達人猫が聞く鼓動



昨日書かせて頂いた「お膝道」の入門者が小夏様だとしたら…
やはり我が家の、その道の達人(達猫?)は八朔です!


出会った瞬間から即「お膝猫!」
その後もず~~~~っと、何が何でもお膝猫(笑)
かーさんがどんな体制で座っていても構わず膝乗り!
どうにかしてでも座り込む(笑)


この夏、余りの暑さに、若干食欲を落とし、少しばかり軽くなったとは言え5キロ弱。
その全身を見事にドッカリと預けまくってくれます。



9月2日1




小夏がどれ程上手に乗れる様になっても、そこには歴然と差がございます。



「乗ってあげるわ!さぁ愛でなさい」

が、小夏だとしたら、八朔は


「無我の境地」(笑)


まるで、かーさんの体にめり込んで一体化したかの如く動きません!


八朔にとって、かーさんの膝は当然の様にそこにあって、自分の為に用意されているものらしいです(^^;
僅かな隙間も許さずへばりつくその姿は、まるで巨岩に生えた岩苔の如し(笑)
(己を巨岩に例えて、余りの的確さに只今ちょっと眩暈が。。。。)




9月2日2




2枚の写真を見て頂き、お解りになるかと思いますが…
八朔、こんな風に仰向けでかーさんの胸に寄り添って伸びる格好がデフォルトでございます。
PC前の椅子などで、最初は下向きに座っていても、いつの間にかクルリンとひっくり返りこの体制になるのです。


思い返せば、やって来た最初に日から、この子はこうでした。
背中を支えられ、無防備にお腹を見せてピッタリとくっつく……


その姿はまるで、人間の赤ちゃんがぐずる際、しっかりと左胸に抱き寄せて母親の鼓動と温もりを感じてもらい安心させる時と同じです。
何よりも安全で安心できるお母さんのお腹の中でずっと聞いていた鼓動。。。
かーさんも自分が子育てしていて、夕方になるとぐずり出す我が子を、こうして抱いては話しかけたものでした。



八朔もきっとそうなのかもしれませんね…
もう忘れてしまったかもしれませんが、この子も小夏も、母猫さんのお腹の中で一緒に鼓動を聞きながら過ごしていたはずです。


初めて連れてこられ、不安だったろう最初の夜も、胸に抱くと寝息を立てる子でした。



人間と一緒にするな!とお叱りを受けてしまうそうですが…(笑)
かーさん、やっぱり同じだと感じるのです。


かーさんだって、この年になっても不安だったり苛立つ時に、そっととーさんに背中を撫でられると妙に心が落ち着きます。
大きな手の温もりを感じるだけで、一人ではないと思える…
だったら、きっと茶トラーズだって感じると思うのです。


小夏はどちらかと言うと、今でも撫でられる事を好みます。
何度も何度も撫でて下さいと、やって来ては喉を鳴らしてくれます。
お膝猫入門者としては、やっと膝の上で寛げるまでになり、その上で優しく撫でると、可愛いエアーフミフミを見せてくれる様になりました♪


膝猫達人の八朔は、立派な大人のオス猫さんになっても、このくっつきタイムは欠かせない時間の様です。
横で見ているとーさん曰く


「ボクの♪ボクの~♪ボクのかーさん♪」


と全身で言っているそうです(笑)




9月2日3
ついでに鼻くちょ掃除中♪



八朔と出会って突然始まった「猫の居る暮らし」
かーさん、何も解らないなりに、ずっと思っていました。


母猫さんの代わりにはなれないけど、せめて一杯撫でて一杯抱いて安心と温もりだけは伝えてやろう…って。


どんな経緯で母猫さんと離され、その後小夏ともはぐれてしまったのかは未だに解りません。
でも、きっと八朔は不安で寂しかったんだろうという事だけは痛いほど解りました。


この子を二度と不安がらせたり寂しがらせたりはしない。
その為に、かーさんが出来る事なら何でもやってやる!



そう心に決めてから早3年。
おかげ様で、八朔は見事な甘えん坊のマザコン坊やに育ちました(笑)
これって、かーさん胸を張ってもいいですよね?(笑)


八朔がピッタリ寄り添って聞いているかーさんの鼓動は、ずっと同じ事を囁いているはずです。


「大好きだよ!はっちゃん♪君が大好きだよ♪」




個人的追記
コメントをお寄せ下さった、見た目が小夏で性格が八朔の茶トラ君を、この5月にお見送りされたお方へ。

まだ悲しみも癒えぬ事でしょうに…温かいお言葉を有難うございますm(__)m
どんな言葉を重ねても、きっと貴方様が心に抱いた悲しみは消える事など無いとは思います。
ただただお空に昇ってしまった茶トラ君のご冥福を祈らせて頂きますね。

一杯一杯言いたいことがあるのに…どれも何かが違う気がしています……
もし自分だったら…と考えると胸が詰まりすぎて言葉にはならない。

それでもやっぱり「出会えてよかったですね」と申し上げたいかーさんです。

ありがとう。。。ありがとう。。。




9月2日4










ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: