吟遊詩人猫と敏腕マネージャー



5月21日1




小夏様は、実にハッキリくっきりサッパリと自己主張なさいます。


その場面場面に於いて、何が言いたいのか、鈍いかーさんにでも解る(笑)
最小の言葉で最大限の効果を生み出せる、とっても優秀な伝え方を身に付けていらっしゃいます。


もっと素晴らしいのが、その要求が通らないと知るや否や、スッと諦める潔さ!


「あっそ。今はダメなのね。了解!」


余りにもアッサリしているので、ついつい「小夏がそう言うなら……」と思えてきてしまう副産物も付いて参ります(^^;


ようは「人遣いが上手い」猫さん(笑)


小夏は、もし人間になってお勤めしてもバリバリのキャリアウーマンになれそうです♪



5月21日2




一方、ご存知八朔は、口数の多さに於いては


「トイレのシャンデリア」(笑)


無駄だし邪魔だし、掃除しにくいし(違!)


弓手絡め手、まどろっこしい事この上なし!


「ねぇねぇ、ボクって可愛いですよね?」
「そんな可愛いボクのお話しを少し聞いて欲しいです」



から始まり、延々と続くお喋り。
おそらく本猫も、喋り続けているうちに、何を言いたかったのかを忘れてしまうのだと思われます。
結果、かなり唐突に要求を突き付けて来る(笑)



「えっと、何か忘れちゃったけどとにかく、これ下さい!」


当然かーさんからも「却下!」の一言(笑)


しかし八朔の特技はここからが本番です。
かーさん思います。


不平不満を語らせたら、八朔の右に出るものなし!と(^^;



5月21日3




昨日の「男同士の宴」を却下された後も、かな~~りしつこくウニャっておりました。


例によってマイナーコードの哀愁を帯びた旋律で、いかに自分が不幸かを歌い上げる猫(笑)
歌い上げているうちに、どんどん興に乗って、「その気」になれると言う、ある意味ナルシスト?


世が世なら、三角の帽子をちょこんと被って、小脇にリュートか何かを抱え、街道から街道を歌って歩く
吟遊詩人になれたかもしれません(笑)




きっと、その時は横に「敏腕マネージャー」として小夏が寄り添っているでしょうね~(笑)



「ほら!はっちゃく!ここはオヒネリがイマイチよ!」
「次行くわよ!次!」




「ちょっと待ってよ、こなちゅ!」
「今丁度いいメロディーが浮かんだんだ!」



「あぁーー!もう!」
「それも次の為に取っておけばいいでしょ!」
「さぁ、行くわよっ!」




かつて偉大な神は作りたもうた…
歌う猫と、歌わせる猫を。。。♪(茶トラサーガより)





5月21日4









ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
お蔭様でかーさん頑張れます♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: