命の譲渡

CIMG7161.jpg


本日は少し真面目なお話をさせて頂きたいと思います。
最初にお断りさせて頂きますが、これはとても個人的な意見になりますので、もしかしたらご気分を害される事もあるかもしれません。
お叱りも覚悟の上で、書かせて頂きますね。



先日来、時期的な事もあって、仔猫の保護のお話しをよく耳に致します。
実際、かーさんの友人や知人にも、今現在必死に仔猫を保護し、育てておられる方もいらっしゃいます。


ある程度の大きさまで無事に育て、様々な手続きを経て、里親さんを探される…
かーさん如き、所詮は猫初心者などには、思いもよらぬ程の気配りと愛情をたっぷり注いで… 


正直、時間も手間も、もっと言えばお金だってかかります。
大きな保護団体さんなら、寄付を募ったり、フリーマーケットなどでその為の資金を何とか調達しようとする事も可能だと思います。
勿論、それだって焼け石に水。
今、早急に手を差し伸べなければ命に係わる子達が、それこそワンサカいるのですから…


CIMG7128.jpg


たまたまですが…
超有名ブロガーさんの記事で「丸投げ」について書かれている記事を拝見しました。
ご覧になられた方も多いとは思いますが。。。


この時期「相談」と言う名の電話がひっきりなしだそうです。


「どこそこに仔猫が居たから保護してほしい」
「仔猫を引き取って欲しい」



そして必ずそれに付随するのが「ご自分が出来ない理由を延々と述べる事」


ボランティアさんは魔法使いだとでも思っておられるのでしょうか。
誰でも等しく一日は24時間しかない。
その中で貴重な時間を割いて、走り回られる方々に、何を期待しておられる?


「可哀想な猫さんを見つけました…放ってはおけないけど…自分では動けない」


結果、丸投げしようとなさる。


CIMG6995.jpg


かーさんは、小夏の一件で、一つだけ身に沁みた事があります。
それは…


「可能な限り自分が動いてみる事で、初めて手は差し伸べられる」

と、言う事です。


出来ないと言う理由を指折って数えずに、小さくてもいいから何か動ける事はないか…
そう考えてみる事なのではないでしょうか。


その上で、相談させて頂く…それが筋だと思います。



CIMG6989.jpg


「怪我をした猫さんを見つけた…ああ可哀想!」
「野良猫さんが仔猫を産んだ…ああ心配だわ!」
「仔猫さんが幸せになってくれる様祈ります!」



一見、お優しそうな言葉です。
でも、本当にそうでしょうか?


少なくとも、ブログを通じて発信するなら、「そこからどうするのか」「どうしたいのか」
きちんとご自分の意見を持たれるべきではないでしょうか。
ただただ、心を痛める優しい自分に酔っているだけ…


自治体によっては避妊去勢に補助が出る地域もあります。
野良猫さんを格安で診察して下さる獣医さんもいらっしゃいます。
解らないなら調べるなり、それこそボランティア団体さんに相談するなりしてみればいいのではないでしょうか。
ただし!自分で出来得る精一杯を提示しての上で…です。


CIMG6990.jpg



勿論、全ての猫さんやワンちゃんに手を差し伸べられる訳ではありません。
それぞれ事情も異なりますし、動きたくても動けない事もままあるでしょう。


それでも!
寝食を忘れて、お世話されている方々が、溜息をつきたくなる様な事ばかり…
そんなのおかしい!
それは違う!
そう叫びだしたくなってしまいました。



かーさんが親しくさせて頂いている友人が、今まさに生まれたての仔猫4匹を、それこそ必死になって育てて下さっています。
全くの個人で…衰弱しきった仔猫を入院させ…回復したら家の中で懸命なお世話…
全て自腹で…です。


日に日に「猫」になっていく様子を見るにつけ、かーさんはただただ頭が下がります。
何の力にもなれていない自分を恥じます…「スマン!」としか言えません…


そんな、かーさんに友人は言ってくれました。


「本当に大変になるのは里親さん探しから!その時はよろしく!」 と…

CIMG7046.jpg


里親探しをされたみなさん、口々に同じ事を仰います。
仔猫を保護し、健康管理をし、駆虫、ワクチン…場合によっては病状に合わせた投薬…
里親様に託すのは、その後であると。
そこまでやって、やっと保護なのだ…と。


「どこそこに仔猫が居るから貰ってやって~」


一昔前ならそれでもよかったでしょう。
でも、これではいけないのだと思います。
また不幸の連鎖を生みかねない。


命を譲渡する事の意味。
猫さんも、里親さんもその先幸せに暮らせる様にと、心を砕きご縁を繋ぐ…
簡単な事ではありませんよね。
それでも、やらずにはいられない。。。そんな強いお気持ちを感じます。

CIMG7079.jpg


せめて、今、かーさんに何が出来るのかを考えています。
一生懸命に考えています。


偉そうな事を言っても、お前も何も出来てないじゃないか!
そう言われるのも覚悟の上です。


今、まだ出来ていなくても、明日は?その先は?
どうぞ一緒に考えてみて欲しい…
そんな願いを込めながら。。。。







いつも応援有難うございます♪


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

猫を飼うようになりブログを始めて目を覆いたくなるような話をよく目にするようになりました。
捨て猫さん達の歩むであろう道・・・
猫飼いとして、現実は知っておこうと思っています。
そしていつも自問自答しています。
明日家を出て、捨てられてる動物を発見したらどうするか・・・
答えは出ていません。
その時の自分の感覚に任せようと思っています。

明日、捨てられてるコを見つけたらどうするか・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分の時間も、費用も、一杯つぎ込んで、
それでも、頑張って保護活動をされている方に、
「猫好きなんだから、何とかしてくれるでしょ?」の下心?をもって、相談?するのは、
はっきり言って、甘え以外のナニモノデモナイと、思います。
保護、捕獲のノウハウをお聞きしたり、捕獲器をお借りするなどの明確な目的で相談するのとは、訳が違う。

「可哀想」と言う気持ちが、あるのなら、
「何とかならないかしら?」「何とかして~」じゃなく、
「何とかしよう!」って、思うと思う。

私も、自分自身で出来る事を模索しています。
今、出来る事は、寄付と里親探しのお手伝いぐらいだけどね。
出会ったら、手を出すのは、間違いないけどw

可愛い声きけたよ

おはようございます
保護されて育てたり里親さんをさがしたり
本当に大変ですね
昨日の動画私ノートパソコンから見てるんですが
ボリューム触ったら聞けました

おはようございます

自分も、どうすることも出来ずに歯がゆい思いをしています。ペット禁止のアパートに暮らしている現在、同居生活は叶わないから余計「丸投げ」する輩に、憤慨します!
実家の子達の中に
ペットトリマーのお店の前に置かれたボストンバックに押し込められていたという生い立ちの子がいます。
インターネットがそんなに普及していない頃の「丸投げ」行為だとおもいます。
保護活動に正解は無いとおもいます。誰も責められないです。
沢山議論して、(日本人が苦手なやつ)その時に則した方法を構築していけば良いと思います。
…あぁ昨日の岩崎宏美はどこへ(笑)

おはようございます。
私自身が散歩の途中で保護を必要とするような仔猫に出会ったら、その時
どうするか ? 自分の性格をよく知っているつもりでも、こうしますと、
キッパリと表明できないでいる自分にもどかしさを感じてしまいますね。
仔猫のケースだけではなく、街中や車中で社会正義の発揮を求められる
ようなことが度々ありますよね。その時、傍観者でいられるのかどうか。
痛い目にあったこともある人間としては、やはり葛藤してしまいます。
ま、とはいうものの人事を尽くせば、人生はケ・セラ・セラと…。(笑)

人間はなんとおめでたい生き物なんだろう
飢えや戦争で困っている同族がたくさんいるのに
人間はなんと慈悲深い生き物なんだろう
弱い生き物を助けようと奮闘するなんて
人間はなんと節操のない生き物なんだろう
動物を殺し食し着、あるいは助け、増やし、
あるいは去勢し、避妊させる
何が正しくて、何が悪いか誰が決めるのだ
でも現状、地球上で唯一物事を論理的に考えることができる人間が未来を切り拓くしかないのだ
丸投げをする人間は物事を大きく考えることができない可哀想な人間なのかもしれない

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは、お母さん!

今回のテーマ、
本当に考えさせられますね。

私も先月可愛いワンちゃんを保護しました。
コンビニの前で首輪もリードもなくて
じっと座っているチワワらしきワンちゃん。
しばらく見ていましたが
誰もお迎えに来る気配がありません。
コンビニの方に伺ったら数時間前からいる・・とのこと。
ひとまず自宅に連れ帰って
近所にお声かけしたり獣医さんに尋ねてみたりしたところ、
飼い主さんが見つかったのです!!
少し開いていたドアから出たみたいで、
飼い主さんの胸に尻尾を高速回転させながら飛びついていましたよ。
私が経験したことは、身を削ってまで一生懸命
命の譲渡に携わっていらっしゃる方々の比ではありませんが、
小さな命の行く末が幸せでありますようにと
願っても願いきれません。
”命の丸投げ”・・悲しい言葉ですね・・・

悲しいことに この季節になると仔猫の保護数が増えますね。
時にゴミ箱で 段ボールで バッグで・・・
本当の意味で優しさを持つ保護する方々は 自分達の持てる「責任」という風呂敷の大きさと戦いながら できる範囲で頑張らざる得ない。
中には ただ「可哀想」という言葉の元に 崩壊してしまう方もいますよね。
風呂敷の大きさを知っている方々は 辛い状況を何度も経験され 悔しい思いも何度となくされていると思います。
その方々に 命の丸投げができる人が増えていること 寂しいですね。
八朔かーさんのおっしゃる通り まずは自分に何ができるか。
「できない」ではなく「できるのか?」から 初めて欲しいと思いますね。
私も「保護猫3匹も飼育してるんだから どうせならうちにいるのも引き取ってもらえませんか?」と言われたことがあります。
自分が思っていたような子じゃなかったというのが理由です。
世の中 人任せと認識してない人任せが増えてきましたよね。

今回のテーマは永遠のテーマですよね。

私も、猫さんの為に自分は何が出来るかを日々模索しております(>-<)

私が(勝手に)慕っている"とらねこさん"も保護した10匹の子猫を
健康にしてから里親募集すると仰っておりました。
なんとも、肝が据わってるというか、覚悟が出来てるというか・・・
もし、自分が同じ立場だったらどうしてるだろう?と考えさせられました。

『見て見ぬふりはしない。
生きて欲しいと思えば助ける方法を考える
とにかく、行動する人間でありたい。』

・・・と自分自身に誓うつもりで意思表明。

追伸:とらねこさんより、
「かーさんのブログ開けんかった・・・
よろしくお伝えくなんしょ」とのことです。
なぜ開けんだ?(笑)

わい様

こんにちは〜^ ^

かーさんも全く同じでした。
猫と暮らすまでは色々な猫ブログにお邪魔しても、
「わぁ〜可愛い〜!」と目を細めるだけでした。

八朔と暮らす中で、初心者故の疑問や不安の度に、調べたりお聞きしたり
しているうちに様々な現実を知りました。
極め付けは、小夏と出会った事。
ジタバタと足掻いて泣きながらも、猫さんを取り巻く「今」を実感しました…
そのご縁でお知り合いになったボランティアの方々や、友人にも沢山の事を
教えて頂く事もできました。。。

それでもね、わいさん。
かーさんだって、今目の前に助けを必要とする小さな命を見たら、きっと躊躇して
しまうと思いますよ。
なまじっか、その先の事が読める様になった分、自分がそれを背負えるのか…って。

たぶん、その時々で真摯に向き合って悩み抜くしかないんだと思います。。。
悩んで考えて…きっと踏み出すんだろうなぁ…(^^;;

鍵コメM様

こんにちは〜^ ^

猫ブログの大御所
「うにの秘密基地」さん
「こはる日和」さん
「アメショっす」さん
「くるねこ大和」さん
「馬とにゃんこと男と女」さん

これらは八朔と暮らす前から毎日拝見していました。
しっかり過去記事まで遡って全部(笑)

八朔と出会った時、保護したらまずは何をしたらいいのか…実はこの経験が
とても活きました。
でも、知識として知っているのと実際とは大違い!
これがかーさんのスタートでした。

上記の超有名ブログさんとは、象とミジンコくらいの大きな差はありますが、
それでも、もし、何かを知りたいとか、どうしたらいいんだろう…って思って
いらっしゃる方が居て、何かの奇跡でここに辿り着いたら…
ほんの少しのお手伝いができたらいいな。。。と思うのです。
だから、かーさん時々、僭越だろう!と思いながらも書き続けます。
これも、八朔と小夏がくれた、かーさんへの宿題だと思って…

まず知ろうよ!
その次に少しだけ一緒に考えようよ。。って。

だからね…一緒にって言って貰えるのが一番嬉しいです(*^^*)
有難う!何かあったら業務連絡しますね(笑)

ほんなあほな様

こんにちは〜^ ^

うんうん!その通りです!
他人の持っている時間や技術を、何故自分もタダで利用できると思う
のかが謎です!
スキルもノウハウも、何もせずに手にはいれられないのにね。
それでも善意で動いて下さってる方に、負んぶに抱っこをせがむ神経が解らん…

反感を買っても、それ違う!
って声をあげて行く事も、大切かな…って思ったんです。

かーさんも、ほんの僅な寄付と里親さん探しのお手伝いくらいしか出来てません。
それでも、それを続けて行くことが今の目標でもあります。
続けているうちに見えてくる事もきっとあるだろう。。って思っています。

サッティ様

こんにちは〜^ ^

昨日の動画、ちゃんと声が聞けたんですね。
良かったです(^-^)

かーさんは何も出来てませんよ…
ただ自分に出来る事を考えて、何とかしたいと願うだけです。
小さくても出来る事を探して行く…それだけです。

もこ様

こんにちは~^^

一昔前には、それが普通だと思われていた自由に家と外を出入りする猫さん。
それが、今は「完全室内飼い」が推奨され、猫さんの生態も研究が進むにつれ
様々な病気や怪我も治癒できる様になってきました。
今は普通に「避妊去勢」と言われるようになりましたが、これだって、少し前
までは考えもしなかった事…

もしかしたら、あと数十年後には、「手術なんて野蛮!経口薬が普通」になっている
かもしれません。

ですから、あくまでも「今最良」だと思う事をするしかないのだろうな…とも思います。

ただね、今も昔も…もっと言えば将来だって、その根底にあるのは「猫さんを幸せに」と
言う気持ちだと思うのです。
その為には、「今」を知る事がとても大切です。
知った上で、それぞれが出来る事を考える…

何が正しいかの議論ではないのだと思います。
より良い方法を模索していこうとする気持ちが大切なのであって、「これが正しいんだから
こうしなさい!」では無いもんね(^^;
一歩間違えると、とても怖い事でもありますので、かーさんこの手の記事をアップする時は
いつも無い頭をブリブリに振ってますよ~(笑)

少しだけ考えるきっかけになれればな…って、いつもそう願いつつ書いてます。

(宏美さんは、只今「シンデレラハネムーン」中~♪)(笑)

乱暴な言い方かもしれませんが、日本人のほとんどが「丸投げ派」だと思います。
「だって、そういうお仕事でしょ」的な見られ方をされていると。。。
お給料も出ないし、ほとんどの時間をねこに費やしていること、その労力はハンパないこと・・・、
たぶん、ほとんどの人が知らないと思いますよ。
私はたまたま、めいと暮らす前からボランティアさんのブログを拝見していたので、ボランティアさんの状況や、お外で暮らすねこさんの厳しさを知っていましたが、
もしボランティアさんのブログに行ったことがなければ、私も絶対丸投げするタイプです!! キッパリ!!
だから、小夏ちゃんを発見してからのかーさんととーさんの動きに、すんごくビックリしたんです!!
こんなにちゃんとした人がいるんだ!!って。

啓蒙活動もしていかなきゃいけないんですかね~。
世間の誤解があるうちは。

Oyran様

こんにちは~^^

かーさんね、昔から口癖のように「やらない後悔より、やって反省」って
言い続けています(笑)
我ながら自分の性格を見事に表している言葉だとも(^^;

ただね、いつでも「自分の中の常識」と、他のそれとは異なっているかもしれない
とだけは意識し続けています。
だから「これが普通でしょ?」とは言わない。言えない(^^;
それでも、もし目の前に仔猫さんだけではなく、危険だと思われる、もしくはとても
困っておられる人が居たら、やっぱり口も手も出てしまう気がします。
それによって、あまり嬉しくない状況に追い込まれたとしても、とりあえず危険は脱する
事ができるのですから、全くの無意味ではないかな…って。

Oyranさんが、お散歩の時に常に鞄の中に猫さん用のパウチを忍ばせておられる事…
歩きながら、エサのゴミを黙って拾い続けておられる事…
付近に住まう地域猫さんを見守る優しい気持ちがよく解りました。
何も手元に置いて可愛がるだけが猫を愛する事ではないのですね。
また一つ、違った道が見えた気がしました。

朔太郎と豆兄弟様

こんにちは~^^

師匠…やめてよ!目から変な汁が出てきたぢゃない!(><

善悪の判断は、その時度の時流や勢力でも変化します。
常識だって変っていく…

動物愛護も、突き詰めればベジタリアンとして生きるしか道はなくなるでしょう。
猫が可哀想だ!と叫びつつ、牛肉を口に運び玉子をくらう。
何とも不条理な生き物ですね…人間ってのは。

自分の身に降りかからなければ、痛みは解らない。
自分が手を汚さなければ、どこかで誰かが泣き叫んでいても知らんぷり。

それでも、師匠が仰る様に、地球上で唯一論理的に物事を考える事が出来る人間だから
やっぱり考え続けるしかないのですよね…
もしかしたら小さな一歩が明日に繋がるかもしれないと思って。


追伸…師匠ってね、やっぱり師匠だわ~(*^^*)

鍵コメW様

こんにちは~^^

了解致しました!(*^^)v
わざわざのご報告有難うございます。
どうぞ今後ともよろしくお願いしますね♪

鍵コメK様

こんにちは~^^

そうですかぁ…生まれたばかりの子が5匹も…
猫さんに今までご縁がなかった方が、保護を決意されるには、どれほどの
葛藤があったんでしょうね。
数時間おきの授乳や排せつ…アッと言う間に変わる体調管理…
文字通り寝食を忘れて…だったでしょうね。

でも、その方が踏み出して下さった一歩のおかげで、その子達の命は未来へ
繋がったんですね!
最初の一歩があったからこそ、協力者も出てきてくれた…
3にゃんのお家まで決まったなんて!
嬉しい~~(≧▽≦)
何て良いお話しなんでしょう!
もぅ~~猫馬鹿の相方様にもくれぐれもよろしくお伝え下さい!

何でもそうですが「これが正解だ!」と言う事はきっと少ないです。
数式を綺麗に解答するような訳にはいかない…
だからこそ、せめて「ベター」をと思うのです。
最善ではなくても、今できる目一杯です…って。


では…特別回答を(笑)

  1枚目  手前 はっちゃく   奥 こなちゅ   ←大正解♪◎
  2枚目  ロックオンのはっちゃく         ←これまた正解!
  3枚目  憂いを秘めたまなざしのこなちゅ     ← その通り(笑)
  4枚目  少年のような寝顔のはっちゃく      ←正解~~♪
  5枚目  意志の強さを感じる横顔はこなちゅ    ←これまたその通り♪
  6枚目  これは流石にお手上げorz でも勘ではっちゃくに一票 ←残念!これはこなちゅの肉球(笑)
  7枚目  最後は簡単!こなちゅ姫のシナモンロール  ←最後も当然正解です!

と、言う訳で、7枚中6枚が大正解です(笑)
素晴らしい!(≧▽≦)
肉球だけの写真は、かーさんだって前後の写真の流れで判断したくらいですもん(^^;
ここに謹んで「茶トラーズ判定士」の称号を贈らせて頂きます!♪

お久しぶりです。
今日はお節介メールです。返事は結構ですよ。
柚の香も偶然に見ておりまして、かーさんからのコメントの方が真意が
伝わるかと。ご賛同されなければ結構ですし、ワサビさんの事情も
私は分からないのでこちらにコメントしました。
保護猫さんのこと、ワサビさんで一匹どうかと言う話です。
三毛猫さんは、面倒見がよくてまだ一歳だから2匹が良いかと。
お昼も1人でのお留守番よりもいいからですね。
私も成り行きで2匹になりましたが、2匹までは大丈夫ですし、
柚ちゃんにとっての環境もいいかと。
いきなり私がコメントすると批判に取られたら傷付けるだけかと思い、
今日のブログの内容を見てかーさんにコメントしました。
あくまでも柚ちゃん目線でのコメントです。
余計なコメントすみません。

おかーちゃま、ありがとう☆
おかーちゃまの趣味は、きっとこの猫バカを泣かせることなんだグスン

出来る範囲で、最大限の努力を

「出来る範囲」を決めなきゃないのがすごく苦痛で難しいんだけど

以前に「相談」を持ちかけられたことがありました。
きっとその「相談を持ちかけた人」はほんの軽い気持ちで
「あそこに猫がいるんだけど」って言ったんだと思う
でも、その言葉は猫バカの私の心に深く深くグッサリと突き刺さって・・・
身動きの取れない時で「チクショーチクショーチクショー」って

自分が一歩動けば幸せになれる子がいる
その子の幸せは自分の幸せだから*^^*
自己満の何者でもないけど、(人▽〃)ネッ★

ふんわり猫様

こんにちは~^^

うんうん(*^^*)
流石はふんわり猫さんです!

そのチワワちゃん、きっと以前に飼い主さんとそのコンビニに来た
事があったのでしょうね…
だから
「ここで待って居れば、お母さんはきっと迎えに来てくれる!」って
思っていたもかも…
賢い健気なワンちゃんです(T_T)

有難うね…本当に嬉しいです。
まず、危険だと思われる場所から保護し連れ帰ってくれた事。
次に、獣医さんやご近所さんに声を掛けて下さった事。
誰が見ても満点の行動じゃないですか!
それによって飼い主さんの元へ無事に帰れたワンちゃんにとっても、
真っ青になっていただろう飼い主さんにとっても、貴女ってば女神様です!

これも、日頃からサンタちゃんを間近で見続けてきたからこそできた事ですよね。
ワンちゃんの気持ちを解ってあげられるんですもの。
と、言う事は、今回の功労者はサンタちゃんでもあるのかな(笑)
オヤツ少し多めにあげて下さい♪

「あら…どうしたのかしら?」
からの一歩
「とりあえず保護して安全な場所で落ち着かせる」
からの一歩。
「きっと飼い主さんが心配している」
からの一歩。

ねぇねぇ、でっかい3歩ですよ~~!

みんなが、そうやって一歩を踏み出せる様になったら、きっともう少しだけ
人も小さな命も生き易い世の中になるのでしょうね。

nekobell様

こんばんは~^^

保護活動をされておられる方が、何より悩まれるのはそこでしょうね…
「救いたい!でもキャパが一杯一杯」と言うジレンマ。
多頭崩壊の話も珍しい事ではなくなってしまいましたしね…
中には「可愛い」と言う理由だけで猫を集め、避妊も去勢もせずに飼い続け
ろくに世話をしないまま…などと言う悲惨な話すらありますものね。

やっぱりね…まずは正しく知る事が大切なのだと思います。
猫さんを知り…己を知る。
nikolalaさんのお言葉をお借りすれば「自分の風呂敷」の広さを知る事。
その上で、何ができるのかを考える。
自分の生活を壊してまで、いくら尊いからと言って猫さんやワンちゃんを保護
し続ける事はできませんものね。
悔しい思い、悲しい思いを一杯されながらも、それでも動いて下さる方に、せめて
「何かお手伝い出来る事があるだろうか」と、自分に問いかけていたいです。

いざその場になれば、なかなか上手く説明などできないものです…
この「口から生まれた」と自負する、かーさんでさえ、小夏の一件の時には何度も
言葉を飲み込みましたもん。
拒絶…無視…嘲笑…
「この野郎!」と思いつつも、ひたすら笑顔で話しかけ続けるのは、案外地道にパワーを
奪われる作業でした。

だからね…かーさん当事者以外の人が、きちんと考えて発信する事も必要だと思ったんです。
今、手一杯に仔猫を保護してくれている方は、時間が一杯一杯。
だったら、せめて「こう言う事もあります」「こんな時はどうしたらいいのでしょう」と
僭越でも言い続けていきたいと思いました。

後はやっぱり常に自分に聞く事
「今何ができる?」って…
。。。あぁ…無力だなぁ…(T_T)

(昨日コメント返しの際、お名前を間違ってしまいました。申し訳ありませんでしたm(__)m )

その記事、たぶんワタシも読みました。
ボランティアの方は便利屋では無いんですけどね・・・
最近よく思うんですが
他人に何かをしてもらう事が当たり前って考えの人が多い気がします。
年齢問わず・・・
自分で必死になってやっていれば
おのずと手を差し伸べてくれる方が現れるんじゃないかなぁ・・・
って思うんですけどね。

ワサビ様

こんばんは~^^

とらねこさんの伝言、確かに承りました(笑)
かーさん別にバリアー張ってないんだけどなぁ…(^^;

正直、ここを訪れて下さる皆様は、既に何らかの形で「猫さんが好き」な方ばかりです。
ですから、釈迦に説法もいい所ですが…
かーさん自身、八朔と出会ってから「知識は知識でしかない」と思い知らされたくちです。
実際に、側で暮らす中で知識は知恵に変化していくものだと思いました。

もし、こんな稚拙なブログであっても、かつての、かーさんがそうであった様に、そこから
何かを「知る事」ができれば…そんな思いがあります。
こんな方法もあるかもしれませんよ…
もしかしたら、こんな風にもできるかも…
そんな事を、ど素人目線で発信して行けたらいいな…と。
かーさんの手に余る(ほぼそうでしょうけど)事については、幸い、その道のベテランさんが
お知り合いに数多できたと言う幸運を活かしたいと思います。

ゆずたんがワサビさんにもたらしたもの…
可愛いと言うだけの思いを超えた、その先を考えるパワー。
猫さんって凄いね…(*^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

夕霧様

こんばんは~^^

啓蒙なんて立派な事はできん!(笑)
ただね…夕霧さんも知っての通り、小夏の一件で、かーさん恐ろしくジタバタした
事で、沢山の事を学べたと思うんだ。

で…凄く思ったんだけど…
小夏の事があって以来、ブログの観覧数がドッカ~ン!と伸びたって事は…
皆心のどこかに、かーさんに何かを投影する思いがあったのかな…って事だったの。
動きたいけど動けない。
どう動いていいか解らない。
それをしたら、どうなるの?
変な話幾らくらいかかるの?(実はこれ大切!)

それを、ど素人かーさんがドタバタしながら青息吐息で何とかクリアーして行く様を
有りのままに書いた事で、共感して下さる方が一杯いらしたと思ってます。

実際の所、あの時のかーさんは一杯一杯で、それすら解らなかったんですけどね(^^;

あれ以来、幸いな事に沢山の素敵な方々との出会いがありました。
その中で、かーさんやっぱり思ったの。
「知りません」ではいけないんだって。

かーさんも本当に小さな事しか出来ていないけど、それでも、よかったら一緒に考えませんか?
とは発信できるかなぁ…って今思ってます。

とらりん様

こんばんは~^^

お久し振りです♪
お元気でらっしゃいましたか?

お返事は結構ですとの事でしたが…
えっと…「柚子の香」さんのブログでの事ですよね?
ワサビさんは、ご友人の保護された10匹の子猫さんの里親探しの
お手伝いをされておられるのですよ^^
ご自宅で…と言うのではないかと思います。
…たぶん…かーさんの思い違いでなければ(^^;

あの仔猫ちゃん達にも、素敵なご縁が繋がるといいですね!
せっかく繋がった命です。
今、大切に保護され、すくすくと成長中だそうですよ~♪
かーさんも拝見してきましたが、「仔猫の特盛り」状態でした(*^^*)
ワサビさんが、ああやって里親さん募集の記事をアップして下さることで
沢山の方の目に触れ、それがご縁に繋がってくれる事を心から願っています。

koco様

こんばんは~^^

いやいや(^^;
kocoしゃんを泣かせても可愛くない!(おぃ!…笑)

出来る範囲…そうだね…確かにとてもとても難しいね。
kocoしゃんは特に、自分がする「無理」をあんまり「無理」と思わないヤツだし。
時間も体力も、お金も目一杯使って、それでも「猫馬鹿」だから…
って笑うヤツ。。。
本当は陰で泣いてるくせに、強がるヤツ。

だからさ、かーさんも出来る事がやりたいの。
こうして記事を書く事も、今だから(ご褒美ランキングの名残)出来る事だと思うしね。
チビチビ4匹と、ぼんちゃんの里親さん募集は絶対にかーさんにも手伝わせてよね!
後さ…いつか、手が空いて機会があったら、飲み明かそうぜ~♪
…かーさんウーロン茶だけどな(笑)
その時は、新幹線に乗って飛んでくぞ~(*^^*)

頑張れ!猫馬鹿!
でもって、無理するな!愛すべき猫馬鹿。。。

ニャーヨ様

こんばんは~^^

うん…本当にそう思う。

例の方は、決して怒ったままの記事を書かれたりしないじゃないですか。
いつもエスプリの効いた言葉に乗せて、笑いながら話される。
あれって、かえって心に届きますよね…

こんなにキツイ!辛い!
って言われるより遥かに浸透する。
超人気ブログの地位は伊達じゃないですね。

かーさんの友人「猫馬鹿その1」もそうなです。
弱音を吐かずに何とかしようとする。
だから、放ってはおけないの…何か出来る事はないか…って考えてしまう。

誰かが誠心誠意動く時…その行動はきっと他の誰かに届くと、かーさんは信じます!

鍵コメF様

こんばんは~^^

こらこら…また悪い癖が出てるよ!

人には自ずからキャパがあるでしょ?
そこには適正だったり環境だったりも大きく関わってきます。
かーさんは、出来ない事をしようとは決して思わないよ。
困っている団体さんにだって、大枚をポンと寄付できる余裕だってない。

人がそれぞれ記す一歩の大きさは違っていていいんだってば。
大きく足を踏み出す事が可能な方は大きく。
小さくしか歩けないなら、その一歩で…
それによって成果は違っても、問題はそれじゃないんじゃない?
まず、動こうとする意志…そこだと思います。

何もしていない…と思わないで下さい。
知って心を痛める事も、また一歩には違いないんだもん。
まだ動き出せない自分を責めるのではなく、いつか動ける時が来たら…
と思うのと思わないのでは大違いでしょ?

まず目の前に居る愛しい命を大切にする事…
もし気持ちに余裕が出来たら、何が出来るだろうか…と考えてみる事…
かーさんは、そう思っています^^

かあさんの小夏ちゃんを保護するまでに悩んだ思い。
小夏ちゃんを保護するまでの経緯と、強い意志。
それを前から支持して応援をしました。
「可哀想」だけでは、私もアドバイスできません、
まず「保護して、どうしたいのか?」飼う気があるのか?」
「飼う気がある事を前提にアドバイスもするし、保護を手伝うのが私もボランティアとしては、動き易い。(飼わなくても里親募集をする意志があるとか)
そうしないと、ボランティアがケツをふく訳で、自滅し兼ね無い。
自滅したら、今後の保護活動が継続しません。それは、不本意。

かーさんは、うるさい私や地元のボランティアさんのアドバイスをよく聞き理解されました。その意志は一人に留めず広げたいですね。

小夏ちゃんを保護する過程で、私が思ったのは
「預かりのボランティアを出来る方だな」と、いう事でした。
保護の苦労を理解し、猫への愛情があり、里親募集への苦労を知る方。
その理解と、熱意を保護へ直接使う方もいれば、
後方支援にあてる方も必要です。
かーさんは、後者だと思います。毎回猫を追う方々の中にいるよりも、
「その暖かい目を保護した猫への一時的な母となり、嫁ぐまでの愛を教える」
かーさん!貴方には出来ます!!!!!!!!
私は、かーさんに「猫達の一時的な母」となって、沢山の幸せな猫を送り出して欲しいです。
真面目にコメントさせて頂きました。
前から言おうと思っていました、丁度かーさんの記事を見て「時機到来」と、思いましたので、真面目にお伝え致しました。

痛く胸に染みました。
かーさんはしっかりした考えをお持ちなんですね。
小夏ちゃんの件であれだけ行動されたんだもの
色んなことを勉強されたのでしょうね。

私は人にどうのこうのって尋ねる前に、手を差し伸べ
てしまうから、その瞬間は何も考えてないかも‥
これ以上無理だと思った時は、友達の個人ボラさんの
力をお借りて、里親を探してます。
友達だからこそ余計に、丸投げはできません。

その友が言うのには、「私は猫が好きで好きでたまら
ないと言う訳ではない、あまりにも理不尽な子が
多すぎる、救える命があるなら救ってあげたい」って。

可哀そうと思うのは誰でも一緒だけど、
「言うは易く行なうは難し」まさにそんな感じですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Sabimama様

こんばんは~^^

とても嬉しい反面、「買被りだよ~」と思う自分も居ます。
小夏の一件で、本当に沢山の事を教わり、その中で考えさせられる事も
数限りなくありました。
最先端で動かれる苦労や、腹立ち…
最先端だからこそ、味わえる達成感や幸せ…
その両方を垣間見せて頂きました。

かーさん、小夏が八朔の兄妹でなかったら、どうだったろう…って思う事があります。
あそこまで必死になれただろうか…
何が何でもと突っ走れただろうか…って。
答えは今でも解りません。。。。

預かり…
本音を言えば、とても惹かれます。
勿論、現実にそれをするには乗り越えなければいけない山が高々と聳えていますが。。。
まず、それが出来る住居に引っ越す事。
次いで、かーさんがもっと猫さんに対するスキルを上げる事。

どこの団体さんも、預かりさんの不足には頭を悩ませているのは存じています。
だからこそのお話しだと言う事も…

「その時」が来たら…と、今はそれしかお答え出来ない事をお許しくださいませ。
それまで、かーさんはせっせとお勉強を続けて行きます。

ひさんち様

こんばんは~^^

ううん…そうじゃないです。
かーさんは、見事なヘタレでしたもん(^^;
必要に迫られないと動けなかったんです。

ひさんちさんの様に、まず動いて下さる方の方が遥かに素晴らしいです!
しかも、手を差し伸べられた命の全てが幸せになっている…
こんな天晴れなお話しどこにあります?

かーさん、もし小夏が、こんなにも八朔とそっくりで一目で兄妹と解る子
でなかったら…あそこまで必死になれたかどうか…自信ないです…
そう言う意味では、かーさんもおそろしく自己中です。
ただ、その事で知った様々な事が、今、かーさんの背中を押してくれています。

ご友人のお言葉…胸に沁みます…
そうなんですよね。。。。
好きでたまらないのも一つの原動力なら、見捨ててはおけない!と言う義憤もまた
大きな力になり得る…
また一つ…勉強になりました!

鍵コメP様

こんばんは~^^

んとね…
かーさんが書いた「優しい自分に酔う人」って言葉、全く違う意味です。
そう言う人達って、そう感じた自分を肯定してるんです。
「可哀想だけど…」と心を痛めるフリをするだけ。

猫ってこんなに素晴らしいんだよ!可愛いんだよ!
と、発信し続けるのも、形の違う啓蒙だと、かーさんは思います。
同じ様に、外猫さんをずっと写真に撮られている方も、「傍観者」としての
立場を貫かれる意味での啓蒙だと思います。

だって…なんでもますは知らなきゃ始まらん!

ごめんよ…心を痛めさせちゃって…
これって、かーさんのエゴかもしれん。
ただ、こうやって正直に話してくれる気持ちが凄く嬉しいよ。。。

鍵コメK様

こんばんは~^^

…ってクイズぢゃねぇ~~!(爆)
でも、流石ですね!
お見事でした\(^o^)/

今度、鼻の先だけ…とかにもチャレンジしてみよ~っと♪

うんうん!同感です!

風邪引きました・・・(--;)色々お話したいけど

ポチポチして帰ります・・・かーさんも気をつけてね。
風邪なんて久しぶり・・・鬼の霍乱だね・・・またね。

鍵コメN様

こんばんは~^^

それを言うなら「KING OF ヘタレ」はかーさんです(笑)
丁度、この後にアップ予定の次の記事がそんな内容でした(^^;

今、動けない事は重要じゃない気がします。
それは「時」ではないだけ。
何かあった時…動かざるを得ない状況になった時にどうするかが問題なのです。
それでも丸投げするのか…
それとも、泣きべそかきながらでも何かをやってみるのか…

普段から意識して動いておられる方は、もうそれでかーさんから言わせると神業です(^^;

そもそも本当に丸投げする人は、自分の行動に疑問持ってないし…(^^;
そうやって真剣に考えてくれると、かーさん書いて良かったって思う…マジで(*^^)v

ジョルまま様

こんばんは~^^

。。。って、おぉ~い!大丈夫かぃ?(^^;
今日の事、とーさんと話してたんですよ。
「ジョルまま、もしかして体長崩してるんじゃないかな…」って

当たらんでもいい予感が当たった(--;

良い子で寝てるんだよ~~!
お大事にm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメK様

こんにちは〜^ ^

お返事遅れてごめん〜(^^;;

いやいや、そんな大したもんではありませんって(笑)
でも、喜んでもらえると嬉しいです〜(*^^*)
今後も、茶トラーズ判定士の研鑽を積んで下さいませ♪
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: