小夏様の「魅せる講座」



10月3日1




女は二種類に分けられる
魅せる女と 魅せない女である

(どこかのCMで似たようなモノがあった気が…笑)



と言う訳で、本日は「美のカリスマ」と呼ばれるアタシ、小夏が女を魅せる講座を開講して差し上げるわ。
(あくまでも上から目線の小夏様!)


アタシが思うに、皆さんは「自分のどこが魅力なのか」を知らなすぎると思うわけ!


いい?
女はね、生まれた時から「花」なの!
その「花」をどう咲かせるか、どう魅せるかが腕の見せ所なの。


まぁ、アタシの様に、何もしなくても「どっから見ても美しい」って言うのは特別なんだけどね~
そうでないなら、まず知る事よ!
己を知り、それを最大限に活かせれば怖いものなんて無いんですからね♪


考えてもみて?
花は花でも、大輪の薔薇もあれば、イヌフグリみたいに道端でひっそり咲く花だってあるわ。
どっちが綺麗だなんて誰が言えて?


花は花で全て懸命に咲けば美しいのよ。
後は、見る方の好みの問題よね。
まずは咲いてみなきゃ話にならないって事!


と言っても…ここで全ての花について講義する訳にもいかないから、今日は入門編よ。



10月3日2



まずは「注目させる」事よ!


その為には、しどけなく寝るのもいいし、少しばかり安心しきった様にみえるホゲラ顔を使うのも効果的よ。
フッとこちらに視線を向けたら、そこが狙い時!


いい?肝心なのは「あら…見てたの…」と言う、さりげなさなの。
まぁ、見ててもいいわよ~
と余裕を見せると尚いいわ。


いきなり視線を合わせちゃダメ!


どんなに「可愛いねぇ~♪」と言われても、そこは「当たり前じゃない」とサラッと流すの。


さぁ、ここからが重要よ!
(蛍光ペンでアンダーラインをお勧め 笑)


…あぁ~よく寝たわ~♪

あくまでも寝起きの姿を装いつつ…



10月3日3



ここで魅惑のモフ腹を晒す!


ほら…これでもう視線は釘づけ。
デレデレのズルズルで「キャーーーッ!こなちゅわぁ~ん!きゃわいぃ~~!」と、声が掛かるはずよ。


でも、まだまだ!
まだ決して視線は合わせない事!


あくまでも「アタシは自然体よ」をアピールするの。
2度3度と、身体を反転させてあげるとより効果的かも♪


ついでに、前足のモフモフを使って、フミフミや適度な場所がなければ「エアーフミフミ」で留めを差すといいわ。



10月3日4



ここで再度言うわよ!
このポイントは試験に出ますからね!


魅惑のモフ腹と、お手々で魅せまくりながらも、あくまで


「自然体!」


狙ってんじゃないわよ~♪
アタシ、お昼寝から覚めて、ただご機嫌なの~♪


これで無敵!
これで堕ちなきゃ猫好きじゃない!


でもね…
本当の決め手は次の瞬間なの。



10月3日5



ここよ!ここが重要!


あくまでも「たった今」気付いたの~
って顔して、ヒタと視線を合わせる!



。。。か…カンペキ!



無邪気さと妖艶さと乙女の恥じらい!


これを身に付ければ、鬼に金棒どころか、かーさんにスリコギよぉ~~(≧▽≦)



と言う訳で…本日の初心者講座はおしまい♪
受講料は、クリスピーキッスの特大袋を3つづつ送ってくれればいいわ!


では、次回の講座をお楽しみに!
(あるのか?次があるのか? (^^;)



10月3日6








いつも応援有難うございます♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: