感謝状  添い遂げると言う意味




命には必ず終わりがあります。
これだけはどんな命にも平等に訪れる宿命です。
長いか短いかに関わらず、満ち足りていたか、そうでないかにも関係なく…



今日の更新は、とても個人的な追悼文です。
どうか我儘なかーさんの思いにお付き合い下さいませ。




昨日19日の午後6時26分。
「ニャンズBOX」のニャーヨさんの愛猫 「トラちゃん」が永眠致しました。
21歳と104日の寿命を全うし、兄妹であるシロちゃんとミィちゃんが待つ空へ昇って行きました。




10月20日1




『感謝状』


トラ様
貴方は21歳と104日もの長きに渡り、猫との暮らしの素晴らしさを教え続けて下さいました。



近年は数日ごとに通う病院への「文句タレ」も素晴らしく、先生や看護師さんにまで褒められると言う偉業も成し遂げられました。
立派な「ブツ」を出すと褒められ、元気に動くと褒められ、貴方はアイドル並みの人気を博していましたね。



耳が聞こえなくなり、目もほとんど見えなくなっても、貴方は出窓へ登り、そこで水を飲み、見えぬ目でお家警備にも励まれました。
流石は元運動神経抜群と褒め称えられた方です。



ブログを通し、その姿にどれ程の人が励まされ勇気づけられた事でしょう。
貴方はまさしく「年を経た猫さん」のお手本でした。



かつては三兄妹の中で一番手の掛からないと言われた貴方は、晩年になって存分に飼い主であるニャーヨさんに寄り添って過ごしましたね。
日々増えて行く、貴方の為の低い段差。
毎日並べられる「じっちゃまバイキング」と呼ばれる、どれでも好きなものでいいから食べて欲しいと願う食卓。
見えにくくなってしまい、ぶつかる事を想定したカバーの数々。
貴方にかける手間の数々を、ニャーヨさんがどれ程嬉しく感じていた事か!



猫と暮らす者にとって、「してあげられる事がある!」と思える事は、貴方が思う以上に大切な思いだったのです。



トラちゃん…貴方は本当に孝行猫さんです。
トラちゃん…貴方は本当に素晴らしい生き様を見せてくれました。



「じっちゃま」と愛を込めて呼ぶことはもうできませんね。
だって貴方は今、かつての運動神経をフルに発揮して、軽やかに大好きなシロちゃんとミィちゃんの元へ駆け上がっているのですから。
3にゃん揃って、「目の上真っ直ぐ」なお顔で再会の挨拶を交わされた頃でしょうか。
ミィちゃんは褒めてくれましたか?
「よく頑張った」とシロちゃんは迎えてくれましたか?



トラちゃん、貴方を知り貴方を見続けた日々は、「猫と生きる事」を教えられ続けた日々でもありました。
余りにもその存在が大きくて、今はまだ泣けて泣けて仕方がありません。
その零れ落ちる涙の数だけ、「有難う!」の思いが湧き上がります。



生まれてきてくれて有難う!
立派に生き抜いてくれて有難う!
こんなにも泣けるほど大好きにさせてくれて有難う!



貴方を…貴方たち3兄妹を決して忘れないと言う決意を込めて、ここに感謝状を贈らせて頂きます。



10月20日2





仕事を終え帰宅して、すぐに気になって仕方がないニャーヨさんのブログを拝見しに参りました。
ここ数日の様子から、どこかで覚悟はしていた気も致します。
それでも、知った瞬間…


「とーさん!じっちゃまが!」


後は言葉になりませんでした。。。


泣いて泣いて…恥ずかしいほどの慟哭です。



哀しい…悲しい…寂しい…淋しい……



かーさんでさえ、これ程なのに、ニャーヨさんは今頃…と思うとまた涙が溢れます。
献身的な日々を過ごしてこられ、何よりも「じっちゃまとの時間」を大切にされてこられたニャーヨさん…
ああ…ニャーヨさんは………


深夜、お風呂に入っていてもべそべそと泣いていたかーさんは、ふと思いました。
以前、トラちゃんの妹ミィちゃんをお見送りした際、ニャーヨさんは仰ったのです。


「後悔はありません」と。。。


自分にやれる事は全てやり尽くした。
だから後悔はない…と。


悲しくないはずはありません。
淋しくないはずはありません。
それでも、そう言い切れる程に寄り添ってきたからこその言葉です。


。。。。あぁ…添い遂げたんだ。。。。


かーさんの心に何だか温かいものが溢れてきたのを感じました。
悲しいけど、寂しいけど…見事だった!って。
じっちゃまとニャーヨさんだから出来た二人六脚だったんだ…って。


そうしたら、自然に「有難う」の言葉しか浮かんではきませんでした。
お知り合いになれた日からの全てに有難う…そう思えました。




命には必ず終わりが訪れます。
でも、それで全てが終わる訳ではない。


思い出と言うには余りにも大きいその魂は、ここから新たな形に生まれ変わるのかもしれません。


「目の上真っ直ぐ族の伝説」


シロちゃん、ミィちゃん、そしてトラちゃん。
忘れはしません!




10月20日3











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: