それ ボケ防止!




様々な事が恐ろしいスピードで駆け抜けて行きます。
「光陰矢の如し」
と言う言葉を、何故かしみじみと実感中。


実際の歩く速度は、かつてと比べると牛歩にも似て、トボトボなのに…
時間は容赦なく、と言うか昔よりもより一層、まるで濁流の様に流れて行きます。
何だか少し置いてきぼりをくらってる気分すらしたりもして。


先月末よりかーさん、またしても「お忙し期間」に突入致しました。


毎日、暑いだの寒いだの、雨だの晴れだの言いながら、決められたスケジュールをこなしていると、あっと言う間にカレンダーが進んでおります( ̄▽ ̄;)
確かに毎日いろいろな事が起こり、その都度考える事や感じる事もあるのに、振り返ると何だか何もかもが一瞬なのです。
。。。ええんかいなぁ…この年でこんなんでも。。。(;´・ω・)



確か…小学生や中学生の頃って、「一学期間」ってのがひたすら長く感じたと記憶しています。
あれから幾星霜(ちと大袈裟 笑)
同じだけの日々の時間を過ごすのに、何故こんなにも何もかもが速いと感じるのか…と苦笑い。
今なら時間の駆けっこでは、ボルトにも勝てる!(笑)



本来なら定年を迎え、そろそろのんびりと…なんて考える時期のはずが、何でかーさんってばこうなんだろ( ̄▽ ̄;)



とは言え、働くのは好き!
信頼できて好ましい仲間や、子供世代を通り越して孫世代と一緒に、ワイワイ言いながら仕事をするのは本気で楽しいです。
自分なりの効率アップや、より細かい所への気配りなど、出来うる限りの「自分育て」もまた楽し!です。
その結果、茶トラーズに掛かると思われる費用が稼げるならば、これは御の字!
ようは…好きでやってるって事かもしれませんね(笑)
恐らくボケ防止にも…(笑)




8月4日1





ボケ防止と言えば…
かーさん毎晩やっております!



左手「ポンポン」
右手「ナデナデ」



お腹の上に陣取る八朔の体を撫で撫でしつつ、左側に居る小夏様のお尻をポンポン。
右手と左手を、違うリズムと速度で動かすのです。



これ、やってみると案外難しい( ̄▽ ̄;)
ちょっと気を抜いたり、眠たくなってボーっとしたりすると、すぐさま両手が同じ動きをしたがる!
すると、両方から「非難の目」
イカン!と気を取り直して、またボケ防止運動(笑)



撫で撫でポンポン  撫で撫でポンポン



そのうち、茶トラーズから、「かーさん毛繕い」のお礼が…(*^-^*)
ザラザラの舌で、かーさんの両手が綺麗綺麗されます(笑)
八朔なんぞ、前足で抑え込んでの強引毛繕いで、指の間まで綺麗にしてくれます( ̄▽ ̄;)


少し前まで、小夏は時々かーさんの髪の毛を毛繕いしてくれる事はありましたが、直接肌を舐めてくれる事はありませんでした。
それが今では、八朔程「熱烈」ではなくとも、静かに優しくかーさんの手先をペロペロ…
小夏の舌は、やっぱり小夏の毛質みたいに優しいです。
優しくて、とっても「何か」を伝えてくれます。




8月4日2





かーさんの「ちょいと大変」な期間は、まだ暫くは継続予定です。
有難い事に、こんなかーさんでも頼りに思って頂けるのですから、ここは頑張らなきゃ罰が当たりますよね!


何より、家に帰れば愛情深い毛玉達が待ち構えてくれています。
右から左から擦り寄ってきて、「さぁ構え!」「さぁ愛でろ!」(笑)
何だか常に左右に八朔と小夏を従えている気すら致します。


「とーさん、かーさん腕が二本あってよかったと思うわ」


と、苦笑いしながら言うと



「とーさんにも二本あるんだけどなぁ…」



とーさんの二本の腕は、宜しければかーさんのマッサージで存分に存在感を発揮して頂ければ…♪
きっと、とーさんのボケ防止にもなると思うの~~(笑)




天候不順な日々が続きますが、どうぞ皆様、体調管理を怠らず気を付けてこの夏も元気に乗り切られます様に♪
元気あってこその「猫様孝行」!
沢山の「小さな嬉しい!」を一杯積み重ねましょうぞ~



8月4日3




スポンサーサイト



都合の良い女 5年目の夏




茶トラーズの苦手なモノと言えば


「ピンポーン!」


そう、玄関のチャイム音です。


実際の音は勿論の事(ですので我が家のチャイムの音はほぼ最小) 時折TVで鳴る音にまで反応してはダッシュで逃げ出します( ̄▽ ̄;)
これとは別に、小夏は掃除機やドライヤーの音も苦手。
まぁ…八朔は八朔ですので…これらは平気です(笑)


要は人工的な音が苦手なのだろうと思われます。
我が家は幸い、どの花火大会からも程遠い為、しかとは解りませんが、恐らく花火などの音が聞こえたらきっと逃げ出す…だろうなぁ(笑)
先日は、近隣の夏祭りの為の「太鼓」の音が怖くて隠れました。


ほらぁ~何しろ、我が家の茶トラっ子達は「箱入り娘と息子」なんでぇ~( ˘ω˘ )
とーさんと、かーさん以外の「人間」が怖い(笑)
その気配も怖いし、姿が見えようものなら、見事に幻の猫化致します。




8月8日1




その一方…
突然の豪雨、雷鳴や地震などの時は、どこに居てもすっ飛んで参ります。



先日の真夜中と朝方にあった地震の際。
たまたま小夏様は、既にかーさんの懐でお休み中でして、揺れた瞬間起き上がりましたが、そのまま腕の中で様子見。
少し離れた場所に居た八朔は、かーさんと目が合った瞬間、ワープして参りました(笑)


凄い素早い動きで、まさに飛んで来て…


かーさんの「上」に乗りましたとさ(笑)



「揺れたねぇ」
「ビックリしたね」
「大丈夫だよ」
「一緒に居ようね」


とーさんに「八朔は相変わらずだな」と笑われながら、八朔も、そんな八朔を見た小夏も暫くはピッタリと側です。


5歳になって、成猫さんとして「立派な漢」になった(らしい 笑)八朔ですが、こんな処は本当に変わりません。
かーさんの上に居れば安心らしい(笑)



あの日から5年経った今も同じです。





8月8日2





とーさんとの会話の中で、よく出て来る言葉。


「八朔と出会う前」と「八朔が来てから」


我が家に於いてそれは、もうACとBCの違いくらいは大きな転機です(笑)



何度も何度も思い起こす、ほんの少しのタイミングで出会う事すらなかった、「あの日」から今日で5年です。
出会った瞬間から、かーさんの腕に抱かれた仔猫は、大人になった今も何かあれば「ココ」が安心だと信じてくれている様です。


ちょっぴりは知恵もつき、偉そうな顔して好き放題の、「5年後」の八朔です。
追いかけっこの最中は、かーさんを踏む!蹴る!飛び越える!の酷い扱い( ̄▽ ̄;)
でも、それが終わって何となく寂しくなると、甘えた声で抱っこをせがむ。


全く都合よく使ってくれるモンです!


そして、そんな風に都合よく出来る相手になれた事が、かーさんは誇らしい。


選んでくれて有難うね。。。
一緒に居てくれて有難うね。
もっともっと、ずっとずっと、かーさんを都合よく使って下さいな。




8月8日3


盂蘭盆会




 オレは何故か急いでいた。

 どこへ?何故?

 何も解らないままなのに、とにかく気が急く。



   行かなきゃ! 行かなきゃ!

   しかも一時も早くだ!


 どこを走ったのかも覚えてはいない。

 どこを目指したのかすらも解らないのに、オレは辿り着いた気がした。



   ここだ……

   ここに帰りたかったんだ……



 頭にフト浮かんだのは オレを見て優しく笑う顔。

 オレの自慢の毛並みを 愛しそうに撫でる手。

 そう…いつだって笑ってるんだ。

 オレがちょっとばかし悪戯をしても、何かを失敗してしまったとしても

 呆れたり困ったりした顔をした後、やっぱり笑うんだ。

 オレはそんな笑顔が何より好きだった!大好きだった!



   なのに…なのに…

   どうしてか最後に覚えているのは笑顔じゃなくて泣き顔。。。

   笑顔でいたいのに、何時も通り微笑んでいたいのに、それが出来なくなった顔。

   「ありがとうね…」と言いながら

   笑顔を作りきれなくて、くしゃくしゃになった顔。。。



     そうだ!オレはちゃんと言いに来たんだ!



  泣くなよ…泣かないでくれよ…

  だって、オレ幸せだったんだぜ?

  大好きだよって言われる度に嬉しかったんだぜ?

  可愛いねって撫でられる度に誇らしかったんだぜ?

  だから泣かないでくれ…大好きな人。。。

  


 オレは何時もそうしていた様に、そっと体をすり寄せてみた。

 すると…何だかハッとした顔でキョロキョロしてる。

 何かを探す様にその手が、その目が動いてる。



    オレだよ!ここに居るよ!還って来たよ!

    
 そしたらさ…やっぱり笑顔を作り損ねた様な顔でクシャクシャになるんだ。。。



 まったく!しょうがないな!

 これだからオレは放っておけないんだ。

 ちゃんと、ずっと、いつまでも…これからだって…

 見てるからな!見守ってるからな!

 心配するな…もっとずっとずっと後になれば、また会えるよ。

 オレはちゃんと覚えて待っててやるからさ。

 慌てずゆっくりと、のんびりでいいぞ。

 時々はこうして様子も見に来てやるからな!



 その時は、オレが大好きなあのバカみたいな最高の笑い顔でオレを呼んでくれ。

 なにしろオレの大好物だからさ。

 ずっとずっと大好きなんだからさ。。。








8月16日1




雨続きの盂蘭盆会です。
今年も、みんな大好きな人の元へ無事に帰ってきたのかな…


2年前に愛猫達が待つ場所へと旅立った実家の母も、以前はよく申しておりました。
二階にある母の寝室へと続く階段を、よく旅立ってしまった愛猫が上がってくる音がした…と。
母曰く、どの子も足音が違うのだそうです。
だから、どの子が来たのかもわかるのだ…と。


亡くなるまで母の寝室の襖の扉は、締め切られる事はありませんでした。
何時も、どんな時も、猫達が通り抜けられるだけの隙間が開けられたまま。


そんな母も、今はきっと愛してやまなかった愛猫達と共に居る事と思います。


遅ればせながら




えっとですね。。。
えっとぉ……



  うっかりしておりました!


思いっきり失念しておりました!



何の事かと申しますと、実は…実は…実は…
先日の8月22日は  


「八朔まみれ」と言うブログの5周年でございました( ̄▽ ̄;)



あれ?何かあった気がしたのに、何だっけ?
と、アホ丸出しでその日をスルーしてしまったと言う、素敵なボケ加減。
気付けば、記念日を3日も過ぎていたと言う…何とも「つける薬」のない状態でございます。



八朔と言う、茶トラの仔猫を連れ帰ってから怒涛の2週間を過ごし、その中で「この子の今」を残したい!
と願って始めたブログです。
何もかもが初めての日々。
何もかもが新鮮で驚きの日々。
ド初心者猫飼いかーさんと、小さな茶トラの男の子が、互いに手探りで重ねた、今思っても掛け替えのない宝物の様な日々でした。



遊んで遊んで遊んで、もう一つ遊んで、バッタリと電池が切れて(笑)
耳と手足のやたらデッカイ子猫は、それまでの静かな大人だけの暮らしを一変させました。
そんな毎日を綴って来たブログも、もう5周年ですと( ̄▽ ̄;)



CIMG0060.jpg
2012-8-23撮影再掲

CIMG0070.jpg
2012-8-23撮影再掲


CIMG1717.jpg
2012-11-17撮影再掲


CIMG3932.jpg
2013-3-2撮影 



最近ではすっかり不定期更新も板に付き(つき過ぎとも言う 笑) ご無沙汰不義理のオンパレード!
物理的な時間の使い方の下手さからくるアワアワと、すっかり馴染んで今やすべてが一部になっている茶トラっ子達の安定感からくる日常が、かーさんの書く意欲をどんどん削いでしまったと言う( ̄▽ ̄;)


もう一つ、言い訳を申しますと…
実は、四半世紀ぶりに「胆石」が暴れおりまして、ちょいと唸ってもおりました( ̄▽ ̄;)
本人も持っている事をすっかり忘れていた石が、何故か先日突如痛み出しまして、一晩脂汗をかきましたとさ。
お陰様で経過は良好で、すっかり痛みも無くなり、今は平常に戻っております!


不安定な天候のせいか、はたまた忙しさからくるストレスか…
単に食いすぎか(笑)


とにかく、体調管理!と言う言葉を改めて己に言い聞かせております!


かーさんが寝込むと、心配そうに何度も顔を覗き込みにくる八朔と小夏です。
指先を優しく舐めてくれたり、髪の毛を毛繕いしてくれたり、時には「フンガー!」と鼻息をかけてくれたり(笑)
この子達なりの「心配」が伝わってきました。


まだまだです!
クタバル訳には参りません!



ブログの方も、より一層「書きたい時に書きたい事を」へとシフトして行く事になると思われますが、休止は考えておりません。
ですから、どうぞお時間のある時に、またはフト思い出した時にでも覗いてやってくださいませm(__)m


安定の「ボクの指定席」である、かーさんの膝を死守する八朔と
全身でドスドスとぶつかってきては「構いなさいよ!」とアピールする小夏。
我が家の茶トラっ子達は、やっぱり最高です!(≧▽≦)



CIMG5639.jpg
2013-4-15撮影再掲


CIMG6261.jpg
2013-5-5撮影


CIMG7321.jpg
2013-6-20撮影再掲


CIMG11782.jpg
2014-3-21撮影


TDSC04420.jpg
2017-8-19撮影



新旧取り混ぜて、中には蔵出し(って程でもない 笑)の写真も!
で…お茶を濁しておきました~~(笑)

プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: