手当



2月24日1
「小夏様不覚の一枚♪」



何時頃からだったでしょうか……
不意に差し出したかーさんの手に、小夏が身体を強張らせる事なく、むしろ擦り寄ってくれる様になったのは…


下から突き上げる様に、頭突きするみたいにごっつん♪


この手は怖くないんだ。
この手はアタシに悪い事はしない。
この手は…優しく撫でてくれる手!



最初から警戒心のカケラもなかった八朔とは違い、小夏はお外での暮らしを経験した用心深さも持っている子でした。
足元でスリスリしてくれる様になってからも、暫くは突然手を差し伸べるとビクッと身体を強張らせ、後ずさりする事が続きました。


人の手は、限りなく優しくもなれれば、限りなく残酷にもなり得る。。。


小夏はちゃんとそれを知った上で、かーさんととーさんの手を受け入れてくれたのです。
一緒に居ても怖くない人から、家族になれた瞬間かもしれません。


少しずつ少しずつ…その距離を自分のタイミングで縮めてくれた小夏は、膝の上での脱力の仕方だってとっても上手になって来ました♪
それでも、八朔に比べるとまだまだ、どこかに力を残す寛ぎ方です。


あぁ…こなちゅは猫さんだなぁ~と思います。



2月24日2




「手当」と言う言葉がありますよね。
とても興味深い言葉だと思います。


文字通り痛い箇所に手を当てて看病する。。。


かーさんこの所、知らず知らず自分の腹部に手をやる事が多くなりました。
そっと押し当ててみたり…
上から撫でてみたり…
その事で何かが変わる訳ではないのですが、やっぱり気が付くと手を当てています。


幼い頃、発熱すると、母がおでこに手を当てて熱の在る無しを測ったりしてくれました。
それで熱が下がる訳ではないのに、何故か少しひんやり感じるその手がとても心地よかった……


不思議だと思いませんか?
「手」は、自分以外の他と、一番先に触れ合う機会が一番多い箇所であり、言葉より雄弁に気持ちを伝え合うのです。


掌を相手に見せると「悪意も害を加える事もありません」と知らしめる。
差し出すと「貴方と繋がります」と意思表示する。
握りしめると己の中に「何かが」湧き上がる。
手の甲を見せて振れば、それは相手を拒否し侮辱する事にもなる。


言葉を介さなくても、身振り手振りだけで何とか意思の疎通だって量れてしまう優れものです。


悲しい時にそっと背中に当てられる手は優しく、怒りに震える時に肩を叩かれる手は深呼吸のタイミングを与えてもくれます。



誰でも良い程、寂しくて不安でたまらなかっただろう八朔は、出会った瞬間からかーさんの手に甘え
「連れて帰って下さい!」と訴えかけました。
いきなり見知らぬ場所へ連れて来られた小夏は、警戒しながらかーさんの手を徐々に受け入れてくれました。


そして今…
かーさんの手は自分との対話を始めた様です。



2月24日3




若干の不快感や違和感はあるものの、激しい痛みや嘔吐感、その他の不具合は幸い影を潜めています。
一見、今までと何も変わらない様でいながら、確かに何かが違うと感じながらも穏やかに過ごせていると思います。
すっかり落ちてしまった体力も、徐々に戻って来るでしょう。


この先、ずっと後で振り返った時、確かにあれは一つのターニングポイントだったと思うはずです。
その時、どうぞ「あの時でよかったんだ」と思えます様に…と願うばかりです。


八朔と不意に出会った時の様に…
小夏を偶然にも見つけてしまった時の様に…


あの時でなければならなかった、大きな目に見えぬ意思に導かれたのだと。


この十日余りの日々、お馴染みの心強い友人さんから、初めましての方々、ずっと潜んでいましたと言って下さる皆様からの沢山の言葉の手当てを頂戴致しました。
こうして「猫ブログ」と言うツールを通して、やはり何か目には見えない力が繫げてくれたご縁だと思います。
気に掛けて頂けると言う事が、これ程までに勇気付けられるものだと改めて痛感させられた日々です。


頂戴したご厚意に、何程のお返しもできないちっぽけなかーさんですが、せめて「今」を綴り続ける事で感謝の思いをお伝えしたいと強く思います。


ご存知でしたか?
画面を通しての文字にも、ちゃんと「手当」は存在するって。


届きました!
効きました!



優しくて温かいお気持ちの「手当」は、幼い日の母の掌の様に心を慰めてくれるものでした。


かーさん、この機会にせっせと自分の「手」のお手入れにも力をいれます。
いつか、どこかで誰かが困っていたり悲しんでいたりしたら、その時には、このぶっとい手を差し出せる様に。。。



2月24日4




コメントは大切に読ませて頂いております!
現在個別のお返事ができてはおりません。。。ごめんなさいですm(__)m
ですから、どうぞお気遣いなくお気軽に…でよろしくです♪








お手間を取らせてすみません。
いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

小夏さんのちょっと警戒するところはおんにゃのこだからかもでつよ。
生まれ育ちがばらばらな我が家の子達
♂はなんかおおらかですわ。ビビリですけどw
♀はクーは日が浅いからもあるけどサクもかなり警戒心強いですからね
もちろん気も強いし(笑)。

自分が弱ってるときネット経由でいただく元気は本当に嬉しいですね。
私も手を差し出せるようにお手々のお手入れしておきます(笑)
応援玉、今日も送りますね♡

小夏様の寄り目~
カワユス♪(〃ω〃)

言い方は悪いかもしれないけど今は茶トラーズもそんなに手はかからない・・・
とーさんも元気(ですよね???)
だからかーさんに 「自分のメンテナンスをしなさい」 って時なのかも。
今は体力回復に努めましょう♪(^^)/

小夏様の最後のツッコミ・・・
痛すぎる・・・(T▽T)

おひさしぶりです

かーさん、お加減は如何でしょうか?
はっちゃく&こなちゅは元気そうですね。
こなちゅの寄り目が可愛いですね(o^^o)
ふふふ。
最近、更新のペースがほぼ毎日なので、まさかの「から元気」とかではないですよね(>_<)
心配です。

こんにちは。

手当て…私も子供の頃、体調の悪い時に手を当ててもらいました。
かーさんのやさしい手、小夏ちゃんにも通じたのですものね。( *´ 艸`)
今度は、自分の体を大切に手を当ててください。
無理せずに…ブログもマイペースで更新してくださいね。
(o・ω・)ノ゚あーく氏と私も遠くからですが、応援しています!

小夏ちゃんの不覚!写真、とっても可愛いですよ(^_-)-☆
小夏ちゃんはいつも綺麗なお顔なのに、そっくりなはずに八朔くんには漏れなく鼻クチョが付いてるのが笑えます!!
確かにブログを通してまだお会いしたことない方々にも手当してもらった実感あります。
有り難いですよね。

最後の小夏ちゃんの厳しい突っ込みは…(^_^;)
でも毒舌女子、大好きです(笑)

うんうん、本当にかーさんのおっしゃる通りです。
家の4にゃんの内、1にゃんは外猫生活推定6年で保護されて3年経つ今でも
上からの手は嫌がります・・・
人間の手が限りなく残酷になる瞬間を覚えているようです・・・
「それでもいいんだよ。そうやって学んで賢かったから君は生き抜いてこられたのだから」と
いつも言っています。
でも人間の手は限りなく優しく、いい事だけに使う手であってほしい、そうありたいと常々思います。

かーさんが不調の所に手を当てられのはいいことですネ!
気功も手のひらからですもんね!
無病息災でなく一病息災くらいの方が自分の体と会話するようになって、結果長生きになると思います。
(そりゃまぁ、無病息災で長寿が一番いいですが・・・)

不安な時はお医者様と相談されて、ストレスをためず、焦らず、ゆっくりと
養生なさってくださいね。
多分、今までのお疲れが一気に出たのだと思います。
ちなみに私は20代後半の時に突発性難聴で片耳の平衡機能を失ったため
普通に歩けるようになるのに半年近くかかりました~
のんびり行きましょう~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: