かーさんの野望



CIMG11531.jpg
「猫様にはお日様がよく似合う♪」日光浴中の小夏


グッダグダな昨日の更新に、沢山の反応をして頂き、有難うございましたm(__)m
我ながら、何と纏まりのない記事だろう…と呆れていたのに、皆様実体験も含めたお考えをお聞かせ下さって…
いつもいつも本当に有難うございます!


何時もの事なのですが…
こう言う問題は、「これが正解です!」と言う答えがある訳ではありません。
皆さん、悩みながらも自分の感性を信じて募金先を選んでおられるのだと、改めて感じました。


ブログと言うツールが広がり、それを通じて様々な人や団体を知る事も容易になりましたよね。
その中で、「あぁここになら!」と思える所へ…と言うお話しが沢山寄せられました。
写真と文字だけで綴られるブログですが、そう思うと大きな大きな役割を担っているんですね…



CIMG11546.jpg
「八朔はキューブの中で…♪」 何故か斜めってます(笑)


かーさん、今でも時々怖くなる事があります。
ただただ好き放題に綴っている、この八朔まみれと言うブログが、かーさんの知らない所で読んで頂いている…
それって…本当はとても怖い事なんじゃないのかなと思うのです。


勿論それを想定して続けているんだろ?
と聞かれれば、そうなのですが…(^^;


「かーさんの知らないかーさん」が居る様な気がしてしまうのです。


ブログに出て来るかーさんやとーさんは、実際の本人達とはやはりどこか違います。
決して優しい良い人じゃない(笑)
それでも、八朔や小夏を通して綴ると、恐ろしく良い人っぽくなってしまうんですよね(^^;


皆様!騙されちゃいけませんぜ!


とーさんと、かーさんは何処に出しても恥ずかしい立派な変態カップルです!(おぃ!



CIMG11534.jpg
「相変わらず色々くっ付けてます!」 勿論八朔です。



何でこんなアホなカミングアウトをしているか…と言いますと…
やはり先日の話題の中の事に繋がります。


「後見人」


ご年配の方が猫さんと安心して暮らせる様に…万が一の時は残された猫さんの事は心配しないで下さいね。。。
こんな風に言って貰えたら、どれくらいの方が羨ましいと思う事でしょう。
実際、ご自分の年齢やその後を考えると、大好きだけど猫さんとはもう暮らせないと思っておられる方は沢山いらっしゃると思います。


それだけではなく、一人暮らしの方などもどこか不安を覚えていらっしゃるのかもしれませんよね。


猫好き同士が何らかのコミュニティーを作り、互いに互助し合うシステムがあれば…
と言うのは、よく聞かれるお話しでもあります。


この件について、先日来ツラツラと考えていました。
…こりゃ案外難しいぞ…と(^^;


物理的な住居環境などは一旦置いておいても、さて、そのグループをどう結成するんだ?
たまたま実際に顔を合わせ、そこそこお互いの事も理解している場合はそれで大丈夫かもしれません。
が。。。ただブログを通じてのみ知っている同士になると…こりゃ厄介です。


文字と言うのは、書き手と受け手によって大きく変わりますよね。
優しいとーさんと、ドスコイで頼りになりそうなかーさん…
。。。だからぁ~~!それだけじゃないってばーー!になりそうです(^^;


ここに相性とやらも絡む。
こっちは好き好き~~でも、向こうは勘弁してよ~~だって有り得ます。


勿論、最終的には互いの顔が解る距離感が必要になるでしょう。
そうなると…地域性も大きな問題になる。。。。


また出来ない理由ばかり!って怒らないでぇ~~(^^;


結局は、募金のお話しと通じるものがありますね。
自分の感性を信じて…になりそうです。


どうお相手との信頼関係を築くのか…それが一番だと思います。


それがあっての上で、どなたかだけに重く比重が掛からない様…
自己責任はしっかり果たし…
思い遣りが空回りしない様…
押し付けず引き過ぎず…



で、最終的には、積立なりで金銭面をクリアーにする。


ふむふむ。。。書き出してみると、やってやれない事はないかな。。。
かーさんの野望がムクムク…♪


その前に、かーさんと一緒にと思って下さる方がいらっしゃるかどうかが問題?(笑)



CIMG11537.jpg
「かーさんがアホを申しておりますので、こなちゅが替わりましてお詫び申し上げます」







いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うちなんか子供もいないから
自分が死んだ事さえ誰にも気付かれないかも・・・って心配もあるけど(笑)
出来れば死ぬまで猫達と暮らしたいもんね

そういう不安に光をさしてくれたのが
みなさんが紹介されてたペットライフネットさんかなぁ・・・
だって誰がどう思おうと 綺麗ごとじゃなく
真剣に大切な家族だもん 老後の事色々考えるよね

私も一人暮らしなので旅行をする度に妹に
「何かあったら猫をよろしく」と言って出かけます。
やっぱり猫のことが心配ですからね。
「何かあったら何とかするから」と言ってもらったので
ちょっと安心していますが。

かーさんの野望??
こんなら多くの方が訪問してくださるということは、
皆さん、信頼してくださっているということですよ。
募金するのも、動物病院を選ぶのも、
やはり信頼できないところは選びません。
猫は話せないから、結局は人と人との信頼関係が一番。
いっそのことNPO法人でも立ち上げては?
かーさんならきっとできると思いますよ(^^)

脂肪も野望の内orz

今、老犬ホームとか・・・お家の近くにもあるけどさ・・・
やっぱしちょっと不安だよね。
人間のお年よりも虐待されたりすることもあるのに言葉しゃべれないワンニャンだものね・・・
ブログなんかで知り合った方だとどういう接し方をふだんされてるかも分かるし安心だよね。
なんかそういう近隣ネットワーク互助会みたいなのがあって、普段から行き来できるといいよねー^^
八朔かーさんおねえちゃん、さすがなのにゃ!^^b

もし、万が一、億が一、
一緒に住めない状況になったら
いつでもお迎えにいきます。
15が17になったところで
どうってことないですから。

そうか~。
あそこでお会いしたのは
変態カップルさんだったのか~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時代が違うっていうのもあるかもしれませんが 昔は子供でも
「ちょっと見ててもらえます?」みたいな関係がご近所でもあったようですね。
そんな感じで 留守中も気軽に頼める関係が近所であればいいんですけど。
お年寄りだけじゃなく 病気の方も アレルギーさえなければ ふわふわの
動物とふれあうことで 痛みや寂しさを和らげることができる。
ずっとお世話をすることができないからと 諦めている方のために家族が
家族の忘れ形見として 後継人となり 家族と思って大事にしてくれたら
これほど嬉しいことはないですよね。
盲導犬の引退後同様に 老後を過ごせる場所ができればいいんだけど・・・
大事なのは しっぽの問題だけでなく 人として自分以外を思いやる心を
学んで 思い出してほしい。
妊婦マークのキーホルダーをつけてると わざと押したりする人もいるそうで
つけない妊婦さんもいるそうです。信じられないでしょ!?

こんにちは~
そこなんですよね~。最近いつも考えてます。私の周りでも動物を飼っておられる方は気にされてるみたいですね。。もし自分に何かあった時この子はどうなるなか。。とか。それは飼い主の年齢にかかわらず人間いつ何が起きるかわからないので。最近もある方とお話ししててそこのお宅は先住さんがいて去年もう一匹保護されて今は二匹でこれが2にゃんとも超美猫さん!二匹とも飢えてふらふらでそのお宅に助けを求めて来て奥さんが保護されましたが二匹目を保護した直後、ご主人を亡くされた事もあり不安がられてましたので私もつい調子に乗って何かあったら私が預かります!なんて言ってしまいましたがその私もそんなに若くはなかったんだと思い。。。

先日テレビでちらっと見ただけなので詳しくはないのですが確かそこはわんちゃんばかり居たような気がしましたが主人を失くした・・・というよりワンちゃんが加齢のため痴呆などで自宅でお世話出来なくなった飼い主さんが預けておられる施設が熊本県にあると紹介されてました。飼い主さんも定期的に面会に来られていて人間の老人ホームみたいな施設だな。。と思いました。これが良い悪いということではなくことばの話せない動物たちの為に人間がここまで配慮できる事を知った事が嬉しかったですね。

何か話が逸れましたが今日のかーさんのお話は今後の課題ですね。。

ぽち様

こんばんは~^^

お返事が遅くなってしまってすんません(^^;
久々にお出掛けしておりました(笑)

何となくだけど、自分のこの先が見えてくると、誰しも不安にはなりますよね…
子供が居ようが孫が居ようが、それは同じですわ。
かーさんも離れて暮らしていますので、アテにはできませんもん(^^;

ペットライフネットさん…ググってみました!
ほぉ…個人会員だと付き1500円ですか。。。
これなら気軽に加入できますね(*^^)v
かーさん勉強不足で、あまり詳しくはなかったのですが、こう言った取り組みがもっと広く知られ、
もっと沢山出て来るといいですね!
素敵な情報有難うですm(__)m

おばんです様

こんばんは~^^

お返事が遅くなってすまんです(^^;

おばんさんの妹さんは頼りになりますもんね~(*^^)v
ある意味凄く凄く羨ましい!

広い活動は、既に何件かがNPOとして活動を開始されておられますよね♪
かーさんがチロッと考えたのは、もっと小さなコミュニティーかなぁ…
上手く言えないのですが、猫馬鹿さんが集まって、気軽にお願いしたりされたり
できる様な仲間作りができたらいいのにな…って思ったんです。
ブロ友さんを一歩だけ踏み出した様な。。。って言えばいいのかなぁ。。。。
ん~~まだ纏まらん(^^;

ちゃんと勉強しつつもっと考えてみます(笑)

朔太郎と豆兄弟様

こんばんは~^^

そ、そうだったのか(@@;
かーさんの腹は野望の変形の脂肪の塊だったのね!

。。。どうりで重たいはずだわ。。。

Gavi様

こんばんは~^^

お返事が遅くなってごめんなさいです(^^;

そうなのよねぇ…
全く知らない方に託すのって、やっぱり不安ですよね。
ブログなどで毎日逢っていて、その子の性格や病歴などもある程度知っていれば
対処も変わってきますしね。
最初からでっかい野望を全面に出すのではなく、もっと気軽に近隣の猫馬鹿同士が
集まって、サークルっぽいものからならいいのかな…なんて思っちゃったんです。
Gaviちゃんちのおねえちゃんと、もっとご近所だったらいいのに!
一杯教えて貰いたい事があるわ~(*^^*)
ついでに、生「シャーーーァッ!」も聞きたい(笑)

じんのすけ様

こんばんは~^^

おぉ!心強いお言葉ぢゃ!(≧▽≦)
遺言書いておこうかなぁ~♪
ただし、残す財産はない(爆)

あれ?知りませんでしたっけ?
うちが変態カップルだって事。。。(笑)
おかしいなぁ~変態オーラ出まくってたはずなのに♪

鍵コメN様

こんばんは~^^

お返事が遅くなってごめんなさいですm(__)m

最近、出て来ましたね…「ペットと一緒に」と言う施設。
とーさんとちょこっと話したりはしていました。
ただ、仰る様に、どこか不安だったりもしますよね(^^;
とても我儘な気持ちだとは思いますが、ずっと見知っていて下さる方ならいざ知らず…って。

ただ、こう言う取り組みは今後どんどん増えて行くとも思うのです。
出来る出来ないは置いておいて(笑) 調べたり勉強したりするのは無駄にはなりませんよね(*^^)v
最初は本当に信頼できる仲間作りだって思いますし…
もっと気軽に話し合える仲間。
夢みたいな話しも、見続けていれば叶うかも…♪

勿論、何かあれば真っ先に行きます!(笑)
誰が何と言おうが、仲間に引きずり込むも~ん♪

nekobell様

こんばんは~^^

マタニティーマークの話はちょくちょく目にしますね…
あのマーク、善し悪しって所もあったりしません?(^^;
妊婦様と呼ばれる一部の勘違い女性が、それを振りかざしていると言う話もあったりします。
もっと酷くなると、妊娠していないのにマークを見せびらかして、電車の座席を譲らせるとか…
本当なら、お腹の大きな女性を見れば、自然に労わってあげられるのが一番だと思います。
勿論、妊婦さんに暴行を加えるのは以ての外!
何だか日本も殺伐としてきたなぁ。。。どうしちゃったんでしょうね。

せめて猫好きな同士が、互いの立場を思いやって行けたらいいですよね。
そこには、「して欲しい」ばかりでは困ります。
何事も「自分はこれができます」と提示してこそのお互い様になると思うのです。
やっぱり、これも人間関係の構築から。。。って事ですね(^^;

アニマルセラピーで、頑張ってくれているワンちゃんや猫さんも居ますね(*^^*)
かなり痴呆の進んだ方でも、モフモフに触れる時は笑顔になるそうな。。。
人間には出来ない凄い能力です!

ひろりん様

こんばんは~^^

お返事が遅くなってごめんなさいですm(__)m

昔に比べると、人も小さな命達もぐんと長生きできる様になりましたものね…
元気でさえ居れば長生きは喜ばしい事ですが、そうとばかりも行かないのが世の中。
確かに、年齢に関係なく、明日はどうなるかの保証もありません。
それでも…モフモフ達と共に暮らして居たいって思うのは、もうどうしようもない心です。

変な話ですが…
もし大震災並みの天災が大都会で起こったら、行方不明者の数が膨大な事になるだろうと
言われていますよね。
都会は隣に誰が住んでいるかすら知らない場合が多い。
ましてや…猫や犬となると……
それを思うと、「自分達がここに居る」と誰かに知っていてもらう事って大きな意味を持つ
かもしれません。
かーさん、ここに引っ越してきてご近所にご挨拶回りした時、「うちは猫が2匹居ます」って
皆さんにアピールしておきました(笑)
で、お隣さんにはミニチュアダックスフント君が居て…とか、ある程度覚えました。

大きな事は出来ないかもしれませんが、考え続けたり学び続けたりしながら、少しづつでも
模索していけたらいいな…なんて今は思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメT様

こんばんは~^^

かーさん関東に来てから改めてその違いに驚いた事の一つに
「他との距離感」がありました。
以前住んでいた地方は、ある意味田舎独特の繋がりの濃い場所で、それはそれで恐ろしく
厄介な事も一杯ありました(^^;
細かく分類された「組付き合い」
それに付随する集まりやら役割やら…そりゃ~もう素敵に近所姑が一杯(笑)
実際に経験はありませんが、きっと留守をすると伝えないまま洗濯物が2日も出ていなければ
「何かあったんじゃない!」と訪ねてきそうな感じです(^^;

良し悪しは別として、都会に住むと近所と言う認識は薄れて行きますよね。
それぞれのパーソナルスペースの分類がとてもはっきりしている。
立ち入らないでね!って看板が立ってます(笑)
田舎と都会の中間ってなんで無いんでしょうね(^^;

例えばですが…何かのサークル活動の様に志を同じくするものが集う。
何かの共通点があれば、きっとかなりの潤滑油になるんじゃないかなぁ…
その中で見えて来る問題を一つ一つ解決していく努力なんだろうと思います。
まだまだ…だったらいいな~の思いでしかありませんが、まずは考えてみないと何も
始まりませんものね!
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: