灯は茶トラ色



CIMG9790.jpg
「そっくり兄妹ショット♪」 朝のお外チェック中。左小夏、右八朔。


涼しい気候になって、茶トラーズの動き方が激しくなって参りました。


体はもう十分に成猫になっている兄妹ですが、じゃれ合って走り回る姿は仔猫そのものです。
いや!
むしろ仔猫時代よりも力強くなったその走りは茶色いつむじ風そのものです!


二つのつむじ風が、所狭しと暴れ回るのですから(実際狭い我が家 (^^;)溜まったものではありません。
つむじ風が収まった後には…惨状が…


コタツは歪み、座椅子はなぎ倒され…
クッションが散乱し、置いてあったものは移動を遂げています。



まぁ、それでも怪我さえしなければいいか…と見てはいたのです。
危険なものさえ片付けておけば、後はどうにでもしてくれ!
と思って過ごして来ました。



CIMG9803.jpg
「朝日の中 挑発する小夏と、飛びかかるタイミングを計る八朔」 小夏様…腹が…ポテってる?(^^;


昨夜の事でした。


例によって大運動会を繰り広げている茶トラーズを尻目に、ちょっと片付けもので目の届かない場所に居た、かーさん。
そこに飛び込んで来た音…


「グワッシャーーーーンッ!」


慌てたように揃って走ってくる兄妹…
玄関の隅まで走って行って、揃って縮こまって座っています。


さてさて、何をやらかしてくれたのかな…
と、音のした方へ向かってみました。


そこには、飛び散った茶トラーズの食事場と、割れた小夏の食器。。。
猫様タワーの下に設置したこの場所に、どうやら着地を誤った「どちらかが」落ちた模様です。


「ありゃりゃ…やっちまいましたか…」


食器の欠片を拾い集め、破片が落ちていない様にと拭き掃除していると…
またしても揃ってやって参りました茶トラーズ。
しかも、そ~~っと…(笑)


そっくりな表情で、おずおずと、かーさんを見ています。


「かーさん…怒る?怒る?」


と、聞いている様な、その表情。


掃除を続けながら、かーさん言いました。


「さぁて、これはどっちがやったのかなぁ~?」


振り返って順番に顔を覗きこみます。



「はっちゃんかな?」


八朔、目を合わせません!
キョドキョドと視線を彷徨わせ、決してかーさんの目を見ようとはしないのです。


「ん?こなちゅさんですかぁ?」


と、小夏に声を掛けると…
俯き加減で、それでも、かーさんを見つめながら、何度も目をシバシバ…


並んでチョコンと座った兄妹のその様子に、もぉ~可笑しいやら可愛いやら(笑)


CIMG9795.jpg
「…ちょっと失敗しちゃったの…アタシ」 小夏様



掃除を終えてから、かーさん初めて八朔と小夏を一度に両手に抱きました。
何時もなら、嫌がる体勢です。
なのに…茶トラーズじっとしています。


膝の上に兄妹を抱き上げてお話ししました。


「ごめんね。危ない所に割れ物を置いておくのがいけなかったね」

「でも、できたら少しだけ気を付けようね」

「君達が怪我をするのは、かーさんとっても悲しい」




猫に語り掛けて、全てが通じるなんて、流石の猫馬鹿かーさんでも思ってはいません。
でもね…
「何か」はきっと伝わっていると思うのです。


左側に抱いた八朔が、やがて顔を上げて、かーさんの鼻の先っぽを舐めてくれました。
右側に抱いた小夏は、かーさんの腕の付け根にギュッと顔を押し付けてきます。


「解ったよ…かーさん」

「かーさん、ごめんなさい」


あたかも兄妹がそう言ってくれた様な…
そんな気がして、また胸の奥にポッと温かいものが生まれました。


CIMG9707.jpg
「ボクも、ちょっと反省してるです…」八朔君


可愛いから見守りたい。
愛しいから護りたい。。。


その気持ちには決して嘘はありません。
でも、それ以上に強く強く感じます。


この茶色の毛玉達が灯してくれる胸の奥の光は、消える事無く増え続ける…


ある時は空をも焦がす程の大きさで…
ある時はほんの小さな温もりで…
日々途絶える事無く、増え続けて行くのです。


仕事から帰って来た、とーさんに今日の出来事を伝えます。
すると、きっとストレスだって一杯だろうし疲れてもいるだろう、とーさんの顔に満面の笑みが浮かびます。


「そうかぁ!そんな事があったのか!」


そう言って大笑いしている、とーさんの胸の奥にも…
ほら!
たった今、茶色の灯がまた一つともりました。。。



CIMG9800.jpg
「何時でも一緒♪」 手前八朔、奥小夏







いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

今日は、はっちゃくと追いかけっこしてたの。いつもだけど、楽しくなっちゃって、周りが見えなくなっちゃうの。色んなもの落とすし、ぶつかるわで、あたしたちの後ろでかーさんが拾ったり、元に戻したりしてる。
はじめは、それがあたりまえだって思っていたの。だって、あたしたちはかーさんの子だもん。
だけどね、あたしたちが、追いかけっこしても、高いところから降りても、なんともないのは、かーさんがいるからだって最近わかった。
かーさんは、いつもあたしたちを大切にしてくれてる。だから、後ろで割れた食器を片づけてくれるんだって。
落とした物も拾ってくれるんだ。
あたしの手は小さいから、なんにも出来ないけど、かーさんのとなりで眠る事くらいはできるわ。
「かーさん、だいすき」
って。
はっちゃくみたいに、だいすきビームは出せないけど。

こなちゅ目線で書いてみました。
これはヒトの奢りからきた話なんで、ホントはどうかしら?
と思っていますが、今日の内容からして、とーさん、かーさんの気持ちは兄妹に伝わっていると思います。

そうか、茶色いつむじ風の障害物走は、色んなもんを薙ぎ倒して、
ちょっと、破壊しちゃったかww
怪我が無くて本当に良かった!
そうなんですよね。猫さんと暮らしていく上での、家の中でのお互いの妥協点というか、工夫とというか。
かーさんが、今回、食器置き場を工夫するように、
我が家も、壁の爪研ぎ補修をしたりw
ダメってだけじゃわからない。ソコには人間の都合も勝手もあるから。
だから、どう、何処に猫と人間の共生の着地点を見出すかが、大事で、これは、お互いに暮していかないとわかんないですよね^^
ふふ、茶色い灯火。なんか、ほのぼのこんがりで美味しそうww

↓教えない叱らない考えさせない事を「優しい虐待」
大きく頷きました!
かーさんが娘さんに桃を押したら・・・の事を教える件り、素敵な教育と愛情だナァ・・って思いました^^v

かーさんの茶トラ兄弟に対する深い愛情を
感じます。

「ボクも、ちょっと反省してるです…」八朔君
凛々しいイケメンニャん子顔になりましたね。(=^・^=)

あらあら~ そちらは茶トラつむじ風が吹きましたかー(*≧д≦)
結構なパワーだもんね♪
うちも 怪我さえしなければ 元気になぎ倒すのは良しとしてます♪
そうそう!この子達なりに「怒られること」枠があるんですよね。
いつもの自信満々の甘え方と違い ちょっと距離をおいて 顔をのぞき込まれると それだけで「ごめんね」が十分に伝わってきます。
言葉が必要なのは私達人間 この子達は心で伝わり 感じ 理解してくれているように思います。
愛は何よりも強いのよ~(*≧m≦*)←親バカ
八朔ちゃんの反省顔を見れば 一目瞭然♪
ちゃ~んと かーさんの気持ちを理解してるよね♪
茶色の灯 温かい色の灯りですね♪
不思議と この子達がいると 家族の話題は増え 明るい笑い声が響く。
家族って こういうものだよな~と感じることができる 幸せの灯りですよね♪
追伸:ちゃっぷの兄ちゃん 幸せ太りですごい貫録だったでしょ(笑)

あちゃ〜、やらかしちゃいましたか〜(^o^;)。。走り回ってる時の猫さんってば、足元見えてないですよね・・・(-_-)。。
それにしても、かーさん優しい。。ウチはこういうときはお尻を一発ペシッと引っ叩いた後、逃げないように取っ捕まえて、懇々とお説教タイムですね・笑。。

かーさん、ニャンコ育ても子育ても基本は一緒ですね。危ないものや触ってはいけないものは始めから遠ざけておくっ。
それでも何かやっちまった時は保護者の注意不足だもんね。ガッシャーン!ってなった時点でニャンコズは「あ、悪い事やっちまったっ!」って気付いて反省してるわけで・・・。かわゆい♪
きっとかーさんはご自身のお子さんの子育てもこんな感じでやってきたんだろうなぁ〜。なんて思っちゃいました。
昨日の記事もかーさんらしいなぁ。って思って頷きながら読んじゃった。

おはようございます。
あらら〜、やってしまいましたね^^;
でも2人に怪我が無かったから良かった(^_^)
置く物とか気を付けていても、猫さんかいればこういう事もありますよね(^^;;

そうですね、うちもルーチェが来てから毎日たくさんの癒しをもらっています(^_^)
何かするでもなく、ただそこにいてくれるだけで心がほっこり温かくなります。

皆に怪我がなくて、良かった。。

かあさんに申し訳ないって二人の態度に、きゅんとしました。
常にたっぷりの愛情が、伝わっているんだね。
外はひんやり雨だけれど、ほっこりと心温まりました。

うちはまだまだかなー。うん、頑張ります!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(┯_┯) ウルルルルル

ジワッて泣けました。

子育てもそんな風にしないといけなかったなって今さらながら反省です。
いい悪いを決めて結果だけで処置してきました。
結果、子供が自分で考えるようにはならなかった・・・。

そうなんですよね。
怒ることがすべてじゃない。

ヾ(_ _。)ハンセイ…

かーさん、うるうるです(涙)

かわいくてたまりませんよね。。
怪我がなくてよかった。ただそれだけですよね。
猫さんにもお話通じますよ。
私も毎日話しかけてますけど、お返事もしますからわかってるはず。
(自己満足のアンポンタンですがね^^;)

大暴れしてもかーさんがギュッとしてくれる。
それだけで安心なんですよ。
それを聞いてとーさんが笑う。。
大きな海原のような感じでとても心地いいです。

楽しい毎日ですね、かーさん☆

猫って人間の言葉を理解してる!?って思う時がありますよね
今日の朝、雨が降っているのにミュウ婆さんが外に出たので
「雨降ってるからどこにも行けないね~」と話しかけたら
家に戻りました。

怒られると目をシバシバするのはミュウ婆さんもやります

♪ 灯は~ 茶トラ~色~

歌えた方!
よっ、 同世代!

2ニャンとも怪我なくてよかったですね。
わざとやったわけではないし、うちもそんなことが
あったときは、ごめんねって思っちゃいます(^^)

それから、NHKの朝の番組じゃないですけど、
ニャンコって私達の言葉は分からなくても、気持ちは
絶対伝わってると思うんですよね。
私達がニャンコのこと大切に思っていると、
ニャンコも私たちの事を大切に思ってくれてると信じてます!(^^)!

もこ様

こんばんは~^^

小夏の代筆、有難うございました(*´ω`*)

本当にそんな風に思っていてくれたらいいなぁ~
どこかで、「解り合えてるよね?」って思いたい、猫馬鹿心(笑)
これでいい?こんなんで大丈夫?
常にそう問いかけている様な気がします。

もしかしたら…
言葉が通じないからこそ、ずっとそんな思いが持続するのかもしれませんよね。
底なし沼の如く、注いでも注いでも満杯にはならない…
これって、とっても幸せかも♪

ほんなあほな様

こんばんは~^^

共生の着地点!
それそれ!(≧▽≦)
一緒にいようね!って決めたからには、互いが心地よく過ごす事も大切ですよね。
「出来る限り」でしかありませんが、それでもそのギリギリを探って行く…
生活して行く中でしか気付けない事も、本当に一杯ありました。

危なくない様に…
寛げる様に…
何よりも、一緒に居るのが楽しいね!って思える様に。
ずっと、そんな事を考えていられるのって…案外ほんわかしますね~♪

みーママ様

こんばんは~^^

目一杯愛してるぞーー!って叫び続けててもウザがられない
対象が居るって、幸せですよね(笑)
べーちゃんもきっと一身にみーママの愛情を受けているんだろうなぁ~♪

八朔はね…じっとしてると結構イケニャンです( *´艸`)
でも、やる事がとっても抜けてます(笑)←当社比

茶トラーズが怪我してなくてホントによかった(^^)
しかし、すさまじい破壊力ですね。
私は、「小さいころと同じことしてるつもりでも危険度が違う」
って子供たちに良く言うんですが(やることが猫と変わらないブラザーズ)、
ネコさんも同じなんだなぁと、ちょっと笑ってしまいました(^^)
それにしても反省してる様子の茶トラーズの愛しさったらたまりませんね(≧▽≦)


nekobell様

こんばんは~^^

人間の子育てと違って、猫さんに対しては「危険物」を出来る限り排除しますよね(笑)
だって、それをどう避けて行くかを考えさせる必要がないんですもん(^^;
誤飲や誤食は、飼い主側の意識で殆どが防ぐことが出来る…
それを学んだ時に、改めて命をお預かりする事の責任を感じました。

ただし…茶色いつむじ風は、いつも想定の上を行く(笑)
怪我だけはしないでね~~~って言うのが本音です。

とーさんと交わす会話の8割が茶トラーズネタです!
仕事から帰ってきたら「今日の様子」を話す(笑)
多くの場合、それは笑い話になります。
かーさんが感じた温もり…やっぱりとーさんにも味わって欲しい~♪

追伸の追伸  そらちゃん、どストライク!(≧▽≦)

なお丸様

こんばんは~^^

そう、足元なんか見ちゃいねぇ~(笑)
若猫盛りの八朔など、ほぼ空中を翔けてますよ!
一流ジャンパーの、幅跳びを見てるみたい(^^;

かーさん優しいんじゃなくて、ネチこいのだ(笑)

いそさと様

こんばんは~^^

そう…赤ちゃんと猫さんは一緒(笑)
危険なものは遠ざけておくのが基本ですよね~

ただし、人間の子供にはその年齢に合わせた「危険との遭遇」は教えた方がいいと思う。
何がどう危ないのか、どうすればそれを回避できるのか。
回避できない場合には、その後どう対処するのか。
でないと、いざと言う時に動けない子に育っちゃう。

猫さんに関しては、もう過保護カモ~ン(笑)
まぁ、動物の本能もあって、本格的な危機回避は自らが出来るってのも大きいですが。
時々、その「本能」が危ういのが玉に瑕~~(^^;

かーさん、コンバンニャー(=^・^=)
一番上の写真、かわいいですね~(*^_^*)
大傑作!!芸術的です。
茶トラーズ、うちと同じで伸び伸び育ってますね~\(^o^)/
犬と猫とではしつけのしかたが全然違うのだそうですね。猫を叱ると萎縮してしまってかえって悪い性格になってしまうのだとか。
ベテラン猫好きのおばさんに教わりました「猫ちゃんは可愛がるほど栄養になるのよ~」犬は頭に乗って飼い主に逆らうようになるそうですが、猫は逆だそうです。
その教えを守って育てています今の姉妹猫。8歳ですが、今も子猫のように無邪気に遊んでいますよ~ (^^♪
ちゃんと言い聞かせればわかってくれます。
でも「わかっちゃいるけど、やめられない」って (^_^;)
うちじゅうボロボロですが、嬉しい悲鳴です。ガッシャーン!!いろいろ落として壊されました (~_~;)
私の言う事を良く聞くようになって、まるで忠犬ハチ公のように従順になりました。(前の猫も10歳過ぎてもいろいろ覚え、どんどんお利口になりました)
リード付けて一緒にお散歩するのが一番の楽しみです。お正月になったらサイコロ転がしてすごろく遊びをしたいんですが、できるかな~?(笑)
かーさんの茶トラーズと本当にそっくりな楽しい仲良しきょうだいですよ~(=^・^=)

雪だるまとルーチェ様

こんばんは~^^

普段は何でもない事も、遊びに夢中になったり、何かでパニックになって
しまったら、思いもよらない事になりますね(^^;
「いつも大丈夫だから~」
って思っていると…こうなるって言う見本でした。
爆裂毛玉が居ると、想定なんて、「何?それ美味しいの?」になってしまいます(笑)

猫さんの凄さって…「そのまま」な事かもしれませんね。
その存在だけでいい。
そんな姿の小さな出来事を丁寧に拾い集めるのが、目下の楽しみです~♪

まき田様

こんばんは~^^

言葉は通じなくても、表情や声色、態度などでとっても敏感に反応しますよね~
だから、つい語り掛けちゃう(笑)
沢山話して、沢山見つめ合って…
通じたかどうかではなく、伝えたいと言う気持ちが大切なのかも(*^^*)
茶トラーズ、きっと何かを感じてくれてると信じたい(笑)

鍵コメT様

こんばんは~^^

うぉぉ~!(喜)
お忙しい中、わざわざ有難うございます!

詳細しかと了解致しましたm(__)m
是非とも!と思っております。

その際はどうぞよろしくお願い致しますね~♪

春様

こんばんは~^^

かーさんも実際の子育ての頃は、ちっとも余裕などありませんでしたよ~(^^;
かなりスパルタな母でございました。。。
何しろ「人様に迷惑をかけず、明日もし一人になっても何とか生きていける事」
がモットーでしたもん(笑)

娘の下に8歳年下で生まれた息子がいます。
その息子を育てているのを見て、娘が「かーさん二重人格やん!」と怒りました(笑)
自分の時はもっと厳しかったと言いたかったらしいです(^^;
思わず「かーさんもあの頃は若かった…」と返事をしたら娘に苦笑されたと言う…
何ともはやな母親でございました。

そんな娘は今でも一番のかーさんの批評家でもあります(笑)
あぁ…恐ろしい(^^;

ミーコ様

こんばんは~^^

話しかけて、とっても良いタイミングでお返事されると蕩けますよね~(*´ω`*)
そかそか…解ってるのか…
って、デレデレ(笑)
このお返事の上手いのがお喋り八朔!
見事に声音を使い分けてお返事してくれます。
それを聞いて、とーさんとまた大笑い(笑)
ん~~我が家は平和だ(^^;

とある猫下僕A様

こんばんは~

ミュウさんくらいになると、絶対にかなりの数の言葉を理解してそうですよね!
で…解ってるのに解らないフリもできる(笑)
もうすぐミュウさんの尻尾は割れはじめるかも(≧▽≦)

茶トラーズが間違いなく理解している言葉
「ご飯」「オヤツ」「遊ぶ?」
そして、「ダメ!」
後はどうも雰囲気らしいです(笑)

じんのすけ様

こんばんは~^^

いいのか?いいのか?同世代で(゚Д゚;)
いくら先日大代に乗ったからってさ(笑)

確かにかーさん言ったな…
「いらっしゃいませ~♪」って(笑)

わい様

こんばんは~^^

言葉って…便利な様で案外不便かもしれませんね。
伝え合わなきゃ理解できないんですもん。

ずっと一緒に暮らしてきた老夫婦が、視線やごく僅かな言葉で理解し合えてる…
「あれ」「ん」だけ(笑)
ああ言うのが「言葉を超えた」って言うのかなぁ~

とーさんも、かーさんもとってもお喋りです(笑)
まだまだ会話する事自体が楽しい。
でも、いつか…ただ横に居るだけで解り合える様になれたら…
その時に、やっと猫さん達に追いつくのかも。

nikolala様

こんばんは~^^

なるほど…昨日のお話しもそうでしたね(^^;
確かに、体が大きくなれば同じ事をやっても危険度は格段に上がる。

八朔など、全く躊躇なく、かーさんの腹の上を走りますからねぇ(--;
いや!それ痛いっちゅうねん!
本棚の上から、お尻をフリフリして飛び降りようとしていた時には、思わず
「やめれーー!」と叫びましたわ(^^;

とても大きな音がした事に、まず驚いた…
その後の、かーさんの様子で、どうやらいけない事をしたと言うのは理解
していた様です。
しょぼ~んと項垂れて並んでいる姿は、もう溜まりませんでした(笑)

ロッド様

こんばんは~^^

かーさんも以前、ワンちゃんと暮らして居たことがあります(*^^*)
確かに見事に、ランク付けしますね…ワンちゃんは(笑)
息子など、生まれた時には既にワンちゃんが居ましたので、ずっと最下位!
むしろ、「これは守ってやるモノ」として認識されていました(笑)

猫さんも年を重ねると、理解する言葉も多くなるのですね~
何だか、楽しみになってきました!(*^^)v
その為にも、日頃から沢山話しかけなきゃいけませんね!
…と、大義名分ができた(笑)

ロッドさんの掲示板、時々覗かせて頂いてますよ~♪
ただし、かーさん写真に関しては全く自信がありませんので、書き込むには
至っておりません(^^;

猫さんは悪気があってやってるわけじゃないからね~
怒れないですよね(^^)
本猫はもう十分わかってるんですよね。
怪我がなくて良かった♪

うちなんて籐で出来たガラステーブルが逆さになってた事があったわよ・・・
もう怒る気力もなくなるわ(--;)

帰りの満員電車で号泣

ニャーヨ様

こんばんは~^^

そうそう(^^;
決して悪気はない。
ただ、夢中になりすぎて暴走列車化するだけ(ノД`)・゜・。

こんなものまで、どうやって動かすの!
ってモノでも移動してますよね…(--;
火事場のなんちゃらより、猫様のハイテンション!(笑)

朔太郎と豆兄弟様

こんばんは~^^

あらまぁ♪
師匠!今日は日付が変わる前に帰宅ですね!

電車の中で鼻水すするのは止めましょう(笑)
お疲れさまでしたm(__)m

二人だからこそ 思いっきり駆け回れるのかもね
そして 仲良しだからその激しさもハンパないのかもw
怪我さえしなければ なんでもいいんです
器が割れても まぁしょうがない・・・てなもんだよね 猫飼いはww

シュンとするふたりの様子がかわいい♡
悪い事したって ちゃんと分かってるのよ
八朔 小夏 かわいいぞぉ〜!

ぽち様

こんばんは~^^

確かにね、小夏が来てからの運動量は半端じゃなく増えました。
八朔も小夏も成長著しい時期に一緒に暮らすようになった事で、
十分な運動量を得ていると思われます(^^;
きっと「退屈」と言う言葉は、この兄妹にはなさそう…
それと共に、かーさんの「掃除の手抜き」も叶わなくなった(泣)

5キロ超の猫が、顔の上を飛んで行く…
体の上でキックターンをかます…
身に覚えのない生傷が絶えない…

全て、諦めました(;´Д`)
これぞ、かーさんの生きる道~~(号泣)
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: