」です♪




4月10日3














ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

努力目標  ダメだ!こりゃ?



もう恒例になった、かーさんの激務週末。
ついでに、何故か月曜までは休めない事になっておりまして…(^^;
本日かなりヘロってます!(笑)



疲れた~!と帰って来た時、とーさんが撮り貯めておいてくれた、茶トラーズの写真フォルダーを開くのは、とっても楽しみで癒しです。
我が家の場合、写真はほぼ9割9分とーさん撮影(笑)
何しろかーさんと来たら、未だに


「あれ?これどうやるんだっけ?」


から、ちっとも進歩しとらん(エッヘン!)



まぁ、そのうち何とかなるんじゃない~?
などと、口先だけ女です(笑)
何とかなるも何も、 カメラを手にしないんだから、なる訳ねぇーーーーー!


これはアレですな。。。


「さぁ、始めようダイエット!明日からね~♪」


と同じカテゴリーですな(笑)



それでも、着々と写真は増えてるから(増やしてくれてるとも言う 笑)まぁええっかぁ~~♪



で…本日、フォルダーを開いて、まず目に飛び込んで来たのがコレ💛




4月11日1





タメの少ない「小夏号の発射数秒前」って所でしょうか(笑)



目を真ん丸にして、今にも飛び出しそうな小夏は 誰が何と言おうが、親馬鹿チャンリンだろうが



「きゃわぇぇぇぇぇ~~~~!」です!



こんな顔で夜毎ねだられて、とーさんは陥落。
小夏姫の気の済むまで、お遊びにお付き合いしております。


小夏の「とーさん使い」は、益々磨きがかかり、今や「師範クラス」 (笑)
しぐさ、声、態度の使い分け、どれを取ってもお見事と言うしかありません。



当然、とーさんの「小夏ラブ」度も上昇オンリー!
「何とかもおだてりゃ木に登る」も通り越して、最近では大気圏を突破した模様です(笑)


と、同時に、とーさんの小夏扱いも、またレベルがグンと上がりました。
先日のトピックスでも書かせて頂きましたが、何と小夏の爪切りまで出来るようになった!(*^^)v
内心はどうだか解りませんが…横から見ていても全く不安げな様子も無く、上手にあやしつつも見事な手捌きです。


頭をワシャワシャ撫でたり、体を抱え込んだりと、もう立派な「猫オヤジ」にしか見えません(笑)


また、それを小夏が許すんだよなぁ~~(*´▽`*)


そんなとーさんが小夏を撮ると、これまたと~~ってもキュートな画像が一杯!
やっぱり、気持ちが通じると、何かが違うのかなぁ…と思わされます。





4月11日2




近頃では、座っているとーさんの膝にチョコンと小夏が乗っている姿もよく見掛けます。
さも


「ここはアタシのテリトリーです」


とでも言わんばかりの態度で、小夏は偉そうにとーさん座布団を使用です(笑)



お膝写真と言うと、どうしても「かーさんの膝にマザコン八朔」の図柄が多くなりますが…
実はこれって、カメラマンがとーさん「しか」居ない事が主な要因だと思われます(^^;



先日の小夏の爪切りの際も、 「あらら…こなちゃん、いいねぇ~♪偉いね~♪」などと、ワイワイ喜んでいるだけのかーさん。



おい!そこはカメラだろっ!(^^;


。。。。と、全てが終わった頃に思ったかーさんだった。。。。(--;



全国に、5人くらいは居るかもしれない、「とーさん&小夏」のショットを期待して下さる奇特な皆様!
すみません!すみません!ごめんなさい!
(数字はテケトーです 笑  って、居るのかな?(^^;)


かーさんも、もうちょっとだけカメラが普通に扱える様に、鋭意努力したいと思います!


え?ボケててもいいから、とりあえず数をこなせ?
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる?



。。。。ん~~~そっかぁ…じゃぁ頑張ってみようかなぁ…「明日」から…(おぃ!)


あくまでも「明日からダイエッター」の域を出ないヤツ(笑)
いや!でも真面目に!頑張ります!
。。。。気持ちだけでも。。。。(^^;






4月11日3














ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

下手な鉄砲は撃っても当たらない!



努力してみた!


とりあえず「下手な鉄砲」をぶっ放してみました!




4月12日1





はいっ!
小夏様!撮らせて頂きます(笑)



せっかくのお寛ぎ中にございますが、暫しかーさんの鉄砲の練習にお付き合い下され。



近頃もう当たり前になってきた、とーさんのお膝で 偉そうに まったりされておられるお姿です(笑)





4月12日2





。。。まぁまぁ、そう仰らずに(;´∀`)


かーさん、頑張ってみるから、少しは「いいお顔」をお見せ下さいませ。



え? 「アタシは何時だって可愛い顔だ!」?


確かにそうではございましょうが…そこはホレ…今少し、今少し、何と言いますか「おお!やったね!」感のあるお顔をば…






4月12日3





バッサリ!
まるで、名うての剣豪の一振りで、右肩から斜めにズッパリ袈裟懸けに切り下された様な一言!



…そ、そうよね……
狙ってどうこうできるモンじゃないよね(^^;


そもそも、かーさんが日頃拝見している「いいなぁ~~♪」と感服と眼福に浸らせて頂いている写真の数々は、決して「作った」もんじゃなくて、自然の表情を切り取った一瞬の素晴らしさだもんね。
何気ないのに、ほっこり…
普通なのに、じんわり…



一発芸が撮りたいんじゃない。
普段のそのままの姿の「今」を撮りたいんだった。
かーさんは、小夏がとーさんと、どんどん距離を縮めている、ほっこりの今を残しておきたいんだった。


「素敵な一枚」なんて、狙って撮れたら、かーさんも岩合さんになれるわい!(笑)



そうそう間違っちゃいけないね。。。
かーさんが撮るのは、「2016年4月12日」の、茶トラーズの様子。
八朔が元気だった!
小夏が可愛かった!
とーさんが…かーさんが…相変わらずアホだった(笑)



下手な鉄砲は、何時まで経っても、何処まで行っても下手なままで…
数だけはバンバン撃ちまくって…
ボツ写真を一杯フォルダーに貯めまくって…(笑)



それが、かーさん家の記録なんだ!(≧▽≦)

下手な鉄砲は数を撃っても当たらないけど、とりあえず写真は増える!(笑)
これ本当の本気の真実~~♪




4月12日4
差し出されたとーさんの指にスリスリしてたら、ズボッと嵌った瞬間(笑)













ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

「まみれ」な日々



暑いんだか寒いんだか、起きてみるまではサッパリ解らん!
昨日はこれくらいだったから…なんて思って外へ出たら、上着のチョイスが大外れ。



確かに季節は進んでいるのですが、恐ろしく行きつ戻りつ気温のふり幅が広い今日この頃です。



先日までは、流石にそろそろ猫様用のホットカーペットは要らんだろうなぁ…
そろそろ片付けるか。。。なんて思っていたのに、ここ数日の朝晩の寒さに、しっかり小夏様が


「まだ使います!」


のアピールに余念がありません。



まぁ…かーさんもコタツのスイッチ入れましたから、気持ちは理解できます(^^;





4月13日1





猫と暮らして三年半。
どうにかかーさんにも、茶トラーズの寝場所選びで季節が解ると言う事が実感できるようになりました。
そして、個体差でそれも大きく異なると言う事も…



無駄な動きも多ければ、やたらに発するエネルギー量も多そうな八朔は、やっぱり暑がりです(笑)
この時期になると、かーさんのベッドにやって来ても、ゴロゴロ甘えるのに気が済めば、スルスルと布団から出て行きます。
その時の


「さぁ、これでボクのお仕事は終わったです!」

っぽい態度は、一体何なのでしょうね(^^;


まるで、かーさんの寝かしつけでもしているかのような、「やってやった」感です(笑)



一方、小夏は相変わらずの寒がりさん。
ホットカーペットは勿論、炬燵にも未だに潜り込みますし、朝方になればお布団にも入って来ます。


最近の、とーさんの膝への愛着も、もしかしたら「デカイ!&温かい!」に気付いたせいではなかろうかと、かーさんは踏んでおります(笑)


やはり女の子にとって「冷え」は大敵ですもんね♪



ちなみに……我が家はとーさんも大変な暑がりでございます。
ある意味、八朔とそっくり!
嵩高くて、発するエネルギー量が半端ない(笑)


素晴らしい寝相のお方ですので、夜半に目覚めると、ほぼ間違いなく体は半分布団外!
風邪をひかせてはいけないと、かーさんが布団を掛け直すのですが…
次に気が付いた時は、元の木阿弥。。。(^^;


。。。まぁ、本気で寒けりゃ自分で潜るでしょうよ。。。。




4月13日2
一年365日のうち、3回くらいしか使われないけどね(^^;





フワフワと舞飛ぶ猫毛を見るにつけ
あぁ、またこんな季節がやって来たんだなぁ……と思います。


不思議ですが、茶トラっ子達と暮らす前までは、一体何で季節の移り変わりを実感していたのか、もう思い出せません。


何もかもが初めてで、新鮮で驚いてばかりだった一年目
そう言えば、去年もそうだった!と思い当たった二年目
ああ、来た来た!の三年目



こうして積み重なった年月の分、かーさんの暮らしの中に茶トラ色がどんどん増えて行きます。



今にして思えば、よくぞブログタイトルを「八朔まみれ」にしたものだと思います(笑)
まさしく、「まみれ」ております!
もう抜け出せない程に…
抜け出そうとすら思えない程に…♪




4月13日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

しのぶれど…氏より育ち




  しのぶれど  色にでりけり  わが恋は

    ものや思ふと   人の問ふまで (平兼盛)





とても有名な恋の一句ですよね。
隠しても隠しても、恋しい気持ちは滲み出てしまい、人の知るところになってしまう…
ざっくり言うと、こんな意味でしょうか。



今も昔も、そう変わったもんではありませぬ。
色々な事を呑み込んで、隠してグッと忍んで…も、「出て」しまうものです。
恋に限らず、性格も、嗜好も、好き嫌いだってきっとそう。


かーさんの様に、かなり「残念」な人間は、どう繕っても何かでボロが出る(笑)


反対に、本当の意味で「賢い」方は、どう目立たぬ様に振る舞っても、やっぱり「なるほど」と思わされます。




さて、そんな書き出しで始まった今日の記事ですが…
何が言いたいのかと申しますと、やっぱりそうなのよね(笑)と言うお話しです。


ずっと拙ブログにお付き合い下さっているお馴染みの皆様には、既に充分にご存知の事と思いますが…
かーさんが溺愛する、我が家のマザコン坊ちゃま八朔君は、少々「残念」系でございます(笑)


これも、小夏が来てくれて、発覚した事かもしれません。
だって、かーさん八朔「しか」知らない訳ですので、これが普通だ「これが猫のスタンダード」だと思っておりましたもん(^^;
でも、兄妹を見ていると、どう贔屓目に見ても、何だか違う(笑)


これは、もしや小夏が特別に賢いのか!?


と、またしても親馬鹿万歳モードに走りそうでしたが、他所様の様子を拝見するにつけ、いやいやこっちが普通で、猫さんと言うのは案外思慮深い賢い生き物だと思うに至りました(^^;
結果、小夏は賢い猫族側であり、八朔はその反対側に位置するとも…(笑)


まぁ、かーさん的には、この「3歩で忘れる」八朔の性格には随分救われてきたわけですけどね(笑)





4月14日1
いやいや八朔君…それ、ずっとそこに出してあるキャリーだから(--;



以前「毛に纏わる勢力図」 と、「ある日突然」 と言う記事を書かせて頂いた事があります。


要は、うちの八朔には「アホ毛」がある!

と言うお話しなのですが(笑)



その後、とんと「アホ毛」を見掛ける事がなくなり、八朔も少し賢くなってきたのかもしれん♪
と、思って(寂しがって 笑)おりましたが。。。



うひゃひゃひゃ(≧▽≦)
み~~つけちゃった!



久々の八朔アホ毛です💛



右目の上…見事にスパイラルする毛!
何故か一本、素敵に目立つアホ毛さん(笑)





4月14日2





何故出来るのか!
何故そこなのか!



そんな事は、ど~~でもいいのです(笑)


大切なのは、「八朔」に「アホ毛」がある!と言う真実のみ!


その後、小夏をしげしげと眺めてみましたが、やっぱり小夏には見当たらない毛でございます。


チューリップの球根からはチューリップの花が咲き、ヒマワリの種からはヒマワリが咲く。
それと同じく、八朔からは「八朔らしい」毛が生える(笑)


しのぶれど…隠せども…生える!
とっても自由に、とっても楽し気に生える!(笑)



いいねっ!やったねっ!


と、手を打って喜ぶかーさんの髪の毛にも…実はアホ毛あり!(≧▽≦)


。。。。隠せないもんよね。。。(笑)





4月14日3













ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

護るから!



「ピロリロリ~ン!ピロリロリ~ン!」


文字にすると可愛いイメージのこの音は、何時聞こえて来ても胸騒ぎと不安を呼び起こします。
緊急地震速報のアラーム音です。



昨夜、九州熊本地方で起きた大きな地震。
断続的にTVから流れるこの音に、思わず何度もギュッと目を閉じてしまいました。



暗くなってからの避難や待機は、どれほどに心細い事でしょう。
何度も襲って来る余震は、どれほどに怖かった事でしょう。



どうぞこれ以上大きな被害がでません様に…
どうぞ皆さんがご無事であります様に…





何度目かの緊急地震速報の音がTVから流れてきた時
その聞きなれない、どことなく不安を煽る様な音に、八朔が慌てたようにかーさんの元へ走って来ました。


「今のは何?大丈夫?」


そんな顔付で見上げてくる八朔を抱きながら、何度も何度も言い聞かせました。


。。。ダイジョウブだよ。。。かーさんと一緒に居ようね。。。


胸にぴったり寄り添って、安心した様に寝始めた八朔を見ながら、「この子はずっとこうだったな…」と思いました。
地震があった時
雷が鳴り響いた時
一瞬驚いた後は、必ずかーさんの胸に飛び込んでくる。


それはまるで「ここにさえ居れば大丈夫なんだ!」と、信じてくれているかの様で……


取り立てて何も誇るモノなど持ち合わせてはいないかーさんですが、八朔のこの様子はいつも勇気と決意を思い起こさせてくれます。


護るから!何があっても君達を護るから!



「もしもの時は、まず最初に茶トラーズをハードキャリーに!だね」

改めてとーさんと、そんな話を致しました。




夜更けに、揃って無邪気な寝顔を見せてくれている茶トラーズ。
こうして、安心しきった顔で眠れる事は、幸せな事。
そして、猫さんに限らず、小さな命達が、安心して眠れる世界は、人にとっても間違いなく幸せな世界であるはず。。。


忘れた頃どころか、まだ大震災を忘れてはいない今、また大きな地震を経験した地震大国日本。
他人事では決してないと思っています。


。。。余震よおさまれ!雨よ降るな!
これ以上の苦しみも悲しみも訪れるな…訪れるな……



TDSC01740.jpg













ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪



お教え下さい




余震と呼ぶには余りにも激しい揺れが続いています。
しかも、その範囲を広げて……
これ、余震じゃない!
こんな…激しい揺れがこれほど続くなんて…



こんな「少々毛色の変わった猫ブログ」にも、有難い事に沢山の方々が足を運んで下さいます。
勿論その中には、九州地方の方、熊本の方もいらっしゃいます。
この非常時に、お越し下さる余裕はきっとないだろうとは思いつつ、ただただ


どうぞご無事で…


と願うしかありません。


既に沢山の団体さんが、同行避難や一時預かりなどの準備を始めて下さっているとお聞きします。
ご家族の皆様は勿論の事、大切なしっぽの生えた家族の無事を心から祈っています。
祈るしか出来ない自分が歯痒いですが…
それでも精一杯祈っています! 




4月16日1





実はかーさん迷っています…



先の大震災の際に、少しでもお力になれたら…と思って送金させて頂いたのですが、ずっと後になってその資金が実は本当に必要とされている所には行き渡らなかったと言う事を知りました。
勿論、あの混乱の中ですから、何もかもがスムーズに行くとは思いませんが…
それでも、何だか歯痒くて堪りませんでした。


今回の熊本への義援金の募集も始まりましたが、さてどこへ…?
と考えてしまう自分が居ます。


本当に困っておられる方に届かない支援は。。。と。



かーさんは、どうしても「猫さんやワンちゃん」の事も気に掛かって仕方がありません。 
今回も避難所の外で、寒さに震えながら座っておられる方の理由が「犬と一緒なので…」と聞いた時、一緒に逃げて来られたんだ!とホッとした気持ちと共に、どれほど気を使って外で過ごされているのかと思うと堪らない気持ちになってしまいました。
その他、何人かの方は、愛犬をしっかり胸に抱いておられる姿も拝見いたしました。



でも…猫さんは………



無事なのでしょうか。
ご一緒なのでしょうか。。。


この非常時に、真っ先に猫の事を思い浮かべるのは、或は愚かな事なのかもしれません。
まず、人が優先されるのも解っています。
小さなお子さん、高齢者、お身体の不自由な方…そう言った生活弱者にまず手が差し伸べられるべきだとも思います。



それでもやっぱり心配なのです。
どうしてもどうしても心配なのです。
異なった環境には弱い猫と言う生き物を思うと、揺れ続ける地面の中、どんなに怖がって不安がっているのだろう…と。



こんな時、真っ先に動いて下さる団体さんに、まず支援をするのがよいのでしょうか…?
それとも、もっと何か違う方法が?
せめて飼い主さんと一緒に過ごすことが出来るようにする為には、どうすればお力になれるのでしょうか。


もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかお教え下さいm(__)m
かーさんにも出来る「何か」を探しています。





4月16日2












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


  

ダイジョウブの種




   胸がチクチク痛む時
   膝を抱えて 自分の中に閉じこもってしまいたくなる時



   ワタシは せっせと種を蒔く



   誰かの痛みが切なくて 誰かの苦しみが胸に迫る時
   拳を握りしめて 精一杯の声を張り上げて叫んでみる



   「ダイジョウブ!きっとダイジョウブ!」



      心に蒔いた「ダイジョウブ」の種は
      本当は泣き出したい自分の弱さだけど


      芽を出した「ダイジョウブ」は涙に潤されて育ちゆき


      花をつけた「ダイジョウブ」は君の笑顔を呼ぶ為に咲く 



   自分の為の 誰かの為の おまじない
   一人じゃないよの おまじない



   「ダイジョウブ!きっとダイジョウブ!」 



   大丈夫じゃなくてもダイジョウブ!
   泣き虫笑顔でダイジョウブ!
   「明日」はきっとダイジョウブ!






4月17日1






かーさんが何時も茶トラーズに伝える言葉です。


驚いている時
不安がっている時
寂しがっている時
怖がっている時


「ダイジョウブだよ ダイジョウブだよ」


何があっても君達は一人じゃないよ…と。
何時でもどんな時でも側に居るよ…と。


だから怯えないで  だから不安に震えないで
そう願いながら囁きかける 「おまじない」です。




できるならトトロの猫バスみたいな姿になって、飛んで行きたい!
冷たい不安な雨も、揺れ動く大地も、みんな忘れて「ワタシに乗って!」と。
そしたら、エンジン音の代わりに、ずっとずっと囁き続けるのに……



せめて…ここからおまじない
「ダイジョウブ」のおまじない。。。






4月17日2





昨日の問いかけに情報を下さいました、遥様、月那様、どうも有難うございました!
今、とーさんも懸命に色々と調べてくれていますが、頂戴した情報もしっかり頭に入れつつ進んでみますね。












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


一歩前へ!




恐ろしく風の強い日曜日だった昨日。
日差しに誘われて洗濯物を外に出せば、ブッ飛ばされ…洗い直し。。。
自転車で走れば、横風を受けて「うひょ~~」と変な声が出る程、体ごと持って行かれ。。。


かーさん、その時「こうもり傘を持ってたら、メリーポピンズできたかも…」と相変わらずアホな事を考えつつ…


週末の忙しい仕事場へと向かいました。



仕事先でも話題になるのは、熊本地震の事でした。


「凄かったね!」
「大変だろうね…」



みんなが口々に思いを話す中、かーさんは言います。


「猫とか犬とかの救援を、どうしたらいいのか一生懸命に調べてるんだ」


。。。当然と言えば当然ですが、一瞬「こいつ何言ってんの?」と言う顔をされました(^^;
いいんだもん!平気だもん!
どうせ猫馬鹿だもん!



決して被災された方々を軽視しているのではなく、でも、それと同時に「しっぽの家族」の事も心配なんだと、一応説明はしておきました。
我が家がもし、その立場になったら、猫達と離れて避難は考えられない。
コヤツ達を置いて行くくらいなら、避難はせん!


そんなかーさんの言葉に、「ああ…貴方んちならそうだろうなぁ…」と納得されたりして(笑)



「でもさ、きっと熊本や大分にだって、ワタシと同じ様に思う方も一杯いらっしゃると思うよ」


そう言ったら、初めて「なるほどね」になりました。




…焦るな…焦るな…焦るな……でも急げ!

ずっと自分に言い聞かせています。





4月18日1






改めて、自分の住まう場所の「ペット同行避難」についても調べ直してみました。


一応かーさんの住む市は、同行を認めてる様です。
でも、調べれば調べる程…


「甘い!」


国レベルの動物愛護法で「ペット同行避難」は設定されてはいます。
でも、それすら市町村の判断によって、かなり差があるのが現状です。


ペットは愛護しなさい。
だから同行しても構いません。
でも、避難先での事は、自治体の判断に任せます。


あ!勝手に放置したりしないでね!
後々面倒だし、野良猫や野良犬が増えても困るから。
飼い主なんだから、しっかり面倒みてね!


でも、自治体は「どうします」とは言いませんので、あとはよろしく♪


ざっくり読むと、こう言う事?



プライバシーすら保てない様な避難所で、アレルギーや鳴き声の事を考えれば、「さぁ一緒に!」とは言えないのは当たり前です。
じゃ、どうする?



。。。何だか頭痛くなってきたわ。。。




4月18日2





本当に前途多難です。
それでも嘆いていても何も始まらない!


一歩でも前へ!


でも、その為には、共に暮らす側の意識も、もっともっと向上させていく必要もあります。
ワンちゃんならば、排泄や無駄鳴きの躾けも大切でしょう。
猫さんも、「飼い主をはっきりさせる」と言う意味でも迷子札の首輪やマイクロチップなども必要だと思います。
そして、最も大切なのは


「飼い主にとっては何よりも大切な家族であっても、万人にとってはそうではない」


と言う意識を忘れてはいけない事かもしれません。


愛するのは素晴らしい事です。
でも、はき違えて、どこへでも「この子は家族なんですっ!」とごり押しする「愛誤」になってはヤブヘビ。


共に生きる為…
今は、「共に生き抜く為」に…
大きな犠牲を払った、大震災の悲しみを忘れない為にも 「共に一歩前へ!」



4月18日3




私信…マルさん、了解です!何かあったらメール飛ばして下さい!そして…頑張ってと…どうぞお伝え下さい。










ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


急ぐ事 継続する事



ちょっとばかし何かを頑張って、日頃使わない筋肉などを使ったりするとよく解る。
かーさんくらいのお年頃になると、その日の夜は、ひたすら体の芯が痺れたようにダルダル…
そして、2日後か3日後辺りに、「自分の体」のどこを使ったのかが解る日々が訪れる訳です。



これって、何も身体の筋肉ばかりの話しじゃないって、今回思いました。


皺が少な目で、ところどころ回路が切断されているかもしれない、かーさんの脳味噌も同じです。



驚きと不安と、次々に判明する「あって欲しくない」事態が、かーさんの少々残念な脳味噌を直撃し、痺れたようになっていたのだと思います。
気持ちだけが焦ります。


「何か!何か出来る事は!?」


勿論、その思いは今も少しも変わりません。
ですが、「出来る事」が何であるかを考えつつ、少しばかり周りを見渡せる気持ちも出て参りました。



即!動く事だけが何にも増しての援助になる…と言うのは、間違いですよね。
ある意味、それは妨げにもなる。



沢山の「猫仲間」さん達が、とても有益な情報を教えて下さっています。
ふるさと納税による支援などは、拝見して「おぉ!なるほど!」と思わず唸ってしまう程です。
その他、動き出した団体さんへの支援なども、沢山沢山知りました。
また、個人的な支援の在り方についても、お教え下さった方々もいらっしゃいます。



その中で、かーさんは一生懸命に考えています。
「急」を要するものと、「長いスパン」で支援を続けるもの…
今出来る事と、今後に渡って続けようと思う事。



ぐるんぐるんのカオスになっていた、かーさんの頭の中身が、少しずつ少しずつ纏まって参りました。





4月19日1





「もしも…八朔や小夏だったら…」


かーさんの中には、常にこの思いがあります。



何かがあった時、この子達はどうだろう…どう思い、どう行動するだろう。
そして、かーさんは?とーさんは?
それは、あまりにもリアルに心を揺さぶります。


きっと同じような思いをされている方がおられるはずだ!


そう思うと居ても立っても居られない気持ちだったのです。
そして、そんな風に思う方が沢山いらっしゃる事も、実感できました。



その上で、もう一つ強く感じます。


「決して自己満足だけで動き出すな」


と言う事を…



良かれと思う事も、状況によっては妨げになる事もあります。
動き出したい心を、グッと抑えて、まず優先順位をはっきり理解する事もとても大切になりますよね。
溢れる情報の中から、本当に必要とされるモノを、必要な場所へお届けする事は、案外難しい事だと知りました。



今回、ご縁があって、そんな中からとても個人的に物資を送らせて頂く事に致しました。
まずは「今足りないもの」を!
命を繋ぐため、命を守るための、ほんの一端を。


それと同時に、長く続けられる支援の準備を始めたいと思っています。





4月19日2





それにしても…と、ちょっと愚痴モード。。。



安倍首相が現地入りするとか、やっぱりしないとか…どうでもええっちゅうねん!(--;
首相が現地入りしたら、その分手を取られるんだし、首相のお顔を拝見したらお腹が膨れる訳でもない。
ドンと腰を据えて、東京から手腕を発揮されるがよろしい!
。。。と思います。
(でも、行く素振りすら見せないと、きっと周りからアレコレ言われるんだろうな…と同情もする)



あと、各TV局さん。
何もキャスターを揃って現地入りさせんでもええがな!
九州にだって、立派なキー局があるでしょ。
わざわざ手間暇かけて行っても、何が違うのか解らん。
同じ様な場所から,同じ様な現場中継をするのに、何人も何人も行かなくても何も困らんでしょ?
それでなくても避難所にいらっしゃる皆さんは疲れて、プライバシーもなくて、大変な思いをされているのに…
そこへマイクを向けるでない!
現場で必要とされる事は、取りまとめてお聞きしてお届けできるようにすれば問題ないではないですか。
災害まで、「ショー化」するなーーー!

地元の混乱に配慮し、今回は地元キー局の取材に任せました!
と言うTV局があったら、めっちゃ支援しまっせ!



報道のヘリさん…救助の邪魔しないでね!
って、そこでヘリを飛ばしてるなら、物資の一つも落とせよ!
(まぁ、これは制限もあるでしょうから無理でしょうが…)



川内原発。。。。何故止めない!
伊方原発。。。再稼働?
この余震の中で?
福島の苦しみは、何の教訓も残せないのですか?


どさくさに紛れてオスプレイ…(--;



何か間違ってるぞ日本!





4月19日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

モチツモタレツ


言い出しっぺ…いつもかーさん。
何気なくフト漏らした言葉から、足りない脳味噌で考えあぐねた末に絞り出す言葉から、ただ唸っているだけの時でもそれは同じです。



かーさんの隣で、とーさんが黙ってキーボードを叩き(しかもメッチャ早い!)
裏付けだったり、情報だったり、ヒントだったりする様々な事を調べ始めてくれます。
黙ってタブレットを滑らせて、関連ページを示してくれたり…
かーさんには少々難解なシロモノであれば、とーさんが噛み砕いて要約してくれたり…


云わば、「かーさん専属グーグル」さん!(笑)


ほとほと過保護にされていると自覚しております(^^;
自分で調べろよ!と己でツッコミも致します。
決して、かーさんが全くそれらが出来ないと言う訳ではなく(…たぶん(^^;)
とーさんがやった方が的確で、しかもかーさんの数倍は早いと言う利点がもたらした結果です。



ひらめきと感性のかーさん
実直で堅実実務向きとーさん

と言う、根本的な違いの上に、更に更に、とーさんがかーさんに大甘だと言う現実が作り出した我が家のやり方の定番です(笑)



そのうち、「アレ」とか「ソレ」だけで通じてしまうんではなかろうか…
(案外真面目に期待しております! 笑)




4月20日1





尻尾ボーーン!の狸2匹で追いかけっこしていたかと思うと、どこからがどっちだか解らない程密着し絡まって団子になっていたりする茶トラーズ。
性格が全く違うこの兄妹は、それでいながら上手く互いの距離感を持って仲良く暮らしてくれています。



どちらが優れているではなく
どちらがより愛しいでもなく
八朔は八朔で、小夏は小夏で、それぞれが際立った個性を持ちつつ、モチツモタレツ。


やりたい事を我慢するでなし、かと言って互いを邪魔にするでなし。
共に居る事を認め合うのが上手な兄妹だと思います。



不満が全く無い訳では、きっとないのでしょう。
小夏に言わせれば、 「八朔はマザコン過ぎ!いつもかーさんを独占し過ぎ!」でしょうし
八朔に言わせれば、 「小夏は我儘です!いつも偉そうです!」かもしれません(笑)


それでも、少しでも互いが違った鳴き声を上げたり、不穏な動きをすれば、真っ先に駆け付け互いを気遣う様子を見せます。
拗ねていたり、寂し気な素振りを見せれば、そっと寄り添って毛繕いを始めたりもします。
兄妹ならではのシンクロもあれば、兄妹だからこその猫パンチ合戦だって(へなちょこパンチの応戦合戦 笑)繰り広げます。



そして、それと同じように、とーさんやかーさんを「共に暮らす仲間」として扱ってくれています。


少々うるさくても、しつこくても、嵩高くても(笑)
ここに一緒に居る事を認め、許し、頼り、甘え…そして信じてくれる。



何よりそれが、かーさんを強くし、とーさんを優しくしてくれているのだと思えます。






4月20日2





時々思います。

かーさんは、もしかすると前世で余程「猫」に善行を施したのだろうか…と(笑)

そうとでも思わなければ、これ程茶トラっ子達に慕われる理由が思い浮かびません。
もしくは、正反対で「前世で猫さんに悪い事をしてしまった為」、今必死にそれを取り戻そうとしている?(^^; 



もう、どっちでも構わないや(笑)



この子達は教えてくれます。
互いが認め合う事、互いが寄り添う事を。


モチツモタレツ


どっちが偉いんでも、どっちが優れているのでもない。



とーさんの個性と、かーさんの個性。
八朔と小夏の個性。
全部が集まって、全部が寄り添って、認め合って「一緒」



そんな「当たり前」のモチツモタレツが、世の中を満たせば……
互いを尊重し、互いを認め合い、互いを助け合う。
差し伸べる手が、みんなモチツモタレツだったら、きっともっと世界は優しくなれそうです。



悲しみに…苦悩に…痛みに…
そっと寄り添わせる心を持ちたい。。。


喜びに…安堵に…
共に涙する心を持ちたい。。。


モチツモタレツ 今はワタシが荷を背負いたい。


美味しいモノを食べに行く一回分を
初夏の洋服の一枚分を
我慢するのはちっとも苦じゃない…よね。







4月20日3













ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪
  

皺が刻まれた!



あ、あ、頭が…疲れた!
日頃どんだけ使ってないんだ!って事がよく解るほど疲れた!
(本日猫要素皆無でございます(^^; どうぞサックリスルーして下さいませ)


お仕事先での事です。
新年度になって、バイトの大学生ちゃん達の授業シフトが変更になり、今まで入ってくれていた曜日や時間には間に合わない事が増えました。
学生さんですので、勿論学業優先!
頑張れ!大学生諸君♪


問題は、その穴をどうするか…って事でして(・・;)


お仕事先は、案外しっかり持ち場が決まっております。
その持ち場をしっかり守りつつ、手が空けば他をお手伝いする…と言う感じでしょうか。
この一年、かーさんも与えられた持ち場で何とか仕事をこなしておりました。


これが大ベテランさんや幹部さんになると、何処の持ち場も勿論オールマイティ!


「すげぇ~!かっけぇ~~!」


などとミーハーしていたかーさんで御座いますが、あくまでもミーハー(笑)


比較的暇な時などは、うれしがりのかーさん!ちょこちょこ他の持ち場の仕事を教えて頂いたり、猫の手よりは少しだけマシなお手伝いをしたりもしてはおりました。
…そう…あくまでも……「お手伝い」で。。。


でもね、そうも言ってはいられないらしい(--;
先日いきなり


「水曜日ね、あっちをお願いね~♪」


との一言で、かーさんの別ポジション勤務が決定。

。。。あはっ…あは…あはっ。。。。


で、やって参りました!昨日そのポジションでの初仕事!





4月21日1





えっとね。。。。疲れました。。。(--;
「頭」がとっても疲れました!


何しろ、そのポジションを「通し」で、一人でやるのは初めての事。
しかも、有難い事に…すんげぇーーーー忙しい日だったりもして(T_T) 


間違えない様に!
他のメンバーに迷惑を掛けない様に!
しかも、迅速に!丁寧に!




実際のところ、かーさんが普段こなしているポジションの方が、体はキツイです。
でも、慣れと言うのは恐ろしいもので、それはもう流れで体が覚えてくれておりました。
新しいポジションも、流れは一応頭に入ってはいましたが…
それでも、どことなくアタフタ(^^;


何とか終えて帰宅した時は、自慢できる程グッタリでした(笑)


食事を済ませて暫くすると、猛烈な眠気に襲われました!
もう、目を開けていられない。


「とーさん…なんかね…眠いわ…」


と、そのままコタツでコロン。。。そして爆睡へ。。。(笑)



とーさんが後片付けしてくれたのも、猫トイレの掃除をしてくれたのも、ゴミの日の準備をしてくれたのも…
全く知らん(笑)


。。。ほんの3時間ほど、意識を失いました(笑)




4月21日2





ツルッツルの脳味噌に、クッキリと皺が一本刻まれた気がします(笑)


   かーさんの「賢さ」が1上がった!
   かーさんの「体力」が1下がった!



HP回復しなきゃいかんわ(^^;


還暦近くなっても皺は刻まれる!(笑)
ある意味凄いかも。。。



八朔君へお詫び
昨夜、何度も寝返りを打ち、その都度下敷きにしてスマンかった!m(__)m
それでも、小さく「んなっ」と文句を言うだけで、添い寝してくれた君に感謝します(笑)




4月21日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

日常




伸びたり縮んだり…
茶トラーズの格好が、何となく極端な様相を見せています。



屋内とは言え、気温の変化に敏感な毛玉達です。
日差しの無い雨の日は、然程気温が下がらなくても「団子」
お日様がご機嫌な午後は「のしヘソ天」


いよいよ佳境を迎えそうな換毛期で、茶色い毛が至る所でフワフワ、撫でれば手にビッシリ(^^;
心なしか、顔周りがスッキリしてきた様にも見えます。



どんな事があっても季節は確かな歩みを刻み、日常が流れて行きます。


そんな何気ない日常が、本当は何よりもの恵みである事を、何かある毎に噛み締めるかーさんです。





4月22日1





とっても個人的に、少しばかりの引っ掛かり。


ツイッターやらフェイスブックやらのツールのおかげで、今回の震災でも有効な情報がいち早く廻ったりして助かる事は確かに沢山あった様です。
助けを必要とされる方々の「生の声」も届きます。
それによって反応する側も早く動き出せると言う利点は、素晴らしいものだと思いました。


ただ、それと同時に、心無い言葉や神経を疑う言葉も発信されます。
まぁ、それは「あぁ…またバカッターがやってる」と思えば済む事ではあります。


かーさんが、これは怖いな。。と思うのは、あくまでも「善意」だと思って呟かれる言葉でした。


中でも、ふとした事に対し「こんな震災が起きた時に不謹慎だ」と言う言葉の一人歩きです。



被災された皆様に心を寄せるのは、とても素晴らしい事だと思います。
しかし、何でもかんでも「不謹慎」と言ってしまうのは如何なものでしょう。
震災をネタにふざけた真似をしているなら、それは不謹慎極まりない。
被災した家に空き巣に入るなどと言うのは、もう「天罰が下れ!」の世界です。


でも、全てが喪に服した様に暮らせ…となると、これは少しばかり違う様な気がするのです。
些細な事をあげつらって、「不謹慎祭り」にしてしまうのは行き過ぎた行為だと思います。



また、とある幼稚園が、園児を連れてお散歩に出かけたら、その様子を見た方からクレームが入ったとか。。。
曰く「この震災の時に、ワイワイと賑やかに散歩とは不謹慎だ!」


。。。はぁ?意味が解らんわい!


んじゃ、何ですかい?
この震災の大変な時に、出産するのも結婚するのも全て不謹慎なんですかね?
披露宴なんて以ての外ですかい?


何か月も前から計画してやっと叶った、ネズミの国で遊んだり、大阪の魔法の国でワクワクするのも、全部不謹慎?



日常を失ってしまった方々がいらっしゃるのだから、みんな日常を慎めと言うのはおかしいでしょ、どう考えても。
誰よりも被災地を心配している自分に酔っただけの言葉にしか聞こえません。



何気ない日常が大切だと解るからこそ、その日常を早く取り戻して頂きたいと願うのです。
日々を送りつつ、その中で自分にできる「何か」を模索するのです。
慎むばかりではなく、積極的に生きる事も、また大きな意味では支援だとすら思います。




もう一つ…これは本当に本当に、かーさんだけの感覚なのかもしれませんが…


やっと始まったボランティア活動の事が報道されていて、その様子を拝見していて「へ?」と思ってしまった事。
確かに、初日は雨で、外での活動は制限されていたと思います。
でもね……いきなり避難所の「トイレ掃除」?


社協のお偉いさんのお言葉によりますと
「多くの人が使う場所で、汚れやすいし衛生面からも掃除が大切だ」
からだそうです。


いやいや…それは解りますって。
トイレは綺麗であって欲しいですし、集団生活の中ではとっても大切な場所ですもんね。
でも、それを掃除するのはボランティアの方がなん?


…えっとぉ……避難所にいらっしゃる方々は、みなさん動けない方ばかり?
自分達が使う場所を、ボランティアさんに掃除して頂かなければならない程? 


避難生活も一週間になり、心身ともに疲労されておられる事は勿論でしょう。
できるだけのお手伝いがしたいと駆け付けてくれたボランティアの皆さんは、きっと何でも懸命にやって下さるでしょう。
でも、かーさん、ど~~しても引っ掛かる。


食べたら出るのは当たり前。
出したらそれを綺麗に維持するのも当たり前。
これって、一番単純な「日常」じゃないのかなぁ……
動ける方が順番に掃除をするって、そんなに無茶なお話し…なの…かな…?



もしかしたら社協のお偉いさん達のお考えだけなのかもしれませんので、決してその事に非難がましい気持ちはありませんが、何だか喉に小骨が刺さった気が致しました。




ともあれ、いち早く駆け付けて下さったボランティアの方々には、本当に頭が下がる思いです!
カッパを着込んで、トイレ掃除に勤しむ若い女性の姿を拝見しつつ


「貴女方にはトイレの神様が絶対に微笑むからね!」


と、思ったかーさんでした。




4月22日2





かーさんも、「ここ」で日常を送ります。
笑ったり泣いたり怒ったりしながら、毎日を過ごしていきます。



その中で、今自分に何ができるのだろうか…と言う思いだけはずっと抱えたまま。



新しいポジションでの仕事の帰り、かーさん自転車キコキコしながら思いました。



「よし!これで支援するペットシーツ分稼いだぞ!」って(笑)



明日もきっと思います。
ボランティアに駆け付ける事はできませんが、しっかり生きて、しっかり仕事して、しっかり日常を送って
ボランティアさん頑張れーーー!とエールを送りつつ…
よし!かーさんも出来る事をやる為に稼ぐぞ!ってね。




4月22日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪



君達の代わりの判断




「いいわよ!アタシはマッチ売りの猫になってやるから!」


我が家の姫、小夏の口からは時折こんな風に聞こえてくるような鳴き声が発せられます(笑)
例えばそれは


出されたウエットフードがお気に召さない時…
ねだったオヤツが出てこなかった時…


。。。主に食べ物系が絡むときに。。。(笑)



スンスンと匂いを嗅いだ後、スタスタと立ち去り際に残す、この捨て台詞と、見返りの恨みの眼差し(^^;
最初の頃は、「あらら…こなちゅ文句言ってるよ」としか思わなかったのですが…
ある日、フト、 「アタシはマッチ売りの可哀想な猫になってやるから!」とアテレコしてからと言うもの、どう見てもそうにしか見えなくなってしまいました(笑)



小夏は実に的を射た様な鳴き方をする「お返事猫さん」です。
話しかけると、まず間違いなくタイミング良く返事を返し、その後暫く「会話」が続きます。
あんまり面白いので、ついつい興に乗って、かーさんも楽しんだり致します(笑)


八朔がどちらかと言うと、「独演会」系なのに対し、小夏は会話系。
ですので、八朔には主に「合いの手」を入れ


「おぉ、そかそか!そりゃ大変だのぉ~♪」


小夏には、「お悩み相談」を持ちかけます(笑)


「ねぇ…こなちゃん、困ったよねぇ~どうしようか…」


すると小夏が、絶妙なタイミングでお返事を返してくれると言う妙技!
我が家で、夜毎繰り返される「猫さんに遊んでもらう」図です。




4月23日1






生まれる場所も、その後の生き方も、茶トラーズは自ら選べた訳ではありません。
今こうして我が家で暮らす事も、ある意味「成り行き」だったりします。


あまりの愛しさに、後付けっぽく沢山のご縁を感じ続けてはいますが、実の所かーさんの行き当たりばったりが招いた幸運だと思っています。
最初の猫が、大らかが毛皮を着ている様な八朔だった事も…
次に巡り会えたのが、順応性と図太さと(笑)賢さを兼ね備えた小夏だった事も…
その二匹が実は兄妹であった事さえ、かーさんが意図した事など全くなく、「そうなってしまった」事。



八朔や小夏にしてみれば、「気が付いたら変なオバサンとオヂさんの家に居た」かもしれませんよね(笑)



そうやって暮らす中にも、大小様々な不満や不便だって、彼等なりにあるだろうと思うのです。
決して「とても恵まれた環境」や「贅沢な品々」を用意できる訳ではありません。
他と比べる事は、いつだって何の意味も持たないと思いつつ…
胸を張って言えるのは、ただ「君達が大好きだ!」と言う気持ちだけです。



だからこそ、大いに文句をタレてくれてもいいのだ!


君達が感じる「不満」や「好き嫌い」を、どんどん言ってくれて構わない。
むしろ、云われてもきっと半分も理解できないかもしれない(笑)
それでも、一生懸命「解ろう」とは努力します。


勿論、解った上で却下だってあり得る(笑)




4月23日2




 好むと好まざるを得ず、「ここ」で暮らす事になった君達。


かーさんは、そんな君達の為に、日々小さな選択を繰り返して過ごしています。
出来る限り、君達が快適に過ごせる様に…
思い浮かぶ最大限に、君達が安全で暮らせる様に…


君達に委ねる事が出来ない判断の数々は、とーさんとかーさんが代わりに担います。
穏やかに過行く時も、或はそうでない時も。



今回の震災で、パニックになった猫さんやワンちゃんが、割れた窓から飛び出して迷子になってしまったと言うお話を沢山聞きました。
尋常ではない揺れに襲われたら、何時もなら何かあれば、かーさんの懐へ飛び込んでくる八朔だって、パニックになってしまうかもしれません。
「絶対に大丈夫」は、あり得ない話ですよね。


避難云々の前に、まず「見失わない事」で、この子達の安全を確保しなければ。。。



とっさの判断が命を左右するとしたら…



とーさんとかーさんに、また新たな「判断」の為の準備をする覚悟が出来ました。
まず、どんな危険があるのかの可能性を探る事。
その対応。
あぁ、まだ一杯あるぞ!と…



今回、迷子になってしまった「しっぽの家族達」が、どうぞ無事に見つかり、優しい家族の元へ帰れます様に。。。。




4月23日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

黄金週間の予定は…



ハナミズキが咲き始めました。

あぁ…もうそんな季節なのだなぁ…と思わされます。



どうにもこうにも「緑」とは縁が無く、かーさんの手に掛かれば、サボテンだって裸足で逃げ出すと言う、灰色の手の持ち主ですので、専ら季節は他所の御宅の手入れの行き届いたお庭の観察をさせて頂くのみのかーさん。
仕事の行き帰りだけでも、ふと目に飛び込んで来る「季節の使者」に和ませて頂いております。



聞く所によりますと、花や緑もせっせと声を掛けて育ててあげると、より綺麗に咲くと申します。
きっと、「緑の手」をお持ちの皆様は、優しい声掛けを欠かさず、丁寧に育てておいでなのだろうなぁ…と思います。


では、何故かーさんがダメなのかと申しますと…


返事してくれないんだもーーーん(^^;

ではなかろうか…と思われます(笑)



そもそも「細やかな心遣い」とか「女らしさ」などと言うアイテムを、産まれてくる時に母親のお腹に置き忘れてきたらしいです。
学生時代から、異性ではなく同性にやたらにモテ、「男らしい」と称されたかーさんです(・・;)
その上に、育つ環境で「ガサツ」さに磨きがかかり、大雑把さがスクスク雑草並みの強さで根を張った結果、今のかーさんが出来上がりました。


そう言う意味では、我が家の八朔も小夏も、やっぱりはまり役だったのでしょうね(笑)


コブシを回して独演会を開催する八朔と、お返事が素晴らしい小夏は、ハッキリ言ってうるさいレベルです!
そして、我が家の場合、常にお花は「頭の中」に咲く事になっております(笑)



4月25日1




GWを目前にして、かーさんとても忙しくなりました。
お陰様で「鬼の勤務体制」です(^^;


勤務も一年を超え、どうやら本気で戦力として加えて頂いた模様。。。


これって、有難いお話しですよね?
泣いちゃいけないですよね?(^^;



とーさんにサポートしてもらいつつ、茶トラーズとの時間も大切にしつつ…となると、流石に更新が厳しくなる事も多くなろうかと思われます。
マメに足をお運び下さる方々には、大変申し訳ございませんが、出来て簡単更新になる予感がヒシヒシ。
どうか、そんな時は


「あぁ、かーさん必死に稼いでるのね」

と、生暖かく見逃してやって下さいませm(__)m
長~く支援を続けるためにも、かーさん頑張ります!






ちなみに…昨日は小夏様に言いつかって、売る為のマッチを仕入れに行っておりました!
小夏がね、言うんです。


「ちょっと!マッチがなきゃマッチ売りの可哀想な猫になれないじゃないの!」って。。。


でもねぇ…最近マッチなんて見当たりませんぜ?
ケン〇ンだって、マッチ箱じゃなくなったもんね(笑)
小夏様が売りたい様な、「儚げな」しかも「可愛い」マッチなんて、どこにあるっちゅうねん!



で、仕方なく100円ライターを買ってきたら、やっぱり叱られました!


「あのね!マッチが一本消えるまでに見る儚げな幻が話のツボなの!」

「ライターなんて、いつまでも点いたままじゃん!」

「消えるまで持ってたらアタシの肉球が火傷しちゃうわ!」




。。。だそうです。。。。(嘘だけどな♪)





4月25日2















ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

小さな楽園 大きな眼差し



いきなりですが…暑いです!
本日の午後、我が家の室内温度はとうとう30度を超えました(^^;



開け放した窓から入る風は、さわやかな薫風で心地よいのですが、見事に晴れ渡った空から降り注ぐ日差しはどんどん気温を上昇させました。
ご機嫌でベランダに飛び出した茶トラーズも、ゴロンゴロンしております(笑)



4月26日1




これからの季節は、暇さえあれば「外~~!出せ~~!」コールが激しさを増します。


茶トラーズにとっては、唯一の「外の空気」を全身に浴びる事ができる場所。
何時もの様に、とーさんかかーさんが付きっ切りになれる時のみ許される、小さな楽園です。



残念ながら「鳥さん」も「虫さん」もあまり遊びには来てくれず、専ら外気浴だけではありますが、茶トラっ子達にとっては、楽しみな時間になっている様です。
(…まぁ、虫さんはかーさんが遠慮願いたい…(^^;)
遥か上空をゆく鳥さんの姿を、見事なシンクロで目で追う兄妹は、どことなく「のんびり」
きっと、あれは遊んではくれないと解っているのでしょうね(笑)



そして、我が家のベランダには、もう一つ茶トラーズのお楽しみがあります!
飛び出すと、まずは真っ先に駆け寄る場所。。。それは


水耕栽培の豆苗


勿論、最初の豆苗は、とーさんとかーさんのお腹に収まりました(笑)
食べた後の茎を水に浸しておくと出て来る、二番苗が兄妹の「サラダバー」になります。
猫草よりも好んでおります(^^;


最初、豆苗をバクつく八朔の姿に驚いて、かーさん調べましたとも。
「猫に豆苗…害はないのか?」って。
結果、あまり沢山の量でない限り、問題はないみたいです。



かーさんが食べるモノ=ボクも食べられる!
と、思いがちな八朔はともかく…
食べるモノに対して、とても慎重な小夏までもが、喜んでいる所をみると、単純に「あぁ、これはダイジョウブかもしれない」と思いました。
勿論、一気に多くを食べない様に気を付けます!




4月26日2





親馬鹿目線だとは思いますが…


こうして外に出たりする時、小夏がまず傍若無人に好き放題ゴロンゴロン始めます(笑)
パッカン開きは勿論、抜けたフワフワ毛が風に舞うように、クルクルゴロゴロと、それはそれは楽し気です。
そんな時、八朔は周囲に警戒しつつ、必ずと言っていい程、小夏の横や後ろでちょこんと座り込んでいるのです。


まるで「ボクがちゃんと小夏を守ります」とでも言わんばかりの姿です。


もしかしたらオス猫の習性なのかもしれませんし、ただの気紛れかもしれません。
それでも、親馬鹿かーさんの目には、「兄ちゃん警備隊」に見えてしまう(笑)
そんな八朔の横で、小夏は本当に自由に振る舞っていて、見ているとほっこり致します。



そして…そんな茶トラーズの横には、とーさん警備員!
何かあればすぐに手を伸ばせる位置で、茶トラーズを見守ります。



そして…そして…
目には見えないけれど、きっとそんな一家を見守って下さる、かーさん達が「猫神様」と呼ばせて頂く、大きな大きな何かの力がある…



吹き抜ける薫風の中に「よしよし」とおっしゃって下さる優しい眼差しがある気がした午後でした。




4月26日3





先日送らせて頂いた物資が無事に到着したとの事です。
「早速使わせて頂きます」のお言葉に、少しだけホッと致しました。
この時期にでも、しっかり届けて下さる業者さんにも、改めて感謝です!










ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

小夏版「マッチ売りの少女」




「また焼きカツオぉ~?飽きたってば!」


どうしてチュールじゃないの?
アタシがチュール好きだって、知ってるくせに…意地悪なの?


そもそも寝る前の、このオヤツタイムを、アタシ達がどれ程楽しみにしてるのか、解ってるくせに!
せめてクリスピーキッスなら、まだ許すのに!


気分悪いから、砂かけしとこっと!



…えっ?我儘言うんじゃありませんって?



あ・の・ね!
「食う」「寝る」「遊ぶ」は、アタシ達猫族の大切なお仕事なの!
そこを妥協したら、猫じゃないわよっ!




いいわよ…いいわよ…かーさんがそう言うんだったら…
アタシはど~~せ可哀想な儚げな美少女よ。。。。
…きっと、かーさんヒガンデルのよね…アタシがちょっと綺麗だからって…やっかんでるんでわ…




アンデルセン童話のマッチ売りの少女みたいに、マッチ売ってそれでオヤツを買えばいいんでしょっ!
止めても無駄だからね!
止めないでよっ!



アタシ…アタシ…マッチ売りの美猫になってやるぅーーーー!




マッチ売りの可哀想な小夏





…あ…あれっ……?


何だか季節設定がヘンじゃね…?
。。。。雪降ってるし。。。。



そうだ!
ここは、マッチを一本シュッって擦って、その火が消えるまで幻を楽しむんだったわ!



うふふ♪
「クリスピーキッスのお風呂」がいいかしら~~♪
それとも「チュールの海に溺れる」のがいいかしら~💛



一本のマッチが消えるまでだから、急がなきゃね!
食って食って食いまくらなきゃね!
下痢Pするまで頑張るわよっ!(≧▽≦)




4月27日1




さぁ~マッチをシュッしよ~~っと♪


えっと…えっとぉ…えっとぉ……


「マッチってどうやって擦るんだっけ?」


って言うか…アタシ、マッチって見た事もないんだけど。。。
勿論検便はキットだったわ!
マッチ箱って…なぁに?


え!ええーーーっ!


マッチって片手でシュッて擦れたら、出来る遊び人クラスなの?
って事は…普通は両手を使わなきゃ火がつけられないって訳?



アタシ猫よ?
猫の手ってのは、「使えない」って代名詞よ?
そのアタシに、シュッて擦れってか?





4月27日2





。。。失敗したわ。。。


マッチ売りの少女じゃなくて、もっと違うモノにすればよかった……
同情をもらうんじゃなくて、アタシらしく強奪にすればよかったのよ!


そうよ!同情するならチュールをくれ!だわ!


。。そうだわ。。。
八朔をお椀の舟に乗せて…うんしょこうんしょこ都まで行かせて……
打ち出の小づちゲット!とか……


豆の木を植えて、八朔にうんしょこうんしょこ登らせて……
お宝ゲット!とか……


なぁ~んだ♪
八朔が頑張ればいいんじゃなぁ~い💛



って事で、よろしくね♪はっちゃく兄ちゃん!




4月27日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

ボクの納税



我が家のはっちゃく坊やは、絵にも描けないこっ恥ずかしいマザコン坊やであります。


出会った瞬間に、かーさんの膝に躊躇なく飛び乗ってから、ず~~~っと「かーさんの膝LOVE」を貫き通す、ある意味筋の通った漢!
雨が降ろうが槍が降ろうが、真夏にだって


「ボクはお膝」



寝る時には、かーさんの枕を半分分捕り、その上腕枕も要求すると言う贅沢モノで、時々かーさんにオチリの穴をぴっとりくっ付けると言う暴挙も働きます。
「嗅いでいいですよ~♪」
と言う意味なのでしょうか……(--;


気持ちは嬉しいですが(?) かーさん如何に猫馬鹿と言えど、オチリのお穴を積極的に愛でるまでには未だ至りません!
そこのみを特別に愛する程のフェチにもなりきれてはおりません!
精進が足りなくて申し訳もございません!(開き直り謝罪 笑)



まぁ、とにかく常に「かーさん~♪」で、くっ付きまくりの八朔ですので、実際の所かーさんは
ここまで慕われて無碍にはできん!
と、思う訳です(笑)




4月28日1




そんな八朔ですので、とーさんの所へ行くのは本当に稀な事になります。



小夏は案外平等に「人間座椅子」を使用するのに対し、八朔は頑丈な「とーさん座椅子」に座るのは


盆か正月か(笑)


小夏が来てくれて、とーさん的には「とーさんだって!」になれた事は、実に喜ばしい事です。
何しろ今までは、ジトォーーーーと横目で見ているのみでしたので…(笑)
(そして、何気にかーさん優越感 笑)


大らかなテケトー猫の八朔、実は案外拘りの漢。
気ままな自由奔放な猫小夏が、実は案外気遣いのいい女だったりもします。
…まぁ、小夏の場合、「とーさんを上手に操っている」とも申しますが(笑)



っと。。。前置きが長くなりましたが…(毎度の事?)



そんな八朔がです!
ある夜、何を思ったか、ドべ~~っと寛ぎまくっているとーさんのご機嫌窺いに行きおりました!



横たわるとーさんのフクヨカな腹に寄り添い…♪
何気に腹フミフミまでご披露!(≧▽≦)





4月28日2





ここに完成です!


「嵩高(かさだか)コンビ」(笑)


しかし…突如どうしたんだろうねぇ…
と、とーさんと話していると、思い当たりました。


「とーさん!納税!納税だわ!」


。。。きっと小夏に言われたに違いない。。。



「はっちゃく!ちゃんと納税しとかないとチュール出ないわよっ!」って(笑)



流石は小夏様♪
税務管理も万全でございます。
(チュールの為ならえ~んやこ~りゃ!笑)




4月28日3











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

言葉なき言葉



ケコッ!ケコッ!ケッケッ!


きっと猫と共に暮らす皆様なら、こんな声が聞こえて来たら、何をしていても手を止めてしまいますよね。
特に今は換毛期の真っ最中。
毛繕いでお腹にはたっぷりと猫毛が溜まっているに違いありません。



有難い事に、我が家の茶トラーズは普段滅多に吐き戻しを致しません。
あって年に一度か二度……
ですから、この「さぁ!出ますよ!」の合図は、ちょっとした騒ぎを引き起こします。



昨夜、かーさんが茶トラっ子達に自分の食べているマグロの赤身を貢いでおりました。
小さく千切って、両手に乗せて…右八朔、左小夏で。
一切れ分のお刺身を、丁度半分こずつです。


ご機嫌で食べ進んでいた兄妹でしたが…
食べた直後に、小夏が「ケコッ!」を始めてしまいました。


「とーさん!小夏がケロッP--!」


慌てて「処理班とーさん」が走ります(笑)





4月29日1





こう言う時、猫さんってしょんぼりしますよね。
何となく「ごめんなさい…」っぽい表情を見せたり…



「ダイジョウブ!ダイジョウブ!」
「こなちゃん苦しくない?」



と、声を掛けながら、かーさん瞬時に色々な事を考え始めます。



。。。急いで食べ過ぎたかな?。。。
。。。換毛期でお腹に毛が溜まってたのかな?。。。
。。。いきなり気温が下がって、さっき小夏くしゃみしてたな。。。



暫く小夏の様子に注意を払います。



触れても嫌がらない。
耳や鼻を触っても、熱は帯びてはいない。
毛並みがパサついてもいない。




ちんまりと香箱を組む姿は、何時もより縮こまって見えます。



。。。少し様子を見よう。。。






少しして、シーバーを差し出すと…「カリポリ♪」
その後は、ホットカーペットの上でパッカン!


うん!大丈夫だ!




4月29日2





よく「ある」事です。
猫と暮らすのなら日常茶飯事だとすら言えます。



でもね…慣れちゃいけないな…とも思うのですよ。



「あぁ、また吐いちゃったのね」とは思いたくはありません。
言葉を話せない猫。
痛みや不調を隠そうとする猫。
そんな猫さんの性質を知った上で、ちゃんと毎回ドタバタしようと思うのです。



苦しかったの。
気持ち悪かったの。
何だか体がヘンなの。。




精一杯伝えようとしてくれる、そんな言葉なき言葉を、しっかり受け止めたいと願います。
全てを解ってあげる事はできませんが、少しでも「何か」を気付けるように…



共に生きる事を許してくれた君達への、責任感ではなく精一杯の愛情の証として。



夜更け、パソコンの前に座るかーさんの膝には、ちょこんと小夏。
「もう平気?大丈夫だね」
と、その小柄な身体を撫でると、小夏がキュッと爪を立てて応えてくれました。


「大丈夫よ、かーさん、とーさん。有難うね」


そんな小夏のお返事が聞こえてきた気がしました…





4月29日3


いよいよGW開始ですね。
どうぞ善い休日をお過ごし下さいませ♪
…かーさんお仕事します!(笑)












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

今季最後の




  卯月去りぎわ  戻りの寒や

        花も震えて  猫丸くなる





滅法忙しかった仕事を終えて帰宅すると
いい加減に片付けなきゃ…
と思っていた猫様ホットカーペットに、恐らくは今シーズン最後かと思われる「どら焼き」の姿( *´艸`)



「今日は寒いね」



…温かくして過ごして下され。




4月30日1





GWに突入しましたね。
ニュースからは、どこそこが渋滞だ、海外へ向かう便が大賑わいだと、何時もと変わらぬ映像が映し出されます。
上手くお休みを挟めば、最大10連休になるとか……


ほぉ。。。(とっても他人事 笑)


かつても今も、何故か他人様がお休みの時には忙しい仕事にしか就いてこなかったかーさん。
いまいちピンと来ないまま生きて参りました。



何もわざわざ混み合う時期に動かなくても。。。


と、昔は少しばかりやっかみ半分で…
今は、爪の先ほども羨ましいとは思わずに…本気で思っております(笑)
ただ、こうも忙しいと、ちょっとげんなり…(^^;
GW初日にして、早くもこの後の10日間に溜息が出そうです。


まぁ、これも自分が選んだ事!
腹を括って乗り切ります。




4月30日2




激動の4月が終わろうとしています……
未だ先の見えない余震の中、不安定な天候も続きご苦労がしのばれます。


来る皐月が、少しでも優しい時を運んでくれます様に。。。



北の大地では時ならぬ雪便り。
かーさんの住む地方でも、仕舞掛けた上着を慌てて引っ張り出す寒さになりました。
この気温差には正直お手上げです。


皆様もどうぞ体調を崩されない様に気を付けて連休をお過ごしくださいませね。



…我が家では、もう少し…炬燵と猫ホットカーペットが出されたままになりそうです…




4月30日3
「色気のないどら焼きに花を添えたのよ!」と、小夏が申しております♪











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
03 ≪│2016/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: