我が家のお喋り事情




さしもの猛暑も、お盆を過ぎた頃から翳りを見せ始め、朝晩は少ししのぎ易くなって参りましたね。


夕方外に出ると、少し音痴っぽいツクツクボーシが一生懸命に


「ツクツ…クッ…ボ~~~~シィ~…ツッ…」

と鳴いていて、思わずこけそうになりました(^^;
ついでに…通りすがりに「頑張れよ!」と言ってしまいましたとも!(笑)
正確には、あれは鳴いているのではないのですが、それにしてもセミにも上手い下手ってありますよね?(^^;
やっぱり上手に鳴けるセミは、モテるんだろうか。。。。。。
などと、又してもアホな疑問を抱いてしまいました(^^;



春先に下手っぴいな鳴き声で鳴くホトトギスや、今日のセミなどの声は、何故だかとっても応援したくなる(笑)
これ人情です!ですよね?



そして鳴き声と言えば、ここはやっぱり猫さん♪


当たり前ですが、一口に猫と言っても、本当に千差万別の鳴き方をしますよね。
我が家の茶トラーズも、たった二匹しか居ないのに見事に違う。
時折動画で拝見する他の猫さん達も、みんなそれぞれ個性的です!




8月20日1




鳴き声と言えば…お喋り八朔(笑)


チビ猫の頃から変わりなく、ずっと無駄にお喋りです!
そしてそれは成長するにつれて、バリエーションを増やしつつ拡大しております(^^;


恐ろしい事に、本猫、自分の喋っている事は間違いなく伝わっていると信じ切っていて、ワ~ワ~騒ぐだけ騒いだ後は


「言ってやったです!」


みたいなちょっと偉そうな顔までする(--;


。。いや。。。ある意味伝わるんですけどね…これが(笑)


しかし、それは決して猫語に精通したと言う事ではなく(当たり前やん! 笑) かーさんが慣らされたと言うか…何と言うか…
何となく言ってることが解る程度には「飼い主業」に馴染んだっぽい(笑)



8月20日2




かーさん、ずっとお喋りは八朔の専売特許だと思っておりました。


が!しかし!
それは見事な大間違い!


最近、我が家ではどちらかと言うと、小夏の方がよく喋る(笑)



小夏様、とみに鳴き声のバリエーションを増やされた結果、主に「とーさんが」メロメロ (笑)
もうね…


「そりゃズッコイやろっ!」


ってくらい、ミエミエの甘え鳴きを、とーさんに発砲するのです!



「ねぇねぇ、とーさんってばぁ~♪」
「アタシ遊んであげてもいいよ?」
「ほら!スリスリもしてあげるわ~♪」



結果…とーさんは血迷った!


言うに事欠いて


「やっぱり女の子は、男親に懐くもんなのかなぁ~」
「ほら!ほら!あそこの顔の可愛いお嬢さんとか、あっちの女帝三毛ちゃんとかもさ~♪」



。。。。ほぉ~~~ぉ~~…そこまで自信を持ったとな?



あそことあっちと同じレベルにまで達したと過信できる程、アンタはタブらかされたとも言う(笑)



まぁ、とーさんが嬉しそうだからいいんですけどね(笑)



かーさん密かに思いましたとも!


「猫は(小夏は)人を見る!」と。。。♪




8月20日3











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: