かーさんの対人スキル講座♪



さて、またしても「かーさん的」にはクッソ忙しい週末に相成りました。
普通に忙しいのではなく、前置詞に「クッソ」がつくのです(笑)


こうなりますと、身体は疲れるものの、案外時間の経過が早く、慣れるに従って「ええんでないの~♪」と、ある種の余裕をかます事も出来る様になって参りました。
お蔭様で順調に仕事にも環境にも体と心が慣れてきた様です♪


そんなかーさん、お仕事を始めてまだ一月にもならないペーペー。
それでも同僚からは「仕事の覚えが早い」と、お褒めの言葉を頂戴致しました\(^o^)/
実はかーさん「何かを教わるのが大好き」なヤツです(笑)


知らない事、解らない事を教えて頂けるのは心底楽しい!
素直に聞きますし、教えられればメモを残し覚える努力も惜しみません。
教えてもらうのが、子供の年代よりも遥かに若い孫に近い年代の大学生とかであっても、全く大丈夫♪
先輩は先輩として立て、教えを請い、感謝を述べる事だって当然なので、すんなりできちゃいます。


その先輩大学生君曰く
「覚えが早い!」
そして…何故か「キャラが濃い」んだそうな(爆)


「溶け込むの早いっすよねぇ」

ってお言葉は褒め言葉ですよね?ね?ね?(笑)


対人スキルに関しては驚異的に自信があるかーさん。
すかさずお返事しておきました。


「褒められて伸びるタイプなんです!よろしく!」(笑)




4月18日1
「本日の写真は、膝の上で寛ぎ過ぎる八朔シリーズです (笑)」



仕事にせよ人間関係にせよ、そこに自分の居場所を作り出すのって大変ですよね。
居場所があると言う事は、即ち「そこで必要とされている」事。


仕事なら戦力になれるかどうか…
人間関係に於いてならば、お相手に受け入れてもらえるかどうか…


人見知りが苦手ですと公言するかーさんですが、何度も書かせて頂いた通り、実は好き嫌いも激しいヤツです(^^;
ただし、それが仕事に関する事ならば、好き嫌いは一旦封印!
まず「苦手」を作らない事を激しく意識したり致します。


当然、人間同士相性ってヤツは必ずありますので、「ん?」と思う方が居ない訳ではない。
そう言うお相手とどうしても関わり続けなければならないのなら、かーさん腹を括って飛び込んでしまいます(笑)


まずは会話を続けられる工夫。
断片的な会話の中から、お相手の食い付きそうな話題を探す事から開始です。
それが見つかったら、後はひたすら聞き役に徹する(笑)
時折、話しを促す為の疑問や感嘆も忘れずに~~♪


「あら…この人、割りに話せるのね」

とお相手に思わせたら、かーさんの作戦は成功です。


もう一つの取って置きの秘訣!
それは…


会話をする時の視線だったりします。


当然「真剣にお聞きしてます!」と表す為にはお相手の目の辺りに視線を置きますよね。
その時に気を付けなければいけないのは、瞼の力の入れる場所なのです。


決して瞼の上側に力を入れてはいけません。
これ…喧嘩売ってる感じになります(笑)
目頭や眉間の辺りは意識して緩める。



力を入れるなら、下瞼!
そう…恵比須顔パターンです♪


時々、ワクワクした様に瞳を輝かせたり、驚いたように目を見開いたりできれば完璧(笑)
無表情だったり険しい顔つきの人と、誰もお近づきになりたいとは思いませんものね。
話しベタな方だって、表情だけで大丈夫なのです♪


要は「私は貴方にとても感心を持って接しています」と伝わればいいのだ(^_-)-☆




4月18日2




人間と言う生き物は、一人では生きられはしませんよね。
もっと言えば、他に存在を認められる事で初めて「自分」が出来る生き物だと思います。


鏡の中の自分をいくら眺めても、そこに自分は無い。
自分以外の誰か…他によってやっと己を知る事ができるのだと思うのです。
だからこそ誰もが誰かに認められたいと願うのではないでしょうか。


当然ですが、全ての他人に自分を曝け出す事など不可能です。
お相手によって出す自分を選んだりする事もあったりしますよね。


自分と言う輪の、どの部分をお相手と重ね合わせるか……


子供の頃にやった陣取り合戦の様に、自分の足の大きさの丸を描いて、重なった輪っかの所を繫いで行く作業みたいですね(笑)



どんなに大切に思っていても、全ての部分が重なる人なんて絶対に居ないはずです。
とーさんとかーさんだって、それはやっぱりそうです。
でも、それだからこそ楽しい(笑)


かーさんの輪っかも、とーさんの輪っかもかなり歪です。
その重なり合った部分だって、見事に歪みまくっています(笑)
それがね…面白いのです♪


重なり合った部分をしっかりと補強しつつ、決して重ならない部分はそれなりに尊重して…(笑)


誰もが一人一人綴り続けている「自分」と言う物語。
その一部を読ませて頂いたり、もしかしたら光栄な事に物語の登場人物の一人になれたりするかもしれない。
そう思うと、かーさんやっぱり「人間」が大好きです!


こうして「猫」と言う素敵なツールを通してお知り合いになれた皆様とは、「猫」と言う大切な輪っかの一部分が重なり合いましたよね。
それを大切にしつつ、まだ知らぬ互いの他の部分を想像するのも、これまた楽しい作業です。


猫と言えば…
猫一族がニャンモナイトの様に真ん丸になれるのは、もしかしたら「全部重なりますよ♪」と言うアピールだったりするのかなぁ…(笑)



だとしたら、やっぱり猫様恐るべしです♪



4月18日3




ろくにお返事もご訪問もできないままで申し訳ございませんm(__)m
それでも変わらぬお付き合いを頂戴している事に、感謝感謝です!







お手間を取らせてすみません。
いつも応援有難うございます♪
スポンサーサイト



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: