ど~せぇ~ちゅうねん!ど~すんねん!


9月26日1
「まさかの遣い回し写真でお詫び(^^;」



まず最初に…本日またしても「猛毒」です。
どうぞサックリとスルーして下さいませm(__)m



「八朔まみれ」のコメント欄を常時クローズさせて頂いてから、早4か月が過ぎました。
その間、拍手コメントなどから変わらぬコメントをお寄せ頂いたり、メールを飛ばして下さったりと、皆様のご厚情に改めて感謝申し上げます!


基本、かーさんは拍手コメントは拝読するのみで、個別にお返事を差し上げる事は控えさせて頂いておりました。
そこにお返事を書かせて頂くなら、コメント欄をオープンした方がいいと考える為です。


ですが…「初めてコメントします!」と仰って嬉しいお言葉を頂戴した折や、読んでいて思わず噴き出してしまう様な愉快なお言葉などには、お返事がしたくてうずうずした事も多々ありました。


あぁ…自分で自分を縛っているなぁ…
そんな風に感じてしまう事もあったりして…


そして、もう一つ、拍手コメントが使えない方がおいでになると言うのも、遅ればせながら知りました。
これに関しては、本当に申し訳ないとお詫びするしかございません。



この4か月間、かーさん己を振り返り、また先々の事も見据えて色々と考えてみました。
かーさんは、何故このブログを開設したのだろう…
と言う基本中の基本から、自分自身がこのブログに何を求めているのだろう…
と言う、これまた己の足元を見据える事まで。


かーさんは「人」がとても好きです。
人と交わる事も、また大好きです。
人見知りが苦手です!と言えるほど、あっけらかんと誰とでもお話しするのが好き。


八朔を家族に迎えた事で、かーさんの目の前に広がった世界は、それはそれは魅力に満ちておりました。
この愛すべき茶色の毛玉を通して、どれ程の素晴らしい出会いと深く考えさせられる事柄に出会った事か!


最初の頃…
日々増えて行くご観覧数と、ポツポツと頂ける様になったコメントに心を躍らせました。


あぁ!嬉しい!楽しい!


八朔を知って頂ける事と、かーさんが綴る駄文に目を通して頂ける嬉しさに、それこそ舞い上がらんばかりでした。



9月26日2



「猫ブログ」と言う、ある意味穏やかなカテゴリーには、ほんの一部を除けば、所謂「嵐」も存在しません。
かーさん自身、800に近い更新のうち、「ん?」と思うコメントはごく僅かでした。
(皆無であったとは決して申しません)


ただ…本当に追い詰められるのは、明らかな悪意ではない事も知りました。


「えっと…どこをどう読んだらそんな風に感じるんだ?(^^;」
「。。。。これに、どうお返事しろと?」
「そうじゃないんだけどなぁ……」



勝手に書き、勝手に公開しているのですから、それを読んで下さる方々も、勿論「勝手」です。
その互いの「勝手」がずれてしまうと、これは結構キツイものです(^^;


日々書き綴る記事で出て来る「かーさん」は、あくまでも「ブログの管理者八朔かーさん」なのです。
ここに出て来るかーさんが、私の全てでは勿論ありません。


ずっと読んでました!
こう言われると、きっと誰もが嬉しいと思います。
とっても有難くて、思わず拝みたくもなります!
かーさんなんて、出来れば木に登りたい程です(笑)←何とかもおだてりゃ…ですな(^^;


でもね…
「八朔かーさんなら解ってくれますよね!」
「かーさんならきっとこう言ってくれますよね!」



それ…無理です。。。
かーさん、そんなに人格者でも懐が恐ろしく広い訳でもない、ただの普通のオバサンなんです。


これは、かーさん自身も陥る事なのですが…
毎日の様にお訪ねして、その日々を拝見しているうちに、何となくそのブログ主さんを「解っている」つもりになってしまう事があります。
「知っている」ではなく「解っている」
一度もお目に掛かった訳でもなく、直接お話しをした訳でもないのに…です。


その前提があると、いざ自分の思惑とは異なる事象に出会うと「どうして?なんで?」になってしまう。
もっと言えば「裏切られた」にまで発展する恐れすらあると思います。


すみません。。。かーさん何度も思いました。


「アナタは私の何をご存知なのですか?」と。


何度も申し上げる通り、かーさんは猫初心者です。
まだまだ知らない事や経験していない事は山ほどあります。
アドバイスのお言葉や、経験談など、本当に有難い事もそれはそれは沢山ありました。
ブログを立ち上げて良かったと心から思えた瞬間です。


その反面、的外れな上から目線や、決めつけ、批難、罵倒にも出会いました。
全く見ず知らずの方から、これまた見知らぬ方が気に入らない事と言う名の悪口にも出会いました。
身に覚えに無い事でお怒りのメールが飛んで来た事もありました。


また、何方かの「代弁者」になるつもりも全くありません。
言いたい事があるのなら、ご自分の場所でご自分の言葉で発信して下さいませ。


どうせぇ~ちゅうねん!


これ、偽らざる心境です。



9月26日3




お気に入りの方とだけ、好きな様にお付き合いがしたけりゃ公開するな。
全く持ってその通りです!


嫌な事は避けたいけど…でもでも…新しい方とも知り合いたい。
んなもん、それこそ我儘の極地です。


そんな事を考えた挙句がコメント欄のクローズだったりするのですから、かーさんも「しょ~もないヤツ」です。
しかも、拍手コメントからだって、「へ?」な事もあると言う。。。orz


わざわざ足をお運び下さる皆様は、確かに「八朔まみれ」のお客様です。
「来て頂いて有難うございます」とは勿論心から思います。
ですが必要以上にへりくだって、何とか意に沿うように…となると話はまた別です。


初っ端から「来てあげて応援もしてあげてるのよ!」
などと言う気持ちがそここにお見受けできたりすると、申し訳ありませんが


「来て頂かなくてもいいですよ~」


と思ってしまうのが本音だったりします。
…こんな事言うから嫌われるんですけどね(^^;


表に出て来る「コメント」と言う形は、実はほんの一部であろう事は承知しています。
本当はもっともっと苦々しく思っておられる方々も沢山おられる事でしょう。
実際、かーさんは「来て頂いたから」と言う理由だけで、コメントを残させて頂いたり親しくお付き合いさせて頂く事はあまりして来ませんでした。
傲慢なヤツだと思われてるだろうなぁ~と思いつつ(笑)


「今日も可愛いですね!とっても癒されます♪」


そんな定文系なコメントは、却って申し訳ないと思いますし、性分に合わん!



そこに書かれている言葉に、アップされた写真に、それを支えるお気持ちに共感すれば目障りかもしれませんが一言残させて頂くのです。
ただ、黙って応援だけしている所だって一杯あります!
(いや!黙るなよ!と突っ込まないで~~)


一つだけ、己に言い聞かせるのは「その方を決して否定しない」事。
どんな言葉であろうと、記された言葉を頭から否定したり愚弄する事だけはしてはいけないと思っています。
それでも、どーーーしても肌に合わんと思えば、拝見しない事を選択致します
わざわざ「何だかなぁ…」と思いつつ我慢する程、人間が出来ていないかーさんですので(^^;



己が発信する言葉達には責任を持たねばならぬと思っています。
でも、それをご覧頂く方々が、どう受け取って下さるかまでは、正直かーさんには解りません。
ただ、それと同じくらい、ただ迎合するだけの都合のいい記事も書けません。
出来るだけ誰かを傷つけない様に…出来るだけ無礼が無いように…
そう気をつけ努力するのみだと思います。


実は未だにグジグジ考えています…
ブロガーさんでない方に、全く一方通行になってしまっている事が心苦しい。
お馴染みの友人のツッコミにボケ返しが出来ない事がつまらん(笑)


ど~~すんねん!アタシ!


な心境ですが…もう暫く気の済むまで悩んで見る事にします(^^;




9月26日4










いつも応援有難うございます♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: