カワイタタ




さて、今日も頑張るぞ!


と、かーさん号(自転車 笑)に颯爽と跨り、グッとペダルを踏み込んでいつもの角を曲がると
広がった視界の、う~んと先に見事な古木の梅の木が、満開の花を重たそうにつけていました。
まるで、枝の先に雲海がまとわりついた様な、花の重なりが少し重たそうにすら見えます。


心なしか梅の香しい匂いすら漂って来るような…


いやいや!流石にここまでは香ってはこんだろ!
と、思いつつも、やっぱり何となく空気が華やいでいる様な気がして、早春の使者の存在感に頬が緩みます。


そう言えば…「今日は寒いね」と言ってはいても、その言葉の意味が違って来ました。
思わず首をすくめて身を縮める様な寒さではもう無い。
風にも日差しにも、間違いなく近付いている春の気配が一杯です。
かーさんのコートも、一番ブ厚いモノから、もう少し薄手で、でもまだ春用ではないコートに替わりました♪


関東地方かーさんち界隈 もうすぐきっと春です!(*'ω'*)





3月7日1





確かに春めいて来たとは言え、夜にもなればまだまだ冷え込む。
冬中、かーさんが体の一部にしていた(?)コタツは、まだまだまだまだ手放せません(笑)


そんな「コタツムリ」かーさんの上には、やっぱり未だに猫様が居る!
居ない時が絶対無い!と言いきれる程居る!
もう、そうで無ければならない!と思っているらしい程居る!


ドスッと我が物顔で乗ってくるのは八朔。
何時の間にか自然に乗っているのは小夏。
滅多にないですが、時には兄妹揃って乗る( ̄▽ ̄;)


。。。計10キロ。。。(T_T)



イメージとしては、乗って頂いている膝が、重みで反対側にそっくり返るんじゃなかろうかと思える様な、じっとりな重量です。
それでなくても、寄る年波と昔の傷でアイタタな膝。
もし、膝が自分で喋れたら、きっとこう言うに違いありません。


警報発令!警報発令!
敵は総攻撃を仕掛けてきました!






3月7日2






もうすぐ小夏を見つけた「あの日」から4年目になります。
一緒に過ごしてきた日々は、小夏をこんなにも「ドヤ顔」のお膝猫にしてくれました。


甘えっぷりだって、八朔に負けず劣らず。
毎日「アタシ!アタシ!アタシに構いなさい!」


なるべくして我が家の姫になってくれたんだな……


こんな様子の小夏を見ていると、やっぱりそう思います。
ちょっとだけ回り道をして、沢山の方々の優しさに包まれて、その上でやって来てくれたんだな…って。


ずっしり重たくなった体は、そんな小夏の過ごして来た日々の積み重ね。
遠慮なく主張して甘えるのも、小夏がその日々を認めてくれたからこそ。
そう思えば、尚更に重みが愛しいです。


イテテの足はキツイですが(笑)
それもこれも


可愛い痛いのカワイタタ(笑)



毎日ご使用の炬燵布団を、ベランダでばさ~っと広げると、そろそろ茶色い毛がフワフワ増えてきました。
。。。お着換えの季節だね。。。
また一緒に、新しい季節を迎えようね♪



…それにしても…
かーさんのお肉も春仕様でスッキリと(何もせずに)落ちてくれればいいのになぁ…(/・ω・)/ポイ!




3月7日3








スポンサーサイト
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: