選び取る自由と 「インドの山奥」



何かの物事に出会った時、出せそうで出せない答えにもどかしい思いを抱くことがあります。
そして、そんな時…「誰か」の言葉に助けられる事も多いかーさんです。


「あぁ…そうよ!そうだったんだ!」


それは何気ない言葉だったり、ふとした誰かの行動だったり…
かーさんが、もし猫だったら、見た瞬間にブワ~~っと瞳孔が開いて飛び出す体勢になるかもしれません(笑)


どんな物事にも答えは一つではない。
一つではないからこそ、多種多様な思いがあっていいと思っています。



何も賛同だけすればいいってもんでもない(笑)
そりゃ違うだろ~~!
ん~~何だか腑に落ちない。。。

そんな思いだって当たり前ですしね。


かーさんも「へっぽこブロガー」として、こうして毎日駄文をダラダラと綴らせて頂いております。
好き勝手な事を、本気で好き勝手に書いてます(笑)
ただ、公表するにあたって、一つだけ自分を戒めてはいるのです。


故意に誰かを傷つけたり、悪意を持っての言葉を投げつけない事。


アホアホ故の、しくじりは多々あるやもしれません…(-_-;)
意図せず傷つけてしまった事だってあるかもしれません。
もしそうだとしたら…ほんっとゴメンナサイ!としか言えません。


ですから、「あの人嫌いなのよねぇ」と思われる方がおられたとしても、それはもう致し方のない事だと思っております。




3月26日1





とても有難い事に、かーさんには、その視点や感性がとっても「好きだぜ~~!」と思わせて下さる友人が何人もいます。



日々「クスクス」笑わせて頂いたり、時に深く考えさせてもらったり…
何気ない日常ですら、「お!今日も元気だね♪」と思ったり。


それでもね…かーさん自分の中で決めた事があるのです。

もし、どこかで拡散希望だったり、里親募集だったりがあった場合、かーさんはそれに自分が関わる事が出来ると思えなければ動かず、心の中で応援するにとどまります。
中途半端な関わり方をするのは、かえって失礼だと思うからです。



「…ん~~何だか解らないけど…とりあえず」
「ここで何も言わないと変に思われるかな…」


は、無し(笑)



まぁ…基本かーさん如きが動こうが動かまいが、たいして影響もないのですが。。。(^^;
これは気持ちの問題です。



何方かの思いと、かーさんの気持ちが合致した場合…
その時は、ぶっとい二の腕まくって、太い割には微力すぎる「おっとり刀」です。


ただ、かーさんは何時だって「動き出す」方を応援したいと思っています。
自分の意思で、自分の足で動く人が大好きです。


そして、その「好き」を選び取るのは、何時だって自分でしかないはずです。


答えが一つでないのなら、その答えを選ぶのも、また「自分」
何が正しくて、何が間違っているのかを見極めるのも然り。。。です。



かーさんには「かーさんの」 アナタには「アナタ」の答えがある。


決めるのはあくまでも「自分」だと思います。




3月26日2





…と、何だか固いお話しが続いてしまいました(^^;
普段あまり使わないツルッツルの脳味噌が沸騰するかもしれません(笑)



そうそう…脳味噌と言えば…ですが…


かーさん実は夕べから、ず~~~~っと頭の中にグルグルとエンドレスで変な曲がかかっています!



時々、突如とーさんが「カラオケ行きたい病」になりまして…
そんなとーさんを、よしよし♪する為に、昨夜カラオケに行って参りましたのよ。。。
そこで、とーさんが歌いおった!!!



「インドの山奥で~修行してぇ~~♪ダイバ、ダッタの魂宿しぃ~♪」


。。。。(--;なんじゃこれ。。。。


昔の特撮ヒーローものの「レインボーマン」の歌だそうです。。。。
(何方か知っておられます?こんなん(^^;)


余りにもインパクトが強くて…お陰でずっとエンドレス状態でございます(T_T)


真夜中の3時まで歌っててね。。。
かーさんが、上田正樹さんの「悲しい色やね」なんかを、しっとりと歌ってる横で、とーさんコレ(笑)
「インドの山奥で♪」


くっそぉーーーー!耳について離れねぇーーーー!(><;




3月26日3


纏まりのない、滅茶苦茶更新で失礼m(__)m









ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: