用意された日々

CIMG1099.jpg
今日も平和そうに寝ております
CIMG1098.jpg
…思いっきりはみ出してますが…(笑)平和です

何事もなく、まったり過ぎた連休…
お出掛けには良い季節ですが、まだ八朔を一人お留守番させるのは不安で仕方が無いかーさん。
以前なら、「あそこ行きたいね~」「ここの温泉良さそう~」なんて会話で盛り上がっていたものですが…
余程の事がない限り、この先、とーさんと旅行って無理っぽい^^;


何事にも時期…ってあるのかもしれませんね。
去年の夏までは、かーさんはと~~っても拘束時間の長い仕事に就いていた為、時間的な余裕が全くない状態でした。
お休みも中々取れなくて、長期の旅行も思うに任せず、せいぜい2泊3日が精一杯。
勤務を終えて帰ってきたら、まずは体を休めなければもたないですし、精神的にも一杯一杯だった気がします。
仕事自体は嫌いじゃないですし、それなりに自信も持っていましたが…

仕事を辞めてから暫くは、それこそ何~~もしたくなかった程へとへとでした。
流石に「プチ引篭もり」もなぁ…と思えた頃、既に冬だったりしたのですから、どんだけ疲労してたんだ…(・・;)

CIMG1046.jpg
今日も元気に「ハマって」ます


健康の為に…と散歩を始めたのは、まだ寒い2月の事でした。
日に日にその距離を伸ばし、快調に歩ける様になってきた頃…八朔と出会ったのです。

仕事をしている頃なら、まずは散歩の時間すら取れなかったでしょうし、増してや猫さんを迎えるなんて全く考えられない状況でした。
手も、目も、心も満足には掛けてあげられない。
体にも心にも全く余裕など無かったのですから…

以前から猫が好きで、時間があれば猫さんブログ巡りなどをしていましたが、それはあくまでも「キャーー!可愛い~~♪」の世界。
まさか、まさか…本当に猫さんを我が家に…なんて考えもしていませんでした。
CIMG0977.jpg
朝っぱらから、良からぬ事を企てちゅぅ…


今になって振り返れば、全て八朔を迎えるために用意された日々だったのかも…とさえ思います。
常に側に寄り添って、八朔の動向を気に掛けたり、充分に遊んでやれたりするのは、このタイミングでしか有り得なかった…
お外の世界から、急に連れてこられて、八朔もきっと不安だった事でしょう。
その不安を取り除いてやれるのは、「時間」でしかなかったと思います。

「ここは怖くないんだ…安全なんだ…」
「この人たちは大丈夫なんだ…ボクを苛めないんだ…」
「もうお腹を空かせて鳴かなくてもいいんだ…」

それらを八朔に信じてもらえる為に必要だった時間が、今の私達になら持つ事ができました。
言葉だけではなく…態度で…心で……
CIMG1088.jpg
ここも~~!とお尻を突き出す八朔…ブラッシング大好き~♪

あの時に出会えたのは、やはり偶然ではなく必然だった…そう思える様に毎日を積み重ねて行く事が、今の私達の目標です。


後何年生きたい?って、とーさんに聞いてみたら…
「八朔を寿命までしっかり可愛がって、それを、かーさんが見届けて、かーさんが居なくなってから死にたい」との答えです。
とーさん頑張って長生きしなきゃね……
だって、八朔は猫又を目指すんだし、かーさんは妖怪猫ば~さんを目指しているんですもの(笑)
これは…人魚の肉でも食べなきゃいけない…ですね~♪

CIMG1086.jpg
陶酔ちゅぅ…




こそっとランキングに参加しています。よろしければ応援して下さいませ…

スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!
八朔ちゃんとの出会いは運命だったんですね。
八朔かーさんさんとお父さんとの出会いのように。

本当に素敵なご夫婦ですね。
とても純粋でキレイなご夫婦。
このご家庭で育つ八朔ちゃんはラッキーな猫ちゃんです。
まるで、ほかの外猫ちゃんの代表として
幸せになるために来たんじゃないかと思えます。
こちらにお邪魔して、
またまた心が温まりました!!

シャシャシャ様

おはようございます^^

良い連休を過ごされましたか?
いつも沢山の優しい言葉を有難うございます^^
でもね…うちの場合「いい年をした馬鹿ップル」が「いい年をした親馬鹿ップル」にマイナーチェンジしただけなのですよ(笑)
そこに混ざった八朔は、きっと「由緒正しいお馬鹿な可愛い子」に育つと思います^^;

にゃんこがいる暮らし、いいでしょう♪

ねこねーさんは、今日も朝起きて胸の上に
ルビ子ちゃんがゴロゴロいいながら
まるまっていてくれて、ああ、なんて幸せ…と
つくづく思いましたよ。

ねこねーさんちは、他界した父ちゃんが
度を超した鳥好きだったので、小さい頃から
長期泊まりがけ旅行ってほとんどなくて、
大きくなってからも、結局自分の周りに
生き物やら植物やらがいっぱいいて
旅行はせいぜい1泊、頑張っても2泊が限度です。

でも毎日の暮らしの中で、生き物くんたちから
多大なるエネルギーをもらっているので、
たまに行く旅行よりも、元気をキープする意味では
こっちのほうが大きいですね。

八朔ちゃん、これからもおふたりに元気と幸せを
いっぱい与えてくれると思いますよ。
だって、こんなに無邪気でカワイイんだもん。
お世話し甲斐がありますよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねこねーさん様

こんにちは~^^

> にゃんこがいる暮らし、いいでしょう♪

確かにいいですねぇ~♪
大変な事も多いですが、それ以上に笑顔が増えました^^

> ねこねーさんちは、他界した父ちゃんが
> 度を超した鳥好きだったので、小さい頃から
> 長期泊まりがけ旅行ってほとんどなくて、
> 大きくなってからも、結局自分の周りに
> 生き物やら植物やらがいっぱいいて
> 旅行はせいぜい1泊、頑張っても2泊が限度です。

うちも実家が超ド級の「猫ば~さん」な母でしたので、物心付く頃には既に猫がいました。^^
随分前ですので、今とは環境も違いますが、やはり長い旅行はできなかった記憶があります。

> でも毎日の暮らしの中で、生き物くんたちから
> 多大なるエネルギーをもらっているので、
> たまに行く旅行よりも、元気をキープする意味では
> こっちのほうが大きいですね。

ですね~♪
やっぱり「生」猫さんはいいもんです(笑)
あ。。でも、ねこねーさんの探して来られる画像は、ある意味元気の源になりますよ~
あれは反則級に笑えます(笑)

どんな子も可愛い~~ですよねぇ~~(ニマニマ)
これからも期待していますね♪

こんばんは~

私も、必然の出会いだったと思います♪
何か分からないけど、前に居た子が癌になった時も休職中で助かりました。
そして今、偶然にも引っ越しして来たから私は家に居る日々で
そして家での輸液に協力してくれる先生も居て、不思議なものを感じます。
私が家に居なかったら、こうちゃんとの出会いもはるるとの出会いもなかったと思うんです。

必然の出会い、まだまだあるかも知れないですよ~( ´艸`)

~purasu~様

こんばんは~^^

> 私も、必然の出会いだったと思います♪
> 何か分からないけど、前に居た子が癌になった時も休職中で助かりました。
> そして今、偶然にも引っ越しして来たから私は家に居る日々で
> そして家での輸液に協力してくれる先生も居て、不思議なものを感じます。
> 私が家に居なかったら、こうちゃんとの出会いもはるるとの出会いもなかったと思うんです。

今回の「はるさん」の一件を考えても、やっぱり必然だった気がしますよね。
こうちゃんも、まいまいも、お気に入りの のあたんも、み~んな来るべくして来たんですね^^
purasuさんのお家の子は、それぞれが皆「何かを持って」その何かをプラスにする為にやって来たんだと思います。
私も八朔にそうありたいな…って心からそう思っているんですよ^^

> 必然の出会い、まだまだあるかも知れないですよ~( ´艸`)

猫神様の言うとおり~~♪
お許しがあれば、きっと新たな出会いもあるかも…(笑)
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
08 ≪│2023/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: