我が家の「猫紋」できました~♪


CIMG12786.jpg
「元々はこの写真からの発想です 笑」



先日の茶トラーズのシンメトリー寝の写真を見ていて、かーさんまたしてもフッと思いつきました。


「これって、家紋に似てない?」


当然の如く、思いついたらすぐ依頼(笑)



「とーさん!とーさん!うちだけの家紋作って~~♪」



と、言う事でまずは上の写真から作ったのがこちら。


羽根猫紋
羽根猫紋


いいんじゃない~(≧▽≦)
有りそうでなかった形だわ!


しかも、きちんとシンメトリーしてない歪さが、いかにも茶トラーズ(笑)



こうなると、放っておいても良い子で勝手に遊び始めます…うちのとーさん(笑)


「こんなのは?」


と、言いつつ次々遊んでくれました。



背向かい猫紋
背向かい猫紋


羽根猫紋よりくっついた形の猫紋♪
より温かみの感じられる家紋。。。ってか?(笑)


続いて


向い猫紋
向い猫紋



。。。何かに似てる。。。。


さがり藤紋だ!(笑)


今回、猫紋を作るのに、ちょっとだけ家紋の事も調べてみました。
ヨーロッパなどと違って、日本の家紋には植物が使われている事が多いですよね。
ヨーロッパなどですと、獅子に鷲に鷹にと、強く気高いイメージの動物をモチーフにした家紋が多く見られますが、あれは格好いい!
でも、日本だと…一番有名なのが「平家の蝶紋」?(^^;


調べてみると、あるにはある様です。。。動物の紋様。
「兎紋」とか鳥をモチーフにした紋も!
でも、やはり多いのは植物を模ったものですよね~


この紋所が目に入らぬかっ!のご存知天下の「三つ葉葵」
「五三の桐紋」と言えば、一般的に一番よく使われるあの紋。
でも、あの桐紋って本当は天皇から授かる由緒ある紋なのだそうですよ~♪
一番有名なのは…豊臣家の桐紋ですよね。


かーさんの喪服には「女紋」として実家の「丸に剣片喰」の紋が入っています。
が……これとっても眉唾です(笑)
そもそも家紋が持てる程の家柄じゃなかったろーーー!とツッコミが入りますが、きっと近年になって少し前の祖先が勝手に「これにする!」と決めた様な気がしてなりません(笑)


勝手に何でも好きな家紋を使っていいなら、かーさん「茶トラ紋」がええなぁ~(笑)



巴紋
猫巴紋


お馴染みの巴の紋も、茶トラーズだとこうなる(笑)



そして最後はやっぱりこれでしょ!


この紋所は、目には入りませんが、入れても痛くないかもしれません(笑)
ついでにピアスにしてぶら下げて歩きたい!

肉球葵
肉球葵紋


…と、かーさんの妄想が爆発してしまいました(^^;
本日、少々ドタバタ致しますので、コメント欄は閉めさせて頂きますね。
どうぞ素敵な週末をお迎え下さいませ~♪







いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: