心の在処


CIMG11488.jpg
本日の写真は、珍しくかーさんのお膝をゲットした小夏様シリーズです♪(相変わらず本文とは全く無関係 笑)


普段、当たり前に動かしたり使ったりしている自分の体。
余りにも当たり前すぎて、時々その有難みすら忘れてしまいます。
それは何時でもそこにあって、思い通りに使いこなせて…
或いは黙って寡黙にただ動き続ける。。。


なのにね…
少し体調を崩すと、はっきり解るのです。


イライラすれば、キリキリと痛み出す胃は、確かに胴体の中程にある。
そっと押してみると、驚くほど固くしこっていたりもします。


ストレッチをサボってばかりいると、首筋や肩…頭までが凝り始める。
グリグリと揉み解すと、確かにそれは繋がっていて、互いを補っているのを知ったりするのです。


ここ数年、以前には感じなかった、そんな自分の体のSOSに気付く事が多くなりました。
そして、その度に自分の体の一部が主張するのを感じるのです。


「もっと大事に扱わないと壊れるよ!」


その声に耳を傾け、時には感謝もしつつ…
どこかで「あぁ…これが年を重ねるって事なんだなぁ…」などと思ったりもして(笑)


かーさん年を重ねて行く事には、あまり足掻きも不安もありません。
どんな絶世の美女だって、年を取れば皺くちゃになるんだい!なんて開き直っていたりして(笑)
しかも、美女の「び」の字も天からは与えられなかったかーさんが、今更足掻いてどうなる!


かと言って、全く手入れもせずに薄汚いババァになるのも嫌ですので、そこはそれなりに…♪
「口煩い小汚いババァ」よりは「口煩い小奇麗なババァ」の方がマシですよね?(笑)


自然でいいやぁ~
無理せず、己を労わりつつ…
それでも衰えて行くのは、もう仕方が無い。


他人を妬むまい。
他人を羨むまい。


自分が持てるモノに満足して、せめて心は穏やかに過ごそう!


…と、ここでフト思いました。


そう言えば心の在処って。。。と。


CIMG11486_edited.jpg



とっても昔の事。
まだ、かーさんもうら若き乙女だった頃… ←一応あったらしい 笑


当時お付き合いしていたBFとのデートの帰り道。
もう帰らなきゃいけない時間なのは重々承知なのに、離れがたい…
阪急梅田の駅構内で、彼はあっち…かーさんはこっちの路線。


互いに何となく無口になって俯きがちになっていたら、BFが急に手を取って構内の外れにある階段の所まで引っ張って行くのです。


その階段に腰掛けて「あと5分だけね」と言われた時…


胸がね、キュンと痛みました。
確かに確かにキュンって音がしました(笑)



思わず胸に手を当てて、その痛みを噛みしめていたら…


「胸、痛い?オレも…痛かった…」

って!


何て青春なんだ~~!(≧▽≦)


うら若き乙女のかーさん、その時に初めて「心の在処」を知りました。
今、同じ痛みがあったら、真っ先に心筋梗塞か?と思って仕舞いそうな自分が悲しいです(笑)


CIMG11478_edited.jpg



この数日、横になっている事が多かったかーさんですが、そこには必ず茶トラーズが寄り添っていてくれました。
騒ぐ事もなく、ただじっと一緒に居てくれる…


時々目が合うと、本当に気遣う様な眼差しを向けてくれます。


微笑みかけながら撫でてやると、目を閉じて嬉しそうに頭を擦りつけてきます。
ゴロゴロゴロゴロ。。。。
そして控え目に前足で、かーさんの顔に触れる。


昔の様な、音がするような胸の痛みではありませんが、かーさんの心は確かに優しく鳴り響きました。
痛いような…甘酸っぱいような…
潮が満ちて来る様に愛しさが満ちてくるのです。



やっぱりありました。
かーさんの心は、ちゃんとここに。


目には見えない「心の在処」は、今もこれからも…この愛しい毛玉達と共に…


CIMG11482.jpg
その頃…八朔はいじけてカウンターの上で不貞腐れておりました(笑)


本日の「かーさんの好き勝手デー」は、こっ恥ずかしい思い出話しでした(笑)
コメント欄はクローズさせて頂きますが、ボチボチご訪問はさせて頂きますね~♪







いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: