居るべき場所



居場所…自分が居るべき場所、或は自分が存在すべき場所。



かーさんは、ずっとずっと「自分はここではない」と感じ続けて生きて来ました。
別段、仲間はずれにされるとか、つま弾きにされるとかではないのです。
ちゃんと普通に(たぶん 笑)生活していて、そこに起点もあって、暮らしもあるにも関わらず、何故か違和感を感じていた気がします。


「ここじゃない」
「ここは自分の場所じゃない」



恐ろしくアクティブに動き回っていた原動力は、今思えば結局はその「場所探し」だったのだろうと思えます。


自慢しますが(笑) かーさんどこででも生きられます。
余程の事がなければ誰とでもコミュニケーションをとれますし、人見知りなんて「何て勿体ない!」と思うタイプです。


それなのに……です。


何時も自分の中に、居心地の悪さを感じ続けてきた半生でした。


ワイワイ大騒ぎするのは得意中の得意です。
誰かの悩みを黙って受け止めるのも不得手ではありません。
ただ、その後にはどうしようもない疲労感もあったのも事実でした。


独りになれる時間が何が何でも必要で、その孤独な時間の間に己で己を癒す作業を行っていたのかもしれません。


…ワタシハ ダイジョウブ……
…ワタシハ フコウデハナイ……




一見穏やかな風景の中を、テクテク歩いて前へ進んでいる様で、気が付けばそれは、まるで騙し絵の様に同じ場所をグルグル。。。
落とした溜息の痕跡がそのまま残る場所に、また新たな溜息を落とすような歩みです。



ある時かーさんは、道ではない場所を選びました。
その先に何があるかも解らぬまま、ただ閉塞感に疲れ果てて飛び出したのです。



その先には何があったかって?
そこにはね。。。


「とーさんがダンボール箱に入って落ちてました」




10月25日1






八朔と暮らし始めた時、その後小夏を迎える事になった時、かーさんは強く思いました。


この子達の居場所になろう!と。


八朔でなければならない!
小夏でなければならない!



そんな風に思ってもらえる様な場所になりたいと願ったのです。



可愛そうだからではなく、そうせざるを得なかったからでもなく…
とーさんを拾った(笑)時の様に、丸ごと受け入れて丸ごと受け止めよう!


何の疑いも無く、ここが自分の場所だと信じて欲しい。
だから堂々と「家族」としての役割分担を果たしたまえ(笑)
かーさんも遠慮なく君達に言います。


「さぁ!癒せ!さぁ!構わせろ!」(笑)


お仕えしてるなんて思っちゃおりません。
飼い主だからエライとも思っちゃおりません。


家族だから、互いにやるべき事をやり、感謝しあい、持ちつ持たれつ。


かーさん、とっても楽に呼吸しています。
貧乏だからとか、もう一つ貧乏だからとか(笑)色々あっても、この暮らしが大好きです。
だってね…


ここには確かにかーさんの居場所があるんですもん!




10月25日2











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪



スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: