寝不足な夏の独り言




暑い夏をより熱くしたリオのオリンピックも、いよいよ終盤戦ですね。
毎日繰り広げられる、シナリオのない壮大なドラマに、かーさんは目が離せない日々でした。



そんな中、昨日の明け方、選手団の主将を務め、金メダル4連覇を目指しておられた、女子レスリングの吉田沙保里さんの試合をリアルタイムで拝見しました。
結果は、皆様もご存知の様に、決勝戦で敗れ銀メダル。
大泣きしながら、何度も何度も繰り返し


「ごめんなさい!申し訳ありません」


と言われた姿に、「何でやのん!謝らんでええやん!」と思わず言ってしまったかーさんです。



敗れたとはいえ銀ですよ?銀!
しかも、これまでずっと負けずにここまで来られた、不屈の名選手ですよ!
誰よりも悔しくて、辛い思いをしながら、まず出て来る言葉が「お詫び」だなんて……
やりきれません。。。


決して大きくはない体に、どれほどのプレッシャーと責任を抱えて来られたのだろうと思うと…
泣きじゃくる肩を抱きしめて、「ありがとうね!」って声を掛けて差し上げたい思いで一杯でした。



。。。でも、悔しいだろうなぁ……




スポーツには勝者が居て、敗者が居る。
だからこそ見る者の心を鷲掴みにして離さないのでしょうが、4年に一度の大舞台で、己の力を存分に発揮出来るか出来ないかの差は、きっと紙一重。
その一重に泣き、笑うのですね。



絶対王者と言われた、体操の内村航平さんは、その紙一重を自らの手で打ち破り…
同じく絶対王者と言われていた、吉田沙保里さんは、一重に泣かれた事になります。



重たいなぁ…「絶対王者」って……






8月20日1






もっとできるはず!
もっとできたはず!



何かの折に、誰しもが一度は感じた事がある思いかもしれません。
それは何も勝敗がある事のみならず、日常の出来事の中にも度々訪れる感情だと思います。



仕事や人付き合いにもあれば、恋愛や親子関係にだってありますよね。
「あの時、もっとできたかもしれない…」って思い。
精一杯だったつもりでも、後で思い返すと、いやまだまだできたはず!
あるいは、もっと違うやり方もあったかもしれない…


その全てを後悔と呼ぶのは、少し心がザラつきます。




もっとできるはずの自分への叱咤。。。
もっとできたはずの誰かへの思い。。。




かーさんなど、その積み重ねの堆積物で出来上がっているかもしれません。
五輪戦士になど比べるべくもありませんが、それなりの責任も背負ってきたつもりでいて、その実は反省や悔いばかりが思い出されます。
それでも…それでも…



全てを当たり前として、感じる心を失うよりはきっといいはず。




もっとできるかもしれない自分に
やろうとする心を保てる自分に
転んでもまた立ち上がろうと思える自分に



そして、もし隣で誰かが転んでいたら、そっと手を差し伸べられる自分に…なれたらいいな…





そんな少しほろ苦さの混じった思いがこみ上げた、寝不足の夏の独り言でした。






8月20日2














ご訪問と、ひと手間をかけての応援、いつも有難うございます。
読んで頂けることが、かーさんの力になっております!
心からの深謝を♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: