明日は…



2月25日1
「突如始まる茶トラーズのいんぐりもんぐりタイムシリーズ♪」何時もの如く本文と画像に関連性皆無(^^;



ずっと昔に、おそらくTVか何かで見た記憶なのだろうと思います。


お堂の様な場所に、ずらっと並べられた蝋燭。
様々な大きさの蝋燭が揺らめいている画面でした。
一際太くて短い蝋燭もあれば、細く長いもの…勿論太くて長い蝋燭もありましたし、反対に細く短いものもありました。


人の命を司る炎です。


残念ながら詳しいお話しの内容はさっぱり覚えてはおりません(^^;
その蝋燭の番人が、どうしても消えそうになっている一人の少女の蝋燭を消し去りたくはなくて、禁を犯して誰かの蝋燭を継ぎ足したら…
実はその蝋燭が自分のものだった。。。みたいなお話しだった様な…(自信なし!)


まだほんの子供だったかーさんは、漠然と「人には寿命があり、それは予め決められている」と言う概念がとても怖かった記憶があります。
何が怖いかって…
「母さんや父さんの蝋燭が短かったらどうしよう!」
決して自分の蝋燭に思いが至らない辺り、やっぱり子供って凄い(^^;



ずっと大人になって…
かーさん愛して止まないアーティストの中島みゆきさんの楽曲の中に、又しても「んん。。。」と思わされる言葉を見つけます。


「あと幾日~生きられると、生命線に尋ねてみても~」
「昨日死んだ~若い人の、掌は長生き示してた~」



その後に続くのが


「明日が見えなくて良かったわ」だったりします。


そう…明日は誰にも見えないし解らない。
なのに、人は何故か明日は来るものと信じて生きるのです。



2月25日2





思えば、学生時代、ちっとも試験勉強などしてなくて、いよいよ明日は試験だと言う前の晩。
または、明日はマラソン大会だと言う前の晩。
かーさん心底思いました。


明日なんて来るな!
出来たらこのまま世界なんて滅びてしまえ!



すっごいですねぇ。。。
こんな事で滅びてたら、世界なんて幾つあっても足りるもんじゃない!(笑)
しかも、自分が消えてなくなるんじゃなくて、一蓮托生を狙う辺り、究極の我儘さが見て取れます(^^;



つい先日も、かーさんやっぱり明日など来なければいいと思いました。
検査結果が解る前の事です。
流石に、多少は大人になったらしく、滅びてしまえ!とは思わなくなったらしい(笑)
ただ、このまま明日が来ずに、ずっと時間が留まればいいと…案外真剣に願いました(^^;


なのにね…
その同じ心で、茶トラーズに言うのです。
「また明日ね♪」って。


この子達の明日が穏やかであれ。
この子達の未来が明るいものであれ。



いきなりスイッチが入って、横でドッタンバッタンいんぐりもんぐり始めた兄弟に目を細めながら


「ほらほら、いい加減にして続きは明日にしときなさいな」


茶トラーズの明日には微塵も疑いを持たない。。。
その矛盾がちっとも違和感なく行われるのが不思議ですよね。



2月25日3




もしも明日が見通せたら…


当たり馬券と、ロトと値上がりしそうな株を買う!(笑)
んでもって、茶トラーズ仕様の、「猫様屋敷」を建てる!

(猫御殿でないのがミソ!あくまでもでかいのは掃除が嫌 笑)


どこまでも脳天気な事しか思い浮かばない辺り、かーさんはやっぱり楽天家だと思います(^^;


どんなに太く長い蝋燭を持っている方でも、反対に短く細い蝋燭しか持てなかったかもしれない方でも、明日は平等に解らない日です。
寿命とは別に、事故や事件だってあるかもしれないし、無いかもしれない。


そう思うと一日一日を大切にしなければ!
と…その時には思います(笑)
ただ、悲しいかな凡人中の凡人かーさんは、その決意が長続きしない(^^;


気が付くと、何の気なしにダラダラと時間を過ごしてしまったり、サボってみたりの繰り返しです。


ですから最近は、せめて一日の終わりには感謝を捧げようと思うのです。
特別な何かにではなく…
何事もなく過ごせた事、茶トラーズが元気で居てくれた事。
とーさんが無事に一日を終えた事。
かーさんも、何とか穏やかに一日を過ごせた事。
その全てに、有難うございましたと思いながら眠りにつきます。


そうやって積み重ねて行く日々が続いてくれる事を願いながら…


「明日」って、そう言う願いと祈りの塊なのかもしれませんね。


明日、交通事故には何となくあわないと思いつつ、それよりももっと確率の低い宝くじには当たるかもしれん!
そう思える自分が案外好きです(笑)




2月25日4




コメントは大切に読ませて頂いております!
現在個別のお返事ができてはおりません。。。ごめんなさいですm(__)m
ですから、どうぞお気遣いなくお気軽に…でよろしくです♪








お手間を取らせてすみません。
いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

若い頃は「死んだ方が楽かも」って思ったことがあったっけ←罰当たりw
辛いことがあると不幸のどん底にあるように感じるんですよね…
でもそんなとき猫さんがいると
癒やしてくれますよね♡

八朔君、猫さんは猫さんくちゃいからいいのです♪
私にはいいにおいでつよ〜

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そのお話 私も何となく知ってる
でも童話の名前が思い出せない・・・・
明日が見えても見えなくても
結局同じ事しか 自分には出来ないような気がするなぁ〜ww

八朔くん クチャイのは皆同じ
小夏ちゃんのだって・・・・w
ちなみに なつもクチャイw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 落語の「死神」が、同じ内容ですね。噺家さんによっていろいろな落とし方があって、笑いながらぞっとする一席です。
 朝、仏壇に水・お茶・ご飯を供えて一日の平安を祈り、夜それらを下げながら一日無事に過ごせたことを感謝する。そんな日々が緩やかに流れていくことを願うようになったのは、やはりそれなりに齢を重ねてきたからなのでしょう。
 「明日という日は明るい日と書くのね」ですよ。(わかってくださるのはとーさんとかーさんくらい?)
なんだか、まとまりがなくてごめんなさい。

一日の終わりに、
今日も頑張ってくれた、私の目に心臓に足に頭に胃に腸に感謝の言葉をかけ、
目覚めた朝一番に、
目覚めさせてくれてありがとうございます!と、天に感謝をささげる。
若いころ、宗教家の方に教わった事。
煩悩まみれの私は、中々ね~頭ではわかってるんだけど、そんなんばっかりでね^^;;
ついつい、今日やるべきことも、明日に廻したりね~
毎年、同じこと言ってるんだけど
確定申告でお尻がボーボーだから、明日に廻さないで、やんなきゃなぁ^^;;;
これも、明日を信じてるからなんでしょうね。
あ、でも、今日で終わり…って解ったら、絶対に領収書整理になんか、時間はかけんぞ^^;;;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: