盛夏  小さな盆踊り大会



まず最初に…「八朔まみれ」の30万アクセス超えに、沢山のおめでとうのメッセージを有難うございましたm(__)m
始めた当初には想像すらしていなかった数字でしたが、こうして皆様にお支え頂きながら、途方もない数字を通過点として歩いて行ける事、何よりも有難いと感じています。
「思えば遠くへ来たもんだ」
海援隊の歌が頭の中のBGMです(笑)



頂戴したコメントの中に、とても嬉しい文面がございましたので、抜粋ではありますが少しご紹介させて頂きたいと思います。


「先日TVでやっていたニュースなどを…。「京都では舞妓さんがお世話になっているお店などに御礼を言って回る行事があり、それを八朔という」らしいです。このニュースを聞いた時、すぐに八朔くん、小夏ちゃん、そしてかーさんにとーさんの事が頭に浮かびました。そっか、八朔くん達はお礼や感謝を伝えているのね、そしてかーさんも。だからいつも何かを貰ってる気がするんだ、って思いました。」



拍手の鍵コメントではありましたが、何だか拝読してとっても幸せな気持ちになれましたので、敢てご紹介させて頂きました。
「八朔」と言う言葉には、そんな素敵な意味もあったのですね!
かーさん、「八朔」と言う名前がまたより一層好きになりました。
T様、とても嬉しかったです(*^^*)


素敵な意味合いを持つ名前の八朔と小夏共々、ささやかでも「有難う」の気持ちをこれからもお伝えできれば…
かーさんにまた一つ、新しい「綴って行く意味合い」が見つかった気がいたします。


生まれて来てくれて有難う。
かーさん達を選んでくれて有難う。
そして、一緒に居てくれて有難う。


来て下さって有難うございます。
読んで下さって有難うございます。
わざわざコメントを残して下さって有難うございます。
応援までして下さって有難うございます。



。。。気付けば「有難う」に満ち溢れていました。。。



それを感じられる今の自分を、かーさんちょっとだけ誇りに思います!



ひまわりと有難う




ここからは少しばかり近況などを…


8月に入って、週末ともなればあちらこちらで花火大会や盆踊り大会などが開催されていますよね。
先日、我が家からも遠くではありましたが、ちょっぴり花火が見えました♪
ただし、花火自体よりもその音の方が遥かにハッキリと聞こえたと言う…(笑)


そんな中この週末、かーさん達が住む町でも小さな盆踊り大会が開かれていました。


そう言えば盆踊りなんて久しく見てないよねぇ~
と、日が暮れて少し気温が落ち着いた所で、とーさんと足を運んでみることに致しました。


規模で言えば、本当に小さな小さな会場です。
最初に立て看板を見た時には


「え?ここでやるの?出来るの?」


と、思う程の…地区の分社の様な小さなお社が会場です。


到着すると、丁度盆踊りが始まったばかり。
やっぱり小さな櫓に、小さな踊りの輪ですが、ちゃんと盆踊りしてましたよ!(笑)


お馴染みのお揃いの浴衣を身に纏った「地区の婦人会の綺麗どころ」 ←本当にこうマイクで紹介されてました(^^;
そして、特筆すべきは、櫓の上の2台の太鼓を叩くご婦人!
やっぱりマイクでの紹介によると、「○○太鼓」と言う集団による演技なのだそうです。


これがねぇ~格好いいのです!


腰つきと言い(変な意味ではなく!)バチさばきといい、何ともお見事!
思わずかーさん、大向こうから声をかけてしまった。。。


「姐さん!格好いい~!」


こう言う事を平気でやるから…かーさんなんだよなぁ…(^^;


KIMG0015_edited.jpg



もう一つ気付きました。


やっぱり地方によって踊る曲も違うもんだなぁ~と。
勿論、定番の「掘って~掘って~また掘って♪」の炭坑節はありましたが(笑)
かーさん、「東京音頭」の盆踊りは初めて拝見しました~♪


その地域の名を冠した「何とか音頭」は勿論の事、かーさんには馴染みのない曲が続いて、あぁ、これも土地柄ってヤツなんだと思った次第です。



後ね…後ね…


「はぁ~~あ~~あぁ~あぁあぁ~~今年や豊年だよ~♪」


と言うのが「相馬盆歌」だって事も、この年にしてやっと解った(笑)



何だか夏ですねぇ……
じっと立ったまま盆踊りを眺めているだけなのに、じっとりと汗ばむ。
これ、ずっと踊ってらっしゃる「地区の婦人会の綺麗どころ」の皆さんはさぞかし暑かろう!
なんて思って見ていたのですが…


曲が進むうちに、提灯の灯りに透けて、浴衣の袖の部分から薄らと二の腕の動きが見える様になってきたんです。
浴衣の袖がヒラヒラ…
汗で少し濡れた袖に腕が絡まって……


。。。。色っぽい!。。。。



恐らくは平均年齢は、かーさんよりずっと上の「綺麗どころ」さん。
それがね、本当に色っぽく見えるのです。


そう言えば、徳島で阿波踊りを見た時も、深く被った笠と、足を上げる度にチラッと見え隠れする赤いケダシに足首ってのが、とっても色気があったよな~と思い出しました。
踊りが熱を帯びてくると、汗ばんだ襟足に後れ毛が纏わりつくのも拍車をかけます。
どんなに激しく動いても着くずれない、ピシッとした着付け。
これぞ日本女性の美の形だ!と思ったものです。


最近は襟元にフリルを付けたりする着付けも見受けられますが…どうも受け付けられないな…あれ(^^;
夏場の浴衣や単衣は、スッキリキリリが美しい!
何でもくっつけりゃいいってもんではないと思うけどなぁ。。。


足してくどくするのではなく、引いて美しく見せるのは日本独特の美学だと思うぞ~


なんて言ってるかーさん…ここ何年も浴衣すら着ていないと言う…(^^;
まるで詳しくはない門外漢なのですが、娘を妊娠中には何故かちょくちょく着物で過ごしました。
慣れると変に締め付けなくて楽なんです…これが。
お腹の膨らみによって紐の位置や締め方を変えれば、へたなマタニティードレスよりずっといい。


そんなかーさんの密かな野望は、肩幅がやたら広くてお腹もそれなりに出っ張ってて、きっと和装が似合うであろうとーさんに着物を着せる事だったりします♪



CIMG13750.jpg
「帰宅したら、小夏が盆踊りしてました 笑」


只今コメント欄はクローズさせて頂いておりますm(__)m
何か一言残して構ってやるか~と思われた優しいお方!
宜しければ拍手ボタンからのコメント欄をお使い下さいませ♪

またお返事が欲しいぞ!と仰る方はどうぞサイドバーのメールフォームからお気軽にメールして下さいませね。







いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: