梅雨雑感



関東地方、梅雨入りから数日……


あれ?思った程降らないんじゃない?
むしろ、雨より地震の方が多い気がしたりもして…(--;


と、思っていたら、九州の方では大雨による被害も出ているとか。
そちら方面の皆様、大変でしょうがどうぞ気を付けてお過ごし下さいませね!
そして、どうか甚大な被害になりません様に……



それにしても、日本の梅雨って何時からこんなに亜熱帯っぽい降り方になったのでしょうね。
ドシャーーー!と男性的に降って、暑さも年々増してきて……
地球全体が温暖化している影響も大きいのだとは思いますが、これって地球が

「いい加減に目を覚ませ」

って、警告を出してくれている気も致します。



かーさんの子供の頃の梅雨って、もっとこう…
「しとしと…シトシト…」って感じだった気がします。
女性的と言うか、長くジワジワ降ってくると言うか。。。


懐古主義で、何でも昔は良かったなどとは申しません。
便利さも享受して、進歩に恩恵だって受けてます。


その反面、何もそこまで…と思う事もしばしば。。。


由緒正しい貧乏人かーさんは、あれば便利な物と言うのは、無くてもなんとかなる!主義(笑)
なるべくモノを増やさない。
今あるものは大切に最後まで使い切る。
過ごしやすさは工夫から!


自分でやれる事はなるべくやっての後「原発要らない!」です。




6月13日1




浅学の上に、テケトーな性格のかーさんには、難しい事はよぅ解らん(^^;



解らんなりに思うのは…
次の世代、その次の世代、もっと先の世代になった時「あの頃に間違ったんだ」って言われるのは悲しいな…って事。
間違いは誰にだってあるでしょうが、せめて取り返しのつかな間違いは後世に残したくないですよね。



八朔や小夏の直接の子孫は残りません。
それでも、種としてのこの子達の仲間は続いて行くはず。


ずっとずっと後の世にも、同じ様な茶トラ柄の甘えっ子達が居て、大好きな人の側で穏やかに暮らせる世の中であります様に…
好奇心の塊みたいな白黒ハチワレちゃんの目が、ずっと活き活きと輝き
「ザ、猫様」の三毛さんが、やっぱり猫様で居てくれ
優しいキジ猫さんやキジ白さんも、ぽってり日向ぼっこができて
知的な黒猫さんの目が、いつも何かを楽し気に企んでいそうに見えて
スタイリッシュな白猫さんが、何故だか「御餅」なんて呼ばれて可愛がられ
個性的なサビ猫さんは、唯一無二のその柄を誇らしげに見せびらかして…



でっかい子も、小柄な子も…
長毛さんも、短毛さんも…


飢える事無く、迫害される事なく
叶うならば、どの子も優しく撫でてくれる手と、甘えられる膝に出会い



何よりも、人が共に生きる喜びを感じられる世界であります様に…


その為には何が出来るのか、何をしなければいけないのか
人任せでは無く、一人一人が真剣に考え行動する事だけが、今を生きる人間に出来る事かもしれませんね。


週末につき、かーさんの独り言でした(^^;



6月13日2










ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
沢山のお力に支えられて、今日もかーさん頑張れます!


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: