小夏不在2日目と愛護の話

CIMG4842.jpg
本日の一枚 「新しい水飲み場」  変な事を覚えました(--; 今日は小夏の写真がありません…八朔が代わりを務めさせて頂きます


恐ろしく気温が上がった、今日の関東地方。
少し動くと汗ばむ程の陽気になりました。


そんな中、自転車をヒコヒコと漕いで向かったお社に…今日も小夏の姿は見当たりませんでした…
2日も会えないのは、初めての事です。
かーさん、諦めきれずに何度も何度も行ったり来たり…


境内の中にいらした若いカップルさんに、無粋を承知で話しかけてもみました。


「茶トラの猫さんを見かけませんでしたか?」って…


二人の世界を楽しみたいであろう若いお二人は、それでも一緒になって小夏を探してくれました。
小夏と関わる様になった経緯も、ざっとですがお話しし、もしあの子を見かけたら、どうぞよろしくお願いします!
と、頭を下げて帰路につきました…


CIMG4837.jpg
お手々も入れてみます…君さっきトイレでウンPしてホリホリしてたよね?してたよね?(T_T)


小夏…無事かな…
お腹空かせてないかな…
。。。何だか泣きそうです。。。(T_T)


カップルの男気にあふれた感じの男性が
「休みに入ってガキ共が一杯来るから…どこかに隠れたのかもしれん…」
と、言ってくれました。
有難うね…変な猫おばさんに邪魔されたのに、ちっとも嫌な顔もせず付き合ってくれて…




今日の午前中に、草加里親会の方からお電話を頂戴しました。
怪我をしていた猫さんの捕獲を先にしてしまったので、少し捕獲が遅れてしまっているとの事です。
それでも今週中には必ず伺いますとも言って下さいました。


かーさん、思い切ってその方にお尋ねしてみました。
小夏の避妊手術後、一時預かりなどは無理でしょうか…と…。
。。。答えはやはり無理。。。そりゃそうだと思います。
どこも一杯一杯で動いておられるのですから…
そんな甘い話はないと解っていながら、聞いてしまったかーさんが悪い!

CIMG4848_edited.jpg
「かーさんご無理を言ってはいけないです!」


申し訳ありません!
こう言う事って、お断りする側が、何故か心苦し思いをしてしまうんですよね…
そもそも、かーさん自身が、一時的にでも小夏を引き取ってすらやれないくせに、どの口が言う!でした。
切羽詰まったとはいえ…かーさん馬鹿です。。。。
馬鹿だけど、諦められない~~!
小夏を一時的にでも預かって下さる方…いらっしゃらないかな…(T_T)


それよりも、せっかく捕獲に来て下さった時に、小夏が不在だったらど~~しよ~~~~(T_T)
明日は時間をずらして行ってみます!
小夏ーーーー!お願いだから居ておくれ~~!


CIMG4851.jpg
「小夏…出てくるです…ボクも心配なのです…」


昨日の記事へのコメントで、いつも来て下さっている「ねこのははっは」さんから、こんな質問がありました。


以前某掲示板で、ネコにえさやりをしている人を責め、保健所に連絡すれば後は保健所がきちんとやってくれるとか、、うちの新車にキズがついた等のレスがたったので、参戦したのですが、
その時、「動物愛護といい、命の重みというなら、おまえはゴキブリも蚊もハエも殺さないんだよな!?保護してやるんだよな?」と書かれてぐっときました。
もともと病原菌を媒介する割合が高そうな生き物とは違うし、猫の多くは元飼い猫(とその子が)が捨てられたのも多い、しかもバースコントロールはネコはできるが、ゴキブリなどはできない。
ネコや犬は、共存がより可能な動物なんだ…と書きましたけれど。
ああいう論理でやってこられると、論駁できない自分が悲しかったですたい。
こちらに集う方々ならどう、反駁されますかねえ?


と、言う内容です。
皆さんはどう思われますか?


CIMG4847.jpg
「ふむぅ…難しいです」


かーさんは思います。
護りたいのであれば戦ってはいけない…と。
論理に論理でやりかえすのは不毛だと思うのです。


色々なご意見はあると思いますが、「愛護」と言う言葉で話すならば…
「その対象を愛せるかどうか」が大きなポイントになりませんか?
勿論、蚊が大好きで、ボウフラから大切に育てて慈しんできたのでしたら、どうぞ蚊を愛護なさってください。
ゴキブリに限りない愛情を注がれておられるなら、どうぞゴキブリを護って下さい。


命の重み云々は、その対象を愛するが故に言える事だと思います。
残念ながら、かーさんには蚊を愛したりゴキブリを慈しむ心はありません。
お腹が空いている蚊に自分の血を分け与えてやる趣味もありません。


しかし、それと同じくらい、理論だけを振り回す輩と戦う気は毛頭ない。


そんな時間があったら、ゴミでも拾ってます(笑)


保護の大先輩でいらっしゃる「百猫物語」のsabimamaさんが仰いました。
「エサやりは決して違法ではない」
「むしろ、猫を虐待する側には処罰が下る」と。



エサやり側の問題も多いでしょう…実際、かーさんも目の当たりにしています。
でも、やっぱり戦おうとは思いません。
正論で対すれば、きっと反感を買う…
ならば、気付くまで行動するしかないと思ったのです。


お外で暮らさざるを得ない猫さん達の為に、一番先に考えなければならないのは、その子たちが安心して暮らせる事だと思います。
論破するのではなく、議論で勝つのでもなく…
どうすれば一緒に護ってやれるのか…だと思うのです。


本当のかーさんは、実は「喧嘩上等!」なヤツです(笑)
褒められるような人間じゃない。
それでも、そこに小夏と言う存在が関われば、どれだけでも気長にやれます。
かーさんにとっての「愛護」は、茶トラの形をしているのかもしれません…


CIMG4850.jpg
「小夏、明日はちゃんと出ておいで!兄ちゃんも心配です!」






いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうですね。八朔かーさんのおっしゃることもわかります!でも、それで片がつくのかなとも思います。

こちらでは先日嫌な一件がありました。ペットショップの人が、子犬(6ヶ月ぐらい?)2匹を店から道に放り出したのです。理由は、変な咳をしているので、病気が他の犬にもうつったら困るからと。こちらは避妊・去勢は自然に反するとして、飼い犬・猫にそんな手術をする人は少ないので、次々子供が生まれ、ペットショップ屋に持ち込まれるので、供給過剰ぎみです。
子犬のうち1匹は、放り出されて車道まで転がり、車にひかれ即死。もう一匹は、鳴いて店に戻ろうとするのを店の人が蹴飛ばして阻止。芝生の上で立てなくなりました。目撃者が私的な動物愛護団体に連絡、団体が犬を保護したそうです。警察も犬猫のことなど気にしてくれないので、あとできるのは、「悪質ペットショップ」として、動物愛護に関心のある人の間で見られるブラックリストに載せることだけでした。でも、そんなリストは一般の人は見もしないから、何の役に立つのか…。こちらの宗教でもこんな扱いは、「地獄行き」ものです。でも、普段宗教のことなんか忘れています。ちょうど、ゴミを捨てるのが悪いと分かっていても、他の人が捨ててるし~と気軽に捨てるように、ま、結局は犬猫なんだからサ、という軽い気持ちです。
でも、宗教的に素地はあるので、言えば分かる人が多く出てくるかもしれない。
ゴミ捨てでも動物虐待でも、悪いと分かってやっているのではなく、「悪いというところまで意識がはっきり届いてない」からできるのではないでしょうか。なので、ごみを見ても、動物虐待を見ても、ゴミや虐待に見えるところまで意識が行ってないのだと思います。それに気づくのは、人の無私の行動を見ることによる時もあれば、人の言葉による時もあるでしょう。私はせっかちなのか、後者でないと、なかなか気がつかないと思っています。
この動物愛護団体は、傷ついた動物を保護し続けて、いまや満杯、無理をしています。1匹が病気になればあっという間に広がるだろうという不安と背中合わせで。自分にできることは、そういった愛護団体への財政的援助を周囲の人に募ることでした。いく人かから寄付があり、本当にありがたかったけれど、同時に、今後も継続的な援助がなければ愛護団体が立ち行かなくなる状況です。自分でできることなんて本当にたかが知れてるなと、無力感に打ちのめされる日々です。でも、私はまだいいです。私がその愛護団体の責任者(エジプト人と欧米人)なら、心配で眠れないし、欝になるでしょう。本当に強い素晴らしい方だと思いました。私はたまたま興味を持っているからその活動をFBで追っていますが、そうじゃない人は、日本人でも、何十年ここで暮らしていようと、自宅でペットを飼っていようと、その団体の存在さえも知りません。正直、自分のペットが健康でありさえすれば、他はどうでもいいのです。それは当然ですが、なんだか、いろんなやり取りから、想像力の貧困さを感じてしまいます。(ゴミ問題でも虐待問題でも、想像力の無さから来るものでしょう)
けんかになる議論は無益なので意味がないですが、声を上げることの大切さを日々感じています。声は上げ続けなければなりませんが、そのバイタリティがなくなる。FBでつながる人がいてようやく精神的に支えられています。
すみません、長々と。。。お目汚しでした。

己は己、他人は他人
と思うしかなさそうですね
でも大抵の人間は一緒になって探してくれたお兄さんのような
人ばかりですよ
動物が好きな人もいれば嫌いな人もいます
納豆が好きな配膳係もいれば嫌いなお世話係もいますorz

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。
世の中には価値観の違いがあり、共存できるかぎりは、他の価値観を
無理やり変える権利はお互いにありません。火の粉が降り掛かってきた
場合は対処しなければなりませんが。私は自分の信ずる所をただ黙って
愚直に行って生ていきたいといつも思っています。
それにしても八朔チャンの仕草可愛いですねー。我が家にいた子も
近くにお水があるのに、いつもわざわざ女房殿のマグカップの水で
ひとしきり飲んだり遊んだりしていましたよ。女房殿も気にせずそれを
飲んでいましたなー。(笑) 小夏ちゃん、どうぞ見つかりますように。

人が100人いれば、価値観も100通りあり、全く同じ価値観を持っていることはほとんどないと思います。
その価値観に辿り着いた経緯もまたそれぞれで、元々持っている性格だけではなく、悲しい過去があったり、何かしらのトラウマがあったり、そういうことが原因で、理解できない価値観を持っている方もいるかもしれません。
私は、かーさんの気持ちを拝読して、「私には考えつくことができない。前向きですごいなぁ。」と気付かされることが多いです。

避妊手術、術後はしばらく様子をみてあげたいですよね。
手術後、病院で何泊かはさせてもらえると思いますが、1~2泊が限度なんですかね?
ペットホテルは、金銭的に厳しいし・・・。
せめて抜糸まで、何とか預ってくれるところがあれば・・・。

小夏ちゃんが、明日は無事出てきてくれますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

人の価値観はそれぞれですからね、、、(--;)。。分かり合えない人も居るでしょうけど、お互いに押し付けあわないで尊重し合えないものかと思います。。そういう人とは言い合っても、多分ずっと平行線・・・。。

子夏ちゃん、お昼間は子供を避けて隠れてそうですね。。夜になると出てきてたりしてるかも(^^)。。

小夏ちゃん、出てきてくれたかな。
春休みは確かに子供が多いから、どこかに隠れているのかな。

「動物愛護といい、命の重みというなら、
おまえはゴキブリも蚊もハエも殺さないんだよな!?保護してやるんだよな?」
こんなことを平気で言う人に、反論しても無駄ですね。
相手にしたら、むなしくなるばかりです。
それより私は、目の前の命を守ることに時間を使いたいです。

一時預かりは無理・・そうでしょうね。
長い目で見て、知り合いに声をかけたり、
市の広報紙で里親捜しをしたり、動物病院にチラシをはってもらったり、
そういう方法がいいのかな。
私はやはり寒さ、暑さの厳しい外より、家の中で飼われるほうが
幸せだと思っていますから。協力できること、ちょっと考えてみますね。

妹の病院で飼われていた野良ちゃん3匹、
最近、もらわれていったそうです。
まだまだ若い小夏ちゃん、希望はたくさんありますよ。
とにかく早く、顔を見せてね〜〜

最初の鍵コメ様

こんにちは〜^_^

この問題は、きっと正しい答えなどないのでしょうね…
人それぞれ思いの深さも関わり方も違うのですから。
かーさんも、未だに「これが私の意見です」と言える程の考えは持てずにいます。

その時その時で、真摯に向き合っていく事でしかないかな…

ただね、どんな時でも一番に考えるのは、目の前に有る命だと思うのです。
偉そうな事も言えませんし、行動だって思うようにはいかないですが、かーさん今
小夏の為になら、どんな事でもできそうな気がしています。

きっと、大切なのはこうしておりに触れ考えて見る事なのかもしれませんね。
その時に答えは出せなくても、考えてみる。
一人一人が、そうやって考えて行けば、少しは変わって行くのかも…

小夏、今朝も姿がありませんでした…
また、夕方にも行ってみるつもりです。
諦めたりしません!(T ^ T)

春休みだから子供がたくさんいるものね
外で生きる小夏ちゃんは本能的に
隠れているのかな・・・
こどもがいない時間帯にいけば
会えるのかな・・・
って夜しかないか・・・
心配ですね

二番目の鍵コメ様

こんにちは。

小夏…今朝も姿が見えませんでした…

ポジティブに考えようとしていますが、流石に眠れません。
最悪な事も頭をよぎりますし、様々な悪い意味での可能性を数え上げたり
もしてしまいます。
今日は春分の日で祝日です。
朝から保健所や保護センターに電話してみましたが、お休みでダメ…

でも、まだ諦めたりしません!
思いつく事は何でもやってみます。

人はそれを屁理屈と呼ぶのではないでしょうか?
屁理屈を論破してどんな意味があるのでしょう?

ただ一つ言えるのは
自分が生きるため以外の理由で
ほかの命を奪うのは地球上で人間だけ
そして他の種を愛しいと思うのも一部の霊長類を除いて
人間だけです。

小夏ちゃん、2日みえないのはちと心配になっちゃいますね
お外の子は警戒心が強いから、きっとどこかに身を隠しているんだと思うけど
夕方から夜、明け方が猫さん本来の行動時間だから
その辺狙うと出会えそうですけどね
でもその時間に神社に行くの勇気いりますね><。

ねこのははっは様

こんにちは。

かーさんどのアプローチも間違いではないと思ってますよ(^-^)
各々の立場や考え方の元、動ける方法で動けばいい。

想像できない方に、現実を知らせる事にしても、提示の仕方は様々ではないでしょうか。
広く大きく声をあげて行くのも大切でしょう。
その為に組織立った動きも必要だとも思います。

かーさんも今回、小夏に出会った事で、地域猫について色々調べました。
県のホームページには、保護センターが制作したマニュアルもありました。
。。。正直言って、「そうですか…で?」と思ってしまった。。。
民間で頑張っておられる団体さんの方が、よほど頑張っておられます。
それでも、マニュアルを作ってくれるだけ凄いのでしょうけどね(^^;;

かーさんは非力です。
今回の事で嫌という程思い知りました。
もしかしたら…このまま小夏には二度と会えなくなるかもしれない…
かーさんが動いた事で、かえってあの子を追い詰めたのかもしれない…
そんな思いで押しつぶされそうになっています。
それでも!それでも、かーさんはあの子故に知った現実を知り得て良かったと思います。
知って、考えて、不器用なりにでも動こうとした事…
この先もずっと考えていくこと…
決して声高に何かを叫ぶことはなくても、続けていくことで何かを見つけたいと思っています。
諦めません…あの子を諦めたりしません。

朔太郎と豆兄弟様

こんにちは〜^_^

そうですね…
人は人…己は己。
今回かーさん、自分を変える事を選びました。
相手を変える程の時間もなければ情熱もないですもん。
ゴミを捨てている人に対しては、可哀想な人だとはおもいますが
指摘して差し上げるほどの思いは持てません。

屁理屈を言って、ただ相手を言い負かしたい人のお相手も真っ平です。
それ、議論にもなってないし…と思うだけです。

三番目の鍵コメ様

こんにちは〜^_^

かーさんが子供の頃、猫さんは家と外を自由に出入りするのが当たり前でした。
避妊や去勢なんて考えもつかなかったです。
毎年当たり前の様に子猫が生まれ、当たり前の様に、おそらくは死んでいった…
路地を歩けば、至る所に猫さんが居て、それが当たり前の風景でした。
昔の猫さんが糞尿をしなかった訳じゃないですよね?
鳴き声をあげなかった訳じゃないですよね?
それが許されていたのは何故なんだろう……
地域猫って何なんだろう…

かーさん、今回の事がなければ、きっと知っているつもりで終わっていたと思います。
可哀想な猫さんも居るんだな…って。
聞けばその場では胸が痛みます。
些細な寄付くらいはするでしょう。
でも、それでおしまい…
決して永続する思いには繋がらないものだったと思います。
自分がその立場にならないと実感できない…そんな人間です。
褒められる様な人間じゃないです…(T ^ T)

小夏に会えなくなって今日で三日目…
ただただ会いたいです…

Oyran様

こんにちは〜^_^

価値観の差…そうですよね。
その差を埋めるのは、至難の業。
どうしても何とかしたい相手以外に、その労力は使えないかもです。

八朔も、猫さんの掟に従って、時々妙なブームが訪れるようです。
今まで一切やらなかったコップの水飲み…
何故か、ここ数日熱心にやってくれます(^^;;
でもね、手はやめようよ〜手は!(T ^ T)
何しろ、八朔趣味が猫砂掘りなんですもん。。。

フー様

こんにちは〜^_^

論戦に勝つ事に拘る人も、確かに居ますしね(笑)
かく言う、かーさんも、どちらかと言えばそっち側だったりします(^^;;

でもね、そこに小夏が絡むと話は別です。
自分の気持ちが済む事と、小夏の安全を比べる事なんて出来ませんよね。
優先順位が違いすぎます。
いつの間にか、どこへ出しても恥ずかしい猫馬鹿です(笑)

聞いた範囲では、術後一泊だそうです。
その後リリースになるとか…
それで大丈夫なものなんでしょうか…
かーさん神社で一緒に過ごそうかなぁ。。。(^^;;

と、その前に…小夏〜〜出て来て〜〜(T ^ T)

四番目の鍵コメ様

こんにちは〜^_^

かーさんも相当見境無くなってきてます(^^;;
昨日会ったカップルさんも、きっと内心驚いただろうなぁ…と
おもいますよ。
必死の形相で「猫を見かけませんでしたか?」って泣きそうな顔のおばさんが
いきなり話し掛けてきたんですもの(^^;;
それでも一緒になって探してくれる優しいカップルさんでした。

術後ね…一泊だそうです。
その後はリリース。
リリースの立会いもさせて下さいとお願いしていますので、その時の
様子が余りにも…だったら、もう一度病院へお預けする事も考えています。
が。。。。その前に小夏が出てきてくれないと…(T ^ T)


なお丸様

こんにちは〜^_^

普段の生活の中では、「こりゃ合わないわ…」と思えば近寄らない(笑)
それでも、向こうがどうしても相手してくれって言うなら、それなりに。。。
もしくは、二度と近寄りたくないと思って頂くかですね(^-^)

ただ、小夏が絡むと…話は別です。
我ながら大人になったもんだと思います(笑)

夜か。。。。
夕方にもう一度と思っていましたが…そか、夜に行ってみるか。。
小夏〜出てこ〜い!

おばんです様

こんにちは〜^_^

小夏ね…今朝も居なかったの…(T ^ T)
もう、色々な事を考えて眠れたもんぢゃ〜ない…
最悪の事も考えてしまうし…
もう二度と小夏に会えないんじゃないかとも思えてきて。。。

捕獲するにも、肝心の小夏が居ないんじゃ、どうしようもないですよね。。。
今日は夜遅くにでも行ってみます。

そう都合よく一時預かりなんてありませんよね…
解ってはいたんですけど、聞かずにはいられなくて。
せめて術後は、ゆっくり休ませてやりたいなぁ……
でも、その前に、小夏〜出て来い〜〜(T ^ T)
かーさん本気で泣くぞ〜!

マルチ君の母様

こんにちは〜^_^

子供を避けて、何処かで隠れているのならいいのですが…
もう三日も会えてないので、どんどん悪い事を考えてしまいます。
外で生きるってこう言う事なんですね…(T ^ T)

今日は夜遅くにでも行ってみます。
怖いとか言ってられないですもん。
何なら、頭に鉄輪付けてロウソク立てて行っちゃろか〜(笑)

koco様

こんにちは〜^_^

実はかーさん、真正面からぶつかってガンガンに論議するの苦手じゃないです(^^;;
でも、こう言う輩は時間の無駄だとも知ってるぞ。
特にね、匿名性の高い掲示板などでは、よく見かけるタイプです。
屁理屈で相手に勝ったと思いいい気になるなら、勝手になってろ!です。

やっぱり夜だよね……
うん!頑張って夜に行ってみるよ。
今日はとーさん居ないから一人でだけど…(^^;;
怖いとか言ってられないですもんね!
まぁ、痴漢さんの心配はない(笑)
襲うヤツが居たら、ある意味褒めてやるし。
頑張ってみるよ…会いたいもん、小夏に。。。

心配ですね。

二日も続けて姿を見かけないなんて・・・・気になりますよね・・・

今日は、会えたかな・・・会えてると良いな・・・春休みで、きっと自分が安全だと思う所に隠れてくれてると思いたいです!キットそうです!

かーさんの気持ちを考えると近くだったら色々お手伝いできたのにと

思って飛んで行きたいぐらいです。

手術が受けれて、術後預かって下さる方が見つかれば良いですよね・・・

今日は夜に神社に行って見るんですか?

気をつけて行ってくださいね。

価値観の違う人に、まして蚊やゴキブリの命と猫や犬の命を一緒に
引き合いに出して反撃してくるような人に何を言っても無駄だと思います。

私も、どちらかと言えば、正しい事は正しいって議論しちゃうほうだし
黙っていられない方だけど、この事に関してはね・・・

家もね新しい建物に成ってから、本当はペット禁止なんですよ
でもね以前の住まいから犬猫を飼ってる人が多くて、新居に越してきた時
この建物(今も建築中)に入居予定のペットを飼ってる人たちで
犬猫クラブを作りました。
その当時の自治会長さんの協力もあり、県の方も裁判をしてもこの事に関しては、勝訴は望めないので、周りの方々とのトラブルに注意し、現在飼っている犬猫を登録することで何とか承諾して頂きました。

だから、本当はモネが増えた事は内緒です(--;)
助かるのは、お隣の方も下の方もワンちゃんが居るので何も仰いません

でも、病院などに行く時、エレベーターは特に下りる時には階段を使っています(10階)やはり犬や猫に苦手な方は、同じエレバーターで下りるのは
嫌でしょうから・・・オットーがキャリーをかかえて下ります(><;)

そしてワクチンなどは、4にゃんまとめて往診してもらっています。
お金は少しかかりますが、良心的な先生ですし、猫のストレスも軽減されてますし、何より私たちが助かっています。

自分達の生活にあった一番良い方法がかーさんにも見つかる事を
祈っています。

小夏ちゃ~んかーさんにお顔見せに出ておいでぇ~

小夏ちゃん・・・無事だといいですね

私の弟が住んでいるマンションの近くにも地域猫がたくさんいて
お年寄りの方がごはんをあげているようです。
弟は、「車の上に乗っかられたりする」と愚痴をこぼしていましたが
お世話している人に苦情は言っていないようで、意外と地域猫
に関しては寛容な考えを持っています。ちなみに弟も猫飼いさんです。
保健所に連絡しても、引き取られた子の行く末は殺処分と言う悲しい
結果になるかもしれませんし、難しい課題です。
論理を振りかざすのはきっと、動物を飼ったことのない人だと私は思います
身近に小さな命がいれば、おのずと考えも方も変わってくるかもしれません。






小夏ちゃん心配ですね
子供を避けて何処かに隠れているのなら良いのですが・・・
今日こそは会えますように!!
神社の神様、猫神様
宜しくお願いします

『好き』な人がいれば『キライ』な人もいる。
考え方も人それぞれでしょうから
最後は自分の信じる道を突き進むしかないでしょうね。
一日も早く小夏ちゃんの元気な姿を見せてくれるといいなぁ・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

小夏ちゃん 心配ですね
温かくなって行動範囲が広がったんでしょうか・・・

世の中には本当に色々な人がいます 
意見の相違はあって当然です
しかし極論を言っては 論点がずれるばかりですね
こういう方とは どこまで議論しても並行線のままでしょう
相手と同じ土俵に上がらぬことです
私も口で勝てない人間ですから 気持ちはよくわかります(笑)

ジョルまま様

こんばんは~^^

小夏居ないよぉ~~(T_T)
もう本気で泣きそうです。
まぁ、泣いてる暇はないので、頑張りますが…

価値観の違う人とお話しするのって、とっても体力使いますよね。
それでも、どうしても関わらなければいけない人なら、何とか耐えますが
正直、どうでもいい人の為に、そこまで頑張ろうとは思えないです(^^;

基本かーさんつるむのは好きではないですので、学生時代から女子の連れトイレ活動
にも参加しなかった人だし。
何で、トイレに行きたくもないのに、毎休み時間腕を組んでトイレ詣でせんといかんねん!
って、宣言してました~
それでも、、学校創立以来初の女性生徒会長だったぜ(笑)

住宅環境って、難しいです。
かーさんも、ここへ越して来た時には、夢にも猫さんと暮らすなんて思っていませんでした。
だから、ペット不可?ふぅ~~ん…で終わってたの。
で、八朔が来て、必死…
何とか大目にと言う現状です。
正直、この上、小夏となれば…引き払うしかないか…な。

いや、その前に小夏!出て来て~~!

とある猫下僕A様

こんばんは~^^

今度、ワンちゃんの殺処分の映画が公開されますよね…
「ひまわりの七日間」だっけな…?

映画の主人公のモデルになった職員さんが、TVで話してらっしゃいました。
「持ち込む飼い主さん自らが、ボタンを押して欲しい」と。
保健所に持ち込んで、後はお任せ~~では、あまりにも無責任ですよね。
保健所に持ち込む=殺される
それをきちんと認識して欲しいです。

とーさんなんか、それを見ていて、
「飼い主さんに場所だけ提供して、ナイフでも手渡して、どうぞと言ってやればいい」
なんて、物騒な事を言ってました。

そう言うかーさんは…明日は朝っぱらから保健所に電話してみます(T_T)

daneko様

こんばんは。

うぅぅ(T_T)
毎日ちゃんとお参りしてるのに~
お社の神様~~
猫神様~~~
お願いです!小夏に会わせて下さい~~!!(T_T)
一緒に願って下さって有難うです。。。
かーさん諦めないぞ!

ニャーヨ様

こんばんは。

こればかりは、価値観の違いもあってどうこうは言えませんよね…
でも、キンタローじゃないけど
「猫が嫌いでも、せめて苛めないで下さい!」   フライングゲット…です。

小夏の姿がないと、悪い方へ悪い方へ思考が走ります。
それでも、諦めるつもりはないから…やっぱり通いますけど。。。
もう…胸が痛くて(T_T)

五番目の鍵コメ様

こんばんは。

もうね…それしかないと思ってます。
術後すぐにリリースなんてできないよぉ~~~
契約違反を承知で、悪い事しなきゃいけないけど…
でも、放ってはおけないよね。
ただ…鳴かれると…困る…
どうしたら鳴かずにいてくれるのかなぁ(T_T)

このままだと捕獲すらできないよ…
ふぇぇえぇぇ~~ん(T_T)

ぽち様

こんばんは~^^

同じ土俵…
かーさんは「八朔部屋の女将」ですので、土俵は慣れているのですが(笑)
ただし、無礼者は神聖な土俵には上げませぬ!<(`^´)>

机上の論理は何処まで行っても机上でしかない。
正論も使い方を誤れば、立派な攻撃になり得ますしね…


小夏…どこまで行っちゃったんだろう…
無事でいてくれるといいなぁ(T_T)

小夏ちゃん、心配ですが、ひょっとすると、誰かがさきまわりして保護したのかもしれません。そう思いたいです。

そうでした。議論に勝つためじゃなくて、相手にこちらの見方で見てもらうために、どうすればいいかが大事でした。
自分がなぜ想定問答集を考えるかというと、どなたかが「えさやりは法律違反ではない」と書かれてたことにも関係します。
有名な将棋の名人が、ネコに餌やりして、近所からクレームが出て、それでもえさをやり続けて裁判になり、最後は、100万円ほどの罰金になった事件があったと思います。この名人の振る舞いがどうだったか知らないのですが、たとえ、気をつけていても、ネコはごはんを食べる場所から離れたところで、糞尿をします。ですので、目の前でしてくれない方が多いだろうから、餌を求めてやってきた猫達が餌を食べた後、少し離れたお宅の庭で排便・排尿した、それが迷惑になったのではないか?と思います。
あの名人の一件で、私は、「餌をやるのは法律違反ではない」が、そのまま相手に受け入れられるかな??と疑問なのです。また、きちんと食べたものやトイレの設置片づけをします、と約束しても、トイレの方は上記のネコの性質ゆえ、責任がもてないかもしれません。さらには、車で爪とぎをしたり…。外ネコなら、そこは、誠意を見せて、理解していただく、結局は相手に我慢していただくしかないのだろうなと思います。嫌いなものを好きにさせることはできないのは当然ですが。でも、我慢してくださるかしら…と思うのです。
理解を求めるよう振舞っていても、もし誰かが、子供の砂場に糞尿をして子供の健康被害が出そう等と、保健所に届けるかもしれません。それも相手の権利です。目の前でそれが起これば、一時的にでも保護できますが、知らない時にされたら、それでおしまいです。

ところで、契約上1匹しか飼えなくとも、実際は、大家さんに相談・頼み込んで2匹飼うというケースもあるそうです…。ちょっと余分に払うとか、礼金などの条件を変えるかもしれませんが。もう試されたとは思いますが…、老婆心ながら。

ねこのははっは様

こんにちは。

「猫の餌やりは当然の権利です!」
などと言うつもりは毛頭ありません。
くだんの名人さんは、地域住民の声を頭から馬鹿にし続けた結果だったはず。
何が悪いんだ!と。

かーさんも以前「裏と表」と題した記事で、娘の家に起こった猫の糞尿問題について
書かせてもらいました。
せっかく建てた新築の家に、毎日ご近所の放し飼いの猫さんが糞尿をして困っている
という話です。
立場が変われば、被害者にも加害者にもなり得る事は十二分に承知しているつもりです。
決して頭でっかちに、地域猫だ!猫の保護だ!と騒ぐつもりもありません。
だからこそ、まどろっこしいと思われてしまう程の時間をかけてもいました。
まず、その付近の方に話をしなければいけないと思ったからです。

結果として今、小夏の姿を見失ってしまったのですから、かーさんのやってきた事は間違って
いたのかもしれません。。。
四の五の言う前に、とっとと保護してしまえば良かったのかもしれません。
住居環境も含めて、仰るまでもなく全て話しもしましたし努力もしたつもりです。
出来るか出来ないかではなく、やってしまえ!が良かったのかもしれません。
その結果が、住む場所を失う事になったとしても、とーさんに多大な負担を掛ける事になっても。
。。。かーさんには、そうは思えなかっただけです。。。

小夏も含めて、外で生きる猫さんの環境はとても厳しいでしょう…
もしも、その子達を少しでも助けてやりたいと思うのなら、決して周りと反目するのではなく
話し合いながら理解を求め続けるしかないのではないでしょうか。

最後に一つだけ…
かーさんは最悪の事態を想像出来ないほど、とち狂ってはいないつもりです。

かーさん、今大変な状況でいらっしゃるところに、コメントへのレスで心を使わせてしまい、申し訳ありません。

私以前催涙ガスでなくなった白猫のことを書きましたが、あの時、外ネコであるということは、今日会うのが最後かもしれないということなのだと、嫌というほど感じました。猫も含め皆、神様に守ってもらっている存在であること、無力な存在なのだと、立ちつくすしかありませんでした。あの時の自分の「失敗」を思い出して、今回、むきになっていた気もします。自分が押し付けがましくなっていて、かーさんのご努力に十分思いをいたすこともせず、申し訳ありません。


また、私はけんかすればいいと思っているのではありません。私、そう解釈されるような書き方をしてしまったのでしょうね…。
名人は近所の言うことを聞かなかったのでしょうが、全く無視なのか、それとも、「えさやりをやめれば死ぬじゃないか」とえさやりを続行した結果、相変わらず猫が集まってくるから、近隣で糞尿をして何も変らなかったのかどちらだろう?と思います。前者だったのですね?

私の一番最初の「議論に参戦」は、掲示板でのことです。ですので、実際に守る猫がいたわけではありません。

いきさつは、掲示板で、「大雪の日、外で暮らしている猫のことを考えると可哀想になる、彼らはどうやって暮らしているのだろうか」という、まあ、素朴な投稿に対し、
「あんたの様な人がいるから、気安く餌をあげて周りに迷惑をかけるのよ!絶対に餌をやらないで」「野良猫は野生動物だから、自分で外で生きられるはず」「そんなに気の毒なら、保健所に連絡すれば保健所がきちんとやってくれるよ」というレスが返ってきました。
そこから、猫好き・動物愛護家が反論したのです。地域ねこのことや、ネコが途中で、人間に飼われ暮らすようになり、もはや野生動物ではない、年間20万匹のネコが保健所で殺処分されているなどなど。
そこにさらに、反論。「好きでやる分には構わないが、周りに一切迷惑をかけないといえないだろう」「そもそも、自分は動物嫌いなのに、地域猫だなんて、自分の税金をそんなことに使われたくない」などなど。
「保健所に送れ」への反発で、最初の投稿者の意図は、命を思いやることだからと、「命の重み」という言葉が出て来た時、「ゴキブリうんぬん」の言葉が返ってきたのです。

こんな議論は不毛といって無視することはできませんでした。議論の中で、思い違いもあると思いましたし、ネコ嫌いが意見を言うように、ネコ好きが意見を言ってもいいのではないかと。沈黙を同意ととられたくはなかったし、何よりも、大雪で猫のことを思いやった投稿者の優しい気持ちを考えると、その人が一方的に?非難される(あんたのような人がいるから…云々)黙っていたくはなかったです。

屁理屈という人がいるけれど、屁理屈でもないと思います。嫌いな人は嫌い。なぜ、ネコだけが?と。そういった議論は、なぜ、ネコと共存していけると思うのか?という気づきにもなります。私も、年間の殺処分数(4,5年前の環境庁だったか公的データーで犬は、ほぼ10万匹、猫は20万匹。うち、半分近くは、1年未満の子猫)とか、保健所が本当は何をしているのかあまり知らずに、保健所に任せろといってる人がいるとか、猫を野生動物と思っている人がいるとか、いろんなことがわかりました。
実際に守るべき小夏ちゃんがいる状況とは大きな違いがありました。

ブログのコメント欄でやり取りすると、いい尽くせないこと、自分には常識なので、はしょることなどいろいろありますね。ですので、「『えさをやるのは違法ではない』と言います」と、すっきり書かれた時、ふと心配になったのです。ネコを飼うのは、これが始めてとブログの最初に書かれていたこともあって、どこまでかーさんがご存知か、わかりませんでした。

小夏ちゃんのこと、心から幸せを祈っています。
(お返事は結構です)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメN様

こんにちは。

初めまして!
ようこそお越し下さいました。
そして、とても深い深いコメントを有難う御座います。

ご覧頂くとお解りの様に、かーさんは本当にまだまだ駆け出しの猫初心者でしかありません。
知識としての愛護活動や、保護活動の事は知ってはいても、本当の意味では何も解っては
いませんでした。
今回、小夏と出逢った事で、初めてその一端に触れた気が致します。
沢山の方々にお支え頂いて、小夏は我が家にやって来てくれました。
そのお気持ちに応えるにはどうするべきなのか…
浅学ながらも一生懸命考える様になったのです。

まずは正しく知る事だと、かーさんも思います。
知った上で、今自分に何が出来るのかを、それぞれが考えて行く。。。
出来る範囲でいいから、一歩だけ動き始めてみる。。。
そんな事を今は考えています。

かーさんが拙いながらも、こうしてブログで書かせて頂く事も、その一歩
だと思っています。
かーさんが知った事…かーさんが感じた事…
一緒に考えて欲しいと思った事…
そんな事を、かーさんの言葉で書いて行こうと思います。
たったお一人でも、「そうだったのか…」と思って頂けたら、もうそれで大成功だと。。。

時間の許す限り、かーさんも保護活動をされておられる方のブログには足を運ばせて
頂き、色々な事を学ばせて頂いています。
様々な考え方に触れ、深く頷く事もあれば、どうしても素直に頷けない事もあります。
それでも、まずは知ろう。。。知らなけば考える事も出来ないと思っています。

たった一人で100歩歩くのは、きっと孤独で辛いものでしょう…
でも、100人が一歩づつ進むのであれば、きっと少しは楽…
その小さな一歩を、かーさんは促せたらいいな。。なんて思います。
一緒に頑張ろうよ…って言える様に、かーさんもまた頑張らなきゃいけないとも。。

茶トラーズと言う掛け替えのない宝物をお預かりした事で、新しい世界が見えました。
この子達が側に居てくれる限り、かーさんのパワーの源は消えないと思います。
始まったばかりの世界ですが、この先も無理をせず一歩づつ歩みを進めて参ります。
どうぞ、またお気付きの事がありましたら、お教え下さいませね(^-^)
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: