ドレミファ猫シド



ファ#~~~シ~~~♪↗向き
 (スラー付き!)



真夜中、もう眠たいかーさんと、まだ寝たくない八朔。
背中を向けて横になった、かーさんに聞こえて来たのは、八朔の不満げな声。。。


んんなぁ~~~~らぁ~


この声が、何故かかーさんには音階に聞こえた!(笑)


なるほどぉ。。。
この音程で来るか!


と、一度鳴き声が音階で聞こえると、もう次々とそう聞こえてくるから堪らん(笑)
何かを訴えて来る時の 「なぁ~お!」は、どう聞いても「ミ~ファ~」だし
甘えて鼻声で「ん”~~」と言う時は ハスキーな「ソ~ソ#」へのスライド!


流石は、前世が吟遊詩人の八朔君!
かなり豊富な音階を、自由に使い分けております。




11月15日1




実は、いきなりこんな事になったのには、訳がございます。


先日、お仕事先の大学生君が、昨今流行っていると言って教えてくれたお遊び。
「ドレミの歌遊び」ってのが理由。


ご存知の方も多かろうとは思いますが、その遊びとは…


一人が、普通に「ド~はドーナツのド!」と歌った後、もう一人に、いきなり飛び音の音を指定すると言うもの。
例えば、すぐ後に「ソ!」と言われたら、その人は「ソ~は青い空~」と、正しい音階で歌わなければいけません。



これを仕事終わりの頃に、みんな揃ってやって遊んだのが運のツキ。。。
かーさんの頭の中には、音階がグルグルなのです( ̄▽ ̄;)


簡単そうに思えて、これがなかなかどうして難しい!
大抵は、変な音になって、下手をすると歌詞すら間違える(笑)
かーさんは別に絶対音階の持ち主ではありませんが、こう見えて「耳」にはちと自信がある!
ですので、案外不安定ながらも、このお遊びはクリアーできました。


でもね…その後遺症なのか…家に帰ってからも、茶トラーズの鳴き声が音階で聞こえてくる気が…( ̄▽ ̄;)






11月15日2





その結果、我が家の茶トラーズには特色がある事が判明致しました。


八朔は、あくまでも「粘っこい」スラー系で
小夏は、大抵が「軽やか」なスタッカート系。
しかも、その音程が、倍音(笑)



小夏の甘え声である 「ぁん♪ぁん♪」は、本当に軽やかな「ミ♪ミ♪」
撫でられて心地よくなって、少しハスキーな 「ん”~♪」は、 「ラ~♪」だと思われます。


楽器で例えるなら、八朔はスライドのグリッサンドできるから、トロンボーン?(笑)
小夏はやっぱりピッコロだと思います♪


猫の鳴き声だけで、何かの音楽を作ってあるって、何度か聞いた事がありますが、我が家の茶トラーズでもできそうですね(笑)
曲目は…ん~~~っとぉ…


「サウンドオブミュージック」なんぞで如何でしょうか!


八朔のメインボーカルで、小夏のオブリガード(笑)
おぉーー!頭の中ですでに出来たぜ!!


お友達の猫さん達の声を集めて、大オーケストラとかも出来そうですよね(≧▽≦)


さて、貴方の御宅の猫さんは、一体どんな声で、どんな楽器に例えますか?(笑)




11月15日3








スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: