季節の風物詩「コタツ始めました」



10月31日1
「八朔君 無言のプレッシャー」



昼夜の寒暖差の激しいこの時期。
夜になると、深々と冷え込んで参りました。
思えば、もう10月も終わりなんですね…
来年の年賀状の発売開始などのニュースを見ると、何だか気忙しい気分がしてきました。



昼間、日差しがあれば十分に温かい部屋の中ですので、茶トラーズも思い思いの場所で蓄電に励んでいます。
が…ひとたび日が落ちれば途端に忍び寄る肌寒さ……
八朔や小夏がピットリとくっ付いてくる時間です。


どこに出しても恥ずかしい肉付きのかーさんは、自慢じゃないが温かい!
蓄電ではなく「蓄肉」による暖房効果です。
茶トラーズにとっては格好の熱源になっております。


ここ数日は、リビングに毛布を引っ張り込んで、足元に巻いてヌクヌクしていました。
これはもう。。。。


「猫様ホイホイ」です!


兄妹揃って、イソイソと潜り込んでご満悦です。


何とも可愛いその姿、是非とも皆様にもご覧頂きたいと思ったのですが…
これがねぇ。。。。
「膝」ではなく「お股」なのですよ(^^;


小夏様など、モロ股間!
映倫マークの代わりに使えそうな場所で寛いでおられます(笑)


こにゃ、そこ…ええのんか? ←エロ代官かっ!


これは、猫神様が「飼い主特権」で心のカメラに収めておきなさいって仰ったんですよね、きっと(笑)




10月31日2



と、言う訳で今年もこの季節になりました。



茶トラーズ冬用別荘コタツ登場!


まだ通電はしていませんが、出すや否や早速茶トラーズのチェックが入り、その後粛々と入場なさいました♪


特に「籠り好き」の小夏はご機嫌♪
相変わらず上手に自分でコタツ布団を捲って入り込みます。


そして、やっぱり力技に頼ろうとする八朔(^^;
今年も「八朔の穴」をご用意する事になりそうです。


猫にコタツは鉄板中の鉄板!


この姿を見ると、あぁ~寒くなったんだなぁ…
と、季節を感じる一つの風物詩になりました。



10月31日3



「お肉効果」もあってか、とーさんもかーさんも寒さには滅法強い人種です。
二人だけで暮らしている時には、コタツですらかなり寒くなってからでないと出ては来ませんでした。
勿論、ヒーターも使わない。
どうしても寒い日にだけエアコンで凌げば大丈夫だったのです。
(その分夏のエアコン稼働率は非常に高い!)


八朔がやって来て…思い返せばあれは、八朔が去勢手術をしたその日の事でした。
怖い、痛い、不安な思いをしたであろう術後の八朔を迎える為に、我が家にしては恐ろしく早いタイミングでコタツを設置したものでした。
2012年10月19日の事です。


家猫になってもらう為には、色々悩んだ結果やはり去勢はした方がいいだろうと判断した時。。。
八朔の心と体に与えてしまう傷やストレスを思うと、何かをせずにはいられない気持ちになりました。


一晩の入院…八朔の居ない夜……


かーさん、乏しい猫知識ながら必死にどう迎えれば八朔は落ち着いてくれるのだろうと考えました。
きっと落ち着いて籠れる場所が欲しいよね。。。
温かい方が落ち着くよね。。。

そこで早目のコタツ設置になった訳です。


思えば、我が家の季節の移り変わりは、すっかり茶トラーズ主体になってしまいました。
冷暖房は勿論の事、日差しの移動に合わせて猫ベッドを移動させたり、掛布団を出す時期だってやっぱり猫様のご要望です。


この子達が少しでも心地よく過ごせる事。
それが何よりもの大前提でしたが……
考えてみれば、それは穿った考え方でした。


だって、猫が気持ち良さそうに過ごせる環境は、即ち人間にとっても優しい環境なんですものね。
だからこそ人と猫は共存してこられた。。。


全ての猫さんが気持ちよく安心して暮らせる環境になれば、その時人間も、もっともっと優しく穏やかな環境と心で過ごせるはず。
他の命に優しい世界。
生きるものへの眼差しが穏やかな社会。
せめて、これからの寒い時期、凍える思いをする命が少しでも少ない様に……
人は、その気になればお日様と同じくらいの温かさを与えてあげられるんですものね。


コタツの中で、かーさんの足を枕にして気持ち良さそうに寛ぐ茶トラーズ。
ポテンと乗せられた、その頭の重みがとても愛しいです。



10月31日4
「若干ボ~~~な小夏様♪」







いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: