泣く子よりも勝てないもの



12月17日1
「ヤドカリ八朔」



連日の様に「この冬一番の寒気」と連呼される昨今。
既に大雪に見舞われておられる地方の皆様、溜息の一つも吐きたくなるでしょうが、どうぞ体調にも留意されて下さいませね。
それにしても…12月ってこんなに寒かったでしたっけ?(・・;)


夏は酷暑…冬になれば厳寒…
日本ってもっと穏やかな四季があった様に思えて仕方がありません。


そんな寒さの中、何度も申し上げている様に、我が家の「人口&猫密度」が半端なく上がっております。


昨夜も、八朔と小夏が「今夜はここにします!」と決めたのは、横向きに寝るかーさんの足の表側と裏側。
小夏が太腿の前に…
八朔が、丁度その裏側に…

隙間なく密着してくれました。


思わず漏れる深~~い溜息(^^;


「都内の超満員電車のラッシュ時でも、足は少しは動かせるよね?」
「。。。勝ってしもたわ。。。この状況」



家の中の密集度がここだけ高い!


嬉しいんです。
嬉しいんですけど…辛いんです(T_T)


家事などで動いている時間を除いて、じっとしているかーさんの足回りには8割方猫様が居ます!
かなりの「ご愛顧率」です。


「本当にほんの時々でいいから、足を好きな様に伸ばしていたいなぁ…」


ボソッと呟いたかーさんの言葉に、とーさんが動きました。


無理やりに八朔とかーさんの間にでっかい足を差し入れて、そのまま布団ごと八朔の大移動へチャレンジです。
器用にコロコロと転がしつつ、何とか自分の足の間に八朔を移動させてくれました。



12月17日2




かくして八朔は、とーさんプレートに乗っかっての大移動を遂げました。
八朔の素晴らしさは、こんな所にも如実に表れます!


「え?えっ?えぇぇ~~っ!」

「…まぁええっかぁ…」


で、何だか知らないけど落ち着く(笑)


ここまでは美談なのです。
猫様達を分け合って、共にヌクヌクで寝る!


が…そこで終わらないのが我が家の我が家たる由縁。


この時期、年間を通しても最も多忙な繁忙期を迎えているとーさんは、流石にお疲れ気味です。
あっと言う間に隣からは、良く言えば寝息…正直に言えば鼾が響いて参ります(^^;
そして、ご存知の方も多かろうと思いますが、とーさんは「眠ると凶暴」です!


暫くするととーさんプレートが活発に活動を開始し、グイグイと動き始めるのです。


まずは「膝山脈」が隆起し、派手に持ち上がる!
次に、その膝山脈が倒壊する。。。
しかも、かーさん側に。


その間も、とーさんプレートは飽くなき活動を続け、掛布団と言う名の大海は、打ち寄せ引き返し激しく波打ちます。


巨大なプレートに押しやられ、かーさんプレートは行き場を失って、壁に激突。
ええ!ええ!壁と熱烈な抱擁ですとも!


その余波を受けて、まず小夏が身の危険を察知し、ひとまず逃げ出しました。
流石は危機管理のできる小夏様です!



12月17日3




この果て無き地殻変動に終わりを期待しても無駄。
小夏が避難した結果生まれた僅かな隙間に何とか足を伸ばして、かーさん「寝てしまえば楽になる!」と呪文を唱えます。


そんな最中、フト八朔はどうした?と気になって見て見ると……


八朔、爆睡しておりました!
とーさんプレートの真ん中で!



次々に襲い掛かる大波にも負けず、揺れ続けるプレートにも負けず、見事に波を乗りこなし寝続けておりました。


。。。君ってもしかしたら大物か?


かーさんは、ここに君の大らかと言う名の大雑把性格の真髄を見た気がします!(笑)
ある意味凄いヤツだ。。。



そして、我が家には一つの格言が生まれました。


「泣く子と寝たとーさんには勝てない!」



おまけの話し。

そんなこんなの顛末を朝食の際に話していたら、とーさん苦笑い。
「ゴメン…この所特に寝たら最後、全く覚えてない」そうな。。。(--;
挙句、少し話題を逸らそうとでもしたのか、こんな事を言い出しました。


「そう言えば、かーさん、電子レンジって何で温められるのか解る?」


なんじゃ?コイツ。。。
得意分野で話を切り替えて煙に巻こうって言う魂胆か?

そこで、かーさん堂々と答えてやりましたとも!


「んなもん決まってるじゃん!」
「電子レンジが頑張ってるからだよ!」


いいのよ!仕組みなど理解できなくても(T_T)
電子レンジは頑張ってるはず…だよね?



12月17日4
「こにゃつ…それも微妙に間違ってると思うぞ(^^;」







お手間を取らせてすみません。
いつも応援有難うございます♪


スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: