男脳女脳と とーさん脳かーさん脳



CIMG13837.jpg
「今朝の八朔フル装備の寝起き顔(^^;」



先日とーさんが仕事中に面白いコラムを見つけたと話してくれました。
(仕事中にどこ見てんねん! 笑)


「かめはめ波」って撃てるの?


と題したコラムで、男性と女性の脳の論理のお話しです。
(ご興味がありましたらGoogle先生にご案内して頂いて下さいませね♪)


ザックリ掻い摘んで申しますと…
ある男性が雑談中に


「俺、最近かめはめ波が撃てなくなった」


と言い出したところ、そこに居た男性陣が揃って


「俺も撃てなくなった!」
「俺はまだ修行中でかめはめ波は撃てないが、元気玉なら撃てる!」



と、口々に言い出したそうな。


すると、同席していた女性陣の頭の上には揃いも揃って「???」が飛び交ったと言うお話しです。



CIMG13832.jpg
「かめはめ波~?んなもん出来たらアタシは猫仙人になるわ!」 と小夏様


これまたザックリ言いますと…


男性は、ファンタジーはいつか現実のものになると考えている
(現実の世界とファンタジーの世界に境目がない)

女性は、ファンタジーは作り話と割り切っている
(現実の世界とファンタジーの世界を分けて捉えている)



結果、現実と切り離したところに、わざわざファンタジーの世界を再現したディズニーランドに男性はあまり興味を示さない。
一方、ファンタジーと割り切っている女性はひとときのその世界を楽しめる。


では、その原因は何かと言うと…


女性は早くから「女の子らしくしなさい」と言う様な言葉をかけられ、それによって子供特有の「世界の中心は自分」とか「自分は物語の主人公である」と言う概念から切り離される事を余儀なくされる為ではないか…と述べられています。
片や男性は「永遠の少年」と言う言葉に代表される様に、少年で居る事を許される存在であった為、その子供の意識を失わずに済んで来た。。。


ようは女性は周りから「こうであるべき」もしくは「こうなって欲しい」と言うプレッシャーを早くからかけられちまう。。と言う事らしい(^^;
それによって、自分の内面と外部の世界との擦り合わせが早く完成するのだとか。
その分、ディズニーランドの様な、思いっきりファンタジーを提供してくれるものには、それがファンタジーだと理解するからこそ夢中で一時を過ごせるのだそうです。


と、ややこしくなりましたが…これがファンタジーに対する男脳と女脳の違いらしい。


にゃめはめは



そんな話をしていたら、当然聞きたくなるじゃないですか!
ええ!勿論聞きましたとも!


「で?とーさんは、かめはめ波が撃てると思ってんの?」


とーさん、即答です!


「いや、かめはめ波は撃てないでしょう」


あらまぁ…と思っていたら続きがあった。。。。


「かめはめ波は撃てないけど、それに似通った…例えば気の塊などは訓練次第で出せるんじゃないかな」


さぁ、こうなったら語ります!うちのとーさん(--;


曰く「マジンガーZなどのロボットは、エネルギー問題が解決すれば…うんちゃらかんちゃら…」


しかし!デビルマンはダメだそうです。
何故なら「デビル族」が居ないから(爆)


とーさん脳は、男性脳に屁理屈がデフォルトで装着されているらしいです。


火炎放射小夏
「どうせなら、これくらい派手にやりなさい!」再掲です♪



ちなみに…かーさんは、かめはめ波が撃てなくなった!と聞いたら…


「そりゃ大変!暫くは代わりにこれでも持っとき!」

と、かめの子タワシを差し出すわ。



振られたら突っ込まずにはいられない…これって「関西人脳」?(^^;



でもね、かーさん「元気玉」は信じちゃう!
目には見えないけど、誰かが誰かを思って祈る気持ちは、必ず届くって…
確かに何の威力も、効果もないかもしれませんが、届けられた祈りは伝わるんじゃないかなぁ…


痛みや苦しみの軽減には繋がらなくても、誰かが自分の為に祈ってくれるって言うのは、心を救うかもしれない。


一番悲しいのは…存在を認められない事だと思うのです。
そこに居たのかとも言われないのは、生きている事を否定される気がする。
それは、人でも猫さんでも同じ事。


だから…綺麗事と言われても、かーさんは祈り続けます。


あの子のご長寿を…
あの子の病の軽減を…
病気や怪我で苦しむ全ての方の安らぎを。


そして、名も知らぬお外で生きることを余儀なくされている、八朔や小夏の仲間達の事を。。。



CIMG13841.jpg
「にゃめはめ波じゃなくて、元気玉にすればよかった…ボクも」


只今コメント欄はクローズさせて頂いておりますm(__)m
何か一言残して構ってやるか~と思われた優しいお方!
宜しければ拍手ボタンからのコメント欄をお使い下さいませ♪

またお返事が欲しいぞ!と仰る方はどうぞサイドバーのメールフォームからお気軽にメールして下さいませね。







いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
09 ≪│2022/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: