今宵も勃発予定



1月13日1
「お休み前の「陣地交渉」…とーさんの場所が無い模様(^^;」



「さぁ寝ますよ~」


と灯りを落として暫くすると、茶トラーズが今宵のお休み場所を確保しにやって参ります。


その前に少しでも寝やすい様に、とーさんとかーさんも己の場所を確保しようとするのですが…
ちょっとでも後れを取ると、一枚目の写真の如く、堂々とど真ん中を奪い取られる事に(^^;
そうでなくても、寝ているうちに徐々に領地を拡大され、飼い主はでっかい身体を縮めて寝るはめにもなります。


八朔は元より、今年は小夏様も「一緒に寝るの!」とお決めになられた様で、毎晩ベッドの上は満員御礼です。


思い返すと、昨年の今頃は引っ越しの準備で忙殺されていた頃でした。
そして、その頃の小夏は、よくコタツの中で一晩を明かしていた様に記憶しています。
勿論、全くやって来なかった訳ではないのですが、今ほど決め打ちではなかった。。。


引越しによる「お泊り保育」も経験し、その後全く見知らぬ場所で暮らし始めると言う、大きな変化を経て、小夏の中でも何かが変化して行ったのでしょうね。


身近に居る比較対象が、何しろ八朔なもので…
どうしても小夏は思慮深い大人しい猫さんに見えてしまいます。
でも、よく考えてみると、小夏ってちゃんと自己主張もする甘えん坊だったんですよね(笑)



最近ではいち早くやってきて「ここ!」と決めたら動きません。
「アタシが決めたの!文句ある?」

いえいえ…文句などございませんとも♪




1月13日2
「親馬鹿渓谷の茶トラーズ♪」



「と~さんと、か~さんの間にはぁ~♪
       深くて重い、谷があるぅ~♪」




この夜の陣地はここ。
ベッドのど真ん中です。


結果、かーさんは壁際にへばりつき、とーさんは、ベッドからはみ出しそうな端っこ(笑)
何がキツイかって、ここに乗られると、掛布団が一切動かない!
動けない中、何とか寝返りを打つと、身体がはみ出したりもして。。。(^^;


ですが、上手くしたものです!
外はマイナス気温だと言うのに、一切暖房もない部屋の中でも「猫タンポ」の威力は絶大なのです。
じわじわヌクヌク……
かーさんなど、昨夜暑くてお布団を蹴りました(笑)


かーさんが身動きすると、小夏は敏感に目を覚まして首をもたげて「なに?」と言う顔をします。


「何でもないよ。ごめんね、こなちゃん♪」


手を伸ばして撫で撫で…
すると、満足そうな大きな溜息を一つ吐き出して、ぐぃ~~んと伸びをして、また眠りにつきました。


…可愛ぇぇのぉ~~♪…重たいけど…(笑)


その横では八朔が、微動だにせず爆睡中!
見事な寝入りっぷりです。
猫としてどうよ!と言うのは置いておいて…八朔の細かい事は気にしない性格は、いつも笑いを届けてくれます。


そして、そのまた向こうでは、茶トラーズとの陣地取り合戦に、いつの間にかプチ勝利したとーさんが、同じく爆睡中(笑)


「寝た後は知らん!」

ってのは、最強かもしれませんな。。。


昨今、よく耳にする「ペット睡眠不全」なるもの、少なくとも我が家のとーさんは大丈夫な様です(笑)



1月13日3




ここから、ちょっとお話しは変わりまして。。。


お正月からこっち、スポーツの全国大会が頻繁に開催されましたよね。
かーさん観戦大好き人間ですので、色々と見させて頂きました。


その中で、とっても「あ~ぁ…」と思った事。


ここ数年、出場者の名前にフリガナがないと絶対に読めない名前の何と増えた事か!
どこをどうぶった切ったら、その読みになるねん!
と、突っ込みたくなる様な名前がゾロゾロです。


曰く「我が子に贈る最初のプレゼント」なので、他人と被らない個性的な名前がいいのだそうな……
グローバル化が進むのだから、世界で通用する名前!ってのも理由だとか。




確か、錦織圭選手のご両親も、そう思われて「圭」と名付けられたとお聞きします。
が、とってもスッキリした素敵なお名前ですよね。
そもそも「圭」と言う漢字の持つ意味も、ご両親の思いが詰まっています。


「かどがキチンと立っている様」
「天子から与えられた玉に由来」
するとも言われます。


天分の才を発揮され、すっくとコートに立つ姿は、まさに名の如しです!


この国には素晴らしい漢字文化があります。
元の中国のものとは少し違った発展をした、独自の世界観もあります。
勿論、言葉や文化はその時々で流れゆくものだとは承知していますが、それでもやっぱり思ってしまうのです。


その文字の意味を解って我が子に付けたんですか?
その名前で一生呼ばれるお子さんの気持ちは考えられましたか?
自分の姓名を他人に説明する時、どれ程苦労するか想像されましたか?



ありふれた…と言うのは本当は誰しもが認めた、願うに相応しい名前だとは思えなかったのかなぁ…
珍妙な名前で個性を発揮しなくても、その子の個性って生まれてくると思うのになぁ…


そんな所謂キラキラネームとか、DQNネームに対する反応で
「ペットの名前じゃあるまいし!」
なんて、聞きますが


いやいや、ワンちゃんや猫さんの方がずっとまともで素敵な名前が多いですから!
…と、思ってしまう、かーさんでした(^^;

意見には個人差があります。



以上、ちょっとしたオバサンの愚痴でした。



1月13日4







お手間を取らせてすみません。
いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: