解ってるけどね♪



11月3日1
「小夏、お日様にご挨拶中♪」



朝ご飯を食べ終わると、茶トラーズはまず見張り台に登り、お外チェックを始めます。


今日のお天気はどうかなぁ。
何か変わったものはないかなぁ。



お天気が良ければ、余程寒くない限り少しだけ窓を開けて、網戸越しではあっても朝の空気を感じてもらう様にしています。
すると、見事に同じ顔で同じ表情の


お鼻ヒクヒク♪


そこに鳥さんでも飛んで来ようものなら、笑える程に見事なシンクロを披露してくれたりもします。


然程変わりもなかろうに…と思うのは、きっと人間だけかもしれません。
八朔も小夏も、毎日新しいお日様と新鮮な空気の中に「今日」を感じ取っている様です。


お日様のご機嫌が麗しければ、その恩恵を全身に浴びて…
低く雲が垂れ込める朝は、落ちて来る雨粒を飽きる事無く見上げ…



時折、何かを伝えるかのように話しかけてくれるのですが、悲しいかな猫語には精通していないかーさんには、雰囲気だけしか解ってあげられません。
それでも会話が成り立つ!

「そっかぁ…今日は雨だから少し寒いね」
「おぉ~♪今日は良いお天気で眩しいね!」



そんな返事をすると、何故か茶トラっ子達は満足気な顔を見せてくれます(笑)



11月3日2
「左八朔 右小夏」



もしかしたら、「会話する」って、こんな風に始まったのかもしれませんね。


同じ言葉を持たない者同志、何とか意思の疎通を図りたいと思った時、言葉に頼るのではなく相手の醸し出している全てのメッセージを読み取ろうとする事。
言いたい事を察する事…
伝えたいであろう気持ちを想像する事…


何度も何度もそんな事を繰り返していると、簡単な単語は猫様も覚えてくれますよね。


「ご飯にする?」
「ん?オヤツ欲しいの?」
「ベランダに出たいのかな?」



。。。素敵に猫様の要求に関する事ばっかりだわ(^^;



茶トラーズ側も、ちゃんとこちらを察します。
落ち着いた気持ちで居る事。
体調が思わしくない事。
少しイライラしている事。
全てお見通しです。


かーさんが場面場面で口調や、声のトーンを変える様に、茶トラーズだってちゃんと鳴き声を使い分けます。
お喋り小僧の八朔はもとより、最近は小夏だってとってもバリエーションを増やしました。


おねだりは勿論の事、嬉しい時、少し落ち着かない気分な時…
様子を窺う様な語尾の上がるイントネーション。
最高に楽しい時に聞かせてくれる、声音すら華やかでキュートな声。



勿論、我が家のヴォーカリスト八朔に至っては、気分次第でソロリサイタルだって勝手に開催し始めます(笑)



11月3日3
「…んっと…あんまり聞きたくはないかも…(^^;」



以前、お外で暮らす猫さんを名前を付けて呼びかけていると、ほぼ3日程でその猫さんは、その名前が自分の事だと認識してくれると読んだ記憶があります。
たった3日ですよ!
その文字の羅列が、自分に対する呼びかけだと猫さんは理解するんです。
凄いですよね。。。


そう言えば、お社の猫だった小夏は、沢山の名前で皆さんに呼んで頂いていましたが、かーさんが新たに「小夏」と名付けた時、とても早い時期にそれが自分の事だと解ってくれていた様に思います。
特定の人物が自分に向ける「名前」と言う言葉を、的確に理解してくれていた。


今でも、隠れんぼうが得意な小夏の姿が見えないと、かーさん「こにゃ~♪小夏さ~ん♪どこですか~」と呼びかけます。
小夏は、本当に律儀に「んなぁ~~ん♪」と可愛いお返事をしながら姿を現してくれる。
これは百発百中!


片や八朔は…とってもズボラです(^^;
気分が向かなければ返事はしない。


「ボクここに居るじゃないですか…見えませんか?」


みたいな顔をしています。
耳だけ返事や、尻尾だけ返事だって大得意です!
。。。まるで猫様だわ。。。(当たり前だけど 笑)


茶トラーズは2歳半。
僅かなこの期間に、沢山の「人語」を理解した気がします。


とすると…もっともっと長く生きていて、一緒に暮らしている猫さん達は一体どれ程の事を理解しているのでしょう!
言葉はおろか、人の感情までも理解していると思いません?
尻尾が二股にならずとも、立派な「猫又」さんなのかもしれませんね。


でもね…きっとご長寿猫さんは「知らんぷり」だってとっても上手だと思うのです(笑)


何もかも解っているけど…知らんぷり♪
いざと言う時までは知らんぷり♪



それはきっと猫界の決め事かも…
ずっと「猫様」で居る為の決まり事。


飼い主がよそ見している時に、そっとほくそ笑んでいるのかも(笑)


「本当は全部解ってるんだけどね♪」って。


11月3日4








いつも応援有難うございます♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: