月に叢雲 花には嵐 どこにでも居るお邪魔虫



CIMG13958.jpg
「突如、再ブームのニャンモック! 生首八朔♪」


古の都では五山に送り火が焚かれ、各地でお見送りの行事が開催された土曜日。
かーさんの住む町でも、花火大会が開催されました。


もう何年も近くで生の花火など見た事がない!
(以前はマンションの窓から見てました(^^;)
せっかく新しい土地へ来たのだから、一度くらいは行っておこうと思い立ちました。


その為に朝からせっせと用事を済ませ、夕食の仕込みも済ませていたのですが…
何と。。。夕方から雨。。。
こりゃ日頃の行いの悪さだろうなぁ…


ところが!恨めしげに空を睨んだのが功を奏したのか、それでも何とか打ち上げの時間前には雨も止んでくれました。
んじゃ出掛けるべ♪
お散歩がてら、プラプラと~歩く事40分。


到着する頃には既に打ち上げが始まっていましたので、少し手前の大きなショッピングセンターの駐車場から花火見学です。
丁度真正面に見える場所で、沢山の人が集まっていました。



CIMG13963.jpg
「八朔が入るとミッチリ!布がこれでもかぁーーってくらいたわんでおります」


真正面には見えるのですが……
これがねぇ。。。
見事に花火が上がる場所に、でっかい雲が鎮座しとる!(--;


小さ目の花火は綺麗に見えるのですが、大きくなればなるほど「花火映倫マーク」付き!


後半になると花火自体の煙も加わって、映倫マークがどんどん大きくなるのです(笑)
最後の、おそらくド派手な連続打ち上げと尺玉は


岩陰から見えるフナ虫の足っぽい(爆)


まぁ、これもまた一興!
滅多に見られるもんじゃないと思います。


今宵は「月に叢雲」ではなく「花火に叢雲」でございました。


その花火見学でと~っても気になった事が一つあります。
最初、丁度かーさんの斜め後ろくらいに陣取ったご家族なのですが…
お子さんとお孫さんを伴った、60代後半から70代くらいの男性の方が、とにかくうるさい!
これでもかっ!ってくらいの大声で喋る喋る(^^;


まぁ、嬉しいのでしょうねぇ…お気持ちは解ります。
解りますが…あんさん…ちと周りを見たら?
喋っている内容が、どれもこれも自慢話とガハハ笑い。


花火に背を向けたまま「どこそこのウナギは美味いが、ここら辺にはろくな店が無い」やら…
「今度ベトナムにでも行ってこようかと思うが、かあさんが嫌だって言う」
「だが、母さん以外の女性と行くのは、やっぱりマズイわな~ガハハハハハ!」




機関銃の様に連射するそのガハハに、かーさん耳がキーン。
思わず耳を触って小声で「うるさ~~っ」って言ったら、横にいらした別のご夫婦の奥様が「ねぇ!」って(笑)
で。。。場所移動しました。。。


これ、自分の父だったら、問答無用で後頭部引っ叩いてるな。
でもって、舅だったら……
こそっと他人の振りをしてその場を離れる(笑)



CIMG13902.jpg
「で…小夏様だと、この余裕 笑」


最近よくお見かけしますよね。
中高年の男性の「ちょっとそれはどうなの?」って事。


人が沢山集まる場所は、ある意味「公の場所」です。
ご自宅のリビングではない。
楽しい気分なのは解りますが、ご自分だけが楽しければいいと言うのはお門違いだと思います。


以前、新幹線で移動中に、乗車した途端に酒盛りを始めたグループがおられました。
シートを向い合せにして、そりゃ~~もうにぎやかにドンチャン騒ぎ。
6人掛けのシートに、ご年配の男性が5人でしたが…
問題はその後起こりました。


もう一つの座席に次の駅から乗られてきたのが、30代くらいの女性の方だったのです。


泣くよね…これ。


座るに座れなくて泣きそうな顔をしている女性に、そのオッサン達は一緒に騒げと申される。
アホか!オッサン!


勿論かーさん、車掌さんを呼びに行って参りましたとも。
女性は無事に別の座席へ案内されましたとさ♪


車輛の中には、体調のすぐれない方もいらっしゃるかもしれない。
心配事で心が塞いでいる方がおいでになるかもしれない。
何故それに気付けないのか…理解に苦しみます。


まぁ、これは何も男性に限った事ではありません。
オバサンの団体さんも、怖いわ(^^;


人の振り見て我が振り直せ!

はい!肝に銘じます!


CIMG13915.jpg

「ヌーーン!かーさんも気を付けなさい!」 了解です!八朔君



只今コメント欄はクローズさせて頂いておりますm(__)m
何か一言残して構ってやるか~と思われた優しいお方!
宜しければ拍手ボタンからのコメント欄をお使い下さいませ♪

またお返事が欲しいぞ!と仰る方はどうぞサイドバーのメールフォームからお気軽にメールして下さいませね。







いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: