恋歌と子守唄

CIMG4024.jpg
本日の一枚  「にょ~ん♪」 すっかりお気に入りの猫キューブで^^


「早春の 猫の恋歌 しじま裂き
       騒ぐ心に 時ぞ過ぎ行く」



と、何やら訳の解らぬモノで始まった本日のお話は…
そう、猫の恋歌なのです。


先日の記事にも登場した、「夜鳴きの猫さん」
この所、威嚇ではない、例のあの発情の鳴き声で深夜の徘徊をなさっているご様子です(・・;)
道を挟んでの場所にある、公園からなのでしょうか…


「おわぁ~~ぉ~ぉ~~!」


と言う、闇を引き裂く美声を響かせておられます。


どうやら、先日の威嚇合戦に於いて、勝者になった猫さんが堂々と
「オレのマドンナは何処だ~~!」
と、運命の恋人を探しておられる模様です。

CIMG4033.jpg
かーさんと見つめ合う八朔♪ ラブラブです~♪


かーさんの懐で眠っていた八朔、その声を聞くや否や、ドドドドドドーーー!っと窓辺のタワーへ。
そんなに見開いたら、落っこちるって!と、心配する程目を真ん丸にし、外を見て…
やがて呼応するかの様に鳴きはじめます。


「にょぉ~~~ん!」


お外の猫さんの声に比べると、全くの迫力不足ではありますが、八朔渾身の声(・・;)
去勢を済ませている八朔ですので、おそらく「恋歌」は奏でられない…
明らかに、鳴き声の質が違います。


と、すると…
この声は、自分のテリトリーを守ろうとする為…?
それとも、八朔の中にある野生の血が騒ぐ…?


本能なのでしょうから、致し方はありません。
そう解ってはいても、ここは集合住宅。
深夜の咆哮は、出来るだけ控えて欲しいのが本音です。

CIMG4028.jpg
くにゅん…なお手々がキュート

かーさん、八朔を抱っこして話しかけます。
「はっちゃん、気持ちは解るけど…ごめんね、わぉ~んはダメなの」
それでも、八朔身悶えして声を追い、視線を彷徨わせます。
そんな八朔を抱きしめて、かーさん、子守唄を歌いました…


「ねんねこしゃっしゃりま~せ~ 寝た子の~可愛いさ~
   起きて泣く~子の~ ねんころろん  つら憎さ~~ ねんころろん ねんころろん…」


キョトンとした顔をして、かーさんを見ていた八朔ですが…
そのうち、トントンとお尻の辺りを優しく叩くリズムと、ユラユラ揺れるリズムが心地よかったのか、かーさんの胸に当てた手がフミフミ。。。
喉奥から、いつものゴロゴロが聞こえてきました。


今宵のマドンナは見当たらなかったのか、お外の恋歌も遠ざかった様です…


何曲目かの子守唄が、ハミングになる頃
やっと落ち着きを取り戻した八朔が、かーさんの膝をトンと下りて、ベッドで丸くなりました。
…おやすみ、はっちゃん。良い夢をみるんだよ…

CIMG4030.jpg


子守唄など、何年ぶりに歌ったのでしょう…
夜泣きが激しかった息子を、夜通し抱いて揺らしながら歌った頃以来かな。。。
むずがり息子のおかげで、かーさん沢山の子守唄を覚えたっけ。


八朔に子守唄が効果があったのかどうかは解りません。
たまたまだったのかもしれない…
それでもね…かーさん、久々にむずがる駄々っ子をあやしている気持ちになれましたよ。

猫さんの恋の季節は、これからが本番を迎えます。
あの迫力ボイスの猫さんは、夜ごと恋歌を聞かせてくれるのかなぁ…(・・;)
溜息と共に、ほんの少しだけ…
八朔の恋歌も聞いてみたかったかも…なんて思った、かーさんでした。

CIMG3936.jpg





いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

八朔ちゃん、お外の猫さん達と一緒になくのですね。
なるほど、声の質が違うのですか…

あーく氏も、お外で声が聞こえると、気にして窓のところへ行きますが、
なくことは、あまりないみたいです。去勢しているからでしょうかね。
「ごあん、ごあん」とは、うるさいくらい言いますけれど。。( ̄ω ̄;)

声の質、どんな風に違うのか、聞いてみたくなりました。
八朔ちゃんは「にょぉ~~~ん!」なのですね。笑

猫様に子守唄効きますよ
経験上一番効くのは「たらこの歌」です
♪た~らこ~た~らこ~
と歌いながらお尻をトントンすると大抵すぐ眠ります
え、聞きたくないだけ?orz

nobi8n様

こんばんは~^^

声の質…全然違いますよぉ~
お外の猫さんは、迫力満点!
いかにも「ここは俺の縄張りだ~~!さぁ、マドンナ出ておいで~~!」
って、聞こえますもん(笑)

対して、八朔の「にょぉ~~~ん」は
「お兄ちゃん、何で鳴いてるの?ボクもここに居ますよ~~」
的な声です(・・;)
それでも普段の声よりは、大きくて響きますが。。。

あーく氏の「ごあ~ん!」は専売特許ですものね~~♪
一度、動画でアップして欲しいな~
もう、擦り切れるほど再生しちゃう!(笑)

いじけ虫君、カワイイですよね^^泣かなかったかーさんの気持ちわかります。優しい言葉が欲しかったんですよね。
八朔君みたいにいじけることもできなかった…そんな素直ではない自分がいたのを思い出しました。

八朔君との生活も半年になりましたか~今まで一緒にてくれた分、離れることが不安だったんでしょうね。私、ハータンのチビの頃、職場に一年間一緒に連れて行ってました。ミルクを飲ませなくてはならず、トイレも一人ではできないチビだったのでね。それができるようになっても、1年間は一緒通ってました^^
 八朔君はかーさんの子守唄でネンネしちゃったのね…かーさんのお歌が上手で気持ち良くなっちゃったのね^^
ハータンはね、私が歌うとギャーギャー泣くんですよ…
 その理由は、わかりますよね~下手だから…らしいですーー;

朔太郎と豆兄妹様

こんばんは~^^

「た~らこぉ~、た~らぁこぉ~♪」っすか。。。(・。・;
まぁ、曲調としてはマイナーコードっぽいですので、子守唄に使えない事も…ない…?
師匠んちの猫様達は、耳栓をお持ちなのでしょうか…
それとも…無意識に耳にふたをしてるとか?(笑)

それでも優しいやね~♪
砂かけしないだけ。。。

まめはなのクー様

こんばんは~^^

ハータンと一緒に通勤してたんですか~~凄い~!
オチッコもミルクも…そんなチビちゃんの頃から、ずっと一緒だったんだ^^
とっても大変だったでしょうが、素敵な思いでですね~
あぁ…羨ましいなぁ。。。
チビっ子ハータン可愛かっただろうなぁ。。。
機会があったら、その頃のハータンを是非是非拝見してみたいです!

かーさんって、いつも出鱈目な自作の「八朔の歌」とかを歌ってますので、
八朔、きっと慣れてるんだと思います(笑)
「はっちゃんは可愛いね~♪とっても良い子です~~♪」とか(・・;)
時々、仰向けに抱っこして歌っていると、下からニョンと手が伸びて来て
顎の辺りをフミフミするのですが…
あれは、もしかして「もぉ~いいよーー!」と言う意思表示?(・・;)

その子守唄懐かしい・・・
母は子守唄を歌わない人でしたが
(私は、おとなしい子供時代
 ほとんど手がかからない子供と
 わがまま暴君な父の相手でくたくただったのでしょうね)
祖母がその子守唄を歌ってくれました
本当に懐かしかったです・・・

おぢゃる丸も夜鳴きしますよ(^^)。。元男子でも、何かソワソワするんでしょうかね。。黒ゴマも何かアオアオ鳴きますし。。
「な~に?どうしたの?」って返事してあげると、何故か鳴き止むことも(^_^)。。

マルチ君の母様

こんにちは〜^_^

そうでしたか〜(^-^)
この子守唄は思い出の歌だったのですね。
かーさん、子守唄と言うと、この歌が一番先に出てくるんですよ(^-^)
で、五木の子守唄…島原の子守唄…あと、ゆりかごの歌も。
シューベルトと、ブラームスも欠かせません(笑)

お婆ちゃまが歌って下さった子守唄…きっと温かくて優しくて…
聞いていると安心して眠れたのでしょうね(^-^)
童謡なども一緒に歌ったのかな?

最近あまり聞かなくなった、子守唄や童謡ですが、もっと大切に
したいですよね…
マルチ君の世代にも、ちゃんと残っていて欲しいなぁ(^-^)

なお丸様

こんにちは〜^_^

いくら去勢していても、やはり血が騒ぐのでしょうね。
こればかりは、どうにもしてあげられませんよね(^^;;
迫力不足な鳴き声ではありますが、八朔もお外の猫さんに『春』が来たよー
って教えられたのかもしれません(^-^)

おじゃる丸様の声は、やっぱり迫力あるのかなぁ〜♪
黒ゴマちゃんは、きっと八朔と同じ、迫力不足だと思う〜(笑)

子守唄…ではないけれど、私はクェスがご乱心の時
落ち着かせるために歌ったりひたすら話しかけたりしています。
意味不明な替え歌ですけどね!
「クックククック~くぅちゃん~♪クエクエクェス~♪」
とか歌ってます~(笑)

なかなか火がついた感情は抑えられないようですが…。
もしかして逆に神経逆撫でしてるのかも!?(笑)

はっちゃんはほんとに赤ちゃんみたいに眠っちゃったんですね!
かわいいなぁ♪

「にょぉ~~~ん!」
なんですね♡
ねこさんに返事してる感覚なんですかね・・?

八朔くんは子守唄が気持ちよかったんでしょうね。
ひじきがきたばかりの頃、あまりに寝なくて困り抱っこしながら
「ひ〜ちゃんはいい子〜だ〜、寝〜んねしな〜♪」
とやってみましたが
「はあ?!(呆れ)」
ってリアクションされました・・力量不足でしょうか?!(涙)

こんばんは♪

ご心配をおかけしてすみませんでした(-_-;)
無事仕事は山を越えました。

こちらは連日のブリザードですが
関東はもうそんな季節なんですねー

うちで夜鳴きの時は夜中のドライブでしたねー
寝た子を車から降ろしてそっとそっとお布団に寝かせると
パチって、パチって・・・
また宥めすかしてドライブアゲイン
あぁ なつかしー

子供が小さい時より 
今の方が赤ちゃん言葉を多用しているのは内緒です^^;

子守唄で八朔くんを落ち着かせるなんてスゴイ!!
私が歌ったら迷惑そうな顔しそうです(笑)
うちは杏樹が手術済みなのにもかかわらず、発情の名残があるようで
定期的にあの声を発してしまいます
私たちは寝られませんが、幸いチビ達はなんとも思ってないようです。
八朔くんは感受性豊かなんでしょうね~
チビ達もいい大人になりつつあるので、これからワーワー言い出すのかどうなのか(>_<)

夜な夜な恋の雄たけびが響く、そんな季節になりましたね

去勢手術をしてしまったので、私たちの愛猫がその悦びを知る事はもうないのですが、
その分いっぱいいっぱい可愛がってあげて、幸せな一生を送らせてあげたいものですね!

こんな可愛い寝姿、いつまでも見ていたいです♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

tifomie様

こんばんは〜^_^

クェス様の歌〜♪
きゃぁ〜聞きたい〜(≧∇≦)

猫さんと暮らす人ってみんな作詞作曲しますよね(笑)
適当にその子の名前を織り込んで。
かーさんもよく歌ってますが、大抵の場合、横でとーさんが
笑を堪えています(^^;;
いいじゃんねぇ〜本人機嫌よく歌ってるんさからさ〜(-。-;

tifomie家は、少なくとも12曲はあるわけだ。。。(笑)
ん?プルちゃんの分はパパさん担当かな?^_−☆

tomo様

こんばんは〜^_^

そうなのです〜、まるでお返事してる感じなの(^^;;
いや、君は一応オスだし。。って(笑)
お外の猫さんが呼んでるのは、マドンナだろに。。。
どうしてもマドンナになりたいって言うなら、かーさん協力せんでもないけどね(笑)

ひじきさんったら、まだ幼くてげ〜じゅつを理解できなかったのよ、きっと(笑)
今ならきっと、理解した上で、きいろさんに言いつけるに違いない!
『おい…あそこで何か歌ってるけどどうしたらいいんだ?』って。
勿論、きいろさんは。。。。。。以下自粛。。。。(笑)

koco様

こんばんは〜^_^

おぉ。。生還しましたか(^o^)
お疲れ様でした♪

まだ風は冷たいですが、日差しがあると結構ポカポカしてましたよ、今日も。
久々にお散歩してきましたが、薄っすらと汗をかきました^_^
日没も遅くなってきて、あぁ、もうすぐ春が来るな…なんて思いました。

そちらは連日雪ですか…
日本って広いんだな〜って感じますね。

子供も猫さんも、夜泣きは辛いですよねぇ(^^;;
お外の猫さんも、必死でしょうが、かーさんも必死ですよーーー!
子守唄だろうが、何だろうがやります(-。-;
ええ、やりますとも(T ^ T)

obaoba様

こんばんは〜^_^

八朔は、とにかく構ってもらうと嬉しい甘ったれ君なんです(^^;;
子守唄もそうですが、かーさんが起き出して、自分を抱っこして構ってくれている
と言うのが大きいのかもしれません(笑)

避妊去勢しても、発情の気配が残る子も居るとは聞いていますよ〜
杏樹ちゃんもそうなのかしら?
だとしても、こればかりは、どうしようもないですよね…
本にゃんも、やりたくてやってるわけじゃないですもんね。
八朔は、発情の声と言うより、返事しているみたいです(笑)
別に八朔の事を呼んでるんじゃないのにね(^^;;

toranyansan様

こんばんは〜^_^

昔に比べると、あの発情の声を聞く事も少なくなりましたよね。
それなのに、何故かご近所で聞こえて来るとは(^^;;

八朔も、恋をする事も、子孫を残す事もできなくなりましたが…
その分は、足りないまでも一生懸命可愛がって安心して暮らせる様に
頑張らなきゃいけませんよね…はい、頑張ります!

鍵コメ様

こんばんは〜^_^

八朔、去勢は昨年の10月に手術受けてます〜
鳴き声も、発情の声と言うよりは、呼応の声。
お返事してます〜〜!って感じなのです(笑)
いや、返事せんでもええっちゅうねん(^^;;

テリトリーの危機だとでも思うのかなぁ…

プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: