猫関西弁?




日頃、書き文字としては普通に「標準語」とやらを使用しているかーさん。
ご存知の方はご存知の、喋り言葉はちょっと気を抜くと、モロ関西弁が出て参ります



お仕事モードの時は、見事にビジネス語を駆使すると自負しておりますが、休憩モードになればやっぱり関西弁(^^;
長く染みついた言葉と言うのは中々抜けるものではございません!
…と言うか、直そうともしていないんですけどね(笑)


そんな我が家で飛び交う言葉はと申しますと…
やっぱり関西弁だったり致します(笑)


東京生まれの東京育ちのくせに、とーさんも何故か「似非関西弁」を使っては、かーさんに「それイントネーションおかしい!」と突っ込まれる日々にございます。



当然、茶トラーズにかける言葉だって、関西弁になります。
そもそも頭の中で構築される言葉がそうなんですから、当然と言えば当然ですよね(笑)


以前にも書かせて頂きましたが…
毎日かーさんの言葉を聞いている八朔や小夏は、やっぱり関西弁を理解しているんでしょうかねぇ(^^;


「ダメ!」ではなく「アカン!」
「おいで♪」ではなく「ちょっとこっち来てみ?」



とーさんは普段、俗に言う「東京弁」っぽい言葉を使いますので、その双方を聞いて理解する茶トラーズって、もしかしたら「バイリンガル」って事になるんですかねぇ(笑)




11月20日1




最近ちょっと話題に上った、宮崎の方言がフランス語に聞こえると言うお話し。
(ご興味のある方は、「フランス語みたいな宮崎県小林市の方言」でググール先生に聞いてみて下さいませ♪)



お国言葉は通行手形とも申します。


理解できるかどうかは別として、その土地ならではの言葉って素敵ですよね~♪
そして何が凄いかって、その土地に住む猫さん達も、その言葉をちゃんとある程度理解してるって事!
これって考えたらワクワクしません?(笑)


勿論、言葉をキチンと理解していると言うよりは、ニュアンスや短いセンテンスで解ると言うのが本当の処かもしれません。
それでも、何だか素敵だなぁ~と思うのですよ。
もっと広げて言うと、世界中の猫さん達は、その国の言葉を解ってるって事ですもん。


そう言えば、もっと言葉を覚える鳥さん達だとどうなんだろ。。。
よく「むかしむかしあるところに」なんて話す鳥さんが紹介されたりしていますが、やっぱり外国の鳥さんは、その国の昔話を話すんだろうか…💛


世界中の言葉で歌われている様な曲…例えば「アルプス一万尺」や「キラキラ星」なんてのは、各国の鳥さんで歌合戦ができるとか?(笑)



。。。イカン…妄想が果てしなく広がってしまった。。。(笑)




11月20日2






ここで一つ疑問です!


2匹以上で暮らす多頭猫さん達、猫同士で会話ってします?


八朔と小夏を見ていると、鳴き声で意思の疎通を図るって…見た事が無い様な…
鳴き声をあげるのは、専らかーさんやとーさんに何かを伝えたい時か、八朔の場合「独演会」(^^;


何かを一緒にやる時も、「うん」とも「にゃぁ」とも言わず、歩調を合わせている気がします。



これって…「目と目で通じ合う」?
(工藤静香かっ!笑)


発情期の「恋鳴き」や威嚇以外、猫さんって猫同士では声ではない何かで伝え合っているものなんでしょうか。。。



以前、動物病院の先生に、「飼い主さんがよく喋りかけると猫さんもお喋りになりますよ」とお聞きした事があります。
我が家の八朔は、性格もあるでしょうが、モロこれに当て嵌まると思います(^^;
何しろ、突然やって来た日から数か月は、かーさん八朔に付きっ切りで、過保護の鏡でしたからねぇ。。。


お喋り八朔は、自分が話している事は、間違いなくかーさんに伝わっていると信じている気が致します(笑)


もしかすると…



「もう~アカンやろぉ~!ちゃんとしてぇ~な!」


なんて、猫関西弁で話しているのかも…(^^;





11月20日3











ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: