春待ち月



「二月は逃げる」


昔からそう言い伝えられるように、「行く一月」「去る三月」に挟まれた一際短い一か月がもう終わろうとしています。
一年中で最も寒く厳しい季節も、気付けば冬至に最短だった日照が、目に見えて長くなってくる時期でもあります。


春の訪れを誰よりも痛感し喜びをもって迎えられる人々。

昔読んだ一文にあった、雪国の方々への言葉です。
雪がもたらす凄烈な気候は、だからこそ「春待ち」の思いを呼び覚ます。
そして、日差しに溶けた雪は、やがて土地と人を潤す清らかな水となって恵みになる。


2月は春待ち月。。。


そんな思いを知ってから、かーさんはこの寒いひと月が嫌いではなくなりました。



我が身を振り返れば、丁度一年前の今頃…体調不良でグダグダになっていた頃合いでした。
一時期真剣に、己の残された時間をさえ考えた一月…
漠然と持っていたに過ぎなかった「人生と言う限られた時間」を、真剣に考えたひと時にもなりました。



ある意味好きな様に生きて来た感のあるかーさんが、その時思った一番の辛い事と言えば
「八朔と小夏を残して逝かなければならない」
という事だったのには、我ながら見事なおバカぶりだと笑えます。


と、同時に、これが「他の命に責任を持つ」と言う事なのだとも痛感させられたのです。





2月27日1





勿論、これまで以上に体調管理には頑張るつもりです。
この際、神頼みでも何でもします!


どうぞ…せめてこの子達を見送るまでは……と。


でも、それでも…どうしてもダメだったら…?



宝くじには当たるかもしれないけど、交通事故には合わない!と、本来の統計を全く無視した思いを抱く能天気かーさんです。
ですが…万が一…万が一…
とーさん共々事故に合う可能性だって無い訳じゃない。
何かの事件に、「絶対に」巻き込まれないと言い切れる訳でもない。


その時、八朔は?小夏は?


大いなる杞憂かもしれません。
杞憂が杞憂で終わるなら、それに越した事はない!



実は、かーさんズボラの極地で、仕事場に行く際、携帯すら持って行ってはおりませんでした。
(ついでに言うとお財布も持って行かない 笑)
とっても近くですし、仕事に入れば携帯を所持する事もできませんし…
それなら持っていかなくてもいいじゃん!
と、言うのが尤もらしい理由です。


しかし、先日フト思ったのです。。。


幾ら近いとは言え、交通量の多い個所を通って行く時に、万が一の事故に巻き込まれたら、かーさん自分の身分を証明するものや、連絡先など一切解らない「不審者」じゃん…と(^^;


それじゃ~イカンだろ!
と思い直し、最近ではやっと携帯を携帯する様になりました(笑)



何かあった時に身分を証明できる、連絡先が解る…と言うのは、実はとても大切な事だと今更…今更…今更…(-_-;)



それと同じように、「家には猫が待っています」と言う解るモノもあればいいな…と思っています。
とーさんか、かーさんどちらかが残れれば幸いですが、もし一緒の時に何かあれば…と思うのです。


どこかで見た記憶があるのですが…
カードの様なものに、「猫を飼っています」と表示し、それを常に身に着けている方がいらっしゃるとか。
確か…愛猫さんの写真入りカードだったような……


出来れば、そのカードに、万が一の場合、猫さんのお世話をお願いできる方の連絡先などがあればもっといいですよね。


それが短期間で済むのか…それとも少し長引くのか…
或は…最悪の場合……も含めて、色々と難しい事はあります。
ありますが、ちゃんと考えておかなければいけない事だと思っています。


勿論かーさんも、どなたかの引受先になるつもりです!
(ちょっと頼りないですが…(^^;それでもよければ)




2月27日2





かーさんの夢と言うか…望みは…


ちゃんと八朔と小夏を見送って、死ぬ程泣いて泣いて
その後、少し落ち着いたら


保護猫さんの預かりさんになりたいな…って事です。


年齢的にいって、もう自分で責任を持って看取れる事はありませんので、新たな猫さんのお迎えはできないと思っています。
でも、行き場を無くし、新しいお家を探すまでの間、少しでも穏やかに過ごして貰うためのお手伝いなら出来るかもしれないな…って。


今よりもっと「動かん婆さん」になって、きっと膝の乗り心地は抜群になってると思います(笑)



一緒に「春を待つ」
きっと春が来るよって…♪



叶うといいな。。。こんな夢。












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: