嗚呼 勘違い!

10月18日1
「いやいや!オヤツはさっき食べたでしょ!同じ顔してボケないの!」左小夏 右八朔


突然ですが…
かーさんは、かなり長い間「感情」は「輸入」するものだと思っておりました!


「感情輸入」


ご覧下さい!なんと違和感のない佇まい!


この言葉が「移入」だと知ったのは、恐ろしい事に高校時代だったりします(^^;
何かの拍子に使った所、クラスメイトのやんちゃ坊主に囃し立てられました。


「どっから輸入?イタリアか?おフランスか?」

「ついでにお前も切り取って輸出したらええんちゃうか~」



。。。クソったれの、このクラスメイトの男子は、この後かーさんの手でギッチギチに絞められた事は言うに及びません(--;


ずっと後になってから同窓会で再会した折に
「俺、生まれて初めて死ぬかもしれんと思ったわ」
などとぬかしておりました。


別にそんなにひどい事はしちゃ~おりませんぜ?
ただ、広い校舎内を「ほんの3周」ほど追いかけ回しただけでございます♪


こんな風に、何の疑問も抱かずに思い込んでしまっていた事ってありませんか?
かなり残念な事に、かーさんには結構あったり致します(^^;



10月18日2




恥かきッコ人生ゆえに、こう言った例は呆れかえるほどにたっぷりと収納してございます。


一番最近の「やっちまったーーっ!」
PASMO事件です。


関東に来てからと言うもの、遠出には電車を使うようになったのですが…
首都圏の電車って、滅茶苦茶に複雑で、どこをどう見て行き先を探すのさえ解らん!
乗り換え?え?え?ってな世界です。


よって、お出掛けはとーさん保護者と一緒でないと無理!
ある日、とーさんが「かーさんのPASMOを作っておいたよ」と、カードを手渡してくれました♪


おぉ~~!これがPASMOってヤツなんだぁ~(*^^*)
何だか都会人になったみたいじゃないか!


と…かーさんスキップの勢いで改札口にカードを「入れました!」


後ろで、とーさんが「あ!あぁぁ!」と叫んでいた気はするのですが、何の疑いも持たずに入れてみた。。。
。。。そう。。。改札口の挿入部分に。。。。


途端に鳴り響く警戒音!


それでも意味が解らずに「へっ?」と思っているかーさんに、とーさんと駅員さんが苦笑いしつつ対処してくれました。
入れるんじゃなくて「かざす」のね…あれって(T_T)



田舎者にはわかねぇーーだぁーーーー!



10月18日3
「と…とーさんをたらし込もうとする小夏様♪」



猫様の世界にも勘違いは有る様です。
よくお聞きするのは、缶詰を開ける「パッカン!」と言う音で、「すわっ!ご飯だ!」と思い込んで集まって来るってヤツ。


我が家も夜は缶詰タイプのものをあげていますが、茶トラーズは開ける音には然程反応しません。
その前の段階なのです。


フードやオヤツ、時には「生エノコログサ」まで仕舞ってあるパントリーは、茶トラーズにとっては宝箱!
パントリーの前に立つだけで、キラキラした顔で寄って参ります(^^;


いや…ここには他の食品も置いてある訳でして……


な~んて事は、猫様には通じません。
ここから出すのは自分達のウマウマに違いない!と信じています。


そうじゃないと解った瞬間のヤツ等の眼差しの冷たい事(--;
巨大本マグロだって一瞬でフリージングできそうな冷気を漂わせて下さいます。。。
三々五々立ち去る背中にはクッキリと


紛らわしい事しないでよね!


と、蛍光マーカー太文字で書いてあります(T_T)


猫様の場合、勘違いは「した方」ではなく、あくまでも「させた方」が悪いと言うルールがあるらしいです。
わざわざヌクヌクの寝床から起き出して来て「あげた」のに…って事でしょうか(^^;


おかげで、何故かその都度かーさんも
「ごめんね~」と謝ってしまうと言う、この素晴らしき理不尽さ!


茶トラーズにしっかり飼い慣らされていると言うのは、どうやら勘違いではなさそうです……



10月18日4
「左八朔 右小夏」








いつも応援有難うございます♪


続きに追悼記事があります。
お時間が許す方は、どうぞご一緒にお見送り頂けると嬉しいです。



〖追悼〗


昨日みーママさんより悲しいお知らせを頂戴致しました。
愛猫の「べーちゃん」が、昨日の朝にお空へ旅立ってしまったと言うお便りでした。

べーちゃんには昨年の「八朔小夏納涼盆踊り大会」にもご参加頂き、一緒に遊んでもらいました。
18年…みーママさんの側で暮らしてくれた可愛い愛しい猫さんです。

昨年「チャーちゃん」が17歳で一足先に…
その6年前には「ナナちゃん」が13歳で、やはり早過ぎるお空の国への引っ越しをしていました。
今頃、久し振りに3にゃんが顔を合わせている頃でしょうか…
べーちゃん、きっと寂しくはありませんね。
自由になって、みんなと一緒に、泣き虫みーママさんの事を心配そうに見ているかもしれません…


べーちゃん、みーママさんのお家の子になってくれて有難うね。
これからは、みーママさんの事見守ってあげて下さい。
そして…またいつか会いましょう!
きっと、きっと会いましょう!
今は暫しの間、ゆっくり休んで下さいね…
べーちゃんの事、忘れません!
ずっとずっと忘れませんからね。

みーママさん、悲しさの最中にお知らせ下さって有難うございました。
昨夜、とーさんと一緒に夏祭りの画像を見乍ら、べーちゃんを思いました。
とても悲しくて仕方がありませんが……
それでも、べーちゃん達を知れて本当に嬉しかったです。
今はただ、一緒に静かな眠りをと祈らせて頂きますね。


べーちゃん、今度会う時は、ちゃんと「べ~♪」って鳴いて教えてね。
きっときっと教えてね。


ベーちゃん

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: