スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう~幾つも幾つも幾つも寝ると~




ここ数日、挨拶代わりの言葉が 「寒いですねぇ!」になりました!
何だか一気にブルブル陽気に変わってしまって、慌てて真冬並みの装備を装着です( ̄▽ ̄;)
とーさんが気を利かせてくれて、先日オイルヒーターを出してくれていて何と有難かった事か!
(ちなみに、その時やっと扇風機が仕舞われたと言う…笑)



ここ数年、季節の移り変わりが激し過ぎると感じるのは、かーさんが年を取ったせいだけじゃないですよね?
あの昔感じていた、季節と季節の曖昧な移り変わりの、どっちつかずのボンヤリ感がさっぱり無くなってしまった気がしてなりません。
暑いか寒いかのどっちか!
ホップ、ステップ、ジャンプ!の、ステップが何処かへ消えたぞ?(;´・ω・)
秋物の薄手のコートの出番は何処?って感じです。


お陰で、猫様達はびったりとくっつきまくり。
人型暖房が大モテです( ̄▽ ̄;)


そう言えば…今朝がたとーさんが、例のちょっと小鼻を膨らませた得意顔で申告して参りました。


「いやぁ~!参っちゃったよ。お風呂上がりにさ~八朔がとーさんの腹の上に乗ってどかんのよ~💛」


そりゃぁ、そこにかーさんが居なかったからだわなぁ…と内心思いつつ
「へぇ~良かったねぇ~♪」
と、答えた優しいかーさん(笑)


八朔君、この際とーさんでも温かけりゃいいって思ったんだろうねぇ~(笑)
そりゃ風呂上がりのとーさんは絶品だと思うわ!(≧▽≦)


しかし、うちの八朔、この処何故だか「膝」ではなく「腹」なのよねぇ…乗るのが…( ̄▽ ̄;)
正直、食後すぐに乗られると、「うおぉぉぉーー!」って思うです、はい。。。





11月21日1





先日、とーさんとかーさんの年末年始のお休みのすり合わせを行いました。
。。。早いモンですねぇ。。。もうですよ!


忘年会があったり、特別に忙しい時期が有ったりした後、クリスマスや年越しやお正月の事を、今から話し合わなきゃいけないなんて、まるで背中をグイングイン押されてる気分です( ̄▽ ̄;)
御節はどうする~なんて話も…(笑)
相変わらず特別な事など、なぁ~んも無いですが、それでも気分は焦るから不思議です。
また年越しかぁ~…60回目だぜ(笑)


もう久しく 「凧あげて~♪コマを回して~♪」なんちゅうお正月は味わってはおりませんし
(いや、今時の子はもうそんな事はせん!  笑)
お正月はドコソコのゲレンデで!って事も無くなりました。


何処で何をするか…ではなく、ひたすら、どう過ごすか…にシフトチェンジです(笑)



もしも、かーさんに許された時間がもう少しばかり長く続くとしたら…
きっと後々振り返ってみて


還暦の頃はね
猫と丸さを競ってて
猫と戯れて
猫とワチャワチャ遊んでて
猫に振り回されて
と~~っても幸せだった!


って思い返す事になりそうです(笑)


んで、願わくば…古希の頃も、全く同じ感想が持てたら、そりゃ~何よりの幸せ(≧▽≦)


まぁ、小夏様は9尾の猫又になる予定ですし、八朔君は…色々忘れたまま一緒になるだろうし…(笑)
後は、とーさんとかーさんの頑張り次第って事ですね!




11月21日2





そう言えばね…💛
先日の記事で書いた「口に筆を咥えて障子に文字を」って部分。


あれですぐさま
「陰陽師の息子」だの「玉藻の前」だのと言うお言葉が飛んでくる♪
何だか、嬉しくなっちゃってね~(≧▽≦)


勿論、ご存知の方が多くいらっしゃるのは当然の事とは思いますが、何しろ普段お話ししてるのが と~~っても若い世代の方が多くて、こう言った古事などは振ってもチンプンカンプンな事ばかりでしたので…( ̄▽ ̄;)
打てば響く!
と言うのが、こんな風に心地よいのだ~~と久々にニマニマしてしまいました(笑)



オバサンにお付き合い下さって有難う~~~なのです♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よっしゃ、床暖の次に来るのは腹暖だ!( ̄◇ ̄;)
陰陽師で思い出した!羽生結弦君は大丈夫だろうか。゚(゚´Д`゚)゚。

 うわぉ、PCのご機嫌が悪かった合間に更新されてる!!!

 本当に、季節の移り変わりが早いですね。なぜこんなに寒いんだ!!!
でも、いい事もあったんですよ。
最近マックスがお膝に乗って来るようになりました!
きっと、モンがマックスに「お兄ちゃん、お母さんが寂しがってるから、お膝に乗ってあげて。結構いいもんだよ。」
って、囁いてくれたのではないかと。
この間は、お布団に潜り込んでくれたし、寒いのも悪くないかも。

 ミディはマイペースを決め込んでます・・・甘え上手な八朔君と小夏様を見習ってもらいたい・・・

ほんとにねえ、ついこの間まであづい~~~と文句たれていたんですよねえ。かーさんより、3年も長く生きてるちょーおばさん(どちらかというと、ばーさんに近い、というより紛れも無くばーさん)の私にとっても、この寒暖の差はキツイです。地球さんも、何か思うところがおありなのでしょうか、極端ですよね。

  ところで、狐さんのお話で、ちょっとだけ無駄話をしても宜しいでしょうか。
 私の父は生前、特定の宗教に肩入れする人間ではなかったのですが、お稲荷さんだけは熱心に御参りしていました。
 それは、戦争中、召集されて南方戦線にいた頃、ニューギニアのジャングルの中で生きて還る事を諦めていた父に、隣で寝ていた戦友が目を覚ますなりこういったそうです。「おい、俺たちは助かるぞ!」
  彼が見た夢の中に、白い髭の老人が現れて言うことには、自分は豊川稲荷の使いの狐である。お前の母親が朝な夕なに苦しい生活の中から自分の食べ物を減らしてまで稲荷の祠に供え物をしてお前の無事を祈っている。そこで、お前に告げるが、この戦争はもうすぐ日本が負けて終わる。必ず還れる日が来るから、決して諦めてはいけない。それだけ言うと煙の様に消えたそうで、それは、後から思うと、終戦より二月も前のことだったそうです。
 死と向かい合わせの極限の中で、彼が見たものは何だったのか、それは誰にもわかりません。でも、幼いとき、父にそんな話を聞いて育ったわたしは、見事に神話や昔話、民話の大好きな人間になりました。
   
  よそ様のブログのコメント欄で、いらぬ話をして申し訳ありません。狐さんの話題で、父から何度も聞いた話を思い出してしまいました。あ、私も狸であります。顔も、おなかも。

朔太郎と豆兄弟様

ちっす!師匠(≧▽≦)


腹暖。。。。(--;
すると何ですか?
さしずめ、かーさんの腹はデラックスタイプで高額取引されるってか?
よし!売り出して金儲けだ!!!


羽生君、心配ですよねぇ…
オリンピックシーズンだと、どうしても無理してしまうんじゃないかと思うと
期待されている分、何だか気の毒になってしまいますわ。。。
ジャンプなんか全部無くしても、彼の滑りは素晴らしのにね。
ジャンプ偏重のジャッジの変更も言われていますが、本当に選手の事を考えた仕組みになって
くれるといいなぁ…なんて思う次第です。

4匹猫母様

こんばんは~(*^-^*)


あらら…PCさんのご機嫌が斜めでしたか( ̄▽ ̄;)
もう大丈夫なのかな?
機械って、宥め方が解らん分厄介だよね。


そっかぁ…マックス君が…(*´ω`*)
何だかんだ言っても、猫さん達って飼い主の事をよく見てると思いますよね。
勿論、寒いって事も大きいとは思いますが、母様の気持ちもちゃんと解ってる気がします。
「大丈夫だよ!ボク達ちゃんと居るからね!」って。
ミディー様だって、案外知らんぷりな顔しつつ、ちゃんと解ってるって!
「アタシがマイペースな方が安心でしょ?}って(笑)

モン様、きっとそれを見ながら「ニヤっ」としてそうだわ(*^^)v

虎丸とりんの母様

こんばんは~(*^-^*)


素敵なお話をお聞かせ下さって有難うです💛
うんうんと頷きながら読ませて頂きました(*´ω`*)

かーさんも同じく神話や民話などが大好きなヤツですが…
昔から不思議でたまらなかったのは、日本だけじゃなくて、どの国の神話も根本的な所で
何かが似通っているじゃないですか。
人間が作り出す事や考える事なんて、そうそう差はないんだと言えばその通りなんですけど…
それでも、同じような事が同じようなタイミングで語られるって不思議じゃありません?
だから、何もかもが作り話だとは、どうしても思えないんです。
確かに…何かがあって…何かが変化して…
そして人間はそれを伝える為に様々なお話を伝えて来たんだろう…って。


ですから、荒唐無稽だと馬鹿にしちゃいけんと思うのだ。
「お話し」の中には、普遍の「思い」や「心」の片鱗がキラキラしてる!
伝え継ぐ事は、決して無駄な事でも馬鹿な事でもないですよね(*^-^*)
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。