神様の手順



11月27日1
「こなちゅ♪」


昨夜、冷たい雨の中を帰宅してきたとーさん。
まずはお風呂で冷えた体を温めてもらおうと、湯船に漬け込みました!
(とーさんの湯漬け オッサン出汁取れます 笑 )


その後、何やら洗面所辺りからゴニョゴニョと声がするなぁ~とは思っていました。
何やってんだ?
とは、思ったものの、かーさんは夕食の支度に勤しんでおりました。


やがてお風呂上がりのホカホカとーさんが、お疲れ気味の身体をゴキゴキ言わせつつ食事を始めたのですが…


「あのな…」


ん?なんじゃいな?


「さっきお風呂場で、八朔が外で呼ぶから扉を開けてやったんだけどさ…」


ふむふむ。。。それで何やらゴニョってたのね?


「八朔、興味津々で覗き込むのよ」


でしょうねぇ…あの子は好奇心の塊だし。


「目がね…真ん丸で黒目も真ん丸でさ…まるで出会った頃の八朔の顔なんだわ…」


あぁ…そうかもねぇ(笑)



「そしたらさ、一気に色々な事を思い出しちゃってね…」


仔猫時代の八朔を思い出したんだね♪



「色々八朔に話しかけながら、とーさん思ったわけよ」


へっ?何を?


「とーさんいつの間にか普通に八朔と会話してるな…って」


うははははは(笑)確かにしてる!してる!


「でさ、結局八朔は片足だけ入って来て、その横からこなっちゃんがスルスル入って遊んでたわ」


。。。茶トラーズっぽいのぉ(笑)



11月27日2
「はっちゃく♪」



我が家の食卓での会話は、こうして茶トラーズの話題がたっくさん交わされます。
こうだったよ…ああだったよ…
こんな事もあったね…


そんな話の中、昨夜改めて話しました。


もしも…八朔と出会った時、小夏も一緒に居たらどうだったろう。。。


連れ帰れなかったね…2匹で居たら無理だったと思う。。。って。


出会いの瞬間から、全く物怖じせずかーさんの膝に乗って来た子で、手ぶらのかーさんに抱かれたまま、全く暴れもせずに20分以上の道を歩いて連れ帰れた八朔。
今思い返せば、よくもまぁ…と呆れる様な行動です。
知識も準備もゼロ!
なのに、まるで予め決められていたかの様に、八朔はかーさんに抱かれたまま我が家へやって来ました。


部屋に辿り着いてからも、姿を隠そうともせず抱っこをせがんでは膝の上で寝てしまう仔猫でした。
結果、我が家にはケージがありません(^^;
最初の夜から、八朔はかーさんの懐でしか眠らない子だったのです。


これが、もし小夏が先だったとしたら…


そもそも小夏なら、大人しく抱かれてなどいなかったでしょう。
怖がって嫌がって暴れて…途中で姿を見失う事になったと思います。


当時、八朔ですら2キロに満たない仔猫でしたので、2匹でも今の八朔よりは軽い(^^;
でも、重量ではないのですよね。
八朔のこの性格でなければ、我が家の猫生活は決して始まらなかった。


何よりも猫初心者かーさんに、いきなり2匹の仔猫の世話など到底出来はしなかったと思われます。



11月27日3
「手前八朔 奥小夏」



「手順ってあるんだね」


そんな言葉をしみじみ呟くとーさんは、自分に起こった変化についてもしっかり自認している様です。


初めての仔猫、八朔に付きっ切りになり、嬉しい悲鳴をあげるかーさんを、何時も一歩引いた場所から見守り続けてきたとーさんです。
八朔は確かに可愛い!
でも、そんな八朔を溺愛するかーさんの様子が、何よりも嬉しかったのだと言います。


言い換えれば、かーさんと八朔の間には入れない…


そこへ不思議なご縁に導かれた小夏がやって来てくれたのです。


何とも「猫らしい魅力に溢れる」猫さんでした。
ベッタリしないのに、ちゃんと寄り添ってくれて、自立しているのに甘えん坊。
気儘でいながら、しっかり気配りもできる小夏です。


小夏が我が家に馴染むと共に、とーさんもまた猫達との距離をどんどん縮めていきました。


これまで「猫に声をかける事」はあっても「猫と会話する」事は無かった。
それが、気付けば自然に茶トラーズと会話しているとーさんが出来上がりました。


何時も思います。
猫神様がお決めになった手順は、何とも素晴らしい!と。



「はっちゃくは、あの時、猫神様にお尻をポン!ってされたんだよな?」

とーさんの言葉に、タイミングよく八朔が「んなぁ♪」と答えて笑わせてくれました。


「こなちゃんは、そろそろ行きなさいって言われたの?」


とーさんが聞くと、小夏はフッと目を細めて「当たり前でしょ!」って顔をしました(笑)


。。。会話になってるよ~~!(笑)


日を追う毎に、猫神様の手順があったと…
そう信じざるを得ない気持ちになる我が家なのです♪



11月27日4







いつも応援有難うございます♪

スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: