懐かしさの原風景



まずは経過報告をば。。。


どうやら我が家のPCさんは、本格的にHDがご臨終の模様です。
幸いバックアップは間に合いましたので、今までのデーターが無くなる事は免れたそうです。
(あくまでも、とーさん談 笑)


新しいHDさんがやって来て、とーさんが組み立てるまで、暫くかかるっぽい…
まぁ、仕方がないです。
長年にわたりよく頑張ってくれました!



丁度いい機会と言っては語弊がありまくりですが。。。
この際、しっかりした更新が可能になるまで、このままランキングボタンは外しておこうかと思っております。
その代わりと言うのも、これまた語弊がありますが、暫くはかーさんの好き勝手に書きたい事だけを書いてみようかと(笑)


いやいや!アンタずっと好き勝手やん!


と、言うツッコミは喜んで受け付けます(笑)


その第一弾!
本日は、何故か懐しいと感じてしまう心の原風景についてのお話です。


その昔、かーさんが小学生だった頃の事です。
卒業を控え、その年の卒業文集の表紙の為の絵を描くと言う授業がありました。
その中から一枚が選ばれて、晴れて文集の表紙を飾ると言うコンセプトだったと記憶しています。


同級生達はそれぞれ、修学旅行や体育祭などの思い出の絵を思い思いに描いて行きます。
楽しかった思い出を。。。と言うのは、真っ当ですよね。
そんな中、かーさんが描いたのは


夕暮れの風景でした。


あの頃、高度成長期。。。高速道路が走り、工場の煙突があって、ささやかな家が建ち並ぶ…
落ちかけた夕陽が濃く影を伸ばし、その中を一人家路を急ぐ自分の影絵の様な姿でした。


その時、何故自分がそんな絵を描いたのか、正直自分でもよく解ってはいませんでした。
今なら理由付けできるのです。
あくまで後付けの理由ですが。。。


多くのその頃の家庭がそうだった様に、かーさんの家も両親は共働きで、「明日はきっと今日より豊かになる!」と信じて頑張っている家庭だったと思います。
決して裕福ではないものの、何かに不自由する事もありませんでした。
当たり前の様に家事を手伝い、助け合って生きる。。。


家路を急ぐ姿は、帰る場所のある安堵と、自分に出来る手伝いが待っている、ちょっと誇らしくて少し煩わしい、その頃のかーさんの心の表現だったのかもしれません。


当然の事ながら、周りのクラスメイトの反応は「何じゃこれ?」
担任の先生も苦笑です。
そんな中、たった一人、ある男性の先生だけが言って下さいました。


「うん!いいね。。。これはいい絵だ!」
「ただし、卒業文集向きじゃないけどな 笑」
「先生はお前の感性が好きやなぁ〜」


。。。とっても救われた気持ちがしました。。。


かーさん今でも夕暮れになると心がザワザワする事があります。
特別何もないのに、どこか焦りの様な、落ち着かない気持ちになってしまうのです。
やらなければならない事が、まだ待っている様な…
やり残してしまった事がある様な…
早く!早く!と自分を急かしている様な。。。


三つ子の魂百まで。。。などと申します。
かーさんは今もあの頃の家路を急ぐ子供のままなのかもしれませんね。
そして、急いで帰りたい家には、八朔と小夏が待ってくれている。


もし今、同じ様な絵を描いたら…
影絵の姿はとーさんと二人分。
でっかい丸と少しだけ小さな丸(笑)
この時期ならきっと、でっかい丸の手には、お土産のエノコログサが揺れている事でしょう。



長い思い出話しにお付き合い下さいまして有難うございました♪




スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: