勿体ない



きゃぁ~~!可愛い~~!(≧▽≦)


はい!うちの茶色っ子達は、どっから見ても可愛いです!
だから、この場合は言葉の使い方としては大正解だと思います(笑)



でもねぇ……何でもかんでも「可愛い~~♪」で済ませるのはどうなん?
もっとその状況に相応しい日本語は、山ほどあるでしょうに。。。
と、ついついオバサンの愚痴が出てしまいそうな場面に遭遇致しました。


とある場所で、前に並んでいた壮年(おそらく60代?)くらいの男性が、支払いをしようとした手元が狂い、小銭を落としてしまわれました。
少し慌てられたのでしょう。。。
男性はその場でクルクルと回りつつ小銭を拾い集めておられました。


すると…その後ろに並んでいた若い(おそらく高校生と中学生の姉妹?)女の子が、その姿を見て言った言葉。。。


「可愛い~~♪」



。。。。おぃおぃ(--;



世が世なら、「そこへ直れ!成敗いたす!」…とまではいかなくとも、かなり具合の悪い事になったんじゃないのかしら…
少なくとも、見ず知らずの壮年の男性に向かって言う言葉ではないですよねぇ"(-""-)"


たぶん女の子達に悪気はありません。
それは解ります。
むしろ、褒めに近い意識で発した言葉だろうとも思われます。
でも、それでも言うべき言葉だとは、かーさんには思えませんでした。



男性の方は、少し顔を赤らめてそそくさとその場を離れられました。



すると、女の子達…言うに事欠いて
「なんかラッコっぽくね?」
「うんうん!可愛いかったよね~~♪」


。。。かーさんが親なら、その喋ってる口に拳をねじ込んでグリグリしてやる所ですな。。。"(-""-)"





8月4日1





「言葉」は時の流れで変化致します。
それはもう、止めようがない事。
本来の意味とは全く違う使い方をされる事だって、数限りなくある事も知っています。



ただ、忘れてはならないのは、言葉と言うのは「誰かに伝える為」にあると言う事なのだろうと思うのです。



どうすれば一番解り易く、一番適切に、しかも相手にとって不快ではない様に伝え合うか…



何も、全てが正しくいつも美しい日本語を使うべきだとまでは申しません。
何しろ、かーさんだって絶対に出来ないと思いますもん(^^;
でも、何でもかんでも「可愛い」とか「ヤバイ」で済ませてしまうのは…いかにも勿体ない!
その思いを表す言葉は、他に幾らでもあるでしょうに…



もしも…もしも、その場に相応しい言葉が思いつかなければ、黙っているのだって優しさだとも思うのです。
何でも「言ったもん勝ち」では決してないはず。
しかも、脊髄反射的な、思わず出ちゃった!みたいな言葉は、往々にして、それこそ「ヤバイ」です。


ツイッターやLINEなどの発達により、より短く簡単に言葉を略す事が、あたかも「格好良い」事の様に思われていますよね。
でも、それは相手によりけりです。
同年代の仲良しの友人同士なら、好きなだけやればいい。


でも、あくまでもそれは「全て」に通用する言葉ではないと知るべきだと思います。



言葉を崩すなとは言わないのです。
せめて、崩す前の正しい言葉を知ってから、やる方がいいと思うだけ。
折角「美しい言葉の国」に生まれたのに…勿体なさすぎます。





8月4日2





植物も、褒めて愛でて育てると、その生育が違うと言われますよね。
もっと身近な所では、やっぱり猫さん達だって、ちゃんと「嬉しい言葉」を知っています。



かーさん常に意識します。
何かをして貰ったら「すみません」ではなく「ありがとう」
何かをしてしまったら、やっぱり「すみません」ではなく「ごめんなさい」か「申し訳ありません」
便利な様で曖昧な「すみません」は、なるべく使わずにいようと思っています。



その時々で、かーさんが伝えたいと思う気持ちに一番近い言葉を選びたい。


せめて、その言葉達が、誰かを傷つける事が無いよう…そう願いつつ。





8月4日3












ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: