第二章へ…



CIMG10761.jpg
「お日様が当たる場所は何時だって猫様の特等席♪」八朔です。



着々と準備が進む中、なるべくなら茶トラーズにはいつも通りの生活を…と思っています。
それでも、やっぱり違った気配を感じるのか、八朔も小夏もじっと様子を伺っている事が多くなってきました。


とにかくくっ付き虫です。
四六時中、どちらかがぴったりと寄り添ってくれています(^^;


改めて思います…


猫様って、思っていたよりもずっと細やかな神経を持ち、思慮深い生き物なのだな…と。



今回の引っ越しは、勿論他の要素もあっての事ではありますが、一番大きなものはやはりこの子達の事です。
今の部屋を選ぶ時、かーさん達は「猫と暮らす」事をまるっきり考えてはいませんでした。
二人が過ごす為のスペースは、大きくない方がいい…
小さくシンプルに暮らそう…そう思っていました。


ところが。。。やって来たのです…茶色の仔猫だった八朔が…


大きな声では言えませんが…ここペット不可物件でした(--;
小夏を見つけた時に、すんなりと我が家に連れてこれない理由の一番大きな問題はこれだったのです。


何とかお願いし「大目」には見て頂いていましたが、やはりこれはルール違反でした。



CIMG10767.jpg
「コタツの向こうから、キュルン顔の小夏」



まだ若く、激しい動きをする茶トラーズです。
出来うる限りの防音対策は取っていましたが、それでも音は響いていたと思います。


「走るなぁーーーっ!」
「暴れるなーーーっ!」



かーさんが言うそんな言葉は、きっとこの兄妹にとっては理不尽なものだった事でしょう。


今回の引っ越しにあたっては、まず第一にペット可を条件にあげました。
むしろ、条件はそれしかない(笑)


一昔前に比べると、ペット可物件も数が増えてきた様に思えます。
それでも「小型犬」だけ…などと言うものも多いのが現状です。


猫複数可…と言うと…
古い物件や不便な場所が一気に増える(^^;
それでも探せばあるものです。
と、言うか…あった(笑)


貧乏な我が家ですので、高級物件などには手は届きません!
また、何度も言いますが広い物件も必要ない…だって掃除が大変ですもん(笑)


とーさんとかーさん、それに八朔と小夏がまったりと暮らせればそれでいいのです。



CIMG10755_edited.jpg
「とーさんと話していると、必ず真ん中に割り込んでくる八朔 笑」



ルールとは、最低限それを守っていれば、その範囲内で権利が守られる約束事。
暮らして行く中で、互いの権利を侵さない為のものだと思います。


今回、やっとその原点に立ち帰る事になりました。


どなたかの厚意の上にしか成り立たない暮らしは、やはり歪です。


勿論、ルールを守った上でのマナーや気遣いはもっと必要にはなると思います。
防音対策は勿論の事、互いが心地よく暮らせるための出来うる限りの対策は施すつもりです。
むしろ堂々とそれができるのが嬉しかったりします!


なし崩し的に始めてしまった猫様との生活は、ここへきてやっと「為すべきことをする」暮らしへ移行します。
八朔小夏との暮らしは、第二章に…
安心して暮らして行く為に頑張ります!


さて!かーさんももうひと踏ん張りです(^^;




CIMG10752.jpg
「小夏様、お膝で甘え寝♪」







いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: