愛すべき敬愛する猫馬鹿様達へ


ご存知、この「八朔まみれ」と言うブログは、かーさんが一匹の茶トラの男の子を保護した事で生まれました。


その後遅れる事7か月で、運命の出会いから紆余曲折を経て、八朔の本当の姉妹である小夏を迎え入れる事になり、我が家は一気に兄妹猫との憧れの多頭暮らし(たった二匹ですが  笑)に突入する事もできました。



日々綴る猫さん達との暮らしの楽しさや癒し、その愛しさは勿論の事
この子達はまた、猫を通じての新たな世界をも私達に与えてくれました。


知らなかった事…
知ろうとしなかった事…
より深く考え、より慎重に考える事…



そんな中、かーさんは多くの同志と呼べる素晴らしい人達とも出会って参りました。


深く頻繁にお目にかかる事もなく、ましてや顔も声もその人となりも何も知らぬままで居る方でさえ、何故か心惹かれる方々です。




6月19日1




ここ数日の間
そんな「愛すべき敬愛する猫馬鹿様仲間」から、続いての心配事のお便りが届けられました。


日頃の深い思いの丈をかーさんなりに熟知しているだけに、聞くだけで胸が締め付けられる思いです。


一つの決断を下す事がどういう意味を持つのか…
それは恐らく誰よりも身近にいる方が身に沁みてご存知で、それ故に心も痛められた事とお察し致します。


だからこそ。
だからこそ、かーさんは何も言わずにせめて心を寄り添わせたいと願います。


大丈夫…きっと大丈夫。
その決断でいいんだよ。。。。
どうか必要以上に心を痛めないで。



見えない手で、その背中をそっと撫でて差し上げたい……


何も言わずに側に…心だけは側に居るよ……



6月19日2




かーさんね…思います。
何か困難な事があった時、苦しい決断や心配事に苛まれる夜。。。
その時間の重さは、そのまま思いの深さに繋がるんだな…って。


たかが猫です。
そのたかがの為に流す涙や痛む心を持つ事は、他人様から見れば滑稽なのかもしれません。
これだから「猫馬鹿は。。。」と呆れられるかもしれません。


それって望むところです!
全く持って本望です!



何の疑いも持たず全身で信頼と愛を示してくれる、この小さき命すら大切に思えない様な心なら、そんなもん滅びてしまえ!です。



その小さな命を懸命に護ろうとする思いが決めた決断を、そっと見守らせて下さい。
アナタが下した答えを、黙って応援させて下さい。
そして…もし出来る事があるのなら、どうぞ遠慮なく仰って下さい!


かーさんのキャパは、悲しい程小さくて不甲斐無いけど…
まだ、たった3年にも満たない猫歴で、経験不足も否めないけど…


ところがどっこい!かーさんにゃ~ど根性があるさ!
呆れる程大雑把な性格は、これまた呆れる程妙に細かいとーさんがフォローしてくれるはず。



愛すべき敬愛する猫馬鹿様達へ

どうか…この天晴れなアホ夫婦をも、その一員として迎え入れて下さいませね。




6月19日3




不安定な天候が続いていますね…
どうぞ皆様の週末が穏やかな良いものであります様に♪










ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
沢山のお力に支えられて、今日もかーさん頑張れます!


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: