茶トラ巨大伝説

CIMG0055.jpg
とーさんのお膝の上…

8月20日分の日記です。

ここ数日で、何だかと~ってもでかくなった気がする八朔君。
元々手足もむちっとしていますし、何しろほれ…茶トラですから(・・;)
聞くところによると、茶トラの男の子は巨大化する比率が非常~~に高いのだとか…
…そ、そうなのか(・・;)
やって来た頃は、お顔も三角っぽかった気がしますが、今や○…
お腹あたりも一回りどころか2回りはでかくなった気がします(・・;)

走り回って、疲れるとパタッと行き倒れて、食べて甘えて悪戯して…と毎日忙しい八朔。
かーさんは巨大猫さんも、きっと大好きになるぞ!

巨大化と言えば。。。
八朔のタマタマちゃんも、何気に巨大化してる気が…(・・;)
パッカン寝してる時は勿論、歩く後姿からも可愛い鈴カステラが拝見できますです(笑)
順調に行けば、来月にはこの可愛い鈴カステラともお別れになる予定。
なくなる前に一杯画像に納めようと奮闘する、かーさんはある意味鈴カステラのストーカー(・・;)
…だって…可愛いんだもん…

CIMG0028.jpg
ストーカーされたですーー!

昨夜夜、運動会のスイッチが切れなかった八朔は、玩具入れにしているカゴを棚の上からひっくり返し中に入っていた、最初は見向きもしなかった黄色いニコちゃんマークの入ったボールで遊びだした。
コロコロ転がしたり、お手々でチョイチョイしたり、そのうち咥えて運び出したり(笑)
その咥えている姿が、もう~~何とも言えないくらいキュート♪
尻尾をピーンと上げて、何だか得意そうな顔をしながら顔とさほど大きさの変わらないボールを咥えスキップでもしそうな足並みなのです。
何度か画像チャンスを狙ったのですが…これがじっとしてない(・・;)
ん~~、かーさんは残したいぞ~~!その姿。

で…朝起きてみたら…
何故かそのボールがベッドの上に鎮座してました(・・;)
持ってきたのね…
遊んで欲しかったのかな?はっちゃん(^^

そんな話を、仕事から帰った、とーさんにしてみた。
八朔は、どんな風に生まれて育っていたんだろうね…って。
最初からトイレはできた。
勿論ご飯もしっかり食べる。
人の手を全く怖がらないところを見ても、この子は飼い猫だったと考えざるを得ない。

何らかの理由があって、手放さざるを得なかったのか…
そうだとしたら、ここまで人なれした子が、外で生きていけると思ったのか…

玩具にしても、八朔は多分遊び方が解らなかったのではないだろうか。
すぐに動きが理解できるジャラシ棒などはともかく、自分で転がす、自分で咥える、と言った遊びを最初は理解できなかった気がします。
一般に猫は狭いくらい所を好むとされていますが、八朔は箱などが好きではない模様。
もしかしたら…箱に入れられて……
って考えると、最初に病院へ連れて行った時の、あの死に物狂いな絶叫も納得できます。
ゴメンね…はっちゃん、怖かったね…嫌な事思い出しちゃったかもしれないね。。。

安心して暮らせると解ったからこそ、八朔は色々な遊びも仕草も見せてくれるんだよね。
ずっと当たり前に安心して暮らしていこうね…

CIMG0017.jpg
これ…楽ししかも♪



よろしければ応援お願いします。
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: