八朔がやってきた

突然現れた茶トラの男の子。
その日以来始まった、八朔にまみれた日々を綴って行きたいと思います。


保護当日の八朔君

120809_015655.jpg


8月8日の事
午後9時を回った頃、お散歩の帰り道の両側を道に挟まれた中州の様な緑地帯の横を歩いていると
何処からともなく猫の鳴き声が…。
毎日猫プログを巡回し、散歩の途中で猫様を見かけようものなら満面のニタニタ顔になる私としては、
これは聞き捨てならぬ!

早速植え込みを覗いてみると…出てきました!茶色い塊。
多分生後3~4ヶ月くらいの茶トラの男の子。
手を差し伸べてみると、全く怖がらずに擦り寄ってくる。
スリスリゴロゴロ…まるで待っていましたと言わんばかりに側を離れない茶トラ君。
縁石に座って相手をしていると、膝の上に乗って、石の間から生えている草にちょっかいを出して
その一つを食べ始めてしまった。
…えっと…お腹が空いてるんだろうけどさぁ…それって食べ物?(・・;)

中途半端に情けをかけるのは良くないって十分承知で今まで野良猫ちゃんを後ろ髪引かれつつも
スルーしてきたけど…
何だかなぁ…こんなにちっちゃいのに…こんなに人懐こっいのに…
きっと何処かで飼われていたんだろうに、こんな場所に一人っきりで…
と、思ったらつい口から出てた。「とーさん何かご飯買ってきて」(・・;)

買い物を待つ間も茶トラ君は私の膝から降りない。
顔を見上げては可愛い声で「ニャ~」って何か話しかけてくれる。
その間にも家路を急ぐのであろう車やバイク、自転車が結構な頻度で脇を通り抜けて行く。
緑地帯の幅はたぶん5mもない。その真横を車が走っているのだ。
車やバイクが危険な物だとは一応認識しているらしく、側を走り抜ける度に茶トラ君は私の脇に
顔を埋めてきた。

とーさんが24時間スーパーで買ってきた子猫用のパウチを与えてみると、あっという間にガツガツ
と食べて、もっと無いの?とばかりに見上げて鳴く。
一度に一杯食べるとゲロっちゃうぞ…と言い聞かせて立ち上がり、物凄~~く後ろ髪を引かれつつ
その場を離れようと歩き始めると、何とと言うかやっぱりと言うか…必死になって後を付いて来た。
緑地帯を出て道を渡っても茶トラ君は鳴きながら後を追って来る。
その時一台の車が横を走りぬけようと…
あーーぁ!!!もう!!
私は首に巻いていたタオルを取り気が付いたら茶トラ君を抱き上げていた…

大人しく抱かれている茶トラ君。
私は横を歩くとーさんに思わず「ごめん…」
とーさんは「最初から解ってましたよ」とばかりの顔。
…スマン…本当にスマン…

20分程の帰り道、抱っこされた茶トラ君は大人しいものだ。
周りをキョロキョロと見渡して不安そうではあっても、決して暴れたり嫌がったりする素振りはない。
途中、住宅街の所で一匹の黒白ハチワレ君が道に寝そべっている場所に遭遇。
フレンドリーな猫ちゃんだったので、茶トラ君をそっと下ろしてみた。
そしたら…おお!一丁前に「フシャー!!」だって(・・;)
植木鉢の影に隠れた茶トラ君を抱き上げて、いよいよ覚悟決めなきゃな。。。。って。
ゴメン…本当はまだ迷ってた…
本当にこのまま連れて帰ってしまってもいいのか…

部屋に辿りついた茶トラ君。
最初こそビクビクとした素振りで、低い姿勢でオドオドとしていたが、あっという間に膝に乗ってゴロゴロ
と喉を鳴らし始めた。
とーさんが取り合えず小さなダンボール箱の正面を切り取った「簡易猫様箱」を作ってくれ、そこに使わ
なくなったバスタオルを一枚。
様子を見ている間に、とーさんはもうひとっ走り、猫砂とカリカリを仕入れに。
小さな水切り籠に猫砂を入れると、あら、まぁ、びっくり!
何も言わないうちに茶トラ君、そこに入ってオシッコを!
ちょっと感動…。この子って何て賢いんだぁ~~!
って…これって、ちゃんと飼われていた子だな。どう考えても。
どうしてこんな可愛い子を捨ててしまったのか…と思うと、何だかやるせなくなってしまう。

ちょっぴりのカリカリとお水を器に入れて差し出すと、カリカリ又しても完食。
ついでに立派なウンチもスルスルと(笑)
いやぁ~クチャイ!(・。・;

熱いお湯で濡らしたタオルで体を拭いてやると、嫌がりもせず喉をゴロゴロ。
この子って何ていい子なんだろう(既に親ばかモード炸裂)

膝の上では気持ちよさそうに目を閉じて眠るのだが、簡易猫様箱に誘導するとすぐに出てきてしまう。
まだ病院にも連れて行っていないし、蚤やダニがいたら困るなぁ…と思いつつ、ベッドに誘ってみると…
私の腕に顔をくっつけて、スヤスヤと眠ってしまった。
あのぉ…初日からですかい?(・・;)

この時点ですでに朝の4時(--;
眠たすぎて頭痛がしてきた…
翌日仕事のとーさんなのに申し訳ないなぁ。

抱っこしての帰り道、とーさんがボソッと「名前決めないとね」って。
即答で私「八朔!」
「?」って顔をするとーさんに「8月8日に出会った子だからハチの字。それとミカンよりも少し薄い毛色
だからハッサク」って宣言。
結構いい加減な命名なのでした(・_・;)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もふもふ903さんのところからやってまいりました
感動の出会いですね

うちの妻が若いころ結婚するなら「八朔のような男性」
と言っていたそうです。

もう八朔のように爽やかではありませんが
なんとなく親近感が有りまして
ちょいとお邪魔させていただきました。

間取作造様

こんにちは^^
初めまして♪ようこそお越し下さいました。

> うちの妻が若いころ結婚するなら「八朔のような男性」
> と言っていたそうです。

八朔のような男性…
爽やかで、すっきりした男性でしょうか(笑)
それとも、少し苦味があって、酸っぱいけど美味しい男性かな?

> もう八朔のように爽やかではありませんが
> なんとなく親近感が有りまして
> ちょいとお邪魔させていただきました。

ご訪問&コメント、とても嬉しいです^^
我が家の八朔からも、奥様によろしくとの事です♪
よろしければ、またお越し下さいませね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: