親心



11月11日1
「パーカーの懐に潜り込んでワクワク顔の八朔♪」


「1」並びの今日は、「ポッキーの日」だそうですね(笑)
何となく雰囲気が解って、頬が緩んでしまいました。
それにしても、最近では365日、毎日が何かの日に指定されているんですねぇ…(^^;



秋もすっかり深まり、もうすぐやって来る気忙しい季節へ向けて、少しだけ力を溜めているかの様な日々ですが…
ここ数日、「日本の若武者達」の活躍が世論を賑わせています。
すみません!本日かーさん趣味に走った更新になります(^^;


大きなアクシデントに見舞われながらも演技し続けた羽生君。
ツアーファイナルに進出して大暴れしてくれている錦織君。

この美しい若者二人の姿が、沢山の事を感じさせてくれます。


多くの皆様がご覧になられたでしょうが、かーさんもリアルタイムでTV観戦していた羽生君のアクシデント。
立ち上がれない、その姿に、スーッと背筋が凍りました。
首筋が血に染まり、顔色が真っ白。。。


それでも演技する!とリンクに上がった姿は鬼気迫るものがありましたよね…


一見優しげな羽生君が、宙を見つめて「跳ぶ!」と呟く姿は、一体19歳のこの若者がどれ程の重圧をその細い肩に背負っているのかと、胸が痛くなりました。


羽生君は…あのニッコリ目を細めて笑う顔や、細身の身体つき…腰の低い態度や礼儀正しさなどから、理想的な草食系男子の様にも見えます。
ですが、あの鬼気迫る表情の、ある意味三白眼にすら見える顔付は、彼の中に恐ろしく強い怖いものが潜む事を教えてくれました。


勿論そうでなければ、世界のトップになどなれるはずもなく、強い心は必須でしょう。
才能に恵まれた一握りの者が、血の滲むような努力を重ねてやっとほんの数人が掴みとれる世界トップの座。
羽生君のあの姿は、それがどれ程過酷な世界なのかを改めて知らしめてくれた気がします。


かーさん…リンクにタオルを投げ入れたかったぞ。。。(T_T)


願わくば…あの鬼気迫る演技が、今後の羽生君のアスリート人生に影を落とす事が無いように…
今はただそう祈ります。



11月11日2




もうお一人の錦織君は、もうただただ感激!
そもそも「ツアーファイナル」って言うイベントすら、錦織君が出場しなければ知らなかったと言う体たらくですが(^^;
世界のトップ8がシーズンの最後に集い競う。。。
その中に、錦織君が堂々と居るなんて、もう~~天晴れと言うしかありません。


ちょいテニス経験者のとーさんは、ほぼ「オヤヂ心地」(笑)
必死になって結果を気にし、ハラハラし、喜びまくりと大変な騒ぎになっております。


アジア初!と言う言葉を、幾度聞いた事でしょう。
体格に劣る日本人が、正々堂々と海外のトッププレイヤーと渡り合い、着々と登りつめて行く姿は、国を越えて大きな感動を与えているのでしょうね。


ランク5ですよ!
世界の5本の指の中の一員ですよ!
まさか…生きているうちにこんな事が起こるとは夢にも思っていませんでした。


試合ごとに勝敗が決まるのは勿論、テニスのツアーは年間を通しての活躍が必要とされますよね。
ポイント制で、厳しく制御されている世界です。
フロッグで一度二度勝ったのでは、決して上位にはなれない。
年間を通して心と体を常に保っていなければならない厳しい世界だと思います。


そこに居るのです。彼は!


「絶対に勝てないという選手はもう居ない」


その言葉に錦織君の自信と決意が見てとれますよね。


怪我に気をつけてね…
頑張ってね…頑張ってね…
TVの画面の前で両手を握りしめて祈ってるのは、まさに親と見まごうばかりの思いだったりします(^^;



11月11日3
「パーカーの中その2♪」



その高みに登らなければ見えない景色がある。


この二人の若武者を見ると、本当にそう感じます。
奇しくも、戦いの場に立てば、どちらもたった一人で戦わなければなりません。
自分で自分を鼓舞しながらも、どこかで冷静に己を見ていなければならないでしょう。


幸いにも、その姿をリアルタイムで見ている我々にも、新たな世界が広がりました。
こんな世界があるんだ!
選ばれし勇者だけが立てる高みは、こんなにも孤独で美しいんだ!


昨夜とーさんとの四方山話の中。
かーさんフト思いました。


「ねぇ、とーさん。フェデラーやナダルやジョコビッチのお国の皆さんも、ずっとこんな風に思ってたんだね」

「頑張れ頑張れ!でもちょっと心配でハラハラして…」



きっと数えきれないほどの「親心」が集っている。。。



昔から高校野球の時期になると、お国熱が高まった様に、今度はそれがワールドワイドになった。
きっと、皆「頑張る何か」を一生懸命に応援したいんだなぁ…って思いました。
自分では出来ないけど、より近い何かを持つ人を必死になって応援したい。
そうする事で、どこか自分もほんの少しだけ戦っている気分になれるのかも…



夜遅くまで熱く語り合う、とーさんとかーさんに、茶トラーズはちょっぴり迷惑そうです(笑)



11月11日4










スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: