夏の風物詩



四季の中で、一番好きなのが「夏」でした。
。。。あくまでも過去形(笑)



夏生まれと言うのは関係ないとしても、若い頃は「夏」の持つエネルギーを浴びると元気になれた気がしたものです。
遠慮なくジリジリと照り付ける太陽も、半端ない暑さも、かえって気持ちがいい(笑)
毛穴と言う毛穴の全てから、ぶわ~~っと汗が噴き出すあの感覚!


「うひょぉ~~!暑いぜぇーーー!」


と、その暑さに負けないパワーで駆け回ったものです。



ひと夏で何度日焼けで皮がめくれるか!なんて楽しみだったりもして(^^;
今考えると恐ろしいですねぇ~~
実際、海やらで焼きすぎてしまった背中の上側の一部は、未だに皮膚がゴワゴワだと言う置き土産つきです。


バイクで海まで走って、そのまま飛び込み、濡れたまま帰るなんちゅう無謀な事もやったっけなぁ。。。(-_-;)
ある意味、若かりし頃の「黒歴史」です(笑)



時は流れて…現在はと申しますと…



暑いの嫌!
日差し嫌い!
真夏のお出掛けなんて、出来る限りしたくない!




何しろ、かーさんと来たら、性格はハードですが、体はナイーブ。。。
(これ!そこのアナタ!笑ってるんじゃありません!)
特に肌が弱くて、所謂「汗負け」ってのをしてしまいます。



酷くなると、顔はお化粧禁止。
皮膚科通いが定例になります。
んでもって、只今悩まされているのが、ウエスト(かつてはそう呼ばれていた場所 笑)に出来るアセモ!


ほら…いくらかーさんのウエストが過去遺産だとしても、一応着るモノには歴然と胴回りってのがあるじゃないですか…
パンツでもスカートでも、たとえそれが総ゴムであっても、ウエスト位置ってのはある訳です。
お仕事中に着るモノにも、当然それがあります。
そのまま動き回る=汗をたっぷりかく!
なまじっか、ウエスト部分がお肉で柔らかい為、そこそこ締まるもんで、汗がそこに溜まる。。。




ひゃひゃひゃひゃ~~(≧▽≦)
痒いぜぇ~~!




お風呂上がりに、とーさんにお薬ヌリヌリしてもらうのがお約束になりました…






7月1日1





一方、どれだけ暑くなっても、常にサラッサラなのが猫様💛
いつ触っても、いつ抱き締めてもサラッサラ!
汗臭くもならなければ、ベトベトもしない。



全身絨毛に覆われているにも関わらず、何故にそんなに涼し気なのだ!



ワンちゃんは、暑くなると舌を出してハァハァしては体温を下げますよね?
猫さんも、病院などへ連れて行って、とっても緊張すると、肉球の後がクッキリな所を見ると、肉球には汗をかくらしい。。。
でも、真夏の暑い日に、フローリングの上で、開けるだけ開いている時に触っても、肉球は乾いてるぞ?



と言う事で、知りたい時の「ぐ~ぐる先生」!



猫は人間よりも体が小さいので、素早く熱が逃げる傾向にある。
よって、口呼吸だけでも体温を下げられる。
涼しい場所を察知し、そこでゴロゴロしつつ体温を下げる。
何よりも、猫の生態が、「暑さに強く、寒さに弱い」。




だそうな。。。(*^^)v



ちなみに…肉球の汗は、暑い時ではなく、極度の緊張で出るそうな~
だから病院で、なのか。。。うんうん。



そう言えば、小夏など今でも、軽くエアコン除湿しただけで、エアコンの風が当たらない場所へ行くもんなぁ…
小夏は寒がりっ子だから…(^^;



元々リビアのヤマネコさんが祖先の猫さんは、暑さに適応していたんですものね。
暑さよりも寒さに気遣ってあげるのが大切って事ですね!






7月1日2






それにしても…これからの問題は…


八朔や小夏の「愛のご挨拶」スリスリゴッチンの時、かーさん側に沢山沢山「お土産」が残る事(^^;
腕にも…足にも…顔にだって!


八朔毛と小夏毛!


先日、何だか目が痒いなぁ…と思ってティッシュでゴシゴシしたら、目の中から猫毛が出て来ました!
しかも、結構長めのヤツ。。。(^^;
「ニョロ~~ン!」ってね。


「ひょぉ~~!長げぇーーーー!」

と、嬉しくなったかーさんは、やっぱり猫馬鹿だと思います(笑)



暑いよーー!アセモ痒いよーーー!
猫毛がモワモワくっつくよーーー!



と、言いつつ、八朔小夏とくっ付かないと言う選択はない!(笑)


これぞ正しい猫様との暮らしですよね~♪




7月1日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: