君の名は…




今更ですが…我が家の茶トラーズの名前は「八朔と小夏」です。



由来は何度か書かせて頂いた通り、八月八日の八並びの日に出会った子猫が、薄いみかん色だった事と「八」から全てが始まったと言う「朔」の字を当てて、八朔。
猫の嫌いな柑橘系を名前にするって、流石はハチャメチャかーさん(笑)


ほんの僅かな時間で、閃いた名前ですが、今もって大傑作だと自負しております♪


その後、小夏と巡り会い、紆余曲折の間にかーさんが決めた名前は、八朔と一緒に並べて違和感なく、何となく似通ったイメージのあるもの。。。
チマッとキュートで、いかにも女の子らしい茶トラの女の子でしたので、それに似つかわしい名前がいいな。。と思いました。


実は「日向(ひゅうが)」と言うのも頭に浮かんだのです。
日向小夏…もろ柑橘の名前(^^;
格好いいですが、日向はどうも男っぽい。
出会った時期は春先でしたので、本当は「夏」の字はどうかなぁ…とも思ったのですが…


でも、小夏のしなやかな毛艶の色合いは、やっぱり夏色だ!


一杯にお日様の祝福を受けたキラキラな茶トラっ子には、とっても馴染む名前だと思いました。



小夏には、別の名前もございます。
masatosiさんが付けて下さった名前は「みこちゃん」
神社で暮らしていた女の子だから…巫女♪


また、お社に通って小夏を可愛がって下さっていた方々には「ミーちゃん」とも呼ばれていたそうです。


沢山の名前を持つという事は、それだけ沢山の方々に愛された証。
小夏は、捨て猫だったにも関わらず、本当に幸せな子だったと思います。




8月24日1




ここ数年、特に名前について色々と思う事が増えました。



甲子園に出場した選手のお名前や、春高バレーの選手の名前などで、かーさんにはど~~~~しても読めない名前がとても増えて参りました。
いや…読めないのは、もしかしたら、かーさんがアホだからかもしれません(^^;
でも、


「何故その字をあてる?」


と思わされる様な、不可思議な文字の羅列。。。。(--;



勿論、名付けにも流行があり、それは時代と共に変化していくものだとは理解しています。
何も、頑なに「こうあるべきだ!」とも申し上げるつもりもない。
今は見慣れない、聞きなれない名前も、そのうち普通だと感じる様になるのかもしれません。


ただ…思うのです。
日本には美しい文字があり、その文字は自ずからの意味を持つ事を忘れてはいけないんじゃないかな…と。


生まれてきた我が子に、健やかなれ幸せであれと願うのは親心。
その上に、最近は「オンリーワン」を願うそうです。


他の子と被らない名前に拘るあまり、かーさん的には突拍子もない文字を組み合わせているようにしか見えません。


「えっとぉ…その文字の持つ意味をご存じですか?(^^;」


別にね、その子が婆ちゃんになったり爺ちゃんになった時にどう思う?なんて事は思わんのです。
だって、その頃になれば、そんな名前のご年配が満ち溢れているわけですもん(^^;


何が心配かって、キラッキラなお名前を毎度聞き直されて、読み違えられて、読むほうも訂正する方も相当なストレスになるんじゃないかな…って事。
電話などで自分の名前を伝え、「どんな字ですか?」と聞かれる度に、そりゃ~面倒なのではないかと(^^;
やたら字画の多い文字の羅列は、書くだけで時間かかりそう。。。。


それは「オンリーワン」にはなるかもしれませんが、同時に「ベリーめんどくせぇ!」じゃないかなぁ…




8月24日2




「たかが」ペットである猫と一緒にするな!
とお叱りをうけそうですが……


かーさんのお知り合いの猫さんで、特に茶トラ系の猫さんは、「トラちゃん」と言うお名前が沢山居ます。
茶トラの男の子の中では、一番スタンダードなお名前と言えるかもしれません。
あっちにも「トラちゃん」こっちにも「トラちゃん」


では、そのトラちゃんはオンリーワンではないのかと言うと、それはない!


お名前は同じでも、どこの「トラちゃん」も、その子だけの個性や特徴を持つ、素敵な猫メンズです♪
かーさん、お写真を拝見するだけで、どの「トラちゃん」なのか、ちゃんと見分けられる自信あります!



結局、その子を認識するのは、名前を含めてその子自身の個性なのだと思います。
名前だけでオンリーワンを主張するより、その子の全てで個性を発揮すればいいと教えられます。
言い換えれば、名前だけが悪目立ちし、却ってその子の他の個性が隠れてしまうのでは本末転倒ではないのかなぁ…と。



悲しいかな、今も世界中で「名前を付けられず」にそっと逝ってしまう小さな命が沢山います。
名前を与えられるという事は、それだけで幸せな事なのかもしれません。
優しく名を呼ばれ、温かい手で撫でられる…
飢える事がなく、安心して眠れる場所があり、大好きな人がいる…



かーさんは何度も何度も呼び続けます。


「八朔♪はっちゃん♪」
「小夏💛こにゃちゃん♪」



そう、君の名は八朔。そして小夏です。


名付けられる命達が一匹でも増えますように。。。
その名を誇り、可愛いお返事を返せる暮らしが出来ます様に。。。


そんな事を深く考えた夏の終わりを感じる一日でした。



8月24日3











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: