「ここ」に居ます…



CIMG12032.jpg
小夏



まずは…すみませんm(__)m
何だか、昨日の記事でご心配をかけてしまいましたね。


別に何かがあった訳でも、落ち込んでいる訳でもないのです。


ただね…過去記事を読み返していたら…
色々な事が蘇ってきて、少しセンチメンタルになった結果、あの様な記事になってしまいました。


書かせて頂いている間に、かーさんの胸に去来したのは


「来る人有り…去る人有り…」


と、言う思いでした。



「八朔まみれ」と言う拙いブログは、1年8か月を経過致しました。
毎日小さな出来事から、かーさんにとっては青天の霹靂までを書き綴ってきたこのブログです。
それは、八朔との出会いから始まった小さな物語…
怒涛の小夏がやって来るまでの道も、全部含めて「我が家の猫歴史」です。


時々ね…かーさんは自分で書いてきた記事を読み返します。


あぁ…懐かしいな…
この時は大変だったっけな…
振り返ると、当時の思いがまざまざと蘇ります。


と、同時に頂戴したコメントをも拝見し直す事があります。


この方は、この頃から足を運んで下さったんだよなぁ…
あぁ…この方は変わらない!ずっとずっと変わらず素敵な方だな…



CIMG11983.jpg
八朔



ご存知の方も多いでしょうが、かーさんはとても感情の起伏が激しい人間です。
半世紀以上を生きて来たと言うのに、ちっとも人間ってヤツが成長しない呆れたオバサンです。


そんな中でも、ご訪問下さる皆様にだけは、かーさんなりに失礼の無いよう気を配っていよう!
とは思って参りました。
。。。思っているだけ。。。だったかもしれませんが。。。


この1年と8か月の間に、足をお運び下さる方々は、どんどん変わって参りました…
フトした切っ掛けで訪れて下さる様になって下さった方。。。
ずっと変わらず足を運んで下さる方々。。。


そして…いつからか…お姿をお見かけしなくなってしまった方々…


過去記事のコメントを読み返していると、そんな事が手に取る様に解るのです。
その結果、かーさんは思い返したりします。


…何か失礼をしてしまったかもしれないな…
…呆れられてしまったかもしれないな…



かーさん、こんなバカですが、それでも意識して対抗したり不機嫌を表に出した事は数回しかありません。
(数回でもあるって事が、そもそもどうなのよ!ですが(^^;)


正直「ムッ!」とした事はあります。
何となくですが…あれっ?何だか心地悪いな…と思う事だってありました。
それが、コメントのお返事に出ている事だって……すみませんがありましたm(__)m


はっきりと、それが解る瞬間もあれば、少しづつ時間を掛けて相違が解る場合もあったりします。



CIMG11973.jpg
小夏



反対の事もあります。
頻繁にお邪魔していた場所に、かーさんが足を運ばなくなる…
その理由は幾つかありますが…それは胸に秘めて置く事に。


結局の所、ブログと言うのは、行くも勝手なら来て頂くのもまたその方次第。
そんな解りきった事を、時々無性に確認したくなったりするのです。


かーさんは、こんな風にしか続けて来られなかった人間です。
細やかな配慮も、自分をグッと押さえて交流を続ける事も出来ない我儘なオバサンでしかありません。
勿論、反省はたくさんしました!
でもね…それは後悔ではなかったりもします。


赤い花がお好きな方もいれば、花は白でなきゃと仰る方も居る。
そもそも、花より団子よ!と言われる方だっておられるはずです(かーさんの事(^^;)


受けた誤解は敢えて解こうとは致しません。
そもそも、誤解だと思う事自体が、かーさんの主観でしかないのですものね。


合わなかったんだな…


自分にはそう言い聞かせています。


昨日と今日は同じように見えて同じではない…
明日はもっと違うかもしれない…


ただ、一つだけ確かなのはかーさんが生きている限り、そして茶トラーズが共に居てくれる限り、2人と2匹は共に生きると言う事。
その日々をポツポツと綴り続ける事も、余程の事が無い限り続いて行く事と思います。



CIMG11941.jpg
小夏



新たな出会いを心待ちにします。
去られる方をそっと見送ります。


変わらずにあるのは、かーさんが「ここ」に居ると言う事だけ…


とーさんと、八朔と小夏と一緒に、「ここ」に居ます。


ひとときの触れ合いに…変わらぬ交流に…感謝しつつ。



CIMG12045.jpg
八朔


本日週末につき、コメント欄はクローズさせて頂きますm(__)m






いつも応援有難うございます♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: